02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»03

* category: 展覧会

『これぞ暁斎!世界が認めたその画力』展@Bunkamura ザ・ミュージアム ブロガー内覧会に参加しました 

2017.03.26
Sun
16:51

 Bunkamuraザ・ミュージアムで4月16日まで開催中の『これぞ暁斎!世界が認めたその画力』展(公式サイトはこちら)。 美術館と古今東西の美術への深い愛にあふれるブログ「弐代目 青い日記帳」のtakさんがタッグを組んで開催されたブロガー特別内覧会に参加してきました。関係者のみなさま、すばらしい機会を与えてくださりありがとうございました。

 まずはチラシをご紹介。

IMG_5472.jpg
 モチーフになっているのは、<<地獄太夫と一休>>(明治4-22年)*1871-89年 です。画面左のなかほどで激しく踊ってるのが一休さん。その下には空の(皮を張ってない)三味線をつまびく骸骨が配されています。地獄太夫とは、一休が悟りに導いたとされる遊女だとか。

 この展覧会に行く前の暁斎のイメージはまさにこの絵。
 暁斎、わたしはこの二年ぐらいちょっと気になるひとでした。このブログで検索すると、昨年一月、山種美術館での内覧会『ゆかいな若冲、めでたい大観』の記事に、〔暁斎が好きみたい〕と書いています。今回のチラシに使われたものとは別のバージョンですが、上野の森で見た肉筆浮世絵展では一休さんと地獄太夫の絵が気に入ったようです。また、山種美術館で見たこのに通じるのはこの赤かな。というわけで、ギャラリートークつきの内覧会に喜んで参加してきました。

 で、今回学んだ、というか、覚えておこう! と思ったのは、
・暁斎は幕末~明治の時代を生きた人。1831年生れ、1889年没。
・ジョサイア・コンドー(「コンドル」という表記がおなじみ)なども弟子だった、幕末~明治における国際人のひとり。
・浮世絵は国芳のもとで学んだ。←当時8~9歳だったけど!
・国芳は猫、暁斎は蛙や烏。でも猫たくさんあった♪
・狩野派のもとで研鑽を積んだたしかな技量の持ち主。
・ジャンルもテーマもとにかく多彩。幽霊画、春画……中国絵画にしか見えない絵も描く。
・作品のムードもいろいろ。シリアスなものから笑える、風刺も。

 いくら特別に撮影を許可されたといってもオリジナルの筆致に及ぶべくもありません。16日までですからぜひ急いでザ・ミュージアムへ!

 ……と言いつつ、印象に残った&まあまあちゃんと撮れたかな、な絵をすこしご紹介します。

 *このブログ記事に掲載した写真は、展覧会紹介記事に掲載するため特別の許可をえて撮影したものです。
 
IMG_5442.jpg
・左 <<烏瓜に二羽の鴉>> 明治4-22(1871-89)年 ゴールドマンコレクション
・右 <<蔦絡む枯木に鴉>>明治4-22(1871-99)年 ゴールドマンコレクション
 二つ目の展示空間はコを左右反転した形で、ずらっと鴉の絵が並んでいました。その数なんと14枚。1881年に第二回内国勧業博覧会に出品した鴉の絵が事実上の最高賞を獲得した(そしてものすごい値段で売れた)ことから、暁斎には鴉の絵の注文が押し寄せ、それに応えてたくさん描いたそうです。ゴールドマンさんも30枚ほど所有してるとのこと。
 一言で鴉と言ってもポーズはいろいろだし、描き方もいろいろ。その中から赤も入ってる絵の並びをピックアップしてみました。

IMG_5445.jpg
 鍾馗さんの絵を並びで三枚。
・左 <<鍾馗と鬼>> 明治15 (1882)年 ゴールドマンコレクション
・中央 <<鬼を持ち上げる鍾馗>> 明治4-22(1871-89)年 ゴールドマンコレクション
・右 <<鍾馗と鬼>> 明治4-22(1871089)年 ゴールドマンコレクション
 第4章の「戯れる-福と笑いをもたらす守り神」には、この鍾馗さんのほかにも七福神の絵など。鍾馗さんは守り神として端午の節句に飾ることが多く、注文もたくさん受けただろうとのこと。

 さっきの三枚はいわば「まじめ」にお務めを果たしている鍾馗さんですが、直角に位置する隣のケースに並ぶ鍾馗絵では、鬼を崖から吊るしてたり、鬼同士で相撲を取らせたり、鍾馗さんイコール正義の味方とも言えないような絵も。
 その中から一枚。画面構成、鍾馗さんの姿勢、服の表現など、これは! と思った一枚です。

IMG_5466.jpg
・<<鬼を蹴り上げる鍾馗>> 明治4-22(1871-89)年 ゴールドマンコレクション

・猫ポインツも高いのよ! の巻。
 お師匠さんだった国芳ほどじゃない……にしても、猫いろんなところに登場してました。

 最初のセクション、「出会い-ゴールドマン コレクションの始まり」より、
IMG_5450.jpg
・<<鯰の船に乗る猫>> 明治4-12(1871-1879)年 ゴールドマンコレクション
 ひっくり返って船に見立てられた鯰の腹に、しんなりと腹這いになって運ばれていく着物姿の猫。猫は遊女をあらわすこともあるそうです。

IMG_5452.jpg
・<<鯰の引き物を引く猫たち>> 明治4-22(1871-89)年 ゴールドマンコレクション
 この猫たちは直立歩行で、体のバランスもまるで人間。

「第2章 躍動するいのち-動物たちの世界」
 一枚絵としてはこの猫が一番好きでした。
IMG_5456.jpg
・<<眠る猫に蝶>> 明治4-22(1871-89年) ゴールドマンコレクション
 輪郭線を使わず、ほんわりした猫のやわらかい毛を表現。香箱座りしてどんな夢を見てるのかな。 

20170323192326_IMG_0118.jpg
・『暁斎画談』 明治20(1887)年 ゴールドマンコレクション
 の、猫の見開き! 右側はかなりもっさーですね。

 ギャラリートークで、「あなたの一枚を紹介してください」という主旨の呼びかけがあったんですが、地獄太夫と一休さんか、それとも鬼を蹴り上げる鍾馗さんか。

 いや、思いがけない出会いの一枚を!
 あまり大きくない一枚(A4ぐらい? 作品一覧にサイズがない……)なのですが、この
20170323192451_IMG_0124.jpg
・左 <<雨中さぎ>> 制作年不祥 ゴールドマンコレクション
・右上 <<松に猿>> 明治17(1884)年 ゴールドマンコレクション
・右下 <<眠る猫>> 明治18-22(1885-89)年 ゴールドマンコレクション
を見たときに、
「あっ? えっ!?」
となりました(ちょっとぐらい声出てたかも)。

IMG_5443.jpg
 この<<雨中さぎ>>にものすごい見覚えが……。
 いまを去ることxx年前、めでたく定職に着くことが決まり、ささやかですが自分のスペースももらえるとなって、なにか飾ろう、と、いま思えばちょっと不思議なのですが、元町の酒井考古堂さんで版画を見て選んだのがまさにこの絵、だと思う。この雨の表現、黒と白のコントラスト、デザイン化された鷺の姿。
 誰の作かとか気にしてなかったし、記憶の彼方に仕舞ってあったのですが、今回の展覧会で思わぬ再会となりました。
 あれから何枚か絵画や版画を買いましたが(ほんとに「何枚か」ですけど)、絵はがきやポスターから一歩踏み出したものとしては、たぶんこの「雨中さぎ」がわたしの最初の一枚だったんだろうな。

・・・・・・・・・・
<開催概要>
開催期間:2017/2/23(木)-4/16(日)  ※会期中無休
開館時間:10:00-19:00(入館は18:30まで)毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
主催:Bunkamura、フジテレビジョン、東京新聞
協賛・協力等:
[協賛]花王、わかさ生活、チクブパッケージシステム
[後援]ニッポン放送、ブリティッシュ・カウンシル、日仏会館フランス事務所
[協力]日本航空、さとふる
お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

運動のあと、サカナバル(On Fish!) 

2017.03.22
Wed
17:55

 火曜日の午前中はだいたいジム通い。その後、石川町・元町・ときには中華街などでお昼をたっぷり食べるのを楽しみにしています。野菜はもちろんだけど、肉・魚などタンパク質をたくさん摂るのが基本。

 新しいお店開拓もけっこうやってるんだけど、そのなかでリピートしてるお店を一軒。
 元町のサカナバル・On Fish! です。ウェブサイトはこちら。おお、これで一周年なんだね。五回ぐらい行ったかな? 数少ない〔スタッフさんに覚えられてる店〕のひとつです(ほかにはたぶん、石川町の鴻、レ・ビアン・エメ、アレッタAletta、元町ではスタージュエリーのカフェ&ショコラティエ)。
 一階右側にエノテカ、左側にツヴィリングJ.A.ヘンケルスがあるビルの二階右側です。階段の左側はヘンケルス併設のクッキングスタジオ。二階なのでちょっとわかりにくいのですが、営業中は一階にメニュー明示した看板出してるし、ときにはスタッフが出てチラシを配ったり、営業努力しています。

 奥行きのあるお店です。入るのが長方形の長辺のまんなかへんなので、左右に拡がりがあると感じます。
 カウンター席、ふたり席、四人席。そして元町のメインストリートに向かって大きく開いた窓のそばには、十人ぐらいかけられる大きな木のテーブルがあります。昨日はそちらに座ってみました。

20170321114538_IMG_0022.jpg
 テーブルに座り、元町通りを見渡す。

20170321114334_IMG_0021.jpg

 お昼のメニューは四つ、と考えていいかな。肉はなく、メインは魚です。
・カレーランチ(まぐろのしぐれ煮に和出汁)
・パスタランチ
・オンフィッシュランチは二種類。片方のメインは揚げ物(天ぷら)という印象です。

 昨日はまぐろのレアステーキがメインのものを選びました。
 ランチはお惣菜が三種ついてくるので、味噌汁・ごはんとともに先行してテーブルに届きます。
20170321114642_IMG_0023.jpg
 これは昨日の。

DSC_3718.jpg
 別の日はこんな感じだった。毎回玉子焼きが入ってくる印象。右はキヌアのサラダですね。お惣菜はカウンターのとこに十種類ぐらい並んでいて、単品販売にも対応しているようです。

 20170321115230_IMG_0027.jpg
 昨日のメイン。まぐろのレアステーキ。まわりにしっかりと火が通ってて、内側はおいしそうに赤みを残してます。ぱりっと揚がったれんこんのチップスとの相性もいいよね。

DSC_3719.jpg
 別の日(8月らしい)のメイン。

20170321120543_IMG_0028.jpg
 食後(タイミングはきいてくれます)にはコーヒーまたは紅茶。コーヒーにしてみました。
 ちょこっとデザートをサービスしてくれることが多く、昨日はきなこの生チョコでした。一月末~二月初旬にうかがったときもチョコだったので、いろいろ研究中かな?

 オンフィッシュランチは1400円、カレーランチとパスタランチは1300円で、けっこう立派なお値段なのですが、張り切ってがんばった後にはときどきこんな贅沢もいいよね。昨日はあいにくの天気でしたが、続々とお客さんが入ってきて、営業努力実ってきてるなと(外野ながら)嬉しくなりました。ごちそうさま。
 
  
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

大分で食べました(1)・テテオ &テオムラタ in 無量塔ワールド(由布院) 

2017.03.11
Sat
14:27

 大分二日目、由布院でずいぶん長い時間を過ごしたのは、音の美術館・アルテジオArgetioと、そこに併設のチョコレートショップ・テオムラタ、そしてカフェのテテオでした。おいしかったし楽しかった!

 通路の突き当たりを左に行くとアルテジオ。なのはすでにご紹介しましたが、右に行くとテオムラタtheomurata(ただし本来はeにアクセント記号つき)になります。
IMG_4976.jpg
 →テオムラタ 公式ウェブサイト
 正面と左に見えるガラスケースに入っているのが各種チョコレートなど。他に、無量塔(むらた)の調味料なども並んでいます。

 そして右奥にあるのがテオムラタのティールーム、テテオthetheo(やっぱりeにアクセントつき)。
IMG_4961.jpg
 メニューや
IMG_4964.jpg
 お手拭き(贅沢だよね! ふっくらでした)やコースターで綴りをご確認ください。

 ティールームの写真を何枚か。

IMG_4974.jpg

IMG_4962.jpg

IMG_4959.jpg

IMG_4965.jpg
 なんだろ、この桶?

IMG_4957.jpg
 アイスペールでした。おしゃれやで。

IMG_4967.jpg
 お昼をこちらでいただくことにしました。

IMG_4972.jpg
 わたしは〔あとでケーキとか……〕という深謀遠慮? のもと、軽めで。バゲットサンドプレートにしました。
 母と叔母の頼んだものも、野菜がたっぷりで彩りきれいだったから撮らせてもらうよ。

IMG_4971.jpg
 母が頼んだのはイベリコ豚の煮込みハンバーグ。つけあわせにライスを選んだのですが、出てきたサフランライスがもう類を見ないほどの大盛りでびっくりぽんでした(古い)。結局、けっこう食べてあげました。おいしかったからいいよ。

IMG_4973.jpg
 叔母はドライカレーです。

 一度お店を出て、お土産買ったりもしたのですが、ちょっと叔母に急用(いろいろ連絡しなきゃの用事)ができ、車の中で座って待ってるのもね……と、なか30分ぐらいで戻ることに。

IMG_4985.jpg
 こんどはショコラショーに。お菓子を一緒にいただくのでビターをお願いしました。

IMG_4983.jpg
 一杯目はこんなふうに装飾していれてくれます。

IMG_4982.jpg
 お伴に選んだのは「テテオ・プレート」。
 プレートもショコラも母と半分こしました。プレートに入ってたイチヂクのチョコレートがけおいしかったな。買ってくればよかった。

 すぐ近くには同じ無量塔系列のそば屋さんもあり、けっして便利な場所ではないのにかなり頻繁にお客さんが来ていました。
 テオムラタのチョコはこのお店だけでなく福岡は天神、そしてウェブ通販を通して(一部)手に入れることができます。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

京都でガンガン歩きました。3月3日~5日 

2017.03.07
Tue
11:11

 3月4・5日に出張が入ったので、3日は前乗り。京都に行ってきました。ブログ記事を見ると、2015年6月以来です。まだ大分の記事も終わってないし、元町カフェ温故知新シリーズ(と勝手に思ってる)もアップしたいのですが、とにかくメモだけアップしておきます。

〔3月3日・金〕
・7時過ぎの新幹線で京都へ。9時ちょっと前着。駅→ホテルの当日着配達に大きなほうのバッグをあずける。
・山崎に行き、『ロベール・クートラス展 僕は小さな黄金の手を探す』および常設をアサヒビール大山崎山荘で鑑賞。カフェで一服。
・京都駅に戻り、料亭の支店でおばんざい的な……と思ってsuvacoに行くけど長蛇の列であっさり諦め、同じとこにあったイタリアンで昼食。
・地下鉄+徒歩で相国寺承天閣美術館へ。生誕300年記念 『伊藤若冲展 後期 』を鑑賞。
本邦初公開 「鸚鵡牡丹図」他、とチラシにもありましたが、五点かな? 初公開の。まだまだ隠し玉があるってことですかね……?
・予定より早めに動けてるので、京の冬の旅のチラシを見て、岡崎に近いからと紫雲山・くろ谷 金戒光明寺へ。
・続いて京の冬の旅で公開中の金戒光明寺 西翁院。
・さらに聖護院。
・一服しようと、西尾八ツ橋の里に入り「西尾のおしるこ」をいただく。
・徒歩で岡崎へ。まず細見美術館で『ヨーロッパ名窯美麗革命!アール・ヌーヴォーの装飾磁器』を鑑賞。意外に(すみません)よかった。参考出品で宮川香山もいくつか。
・そんなこんなで企画展のクローズに間にあわず、京都国立近代美術館の常設展示だけを見る。展示室にひとりだったりもする、とても贅沢。特集展示は長谷川潔だった。嬉しい。
・帰り際、3日スタートのイベント・京都東山花灯路(とうろ) を歩く。知恩院でライトアップに入場しました。
・さすがに力尽きてタクシーを拾い、ホテルのほぼ正面まで。ちゃんとした栄養摂ってなかったけどそこまでお腹も空いてなかったし、一人旅の気ままさで、コンビニでローストビーフ&サラダを購入して部屋で食べました。
*歩数は24000歩ぐらい。がんばったな。

〔3月4日・土〕
・出張一日目は13時からのセミナー参加。おおまかに言って、午前中はフリー。
・ホテルは五条駅のすぐそば。セミナーに行ってしまうと歩くこともないし、時間的に余裕もあったので、烏丸御池近くを目指して歩くことに。
・友達に教えてもらったマリベル(チョコレートで有名、カフェも10時~)には9時45分ぐらい着。とても気合の入った三人連れが並んでいたので、一休みがてら行列。→10時入場。でもでも、まさにこの日からホワイトデー対応でカフェおやすみ……。
・マリベルでお土産にチョコ買って、さてどうしようと外に出て京都文化博物館の寺田珈琲目指そうと思ったら、ほんとにすぐのところにベルアメール(これもチョコ)京都別院があり、こちらはカフェ営業も! 入って朝ごはん代わりに(!)フルーツショコラパフェとコーヒーとセットで。
・もうちょいなにか……と思って、今回ガイドブックとして買った『京都おやつガイド』で紹介されてた大極殿本舗六角店栖園で琥珀流しをいただく。
・甘いものだけじゃ駄目なのでは……と思って、京都文化博物館別館の寺田珈琲に入り、ロールパンのサンドを食す。おなかぱんぱん。
→北上してセミナー参加。
→今回はひとり出張で、レセプション的なものにも申し込んでなかったので、5時半にはフリーに。3月だけは土曜日も国立博物館の常設が8時までなので、バスにえんえん乗って行く。
・京都国立博物館 常設展示 これもまた贅沢な時間。特別展示はお雛さま。工芸は香道。気に入ったらすこし写真もと思っていたけど、常設も写真NGでした。著作権など書いてあったけど、ここに展示されてるようなものはもっと古いよね。寄託品が多いのかも。昔はフラッシュなしならOKだったような気がするのですがそうじゃなかったかな。おとなしく、『美の壺』の香道特集ムックを買うことにします。
・昼あたりに食べたものがまだまだ残ってる感じだったので、コンビニでちょっとだけ買い出ししてホテルに。

〔3月5日・日〕
・9時にチェックアウトして仕事に向かえばよいスケジュール。
 ホテル近くにあるはずの町のパン屋さん・まるき製パン所を求めて、軽装で7時前に出る。なんと平日は6時半、日曜・祝日は7時から営業とのこと。案外遠く、ちょっとした町歩きになりました。
・ホテルに帰ってパンで朝食。たくさん食べた。また苦しくなっただ。
・荷物を出し、仕事に。
・お昼過ぎに終えて、まずは下鴨神社構内にある旧三井家下鴨別邸へ。昨年秋に公開開始した重要文化財です。特別に二階も追加料金で見れたのでセット券を購入し、「京都伝統産業青年会展」も見ました。
・二条のかわっぺりにあるリッツカールトン京都へ。昨晩急に思い立って、エルメのバー・ショコラを予約しておきました。朝あんなに食べたのにちゃんとお腹がすいてて、チョコのデザートだけ食べるのはちょっととか自分に言い訳し、まずニース風サラダ、それからバーショコラ。また死ぬほど苦しくなる。
・歩いて岡崎へ。金曜日に見れなかった『endless 山田正亮の絵画』を鑑賞。竹橋でも開催されていたのを見逃してました。来てよかった。凄かった。
・しかし京都っていつも混んでるなあと思いながらぎうぎうのバスに延々と揺られて京都駅へ。ちょっとだけ買い物して帰宅。京の冬の旅でスタンプ三つ集めたので観光案内所に寄って記念品をもらいました(カフェでお茶一杯、なんていうのも可能)。期待してなかったけどチケットホルダー的な大きさのファイルで、これはよかった。   

*なか十日ぐらいで旅はなかなか気ぜわしいですね。でも国内二泊三日ぐらいだと当日支度でも十分だから助かる。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

大分に行ってきました(3) 地獄めぐりと杵築でごはん 

2017.03.07
Tue
10:31

 二泊三日の大分旅行ももう最終日。
 温泉が最大のお目当てなので、お宿でのんびりです。今回宿泊した「潮騒の宿 晴海」は上人が浜に面した大規模旅館でありながら、朝食のみのプランも選択できたのが最大のポイントでした。母は年齢のわりにはよく食べますが、やっぱり旅館の大盤振る舞いのごはんを夜・朝続けていただくのはちょっと、もったいないことになってしまうので……。

IMG_5028.jpg
 部屋で迎えてくれたのはこの「牛蒡せんべい」。

IMG_5040.jpg
 和室が手前、そしてすこし下がってリビングというお部屋です。ピクチャーウィンドウみたいに全面窓になってて海が見え、日没も日の出もとても美しかった。リビングと並ぶ形で部屋つきの露天風呂もあります。このお湯、すごくよかったな。大浴場も一階と最上階にあり、夕方-夜-朝とかわるがわる入りました。

IMG_5052.jpg

IMG_5054.jpg
 ロビーからすぐにプライベートビーチ。

IMG_5055.jpg
 ロビーにかかってたアートです。
 施設はところどころ年代物だなっていうのもありましたが、スタッフがにこやかで押しつけがましくなく親切でした。お世話になりました。また、売店でおみやげいろいろ買って箱をお願いしたところ、販売物が入ってた箱を見繕って出してくれました。このごろは宅配業者の段ボールを買わねばというのが常識になってましたが、こういうの嬉しいですよね。ガムテープも「どうぞお部屋で」と貸してくれました。

 別府には有名な「地獄」があり、その「地獄めぐり」も観光の楽しみだとか。なんで地獄かというのは、別府地獄めぐり公式サイトから引用します。

ここ鉄輪・亀川の地獄地帯は、千年以上も昔より噴気・熱泥・熱湯などが噴出していたことが「豊後風土記」に記せられ、近寄ることもできない忌み嫌われた土地であったといわれています。
そんなところから、人々より、「地獄」と称せられるようになりました。今も鉄輪では温泉噴出口を「地獄」とよんでいます。


 とのこと。お風呂廻りかと思ってた……! 
 全部行かなくてもいいよねということで、 「地獄」が集まる箇所のうちまずかまど地獄に行きました。 
IMG_5059.jpg
 こんなオブジェもあるよー。

IMG_5065.jpg
 このようにもうもうと湯気が。

IMG_5064.jpg
 これこそ血の池? 赤いのも。
 売店なんかもかなり古びてて、しかしわいわい人はいて(たぶん外国人観光客)、ふしぎな活気のある場所でした。足湯は芋の子を洗うようで近づくのも困難だったし、休憩所もお尻をくっつけあってぎうぎうに座っています。 

 そこからちょっと離れたところにある血の池地獄はけっこうおしゃれな感じ。
IMG_5070.jpg
 国指定の名勝でもあり、個別のウェブサイトも。

IMG_5078.jpg
 寒かったからさすがにこのベンチに座るのはやめといたけど、

IMG_5077.jpg
 なんとなくアイスキャンデーを買ってしまいました。これは柳川、つまり福岡から持ってくるものだけど。よーく凍っててけっこう苦戦しましたがおいしかった。

IMG_5081.jpg
 血の池地獄はちょっと離れているためかゆったり。駐車場も広いし、売店も広くて品揃えがいいので、観光ついでに買い物にはいい場所でした。弟たちのおみやげに「血の池ラーメン」を買いました。
 
 天気予報は下り坂。ぽつぽつしてきたので車に戻り、空港方面に向かうことにしました。
 今回、歴史的なものはぜんぜん見てなかったから、別府-大分空港のあいだにある城下町・杵築(きつき)に寄ってみることに。

 ちょっと遅めのお昼を、鯛茶漬けで有名だという若栄屋(わかえや)でいただくことにしました。おいしかったよ!
 あとめ雨に祟られ(激しくはならなかったのが救いですが)、ぐるぐる車でまわってみることに。
 
IMG_5101.jpg
 大分県杵築市観光協会によると、

南北の高台に武家。真ん中に商人が暮らしていた日本唯一の城下町。

 だそうです。

IMG_5098.jpg
 二月下旬だったので、いろいろな場所にお雛さま展示を展開中でした。
 これは、きつき城下町資料館のなかの建物です。

IMG_5096.jpg

 なんとか激しい雨につかまらずに空港に戻ってくることができました。
 帰りの飛行機は小さめでClass-J(前に席があるので、足がちょっとつらい母にもいいなと行きは取りました)が予約時点ですでに満席。チェックインのときに相談したら、「杖をついてらっしゃる方なら」といろいろお気遣いいただきました。
 なかでも、「羽田は広いですから」と強くすすめていただいたので車椅子の手配をお願いしたところ、ほんとうに楽でした。杖を使えばそこまで苦労もせず歩けるのですけど、それでもまずかなりスローだしつかれやすいことも確かで、本人もとても喜んでいました。

 三日目も母はにこにこ楽しそうで、よく食べてよく笑っていました。
 初日はどうなることかと思ったけど、終わりよければすべてよし。
 一緒に出られるうちにまたどこかに行きましょう。 
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード