FC2ブログ
01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»03

* category: 展覧会

『画家が見たこども展』(三菱一号館美術館)ブロガーナイトに参加しました。 

2020.03.03
Tue
10:12

 三菱一号館美術館で開催中(いまは休止中ですが……)の
『開館10周年記念 画家が見たこども展
ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン』(展覧会特設サイトはこちら)。

 2月26日開催のブロガーナイトに参加しました。関係者のみなさま、すばらしい機会をありがとうございました。

*この記事に掲載した会場内の写真は、特別な許可を得て撮影したものです。

 絵画のなかのこども……(西洋絵画で)すぐに思い浮かぶのは、聖母子や聖家族でした。あかちゃんばっかりだな。もうすこし成長した&宗教画ではないこどもというと、ゴヤが描いた肖像画とか(猫の表情が好きですぐに思い浮かんだのは、<マヌエル・オソーリオ・マンリーケ・デ・スニガ> (METの紹介ページはこちら)などでした。

今回は、展覧会のタイトルにも含まれているように-ゴッホの名前はありますが-、ボナール、ヴュヤール、ドニ、ヴァロットン……そう、ナビ派の画家の作品が中心となっています。 展覧会サイトの「概要」には、

「19世紀末パリの前衛芸術家グループ「ナビ派」の画家たちが追求した親密なテーマの中から「子ども」に焦点をあて、都市生活や近代芸術と「子ども」との関係を検証します。

とあります。

ichigokan1_convert_20200227231441.jpg

 第一室の最初の三枚。
 右手に映っているのは
 ・モーリス・ブーテ・ド・モンヴェル<ブレのベルナールとロジェ> (1883)オルセー美術館蔵
です。楽しい。
  開けた野原の真ん中に、おそろいの水兵服を着た兄弟が立っています。仁王立ちというほどじゃないけどしっかり地面に足を踏ん張ってる雰囲気があり、かわいいだけじゃないのがいいよね。
 上であげた宗教画とか大貴族のお子さまの肖像画などとは違うよ!  というのがこれ以上ない形で示され、この展覧会での新しい出会いにワクワクしました。
 最近は予備知識を仕入れず見に行き、タイトルや解説などは見ないようにして各展示室やセクションをひととおり見てその場でのお気に入りを決めるのを楽しんでるのですが、第一室ではやっぱりこの兄弟だよー。

ichigokan2_convert_20200227231511.jpg
 第二室

 左側にあるのは、チラシなどでもメインの位置を占める
・フィンセント・ファン・ゴッホ<マルセル・ルーランの肖像>(1888)ファン・ゴッホ美術館蔵
です。わたしもこの絵大好き。わたしとしても第二室のハイライトだと思います。
 アルルにゴッホが滞在していたときによくしてくれた一家。2017年のボストン美術館展ではルーラン夫妻の肖像画が並んで展示されていたなあ…と思い出します。
 ちっちゃなマルセルの肖像画背景の緑は、ゴッホ美術館が「苦境にあっての友」としてルーランを紹介するページ(こちら)にも引かれている、クレラー=ミュラー美術館蔵の花咲く肖像画の背景の色や、さきほど言及したボストン美術館蔵のマダム・ルーランのスカートの緑とつながっている気がします。

 同じセクションにはゴーガンのタヒチでの作品もありました。「死霊が見ている」という意味だというタイトル<マナオ・トゥパパウ>に描かれているのは、裸でベッドにうつ伏せている少女。もともとあかるい絵ではないけど、モデルについての説明を読み、幸せなこどもだけではない、この展覧会に仕込まれた毒のようなものを感じました。

ichigokan3_convert_20200227231539.jpg
 というわけでヴァロットン。
 めまぐるしく動く社会のなかに、確実にこどももいる。下の版画はなにしろ<街頭デモ>だよ。上の<『息づく街パリ』口絵>にしても、第一室の草原の兄弟と似たようなポーズでありつつも、醒めた様子があります。どちらも三菱一号館美術館蔵。展覧会グッズのミニタオル、サコッシュ、Tシャツなどでもヴァロットンは大活躍です。

 モーリス・ドニが家族やこどもを描いた作品も多く展示されています。
ichigokan4_convert_20200227231716.jpg
 色味が違うのが並んでいるところを。

 ドニの<ノエルと母親>(1896)個人蔵
がとても好きだったのですが、今回は一点撮りNG、複数枚を収めるという約束の関係でこちらでは紹介できません。
 あっ、2012年にフィリップス・コレクションが開催した展覧会のSnapshotで、ドニが制作の参考にした写真と一緒に紹介されてる。こちらです。画像が移り変わっていきますが、ノエルは8枚目。幸せってなんだっけ…これだよね! と思う一枚。

 幸せといえばわたしとしては猫さまも大事な要素。
 猫を愛するボナールさんがもちろんやってくれています。その名も<猫と子どもたち>という作品も!
 この展覧会はル・カネ(フランス)にあるボナール美術館の全面協力を得ており、ボナールの手がけたものは習作、挿絵本、写真も含めて数多く見ることができます。

 ちょっと遅れて到着したせいでカタログやグッズを買うことができず残念。早くもう一度行きたい。絵はがきはぬり絵できる線画とセットなのも楽しいよね!
 と思っていたら、今回の新型コロナウィルスの影響で、3月16日までの休館が決まりました。再開したらすぐにでも。

*展覧会公式ウェブサイトはこちら。多くの絵を紹介してくれています。トップを飾るゴッホ(マルセル・ルーラン)の右はドニの絵です。

・開催概要
会期:2020年2月15日(土)~ 6月7日(日)
開館時間:10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで(祝日を除く金曜、第2水曜、4月6日と会期最終週平日は21:00まで)
休館日:月曜休館(但し、祝日・振替休日の場合、開館記念日4月6日、
     会期最終週6月1日と、トークフリーデーの3月30日、4月27日、5月25日は開館)
     *トークフリーデーは声の大きさを気にせず鑑賞できる日です。

主催:三菱一号館美術館、ボナール美術館(フランス、ル・カネ)、日本経済新聞社
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協賛:大日本印刷
協力:日本航空、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン株式会社
お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
スポンサーサイト



Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 映画

2020年の映画 

2020.01.18
Sat
13:05

・『ダウントン・アビー』@kinoシネマみなとみらい(0110)さんぱちさんと
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 映画

2019年の映画 

2020.01.02
Thu
11:19

2010年1月に、思い出したり一応記録(日記とツイッター)を見たりしてメモ。アニメを見た年でしたね!

・『スカイウォーカーの夜明け』
・『スペシャルアクターズ』
・『永遠に僕のもの』
・『プロメア』
・『天気の子』
・『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』(0619)
・『誰もがそれを知っている』
・『名探偵ピカチュウ』(5月札幌)
・『ねことじいちゃん』
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

ウィーンに行きました(25年以上前の回想メモ) 

2019.03.20
Wed
17:00

 前回はスペイン留学中の一月に行ったと思う。たぶん1992年……? 友人と現地で待ち合わせ。スペインから行ったのでいろんなものが「きれいーー!」(クリーンという意味で)と思ったけどすぐ目が慣れて、「この国はこの国なりに 趣味悪し」とか川柳にもならないものを書いたのでした。

・泊まったのは郵便局近くのホテル「ポスト」。
友人は早く帰ったので二泊か三泊ひとりになったんだけど、それで移ったちいさめの部屋が、ドアからして小さかった(背が低かった)ように思う。
・ 寒いのですぐあったかい飲み物のんでた。それでトイレが近かった。地下鉄のトイレがきれいで助かった。
(ちなみに今回も地下鉄よく利用したけど、記憶のなかのほうが大きかった)
・ホテルザッハーに行き、友人はザッハートルテ、わたしはチーズケーキ。ザッハートルテはざりざり砂糖が入っているみたいに甘く、チーズケーキ頼んでおいてよかったねと。
・コンサートホール近くの店でベーム指揮『トリスタンとイゾルデ』CDを買ったと思う。あとたぶん、ブックレットも買った。水色っぽい表紙の。それで思い出したけどスペイン留学仲間にウテ・レンパーが歌う『三文オペラ』を頼まれたような気が……それでブレヒトの名前を知ったように思う。
・クンストハーレ(と自分では思ってる)でシーレのひまわりを見て、「ああ。このひと(たち)にはこんなふうにしか見えないんだ。そういう世界なんだ」と思った。まあ、表現主義とか知らなかったのでなんというか、森林の思考砂漠の思考、みたいなものなのでズレてますね。でも自分で気づいた、実感を得たので思いで深い。
・美術史美術館のカフェでゆっくりお茶した思い出。なにしろ寒かったし(再度言う)。←今回、美術館の室内は基本とても暑かったんだけど前は違っていたのかな? とにかくそういう思い出。
・裸体の女性をさらうゼウスの化身の雲に、ちゃんと顔があるよーって覚えていた。勝手にルーベンスと思い込んでいたのですが(そして女性はイオ←これは合ってた)、コレッジョだった。ぜんぜん違うじゃんね。
・一週間いたのでけっこうゆったりできたと思う。ふたりでブダペストにも行った。電車でまわってきた警官? がライフルというか長い銃を持っててちょっとびびったよね。
・ブダペストは観光地だなあという感じ。いわゆるサンドイッチマンもいた。お昼にはグーラッシュを食べた。あと、「ブダとペストでブダペスト」と覚えました。
・ひとりになってからだと思うけどフンデルトヴァッサーハウスとクンストハウスにも行った。床もうねうねしてる。ガウディ思い出す(「自然には曲線はない」という考えからだと)。
・クリムトはもちろん分離派会館とかベルヴェデーレに行った。ベルヴェデーレではギリシャ喜劇の仮面? とか見たような……。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 展覧会

2019年の美術展 

2019.01.19
Sat
10:02

・『ミナペルホネン/皆川明 つづく』東京都現代美術館(1226)

・『窓展 窓をめぐるアートと建築の旅』@国立近代美術館(1220)

・『坂田一男 捲土重来』@東京ステーションギャラリー(1220) たしかに最初は「とても…レジェです」だったけど、独自へ。

・『奈良原一高のスペイン 約束の旅』@世田谷美術館(1220)

・『世界に誇る吉野石膏コレクション』@三菱一号館美術館(1108)

・『カルティエ 時の結晶』@国立新美術館(1108)

・『話しているのは誰? 現代美術に潜む文学』@国立新美術館(1108)
小林エリカがよかったよ。これから注目。

・『ハプスブルク展』@国立西洋美術館(1025)

・『ゴッホ展』@上野の森美術館(1025)
同時代の画家たちの作品をのぞくと、ゴッホの軌跡としては以前に国立新美術館で見たもののほうが印象深い。

・『バスキア展 メイド・イン・ジャパン』@森アーツセンターギャラリー(1025)

・『山下裕二の隠し球』@日本橋三越(1025)

・『エドワード・ゴーリー 優雅な秘密』@練馬区美術館(1016)

・『横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち』@横浜美術館(0925)

・『コートールド美術館展』@東京都美術館(0929)

・『ストラスブール美術館展』および常設@宮城県美術館(0914)

・常設および『弱虫ペダル』展@石ノ森正太郎萬画館(0912)

・リボーンアートフェスティバル(0912,13,14) 13には島に。

・『寺山修司 1969』および常設@三沢市寺山修司記念館(0911)

・『猫がかわいいだけ展』(0831)

・箱根ガラスの森美術館(0829)

・『シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート』@ポーラ美術館(0829)

・『金屏風展 ―狩野派・長谷川派・琳派など―』@岡田美術館(0828)

・『堀文子展』@成川美術館(0828) すごい暴風雨のなか、行く。たぶん二回目。全館堀文子で、これがよかったので後悔はない。チャンカイ人形なんかも描いてたのね。

・『伊庭靖子 まなざしのあわい』@東京都美術館(0816)
すばらしい。見る、ってなんだろうと思う。

・『円山応挙から近代京都画壇へ』前期@芸大美術館(0816)

・『みんなのミュシャ』@Bunkamura(0807)

・『横浜美術館開館30周年記念 生誕150年・没後80年記念 原三溪の美術 伝説の大コレクション』@横浜美術館(0726)

・『メスキータ展』@東京ステーションギャラリー(0710)
エッシャーの師匠だって。よかった。

・『塩田千春 魂がふるえる』展@森美術館(0708)
よかった。船と赤い毛糸。ワーグナーの舞台美術などもしたんだって。

・『ウィーン・モダン』再訪。カフェで上映されていたボルタンスキーのビデオを見る。(0708)

・『クリスチャン・ボルタンスキー展』@国立新美術館(0705)
印象深い。死者への祭壇など。

・『松方コレクション展』および特集展示『モダン・ウーマン』など@国立西洋美術館(0626)

・『横浜美術館開館30周年記念 Meet the Collection ―アートと人と、美術館』@横浜美術館(0614)

・西洋美術館常設をちょっと歩く(0607)

・『クリムト展 ウィーンと日本1900』@東京都美術館(0607)

・『ルート・ブリュック 蝶の軌跡』@東京ステーションギャラリー(0529)
知らなかった…と思ってたけど、フィンランドデザイン美術館で写真撮ってた! すばらしい展覧会。

・『相原求一郎の軌跡』および常設展(特集展示にフジタとのかかわりなど)@北海道立近代美術館(0517)

・『キスリング展 エコール・ド・パリの夢』@東京都庭園美術館(0515)

・ちょっとだけ『国展』@国立新美術館(0510)

・『トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美』@国立新美術館(0510)

・『ウィーン・モダン』@国立新美術館(0510)
これまたなつかしく。ウィーン工房とシーレがよかった。クリムトは数点。

・『Information? Inspiration?』@サントリー美術館(0510)けっこうおもしろかった。同じものを違うライティング(場合によっては暗闇に近い)で見る。

・『世紀末ウィーンのグラフィック』@目黒区美術館(0510)
3月に行ったばかりなので、なつかしいと感じるものも多々。ユリウス・マインルのコーヒーが提供されていたので飲んだり。

・『美術愛住館一周年記念 アンドリュー・ワイエス展』@新宿愛住館(0430)
新しくできていた小さな美術館(個人のものなのかも)。ワイエスだからかそれなりに混んでいた。「クリスティーナの世界」の背景になった家などていねいに見れた。

・『ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち』@パナソニック汐留美術館(0415)

・『東日本大震災復興祈念. 伊藤若冲展』および収蔵品展@福島県立美術館(0405)、その後花見山公園→ペントノート→駅前で買い物して帰宅。日帰り。

・3月20日
 予定通り朝6時ごろ到着。荷物送ってからちょっと羽田でだらだらする。タージマハルのスーツケースはもう駄目でしょうとのこと。角がへこんで張り紙されたのが一昨年のカタール航空だっけ? 今回は車輪も駄目ですねと言われる。これで引退ですね。→8時開店の伊東屋をのぞいてみたくて、まずは(必要もないのに)お茶漬け&おでんの店で定食。さらに伊藤園でソフトクリーム+白玉とか食べてしまった。伊東屋にはインクや万年筆もけっこうあった。なにか買ってあげたかったのでカクノを買う。そしてリムジンバス→いつものバスで帰宅。スーツケースは夕方届いた。でっかい段ボールに入ってたよ。 

・3月19日
 9時に迎えが来るように手配。一行9人で割り勘にしてミニバン(7人乗った)とタクシーで空港へ。タクシー一台45ユーロのところ、今回は割り勘したからひとり13ユーロ強ですんだ。問題なく出国し、なかでいろいろお菓子を買う。ターミナル3のほうが一杯あるね。時間があったのでちいさなザッハートルテもいただきました。→機内は満席なんじゃないかな。通路側だけど奥に二席。まあまあ寝ようとしたけど、最後に『グリーンブック』だけ見た。

・3月18日
 早めに出てベルヴェデーレに。上宮は9時からで、10分前には並んでた(前に三人)。一回休んでカフェでグーラッシュをいただく→下宮(中世美術コーナーで休憩がてら翌日のオンラインチェックインを済ませる)→アルベルティーナ→演劇博物館→買い物モード(道に迷ったおかげで高級デリカテッセンとチョコレートのXocolatを見つける。迷いつつやっといったHuber&Lernerは当てがはずれる。疲れてHeinerのカフェに入り、いちごのエクレアとメランジェ。→おみやげ買い物→最後にぱっと文房具屋を見つけ、ペリカンの限定カラーインクとラミーの限定カラー万年筆を買う。←どうせならペリカンにすればよかった)→帰ってきてほぼ一気に荷造り。

・3月17日
 11時に国立歌劇場だったが早めに出てケルントナー通りを歩く。Obaalaaというカフェを目指したが工事中で(移転したっぽい)、そのすぐ横にあるおフランスっぽいところに入り、店の名前を持つケーキ(ガトーショコラだよね)とホットミルク。→国立歌劇場でオペラ「オレスト」のマチネー。要するにプレミエ前の講義だった。30分ほどで出る。→クンストハーレ カールスプラッツ(2ユーロ)→分離派会館(「ベートーヴェン・フリース」、)、古いカフェSを探して座りターフェルシュピッツのお昼→マリアヒルファー通りをちょっと歩く→MQ(クンストハーレMQで写真展→MUMOC→レオポルド美術館→ちょっとグッズショップなど見たが買わず)→ケルントナー方向へ歩き、みやげ物店でちまちまチョコとかウエハースなど買う→ホテルに帰る。

・3月16日
 美術史美術館(10時予約でカフェだったが入場に行列できてて20くらい着、朝食)でロスコー展など→ストライキの関係でけっこう歩き、なんとか応用美術館へ→夕方地下鉄を乗り継ぎ(これは楽だった)フォルクスオーパーへ。しばらくチケット受け渡しのため並ぶ(40分くらい)。すぐ前のチョコレート屋で買い物。待ち時間のうちに駅の近くでソーセージとファンタオレンジ、パン。オペラの演目は『さまよえるオランダ人』。地下鉄などで帰る。

・ウィーン0314~0320(現地実質四日) 3月15日:シェーンブルン宮殿(入場)→リングあたり走り昼は一端解散でお昼はアルベルティーナで→集合してウィーンの森へ。モーツァルトの「菩提樹」にうたわれた樹木を見る→ハイリゲンクロイツ修道院(入場)&すぐのカフェでお菓子とコーヒー→マイヤーリンク礼拝堂を外から眺める→バーデンで35分ぐらい自由時間(歩く&文房具屋)→ホテル。ちょっと休んでから楽友協会でウィーンフィルとバレンボイム、マーラー一番

・『開館5周年記念展 美のスターたち』@岡田美術館(0308)
・箱根ラリック美術館でオリエント急行に乗ってお茶だけした(0308)
・『モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい』@ポーラ美術館(0308)

『ヒグチユウコ CIRCUS』(0226)
・『奇想の系譜』
・『河鍋暁斎 その手に描けぬものなし』
・『奥村土牛』
・『母、猫、父その順に』
・『ソフィカル 限局性激痛』
・『北斎updated』
・カタストロフと美術のちから
・フィリップス・コレクション展(結局三回見た)
-- 続きを読む --
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード