FC2ブログ
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

* category: 各国料理

ご近所さんで食べました(2014ふりかえりその2) 

2015.01.01
Thu
16:13

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 ほんとの年末は掃除片づけなどで過ぎていき、更新しそびれたので去年をひきずって回顧続きです。

 まとめてどーんと大胆に近所回顧といきましょうか。

〔ひらがな、リセンヌ変化中〕
 ひらがなのほうで「裏フェス」が開催されたのが10月。あのあと、新しいお店がお目見えしました。
 トルコ料理のジェイハンです。シェフの出身地から取ったとか。八十八のすぐ近く、プティ・ボヌールのがわにあった韓国料理のあとです。椅子とかそのまま使ってるかな? トルコの手仕事・オヤの装飾がかわいい。
 わたしは一度ランチに行ってみました。A、BだけじゃなくABもりあわせというのもあって、これいいアイディア。
 ねこてんさんもお気に入りだそうです。おすすめです。
 それにしてもこのあたりいい店が最近増えましたね。よきかなよきかな。ファミリーマートが三浦野菜を積極的に仕入れて店頭などで売るようになったのもすてき。
 30日に年末の買い物ついでにお昼…とこのへんに行き、気になってたOrezzoに初めて入ってみました。シーザーサラダ、けっこう大きくてコストパフォーマンスいいんじゃないかな。ピザは薄手です。肉系も食べてみたい。

 リセンヌの新しいお店(ホシのあと)、イタリアンバルのフラテッロにはまだ入れてません。伊勢佐木町だったかな? からの移転組で、二回ほど行ってみたのですが満席でした。あと、Party Animals下のCharactersが閉店して次のお店を準備中(と、思うけど内装なんかもいじってたから、明日出かけたついでに進行状況を確認してくる)。

 そのまま信号を渡って元町仲通りですが、2013年末にカフェフウが閉店してしばらく空いてた⇒看板はあるけどどうなってるの? 状態だった(かなりていねいに開店準備をしたようです)スペースにチーズを使ったケーキがベースの横濱元町洋菓子研究所というお店がオープンしました。明日の新年会になにか買ってみる? と思ったけど新年は4日から。

 ごはんとは関係ないけど、昨年は着れる服が増えたからお店もいろいろ行きました。仲通りのMareeというお店と、バス通りのLight Blueというお店が気に入り、買い物もしました。あとアウトレットのValu Variでもちょっと。

〔本牧中華⇒山手駅近くのダイニングバーにて忘年会〕
 28日の夜は、ご近所つながり(中区4名保土ヶ谷区1名)で知り合った気の置けないおともだちと忘年会。今年は、崖のうえのマダムご推薦の本牧中華・香さんにてとなりました。横浜などからはバスで本牧2丁目まで行って下り、すこし戻って、ゴールデンカップスのすぐ手前の店です。
 わたしは時間を勘違いしてて30分ほど遅れて行ったのですが、もう何皿か食べ尽くされていました。みんなみんなオススメだけど、酔っ払い鶏とか水餃子とか…スープもおいしかったなあ。いいお店です。

 開始が早かったので9時ごろ? にはもう食べ終わり、二軒目を探してさまよう。
 近くのG.I.はすでにおやすみ、大和町のバンブーは予約でいっぱい、ほかに貸し切りとか…。
 山手駅の近くには何軒かあったよね? でももう駄目かなー。とか半分あきらめつつ歩いてってみつけたのが、Protago Yokohamaというダイニングバーでした。おなかいっぱいだったから各自お酒を頼んで(わたしは日本の白ワイン)、生ハム盛り合わせとチーズ盛り合わせをお願いしました。…いいじゃなーい。ホットディッシュは今回頼みませんでしたが、メニューをちょっと眺めてる限りではおいしそう。これはちゃんとまた行かねば。

[遠征はわりとスペイン料理で]
 遠征して約束する場合はなるべくランチにしておりました(夜たんまり食べるのはダイエット中はよくない)。
 選べる場合はスペイン料理、というかバスクにして、合計三軒。
・アバスク
・スリオラ
・サン・ジャン・ピエ・ド・ポー
 どのお店もおいしかったけど、スリオラで一度がっつり食べてみたいなと思いました。
 他はスリオラのすぐご近所(麻布十番)のトルコ料理・ブルガズアダは二回目だけどやっぱりとてもおいしかったし、ウィーンのカフェの雰囲気そのままという青山のラントマンもちょっと目新しくて居心地よかったな。

 いつもの店、は、リパイユ、獅門酒楼、隆蓮などには行きました。あと、ニョスキは夜しか営業してないのでほんとに長いこと行けなかったのですが、11月末に職場の若い人たちと。野毛の鷹一や、バーもスリーマティーニをはじめとしてちょこちょこ。金久保さんではすごくおいしい桃買ったし、年末にはみかんを。

 今年は体重はこの感じで維持して、あとは体脂肪率を下げてもっと締まった感じにしたいので、暴飲暴食(いや、あんまり飲まないけど)はとにかく避けて、多めに食べたら前後で調整し運動しっかり、というある意味ほかの方はずっとできていただろうことを心がけていきます。
 そしていつものことですが、おいしい楽しい思い出にはほぼすてきな連れの笑顔や会話が必須です。ランチなんかはひとりで入ることもあるけどね。わたしと一緒に過ごしてくださる方もそういう思い出をいだくことができるように、基本前向きで楽しくいきたいと思います。ご一緒する機会があったらよろしく。

 

スポンサーサイト



Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 各国料理

トルコでいただきました。ごはん(2) 

2014.04.15
Tue
21:53

 3月中旬、トルコに行ってきました。
 基本的な記事は「旅」カテゴリに(まだ途中ですが)。ほか、「ねこ」「マンホール」「お茶・お菓子・デザート・カフェめし」にアップしてあります。

2014tkcm19.jpg
 カッパドキアの最寄り空港であるカイセリ⇒イスタンブール線で出たごはん。
 このサンドイッチおいしかった。パンがほんのり甘くてやわらかくて。中身はちょろっと見えてますが、ハム・チーズ・レタスといったところ。

 イスタンブールではまずお昼ごはんとなりました。
 エジプシャンマーケットのすぐ近くのレストラン〔ハムディ〕。バクラヴァとケバブで有名なお店だとか。けっこう大きな建物で、調べると4階建て? 気候がいい頃にはテラスでの食事も楽しめるとのこと。

20145kcm27.jpg


2014tkcm20.jpg


2014tkcm21.jpg
 偃月刀的なカーブのカトラリー。
 店名入りの袋に入ったウェットティッシュもありましたが、これが名状しがたい臭さだった。まあ、文化の違いってやつですね。たぶん。
 ついでに、このレストランのトイレは自動便座カバー交換装置を装着していました。ボタン押すとウィーンってビニールのカバーが動くやつ。あれものすごーく久し振りに見た。

2014tkcm22.jpg

2014tkcm23.jpg
 パンは空洞パン(勝手に命名)的なのが二種類。

2014tkcm24.jpg
 おなじみになってきたチーズのピザ。

2014tkcm25.jpg
 ケバブおいしいね。塩加減もよかった。

2014tkcm26.jpg
 くだものもりあわせもちゃんと配色などに注意しています。右側の、背を向けてるのはリンゴ。

 最終日のごはんはガラタ橋の下のレストラン街で魚をいただきました。

 そして、機内食でトルコ料理とお別れです。
2014tkcm27.jpg
 このごろトルコのパンが流行の兆しだとか? 帰国してから知りました。
 トルコはおいしいね。この点も嬉しい国でした。
 
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 各国料理

トルコでいただきました。ごはん(1) 

2014.04.12
Sat
09:28

 3月中旬、トルコに行ってきました。
 基本的な記事は「旅」カテゴリに(まだ途中ですが)。ほか、「ねこ」「マンホール」「お茶・お菓子・デザート・カフェめし」にアップしてあります。

 トルコは「世界三大料理」のひとつに数えられると聞いたことがあります。あとはフレンチと中華だよね?
 ランクづけはともかくとして、トルコおいしかったです。量が多くて、ということはあっても、これはちょっと。というのは、一回しかなかったな(ベリーダンスと民族舞踊見たクラブはあんまりだったけど、これは力点が違う場所だからねー)。

 そんなトルコのごはんからピックアップ。
2014tkcm1.jpg
 エフェス遺跡に行く前に寄ったレストランの前菜。ナスを中心に野菜を焼き煮てあります。トマトベース。これはほんとにおいしかった! 肝心のメインはけっこう肉が固くてちょっと残念。トルコはナスも料理によく使うそうです。

 トルコ風ピザの写真を二枚。
2014tkcm2.jpg
2014tkcm3.jpg
 乗っているのが挽き肉だったりチーズだったりで、〔トルコだなあ〕となんとなく感慨にふける。一枚目はこげてるはじっこのほうが香ばしくてよかったな。

 メインは肉のことが多いです。これは挽き肉でできてるからキョフテでいいかな?
2014tkcm4.jpg

 カッパドキアの洞窟ホテルでの夕食をご紹介。
 まずはスープ。トマトベースで、スパイスがかなり効いてます。
2014tkcm5.jpg

 これも「ピザ」の一種かな? 野菜の分量が多かったので水気をたっぷり含み、テクスチャーとしては具だくさんの卵焼きでした。
2014tkcm6.jpg

 メインは肉だんごっぽい煮物。おいしい。つけあわせの米、こういう二色混ぜたタイプが典型的なのかもしれない。何度も出てきた。サラダのビーツもよく見ました。
2014tkcm7.jpg

 あまーいお菓子。アーモンド風味でしっとりしてる。
2014tkcm8.jpg

 お次はカッパドキアのレストラン、「エライ」。おしゃれ空間でした。

2014tkcm18.jpg
 表記が英語だけ。観光客専用?

2014tkcm16.jpg
 窓辺から外をのぞむ。

2014tkcm15.jpg

2014tkcm17.jpg

2014tkcm11.jpg
 前菜はナスがメインになった野菜のマリネ。いれものもえびせんべい的に食べられます。

2014tkcm12.jpg
 次は、肉を巻いてからっと揚げて。

 メインは羊肉または牛肉で前日にチョイス。トルコらしいといったら羊ということで、ほとんどのひとが羊をチョイスしましたが、一応保険として母には牛肉を頼みました。
2014tkcm13.jpg
 こちらが牛肉のステーキ。

2014tkcm13bis.jpg
 こちらが羊肉。
 うーん、このお店のだったら牛肉のほうが好きでした。歯ごたえがしっかりしてるのはいいけど、やっぱりちょっと臭みがあって、かつジューシーさは牛肉ほどじゃなかった。

2014tkcm14.jpg
 デザートもおしゃれですなあ。
 輪切りで重ねられたフルーツ、下のほうはナシとリンゴ。みんな甘く煮てありました。

 飲み物は自分で注文、だったのでチャイで。
 ツアーごはんの弱点は、やっぱり〔現地の人がふつうに利用してるお店〕には寄りつかない、ということだよね。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 各国料理

Greenで久々に炭火焼き 

2014.02.21
Fri
19:00

 調べてみたら、石川町にCharcoal Grill & Bar Greenが開店してもう五年以上経ってました。開店ちょっと後に一回、その後にたぶんランチで二回ぐらい行ったことがあります。しばらくご無沙汰しておりましたが、先日鍼灸の帰りに再訪してみました。

 入ってすぐの高いテーブル(まさにカウンターバー的)、オープンキッチンに沿った長いカウンターが右手。そして左手奥にいくつかテーブルがあります(さらに奥にもあるけど)。母と一緒だったので、ゆったりした奥のテーブルにありがたく座りました。

 今日のおすすめが充実してるな。それに、ウェブサイトでもちゃんと毎日更新している様子なのがすごい。

 飲み物は今日のおすすめから母が横浜ビール(ヴァイツェン)。わたしはグランドメニューから柚子ジントニック。
20140218a.jpg

 前菜として
・トリッパのトマトスープ
 わりとさらさらしてて、トリッパの臭みはありません。コショウの味が強めかな。
20140218c.jpg

・三崎野菜の炭火焼き w/ポーチドエッグ バルサミコソース
 野菜じゃないけどエリンギ(と思う)おいしかった。お腹に余裕があったらキノコの炭火焼きも一皿頼みたかったぐらい。
20140218d.jpg

*これは母が頼んだパン。
 まな板? に乗ってくるのがなんとなく楽しい。
20140218b.jpg

 メインは
・BBQポークの炭火焼き w/コールスロー
20140218e.jpg
 ちょっと甘みのあるタレが癖になる感じ。
 コールスローにはぴりっとした辛みがしのばせてありました。

 店内に流れるのはカントリーとおぼしき音楽。けっこう賑やかなものも。
 スタッフが元気で親切なのがいいよね。そうこうしているうちにどんどん席が埋まってきました。相変わらずの活気あるお店でした。ごちそうさま。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 旅の思い出  * genre: 旅行

* category: 各国料理

ベルリンでいただきました 

2013.04.16
Tue
02:45

 ベルリンには2月21日お昼過ぎ~23日夕方まで滞在。
 前にも書きましたが、一人旅なうえ体調もよくなかったのでごはん関係はあんまり、でした。まとめて載せておきます。

・21日、早お昼? は車中で
 長距離の一等車にはパーサーによるごはんサービス(有料)があります。
 やっぱり高めだし、まあベルリンで何か食べるか…と、ケーキセットにしました。写真入りでメニューに載っていたSchokoladenkuchen(ショコラーデンクーヘン。チョコのスポンジ)と、なんやらわかんないけどハーブティーっぽいの。
20130221tren2.jpg
 しっとりおいしかったですがやっぱり甘い。そして大きい。最後はがんばりました。

20130221tren1.jpg
20130221trenbis.jpg
 これも一種のティーバッグ。ベロみたいなものがついてます。メニューにはなかった英語の説明ありで、中国茶・煎茶ブレンドでマンゴーや柑橘も入っている、と。

・21日の夜はルームサービス
 ざっくり日程にも書きましたが、この日はホテルに荷物を置いてまず郊外のブリュッケ美術館へ。そして戻ってきて木曜日は夜10時までやっているという絵画館を目指したのですが道に迷ってしまい、しかし不幸中の幸いで行き当たったのがホテルのある通りだったので、もう思い切って帰ることに。ちょっとみぞれっぽくてすごく寒かったし。
20130221club.jpg
 こういうときに頼りにしてしまうのはなぜかクラブハウスサンドイッチです。フライドポテトおいしかった。
 このほか、飲み物を頼んだのですが、おまけとしてベリー系のムースが添えられていました。

・22日午後は籠もっておやすみ
 朝ごはんはホテルで。そして地下鉄→徒歩で博物館島に向かいました。ペルガモンと旧絵画館を見、カフェで早いお昼にして休もうかなと思ったのですが、残念ながら〔ちょっとしたおやすみどころ〕的な空間しかありませんでした。それで、もう帰って休もうかなと思い切り、お昼を買ってホテルに帰ることに。
 列車の線路下に並ぶお店のなかからベーグルのお店に入ってみました。
20130222strasse.jpg

 ずしっと大きいのでこのベーグルとヨーグルト(+シリアル、ドライフルーツなど)を結局昼夜に分けていただきました。
20130222bagel.jpg
20130222yogur.jpg
 他にはフレッシュジュースを二種類と大きめのミネラルウォーターを。
 午後や夕方に「出ようかな」と思う瞬間はあったのですが、結局薬を飲んで休むことにしました。

・23日、元気回復
20130223com3.jpg
 最後の日になって元気回復。土曜日だったので朝8時前のレストランは先客一組だけでした。

20130223com1.jpg
 ドイツでは「スイス式ホスピタリティ」イコール信頼のブランド、みたいなところがあるのかな? 少なくとも今回泊まったホテルではそういうコピーをけっこう見たな。美術館の行き方など聞いたのですが、フロントのひとたちはみんな親切でした。駅もすぐだしバスで中央駅直結だし、おすすめです。 

20130223com2.jpg
 やっぱりハム類は豊富。スイス風のものには国旗マークがついてます。
 写真はうまく撮れなかったけどパンがおいしかった。

 朝食後は雪のなかを二時間ほど散歩しました。そして11時半くらいにホテルに帰り、チェックアウトし、そこから向かったのがバウハウス・アーカイブ。まずはカフェで腹ごしらえです。こちらは小振りのセルフサービス形式だったけど、お昼もちゃんとあって助かりました。
 まず、お茶は自分で座席に持って帰る。
20130223ba1.jpg
 べろつきティーバッグじゃないよー。

20130223ba2.jpg
 グーラッシュがあったので選んでみました。もともとハンガリーの料理だけどドイツでもよく食べられるものとしてガイドブックに載ってます。トマトベースにスパイスが効いてて、ジャガイモや肉にも味が染みてておいしかった。ベルリンの最後にちゃんとしたものが食べられてよかったな。

 この日の夕食はハンブルクへ帰る電車のなかでいただきました。中央駅で買ったバゲットサンドにしてしまったよ。
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード