09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: イタリア料理

トンネル近くの新顔・Naviganteでランチ 

2015.05.12
Tue
08:20

 元町と麦田をつなぐトンネルの元町側すぐのビル一階に、ちょうど一カ月前かな? イタリアンのお店がオープンしました。かつてビストロベベBeBe(現在は元町の仲通りに)⇒ベベと同じグループのガレットの店ベルトンがあったところです。元町からも石川町のメイン通りからもちょっと外れた場所ですが、ベルトンが3月下旬に閉店して半月程度で新しいお店、すごい早いよね? ベベ⇒ベルトンの代替わりのときみたいな系列店への入れ換えかとも思ったのですが、ウェブ上で見る限りはそんなことないようです。
 というわけで、「新しい店に行ってみた」シリーズ? その9(かな)。

 新しいお店、入ってみる? と思い前に立ってみると、ランチが1900円と2900円(だったか)。ふらっとひとりで入るのはちょっともったいないかな、という設定でした。そこで先週、午後の用事に向かう前に母を誘って行ってみました。

 DSC_0784-1.jpg
 前のお店閉店からのタイムラグが短いから予想していましたが、居抜きだよねー。入店するとまず目に付くのはカウンターで、おひとりさまでも気軽に利用できそう。写真はそこから一歩あがったテーブル席で、4・4・2・(ついたてを挟んで)4の設定です。前は入り口左手にもテーブルあったと思うけど、このお店ではワインが並んでいました。

 ランチ2900円はアクアパッツァや肉のメインつきでもちろん惹かれるんだけど、時間制限もあるのでパスタがメインになっているほうをお願いします。
DSC_0785-1.jpg
 本日のスープはヴィシソワーズ。ちょっと暑い日だったので嬉しい。これおいしかったですよ! わざとちいさなじゃがいも残して食感に変化を持たせてたかな。アーモンドがぱらっと入ってたのも。続きにも期待募る。

DSC_0788-1.jpg
 前菜盛り合わせ
 左から、ホタテのタルタル、カポナータ(このふたつが好き)、アジとマダイのカルパッチョ(違うのを組み合わせてきたのは細やかだね)、そしてモルタデッラのスライス(これは保存食だからしょうがないんだけど、けっこう塩味強いなと)。

 メインのパスタは5種類から選択できます。
DSC_0789-1.jpg
 やっぱ伊豆野菜だね、そしてシラスだねと思って、シラスと伊豆野菜のペペロンチーノにしました。あまり辛いのが得意じゃないから、すこし控えめにしていただいて。それだからかな、ちょっとシラスの塩味が勝ってたかも。

DSC_0791-1.jpg
 母はこだわりミートソース、タリアテッレです。すこしもらったけど、荒挽き肉が味わいあってよかった。

DSC_0792-1.jpg

DSC_0794-1.jpg
 デザート盛り合わせ
 パンナコッタ好き。右はマンゴーのジェラート。

DSC_0796.jpg
 食後にはエスプレッソをシングルでいただきました。他、アメリカーノ、カプチーノ、アイスコーヒー、紅茶(hot or ice)も選択できます。

 かつてこの店舗で営業していたベベ、スタッフがにこやかでべたべたしない親切さがあってよかったな。今回もサーブの男性がいろいろと母を気づかってくださって、そんなことを思い出しました。
 積極的に「好き」な味と、材料的にしょっぱさが勝るのかなってものと両方だったからちょっと評価が難しい。もう一度うかがって、違うものを食べてみたいなと思います。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: イタリア料理

元町のメリメロcafe & bar MÉLI-MÉLOで金~日限定のランチ 

2015.05.06
Wed
20:15

(比較的)新しい店に行ってみた・シリーズの6でもあります。いや、ビオッツァ入れたら7かな。
 今回は元町のメリメロMÉLI-MÉLO。カフェ&バーということで、このごろは新しい店開拓していなけどバーも気になるし、いつか行ってみようと思ってたお店でした。最初に店名を見たのは…なんだろ? 裏フェス? 先日出たOz Magazineの横浜特集にも掲載されていました。

 場所は元町5丁目の都すしの入ってるビルの二階で(最初間違って書いてました。ご指摘ありがとうございます)、石川町からだとバス通りを渡り、仲通りを歩きだしてすぐ左側に入ります。店舗は二階。階段を昇ります。こちらのお店、金~日だけはランチ営業もしているのでした。今回知ったんだけど。

 入店するとすぐ右手がカウンター。左手には合計4人分の座席があります。直射日光は入らないので昼間からひっそりとした雰囲気の席です。一方、カウンターをまわりこんで窓際の席は窓が大きく切ってあり、明るくて爽やかです。
DSC_0761.jpg

 窓側は先客がいらして、わたしは奥まったほうに案内されました。
DSC_0762.jpg

DSC_0763.jpg

DSC_0764.jpg

 調度品とか、明るい木材を使ったテーブルなどいいよね。
DSC_0760.jpg

 こちらはちいさな本棚です。上にはラックがあってBrutusやku:nelなど。本棚の一段目には漫画がちょっと。『綿の国星』があるよ。『すみれファンファーレ』が数冊あったのが注目ポイント? 
DSC_0778.jpg
 上から撮ってみました。ちいさな、気の利いたものがいろいろ置いてあるね。
 窓際にもこういうディスプレイがあって、ひとつひとつ見るのが楽しいです。本や雑誌をぺらぺらめくるのも。居心地いいよね。

 さて、ランチは「喫茶店のナポリタン」とごはんもの4種からチョイス+スープ+サラダ+ドリンク(コーヒー/紅茶/はす茶、それぞれhot or cold)の5種類。金曜-日曜の12~16時だそうです。
DSC_0769.jpg
 スープがおいしかった! サラダもけっこう食べでがあり、野菜たくさん摂れてうれしいよね。

 メインは「塩豚とズッキーニのオイスター炒飯」をお願いしました。
DSC_0770.jpg

 はす茶。ベトナムのお茶だって。ちょっと渋みがあり、脂たっぷりのごはんのあとには口当たりいいよね。
DSC_0773.jpg
 
 しかも! 運動後だからいい気になってデザートまで頼んでしまいました。だって「洋梨とブルーチーズのチーズケーキ」って気になる…!
DSC_0777.jpg
 たしかに濃厚なブルーチーズ。でもクリーミーだし洋梨とうまくあってる。
 ごちそうさまでした。

Comment(1) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: イタリア料理

もうじき一周年のオステリアイノウエで 

2013.05.14
Tue
10:10

 このブログを始めた頃、連続でいろいろイタリアンに行ってたなあ。「ご近所イタリアンを探せ」なんてシリーズ名をつけておりました。しはらく鎮静化していましたがやっぱりイタリアンは出店も多い。かつ、年度末で退職する方のリクエストが「気軽にイタリアンで」だったのでちょっと意識してはおりました。結局なかなかメンバーのスケジュール調整ができずに送別会はちょっとおあずけ状態なのですが、今年のはじめごろ意識していたなかで行きそびれていたお店に、4月上旬に行ってきました。

 野毛はちぇるるの裏にできたオステリアイノウエOsteria Inoueです。土曜日の夜ではあったけど〔これから嵐になるかも〕という雨の中だったのでカウンターのはじっこに座ることができました。ちなみにこの日はその前に写真美術館でマリオ・ジャコメッリ展と映画『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』を見てきました。

 この位置、前はちょっと家族経営的居酒屋じゃなかったかな。やっぱりカウンターがあって、山ねこっていう焼酎が置いてあったような…名前と、エチケットがかわいくてそれだけ覚えていました。
 店内はL字カウンターとオープンキッチンの存在感が大きい。また、入り口から見て突き当たりになるワインセラーも、お店の規模に比して大きめです。カウンターは8席。テーブルは2名がけが2つに4名席がひとつ、だったかな。こぢんまりとしています。入ってすぐのところにYokohama Seasiderが置いてありました(前にも書いたことあるけど、Seasiderとはごはん屋の波長が合うみたいです。というわけで期待)。

20130406b.jpg
 まずは食前酒を(と言っても飲んだお酒はこれだけでしたが)。

20130406a.jpg
 パンにクルミやドライフルーツが入ってるよ。

20130406c.jpg
 前菜盛り合わせ。ホタルイカホタルイカ! カルパッチョは真鯛だったかな。

 やっぱり「本日のおすすめ」があると真剣に見入っちゃうよね。手書き(をコピーしたもの)で1枚。前菜・お魚・お肉・パスタ・ドルチェ(原文ママ)の項目にそれぞれ2~5種類載っています。
20130406d.jpg
 北海道 生ウニのスパゲッティ
 ウニも見るとなんとなく選んでしまうような。もちっとしたスパゲッティとの相性、いいね。
 あらかじめ二人に取り分けてサーブしてくださいました。  

20130406e.jpg
 これは五島列島のイサキ。大きい! オリーブがいろいろ入ってて楽しい。
 
20130406f.jpg
 飲み物以外は最後の最後までシェア。ブラッドオレンジのタルトです。

 カウンターだけどけっこうゆったり座れて(端だったからかな)、すぐ目の前がキッチンでよく目も届いて、快く食事できました。野毛らしく一皿500円の品揃えもけっこういいみたいだし、ワインセラーはお店の規模に比してかなり力が入ってる様子。はしご酒のなかの一店としても、腰を据えてごはんでも使い勝手がよさそうな一軒です。
 
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: イタリア料理

サンレモでアクアパッツァなど 

2012.12.25
Tue
16:13

 ご無沙汰しております。
 地味に歩き回ってはいるのですが、なんかしょんぼりなお店だったりしてわざわざ記事に起こすのもなあとかつべこべ悩んでるうちに未更新で一カ月に! 
 いや、日付は意識していたのですがあと一日は大丈夫かとたかをくくっておりました。
 とまあそういうわけで(どういうわけだ)、先日、野毛に行ってきた話でも。

 昨年の(ブロガー)社交界でびうをきっかけにお友達になった某せんぱいにお誘いいただき、野毛でごはん&呑みをしてきました。メンバーはせんぱいとSさんです←以前ブログをやってらして足しげく通ってました。

 まずは18時半にサンレモSan Remoで集合。野毛にすこし遅れて到着した上、サンレモがある通りを一筋間違えて覚えていて5分ほど遅刻。すまん。でも野毛の通りって似てるよねーという話をしたり。
 おふたりはその前に揃って野毛にぎわい座で「だるま食堂」のコントを鑑賞し大いに笑い、かつ老後というか仕事引退後のライフワークにそういう話術を身につけるべき! と燃えてらっしゃいました。

 サンレモはみんなはじめて。でも桜木町寄りの目立つところにあるし、けっこうわたしも気になっていました。日曜日だし非常に賑わっていて、ちょこちょこ待つ人たちができたりしてました。店内はテーブルが4~5。カウンター席もあるのが特徴かな。バル的使い方もできそうです。店の外見より明るいイメージ。

 白ワインと一本頼んで分けて、こんな感じで食事。
・バゲットにパテ これは突き出しね。
20121223sr1.jpg

・サンレモサラダ
20121223sr2.jpg
 グリルチキンがけっこう気前よく入ってました。

・カキのグラタン
20121223sr3.jpg
 たっぷり太ったカキがごろっと入ってます。冬の味覚だ。

・ズッパディペッシェ(魚スープ)
20121223sr4.jpg
 寒い日に、こういうぱあっと湯気のあがる鍋ものはやっぱりいいね。火がよく通ってくたっとなってたキャベツまでさらっていただきました。もちろん、パンも追加注文です。
味は二種類で、トマト風味のロッソとサフランを活かしたビアンコ。ビアンコをいただきました。

 お店のウェブサイトを見ると、野毛のバー In the Stillの2号店で「旬の魚介とイタリアワインのお店」だそうです。改めてメニューを眺めるといろいろとまたおいしそうなものが…。
 なにしろおしゃべりに夢中でそれをときどき料理に後押ししていただくという感じだったので味には集中しませんでしたが、また行こうかな。本店のバーも気になるな。

Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: イタリア料理

馬車道近くのヴィノテカ・サクラでジビエをいただく 

2011.12.29
Thu
23:57

 昨年気に入って三回(かな)うかがった、馬車道近くのイタリアン・チチョリ。6月に寄ってみたら閉まっていました。
 お店のブログを見ると、〔数カ月、近くのヴィノテカ・サクラをシェフとして手伝ってくる〕という趣旨の書き込みが。結局シェフは正式に移籍し、チチョリ跡地は「トラットリア ラ・ピッチカ」になりました。いろいろあるなあ。

 チチョリにもご一緒したグルメ師匠と、サクラにも行ってみようね! と言っていたのですがなかなか果たせず、ようやく今月になってうかがってきました。
 メンバーは三名。ふたりとも、かつて部下として支えていただいた方。その後も年に二~三回ペースでごはん会をしています。

 コースメニューもあるんですが、どんなジビエがあるか見てあれこれ味わってみるの、いいよね! ということになりました。
111207a.jpg
 エゾ鹿…イノシシ…おお、鴨もわざわざ「北海道産」とあるのは、これも野生ということでしょうか? 

 お互いに食べてみたいものをあげ、サービススタッフと相談してアラカルトをお願いしました。前菜2・パスタ1・メイン1でどれも分けるというのが提案でした。

111207b.jpg
 当日はまだ風邪が抜けきっておらず、しかも週のまんなかで翌日は早起きして仕事だったため、わたしは最初の一杯以外は水などで。
 
 111207c.jpg
 アミューズです。ぱっと見はチーズですが、じつはアスパラガスのムース。ふんわりしています。

111207d.jpg
 山口産 炙ったサワラのカルパッチョ
 最初、豚足を頼もうとしたのですが売り切れ(ちなみにこの日、週のまんなかだというのに堂々の満席でした)。代わりになにか…と考えて選んだものは別だったのですが、シェフからの
〔二皿とも温かいものだとすこし時間がかかるので、一皿は冷たいものではどうか〕
というお勧め&サーヴィスの方のアドバイスでこちらに。
 ほどよい厚みがあり、おいしくしまってました。どことなく和風の趣があるね。

111207e.jpg
 野菜たっぷり蒸し焼き
 三浦産野菜のサラダとちょっと迷ったけど、蒸し焼きのほうがたくさん摂れるのでこちらに。三浦百パーセントではないそうです。
 散らしてあるハムとかりっとした塩味と一緒にいただくとさらにおいしい。

111207f.jpg
 安納芋とマスカルポーネのラビオリ エゾ鹿のラグーソース。ジビエのお目見えです。
 これはおもしろかった。安納芋が入ってるので甘みがあり、鹿のラグーの強さを調和。体調がよければ赤ワインといただきたいところです。

111207g.jpg
 南伊豆産イノシシのロースト シェリービネガーとトリュフのソース
 綱島在住の猟師さん(具体的にお名前もきいたけど忘れた)が仕留めてきたというイノシシ。つまりまさに野生のイノシシだったのですが、処理がうまいのか臭みはありません。

111207h.jpg
 料理はみんなシェアしたのですが(スタッフがあらかじめ分けて持ってきてくれた)、デザートは各自。
 これはチョコレートのムースだっけ。

 食後の飲み物、コーヒーや紅茶はもちろんですが、黒葡萄の葉を使ったお茶「バッカナーレ」というのにしてみました。初めてきいた。
111207j.jpg
 クセがなく飲みやすい。でもたしかにぶどうっぽい香り!

111207i.jpg
 一口焼き菓子までついて、満腹であります。

 最後はシェフも一緒にお見送りしてくださいました。
 いろいろと工夫をこらしたお料理、楽しくおいしくいただきました。また来ましょう。
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード