02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»03

* category: 和食

夏のお江戸を遊びましょう(1) 

2016.07.31
Sun
00:11

 7月29日(木)も会議。こちらは早く終わるのがわかってたので、「江戸東京博物館に行こう」と約束してました。
 わたしはそれまで両国駅からしか行ったことがなかったのですが、仕事先の近くを浅草線が通ってて、「浅草橋駅から歩いていくと風情がある」と案内していただきました。初めて柳橋も渡ったよ。船宿が並んでるんですね。

 今回のお目当ては『大妖怪展-土偶から妖怪ウォッチまで』。夏休みだし、家族連れを含めてけっこう混んでました。
 やっぱり百鬼夜行ものはいまの目で見るとなんかユーモラスですね。とくに若冲の<<付喪神図>>とかね。
 また、予告やウェブサイトでも大きく取り上げられている<<辟邪絵 神虫>>(へきじゃえ しんちゅう)などは、タイトルをちゃんと見たり解説を読まないと単なる怪物たちの生存競争みたいな感じがするけどやっぱり力がある。「古来中国で行われた辟邪、すなわち邪悪な鬼類を辟け除くための図絵の伝統に連なると考えられて、現在は仮に『辟邪絵』と称されている」とのことです(奈良国立博物館の説明)。今回見ることができた<<神虫>>は「瞻部州南方の山のなかにすみてひと/つの神虫ありもろもろの虎鬼を食とす/あしたに三千ゆふべに三百の鬼を/とりてくらふ」という詞書つきのありがたい存在なんですね。
 けっこう作品が多いなと思ったのは六道絵と、お化けではろくろっ首。ひゅーどろどろの幽霊もいましたよ。
 そして最後にはでっかい妖怪ウォッチのキャラたちがどーんと。形が決まるまでのラフなどもいっしょに展示されてて楽しい。

 その後は連れ(職場の先輩)がお気に入りのどぜう屋さんに連れていっていただきました。
DSC.jpg
 両国どぜう 桔梗家 さん。お昼休憩をはさんで4時半からやっているのがありがたい。4時40分ごろ入りましたが、ちゃんと先客もいましたよ。

 おすすめのままにいろいろと食します。
 やっぱりどぜうは丸ごとだな。というわけで丸鍋は二人前。
DSC_3592.jpg


DSC_3594.jpg
 ちゃんと食べるのは初めてかな? ぼんやりと、どぜうはもっと大きいものだと思ってました。どじょうすくいのイメージで…。


DSC_3596.jpg
 どーんと運ばれてきたねぎでどぜうを覆ってぐつぐつ煮ます。

DSC_3598.jpg
 れんげでよそっていただきます。骨があるほうがやっぱりいいね!

DSC_3599.jpg
 土曜丑の日の近いので、うなぎ蒲焼も。

DSC_3602.jpg
 うなぎボーンもからっとしてておいしいよ! ビール好きな人にはたまらないのでは。


DSC_3601.jpg
 これはさらしくじら。クジラ肉って赤いイメージばっかりだったので、こんなふわふわしてるんだ! と今更ながら…。酢味噌でいただきます。

DSC_3604.jpg
 さらに、鯉のあらいまで。

 あとは枝豆をつまみ、お酒を一合飲んで。
 まだ日もあるうちにさっと出て、ほろ酔い気分で帰りました。
 なんと大妖怪展も含めてご馳走になってしまった。冬になったらわたしの持ちでなまず鍋食べに参りましょう。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 和食

三味洪庵@白川で京のおぞよ御膳 

2015.06.12
Fri
10:02

 京都ひとり歩きの昼御飯です。夜はバーめぐりと決めていたので、お昼が本日のメイン。いろいろ美術館に行く道すがらにお店があったらいいなと思い、清水三年坂美術館のスタッフさんに地元にすむ人のおすすめ聞いてきました。
 で教えていただいたのが、「さんみこうあん」さん。魚の味噌漬けなどがメインのコースがひとつあるだけでちょっと高い、でもおいしいし白川沿いで景色も綺麗、とのお話で、よしここにしよう! と決めました。さんみこうあんさんがいっぱいだったときのため、他に二、三教えていただきました。ありがとう。

 歩いていこうと思ってたのですが、高台寺のあたりでとうとう雨が降り始めました。それも比較的大粒。タクシーがかなり通るので乗ることに。たぶんこのへん、と東山駅近くでおろしてもらい、白川を探します。

DSC_0921.jpg
 お、こちらだね?
 三条通りから白川沿いにちょっと北上したところ、すぐ右手にありました。そうか、「三味洪庵」と書くのか。
 入ってすぐはお店です。左手のレジ前には西京漬けなど(ガラスケース入り)、右手にはちりめん山椒なども。
 お昼をいただきたいと言うと、正面奥ではなくお座敷にどうぞ、と、奥左手から靴を脱いで三段ほどのぼったテーブル席に案内されました。お座敷だけどテーブルなのね。床の間には布袋さん像もありました。

L1021653.jpg
 すぐそこが白川です。天気がよければ外でいただくのもいいだろうけどあいにくの雨。でもしばらくはすこし小降りで、今年初めて燕が川面を滑空する姿が見えました。その後も、雨でちょっと増水したのか、急になった川の流れに鴨がお尻から流されてったり。のどかで美しい風景です。

 いただいたのは「京のおぞよ御膳」。おぞよとは、「御雑用」。お店のサイトによると、
「京町家で母から娘へと代々受け継がれた
家々の日々のおかずのことです」
だそうです。

 はじめに運ばれてきたのが木の小箱。開くと二段になってます。
L1021646.jpg
 そうそう、京都の(初)夏はやっぱり鱧だよね…! 左手前です。赤いのは梅肉ゼリーだそう。トッピングが干し昆布。

L1021648.jpg
 続いてそうめん。…うまく撮れなかったので器だけでも。

L1021656.jpg
 そしてメインとごはんでございます。しっかりしてるけど口のなかでほどけてすごくおいしい。嬉しい。

DSC_0917.jpg
 器も美しいよね。配置も。

L1021657-1.jpg
 そして抹茶のシフォンケーキがデザートだったのですが、これがまたよかった。けっこうしっかり甘いんだけどしつこくない。

 けっこうのんびりしてしまいました。はー、ごちそうさまでした。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 和食

今年は和食もテーマにしようかと。@元町 ふた川 

2013.02.12
Tue
11:12

 この数年、石川町・元町界隈に和食のお店が増えているなあと思っていました。
・麦田に続くトンネルに近い、ぎりぎりリセンヌの範疇にSHIMOMURAが開店⇒すぐ近くに支店の志木葉がオープン⇒石川町駅を反対側にはさんでSHIMOMURA移転
・リセンヌに「かわかみ」開店
・フェリスからおりてくる階段下にできた旬味柴田
 などが特に新しい顔ぶれですが、以前は質屋さんを営んでいたとおぼしき、元町バス停すぐそばのゑびす(なんとなく、今のお店になる前は焼肉だったように思うのですが思い込みかな)の情報を酔華さんにいただいたり、ええーこんなところに? と驚く(通りすがりがほとんどいないだろう、汐汲坂かなり上部)茶つぼが以前から気になっていたりで、そうだなあそろそろ大人の世界に足を踏み入れてもいいかと思うに至りました。

 そう、このブログに親しんでくださってる方ならばおわかりでしょうが、そしてまあ記事のカテゴリでもエントリ数で一目瞭然でしょうが、わたしはバタくさいというか、まあ欧風のものばっかり外食では食べてるんであります。この数年で中華も数、行くようになったくらい。

 とか言いつつ結局一月には今回アップするふた川にしか行くことができず、二月~三月は旅行とか送別会リサーチ&本番でイタリアン(送られる方からのリクエスト。桜木町~関内~石川町~山手くらいまででいいお店情報求む)とかでガンガン行くとは思えません。そうだなあ、上記のお店には今年じゅうに行くことをゆるい目標にしようと思います。夜の営業中心だし単価も比較的高いしね。

 ふた川に行ったのは前エントリの元町のねこ写真を撮った日。お昼を食べがてら元町でちょっと買い物でも、と出かけました。とはいうもののじつは元町に着いたのは2時に近いくらい。ランチが終わってるお店もかなりあるので、選択肢あんまりないなあと仲通りを歩きながら、そうだ。とひらめいたわけです。…あいかわらず前置きが長いな。

 というわけで、ふた川に入ってみました。
 わりとコンパクト、幅は狭くて奥行きがある店内。入って右手にテーブル席、8人ぶん。左手にはカウンターで6席だったかな? そして奥には個室がひとつあります。

 20130116f7.jpg

 平日だけどお客さんがいい具合に入ってて、ちょうどあいていたふたりがけに着席しました。元町のランチタイム、平日の遅めだとけっこうご近所さん&常連が多く、こちらもそういう感じ。上の写真はお隣さんが帰ってから撮りました。

 メニューは店外にもあります。ランチは税込み2625円が主流。
20130116f3.jpg
 風呂敷べんとうというメニューがいくつかあり、連れはこちらを。
 わたしは魚が食べたくて、本日のふた川日替り御膳にしました。

20130116f1.jpg
 共通してついてくるのは小鉢とあんかけ豆腐。あんかけ豆腐はちょっと撮影失敗(やっぱりミラーレス一眼には慣れないな。つまりへたっぴ)。
 
20130116f5.jpg
 メインの焼き物。すごい肉厚でした。ゆっくりあぶって中まで火が通ってます。

20130116f4.jpg
 口取り三品、香の物など。

 わざわざ写真にはしなかったのですが、ごはんがおいしかった! 

20130116f6.jpg
 デザートはチーズケーキ。
 これ、最後に出してくれたらよかったな。
 全部一度にお盆に乗って出てきたので。

 ごちそうさまでした。
Comment(4) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: 和食

荒井屋で肉。 

2012.12.27
Thu
01:46

 年末にさしかかって少しずつ片づけなどしているうちに、ふつふつと「肉食べたい」という欲求がわいてきました。ちょっと珍しい。そんなときに考えるのはすき焼きかしゃぶしゃぶです。

 土曜日はうちのあたりの週に一回の資源ゴミ回収日。この日を目指してこつこつと紙をまとめ雑誌を破壊し紙の山を作っていたのですが、かなりな雨に心が折れました。紙は雨でも出していいそうなんですが、なんとなく。
 それでかえって弾みがついたのかもしれません。午後からは天気がよくなってくるというし、よーしパパ肉食いに行っちゃうぞ! ボーナスも入ったから来たければおごるぜい! と弟たちにも声をかけましたが、まあ急だったので気づいてもらえず、結果として出費は少なめで済むことに。

 で、行ってみたのが曙町(伊勢佐木町のすぐ横)の荒井屋本店。ねこてんさんが時々ランチに行ってらっしゃる…と思い込んでいたのですが、ついったとブログ見たけどそれらしいエントリが見つからない。妄想? 
 ま、なにはともあれ一度牛鍋なるものを食してみたく、勇んで出かけました。

20121222a11.jpg
 ほぼスペインタイムの2時ちょい前に到着したので、先客はまばら。ちょうどカメラを向けた方には先客はおられなかったので一枚ぱちりです。のれんや椅子の背にもモチーフになっている「牛」がいい味出してるぞ。また、この写真ではわかりにくいですが、額(おそらく版画)が十二月のものになっているのもいい。

20121222a1.jpg
 
20121222a3.jpg
 連れは牛煮込み。荒井屋さんの紹介によると
「創業時より守り続けられたメニュー。/牛ホホ肉をしょう油のみで煮込み、肉本来の旨みを引き出しました」
 スープっぽいのが来た。意外。すこし分けてもらいました。肉からスープ取っちゃったよーって感じ?

 そしてわたしは、すき焼き・しゃぶしゃぶと悩んだけどせっかくだから名代・牛鍋の定食だ。
20121222a2.jpg
 ふむふむ、最初に卵を持ってくるのね。それから割下と、煮詰まったとき用に水。

20121222a4.jpg
 おお…さすがの肉の量。これは豪華なり。

20121222a5.jpg
 お店のおねえさんが来て鍋の面倒を見てくれて、一枚目を卵入りの鉢に入れるところまでやってくれます。

20121222a6.jpg
 あとは自分で。

 すき焼きとの違いは? と聞いたら、「焼き」がないこと。牛鍋は最初から特製の割下で肉を煮込むとのことでした。お店のウェブサイトから引用すると、
「砂糖、しょう油、みりん・酒などをまぜた秘伝の割下(タレ)を お鍋に注ぎ、吟味した特撰銘柄牛と、野菜をグツグツ」。

 牛鍋の他は味噌汁(しじみでした)・ごはん・香の物・デザートにアイスクリーム(きなこの、だったかな)でした。
20121222a8.jpg

 いやー、食べたなー。
 味はかなりしっかり目なので、たとえば二人で来てこの定食をひとつ頼み、追加でごはん香の物味噌汁をお願いして分けるなんてよさそう。
 ごちそうさまでした。

20121222a10.jpg

20121222a7.jpg

 ところで、荒井屋さんの斜向かいの建物ってなんとなく酒店あるいは海外からの物産売ってる店のイメージだったんだけど、シークレットシューズのお店になっていました。
 この建物、なんか由緒ありげだよね?
20121222a12.jpg



Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: 和食

山元町の「おかめ」に初めて(?)入店 

2011.11.13
Sun
17:31

 比較的近くに住んでいるのにあまり足を伸ばさない山元町商店街。でも探検してみたい気持ちはあります。

 10月のある日、午前中だけの用事が終わって、すこし遅めだけど間に合えば、とお昼を食べに行くことにしました。
 フライ屋さかえの近くの定食屋さんに入ってみたいなと思って歩いてたんだけど、山元町バス停前の「さかえ」が開いているのに気づき、そういえばこちらでは店頭ガラスケース売りの大福とかお赤飯は買ったことあるけど、なかに入って食事したことはないや。と、のれんをくぐりました。

 お店にいらしたのは店主さんご夫妻と、どうも娘さんらしい女性。お客はおなじみさんらしい年配のご婦人だけで、食事も終わって一緒にくつろいでいた様子でした。入ってすぐ右にあるかなり大きなテレビではドラマが流れていました。

 20111018a.jpg
 奥が厨房です。

20111018b.jpg
 ちょっとだけずらして撮りました。
 味がある張り紙
「おいしいおでん おもちかへり出来ます」
の下あたりに、今年2月に朝日新聞に掲載された記事のコピーが貼ってありました。

 さて、なにをいただこう。
 ぎっしり入って16名の小さなお店だし、こんなにずらっとメニューに料理が書いてあるけど・・・と気になり、
「書いてあるのは全部できるんですか?」
と聞いてみました。すると、できるとのこと。

 よし、野菜をいただきたいと思っていたから肉野菜いため定食にしますか!
 ラーメン400円(ついでに大福100円)という低価格帯なのに、なぜか930円というのにも興味をひかれました。
20111018c.jpg

20111018f.jpg
 醤油、ソース、塩などの調味料も一緒に持ってきてくれましたが、味付けがちょうどよかった。
 このままでおいしくいただきました。
 肉や野菜もきちんとしたものを使っていると思います。

20111018e.jpg
 つけものもたっぷり。ごはんが進みます。

 わたしが食事しているうちに、常連さんらしい作業着の男性が入ってきて、慣れた手つきで新聞を手に別のテーブルに座りました。新聞も数種類取っているみたい。別の常連女性が大福や草餅を買い求めにも来ました。
 うむ、ここはちゃんと生きているお店なんだな。嬉しいな。

 わたしも大福を買って帰りました。
 おふたりのお話は、asahi.comでも読めます。こちら
 
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード