09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: バーめぐり

オーキッドバーのカウンターで・ホテルオークラ東京メモリアルステイ(3) 

2015.08.10
Mon
01:45

 ホテルオークラ本館建て替えをにらんだメモリアルステイプランには、レストランやバーでのウェルカムドリンクチケットがついてきました。寿司久兵衛以外で使えます、とご説明いただきましたが、ここはやっぱりメインバーのオーキッドバーに行きたいね。チェックイン時に予約をお願いしてみたけど、このところなかなかの混み具合なので予約は受けず、来店順に案内しているとのこと。
 そんなわけで、すこしでも早い時間のほうがいいよね、と、一度荷物を置いてすぐに行ってみました。5時半過ぎ着。

 早い時間なのに、たしかにずいぶん座席が埋まっています。入ってすぐ右手の喫煙席ならばかなり選べる感じではあるけど、たばこは吸わないし、やっぱりできたらカウンターがいいな。と希望を出したら、ちょうどナイスなタイミングで二席空いたところでした。
IMG_7547.jpg

IMG_7551.jpg

 カウンターはつやのある木。かなり奥行きがあります。
 バックバーの中間の壁に、ミロのとおぼしきリトグラフ(かな)がかかってました。

 メモリアルステイのオリジナルカクテルはテキーラを使用。大きめシェイカーで作り、グラスのふちに塩をぬってサーブされました。夏らしいさわやかな一杯。
 IMG_7544.jpg

IMG_7546.jpg
 おつまみは柿の種など。ぽりぽり。

IMG_7548.jpg
 入店して左奥がカウンターで、振り返るとこういうシートがあります。かなり照明をおさえた店内でステンドグラスが存在感を放ちます。店の名前にもあるオーキッド=蘭を意匠とした吹き硝子の照明器具がはめこまれてるそうですが見逃してしまいました。
 本館五階のメインロビーを(ちょっと強引な表現ですが)はさむ形に配置された「オーキッドルーム」、そしてこの「オーキッドバー」。なにか由来があるのかなと思いましたが、ホテルのウェブサイトを見てもそれほどのエピソードはなさそう…かな? このページから引用します。
 
〔蘭花〕
 蘭は万人に愛される香り高く、気品ある花である。ホテルオークラのメインバーはオーキッドバーと名づけられ、その渋いローズウッドの壁面には、岩田藤七作の蘭花を形どった数個の吹きガラス製照明器具がとりつけられ、幻想的な光を投げかけている。


 オーキッドバーは11時30分から深夜までの営業で、ランチやティータイム営業もするとのこと。また、9月15日からは別館での営業となります。
 夜も乾きものだけでなくがっちり食事もできるメニュー構成です。ただ、わたしたちは翌日の二食がっつりを控えて今回は控えめモードだったこともあり(合流前にそれぞれランチをきっちり摂ったしね)、もう一杯を頼んで席を立つことにしました。

IMG_7553.jpg
 マダムはシンガポールスリング。そしてわたしはサイドカー(写真)です。同じぐらいのアルコール度数になることが多いらしいマティーニ(オーキッドバー「絶対の一品」)よりも、ほのかな甘さと口当たりのよさがあるのでこちらを選びました。ブランデーベースで、欲しいコクはあるけどオレンジなどの柑橘がさわやかにしてくれる、好きだな。

 
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: バーめぐり

ハレとケ@石川町駅そばに行ってきました 

2015.07.11
Sat
12:43

 石川町駅元町口改札を出、すぐ左のビル二階のお店です。一階はここ数年でうどん屋⇒とんかつ屋⇒現在は整体に。「東国屋ビル」というので調べてみたら、以前は東国屋という大衆酒場があったらしいです。たぶんわたしも見たことあるはずなんだけど、自分が関心ないことは見えない・忘れる法則なんだろうな。

 こちらのお店、開店は今年の3月3日…かな? 営業時間には外に看板が出、チラシも取っていけるようになってて気づいたお店です。公式Facebookでの紹介は「自然の酒と野菜 Organic Bar」。

 先日、母が鍼灸を受ける待ち時間に入ってみました。
DSC_1017.jpg
 コースターにも共通するこの店名フォントとトレードマーク、粋ですね。

 階段を登って右のドアを開けて入ると、長いカウンターがお迎え。ちょうど正面に来るようにお品書きが並んだ黒板がどーんと。開店直後だったのでどの場所でも大丈夫だったのですが、やっぱりまだ日があるしなんとなく明るい場所がいいと思い、右手の二人がけテーブルに座りました。

DSC_1013.jpg
 カトラリーなどのセットとお品書き。
 オーガニック野菜のおつまみ・自然素材のワイン・日本酒のラインナップ。横浜ビールも揃ってます。
 卵・乳製品・白砂糖は使用しないとのことで、マクロビ派やベジタリアンの方にも嬉しいお店なんじゃないかな。置いてあるパンは藤沢ベーカリーmarumaruの自然酵母パンとのこと。

 一杯飲むだけでもよかったんだけど、なにかちょっとだけつまみたい。
 ということで、キヌアのカラフルサラダをいただくことにしました。
DSC_1016.jpg
 食感が楽しいよ。

 オーガニックワイン、それも国産のがたくさんラインナップされていたので、キヌアと一緒にいただくなら、と相談して決めました。
 井筒ワインのナイヤガラ辛口です。
DSC_1014.jpg
 色も豊かだよね。すっきりしてるけどあっさりしすぎず、コクがある感じ。ワインをゆっくりいただくのはちょっと久し振りですが、おいしい。

 カウンター横にはすこし雑誌なども置いてあります。『横濱』のバックナンバーなども。
 流れてる音楽がよかったな、こだわりがあるようで音も厚みがあって繊細で心地いい。CDだけでなくLPも並んでいました。

 仲間と行くなら窓際のソファ席がいいね。
DSC_1011.jpg

DSC_1012.jpg

 視界が開けて爽やか。日のあるうちに座っていろいろいただきながら日暮れを迎えるのもいいんじゃないでしょうか。
 次はローケーキをなにかいただいてみようかな。また、母の鍼灸のときにでも寄ります。
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: バーめぐり

ナイス、ナイス、ヴェリナイス@スリーマティーニ 

2014.08.04
Mon
17:55

 前にも書きましたが、今年に入って平均週一回ペースでパーソナルジムに通い、プチ肉体改造を試みております。その関係で外食も自然と控えることになり、出るとしてもなるべくランチをと心がけてます。そんなわけで自然とバーからは足が遠のいてるのがつらいとこ。

 でもせっかくだから、バーが好きという友人をつれてっちゃうもんねスリーマティーニに。大好きなお店だし、先日開店20周年を迎えたということだし。

 着いたのは6時10分ぐらいかな。あ、オーナーバーテンダーの山下さんはもっと遅い時間にならないといらっしゃらない? でもあのすごいリーゼントのバーテンダーさんもいい感じだったからいいかな。と扉を開けます。
 お店のなかは何時でも同じ。すでに夜の世界です。そして、週末だからか山下さんもアロハに身を包んで立ち働いてらっしゃいます。
 早い時間なのにカウンターにはけっこうひとが。でも運良くゆるやかL字の角っこあたりに空席がありました。スリーマティーニにはたぶん7回目ぐらいだけど、最初の一回をのぞいてほとんどこのあたりに座ってます。偶然。

 前に「ウィスキーベースでおまかせ」にしたとき(ウィスキーはちょっと苦手だったので、あえて)サントリーの白州で作っていただいた森香るハイボールがおいしかったなあと思い出し、そのお話をしてまた「ウィスキーベースでおまかせ」にしてみました。

・ニッカの「竹鶴」でウィスキーボム
20140803g.jpg

 うしろに映り込んでるのちょうどニッカ!
 ウィスキー+水をシェーク。夏に合うとのこと。暗い中で見るとスパークリングワインみたいです。軽やかです。うん、おいしい。軽いけどちゃんとウィスキーの味もするよ。

 お昼をまさにたらふく食べたあとなので、夜はごく軽くホットドッグだけいただきました。それにあわせてなにかおまかせ、とお願いして出てきたのがこちらです。
20140803h.jpg
 ラムリッキー
 沈んでいるのはライムです。これまた柑橘味がきりっと引き締めて、いいな。

 カウンターにはおふたりさまも座ってますが、常連さんらしいおひとりさまも。気軽に山下さんとことばをかわします。忙しく立ち働くあいだにいろいろと気を配って、置き去りにしないでいてくれる。お客さんのほうも山下さんを独占しないようにきちんと心得てるのももちろん、あるけど。

 すごく楽しかったな。みんなでひとつの雰囲気を作ってる、と実感できました。
 この記事のタイトルどうしよう? と思ったとき、淡々としたのでもいいけど、
「ナイス、ナイス、ヴェリナイス」Nice, Nice, Very Nice.
が浮かんできました。ボコノン教な! 意味合いは違ってるとは思いますが、とりあえず字義通りの意味で。

Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: バーめぐり

バークルーズに行ってきた(2)。 

2014.04.22
Tue
06:57

 4月19日に参加した横浜バークルーズ@石川町。後半の記事です。

〔SAMSARA〕ウェブサイト

 三軒目はビルの二階にあるSAMSARAです。こちらのお店、前から気になってはいたんだけど、
L1021219.jpg
 ビルのエントランスとか階段の壁面になんつーか、すぴりちゅある…? ラッセン…? みたいな絵があって、毎度おじけづいていました。

 二階の角にあたるスペースです。馬蹄型のカウンターで、ぐるりと全部で16人入れるそうです(今回配布のバーマップ参照)。窓が大きく切ってあるので解放感があります。
L1021210.jpg
 こちらでは『スターウォーズ 帝国の逆襲』をやってた。リマスター版ですが。
 そこからいろいろ映画の話など…。
 ハンソロは今でいう萌えキャラだよなーとか。あれ見てにわかハリソン・フォードファンになったわたしは、今は亡き馬車道の映画館で『ハノーバー・ストリート』とかも見ちゃったもん。SWも好きだから『イウォーク・アドベンチャー』も映画館に行ったし…。それにしてもエピソード1~3はアナキンの駄目っぷりが溜息ものであります(いや、1はいいか)。

 いただいたのは「スカイダイビング」。ラム・ブルーキュラソー・ライムをシェーク。青がきれい。
L1021213.jpg
 タイミングよく他のお客さんがいなくなった時間があったので、映画の話の他にも、バークルーズには酒屋さんから話があったこととか、お店の客層は幅ひろくて20歳そこそこの若い方から50代ぐらいまでということなどうかがいました。

 そうだ。
 バークルーズのチケットは金券とはちょっと違ってるみたいで、お店によってバリューが変わります。En Routeではたしか「890円までのカクテルに使える。それ以上の価格のものを頼むときには差額を現金で」で、CRIBやSAMSARAではとくに制限なく一杯、のようでした。

 SAMSARAは夕方のハッピーアワーもあるし、ごはんものも多彩なようす。また来てみましょう。

〔PARTY ANIMALS〕
 バークルーズでいただいた三枚のチケットは使ってしまったけど、まだそこまで夜更けでもないしもう一軒行きました。前から気になってはいたけど二階にあるためちょっと様子がわかんなくて来訪には至らなかったPARTY ANIMALSです。お店紹介には「20年以上続くアメリカンスタイルのバー」とあります。

 ちょうど4人連れのお客さんが店をあとにして階段をおりてきたところでした。先頭の男性(同年代かちょっと上)はごきげん。おいしいお酒が飲めたらしい。「ちょうど空きましたよ!」と教えてもらい階段を昇ります。
 階段を登り切るとそのまま店内です。正面のテーブルに案内されました。
L1021220.jpg
 そこから見える店内。入ってすぐには奥もお客さんがいらしたので、遅くなってから撮りました。

L1021222.jpg
 でもコースターはバイエルンミュンヘン(三人とも)。おもしろい。

L1021226.jpg
 メニューのオリジナルカクテルの項目に載っていたのは6種類。そのなかから〔甘くなく、強すぎず〕でお願いしたのはハマシャン(横浜美人ってことだよね?)。ドライシェリーをトニックウォーターで割ったものだそうです。
 やっぱりほんのり甘い。チューハイみたいな感覚でがぶがぶいけそうです。 
 
L1021228.jpg
 時間的にもこちらが〆になるだろうなと思い、フードも頼みました。こちらはナチョス。わたしは一口だけいただきました。

L1021229.jpg
 ソーセージ二種盛り。主にこちらをばくばくと。ほんとうはハンバーガーが名物らしい。ちなみに会計時「チケット5枚です」とのこと。ドリンク3杯、フード2皿での計算かな。チケットは使い終わってたので現金でお支払いしました。

 こちらの画面ではなつかし音楽のライブ映像が流れていました。わたしたちが入ったときにはBON JOVI。飲み食い話してるときにシンディ・ローパーがかかり、友人が「(さっきのお店でも聴いた)80年代にはシンディが足りないと思ってた」的発言も。
 
 バークルーズ主催の方もお客さんとしていらしてて、帰り際にご挨拶もいただきました。石川町で今年中にもう一度開催だそうです。日程合せて行くよね!

 気づけばもう11時半をまわっていました。電車で帰る友人もおり、さすがにお開きにすることに。
 小雨がぱらつきはじめた寒いなか、家路につきました。楽しかった。 
Comment(3) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: バーめぐり

バークルーズに行ってきた(1) 

2014.04.20
Sun
17:53

 4月19日(土)夜にとうとう石川町地区で開催された横浜バークルーズ(⇒公式サイト)に参加しました。
 個人で申し込みして主催者が3人グループを組んでくれるパターンと、3人グループで申し込むパターンあり。幸い気の置けない友達2人が誘いに乗ってくれたので、4月下旬とも思えない寒空の下ちょっとだけおしゃれして石川町駅集合です。

 受付で参加費と引き換えに、バーマップ&クーポン3枚セット(3000円)を受け取ります。この他、アンケートに答えるときに利用できるQRコードを印刷した紙と、「YBCのBarの楽しみ方」というアドバイスカードをいただきました。初参加だったのでちょっとだけ説明をうかがい、最初のお店だけは指定ということでくじを引いてさあ出発。

L1021200.jpg
 バーマップ&クーポン。右は参加店に置いてあったフライヤーです。

 参加店が当日までわからず、「まさかとは思うけど知ってる店ばっかりだったり…(石川町のバーは4軒しか入ったことないから「全部」ってことはないけどね)」と思ってましたが、結果、既知のお店は1軒だけでした。
 ラインナップは
・yururi salon x HanaUta cafe
・Bar & Kitchen FUZZ
・STAGE COACH
・SAMSARA
・CHARACTERS
・PARTY ANIMALS
・DINING & BAR CRIB
・Cafe & Cocktail Bar En Route
・Bar Inferno (訪問済み)
・Benny's Place
の10軒。地蔵坂下~リセンヌだったので、行ったことはなくとも名前だけは見かけたことがあるお店が大半でした。今回の参加店はみんな「バー飯」のあるお店。そして、バークルーズによるイメージスケールだと「カジュアル」寄りが多いのが特徴です。わたしはオーセンティックバー(またはスタンダード)ばっかり行ってるのでそういう意味でも新鮮。

[En Route]
 くじ引きで一店目に指定されたのがこのお店。リセンヌにある花こビル1階と言えば…ああっかつてZouli Cafeがあったあそこか。その後しばらく「天使の井戸」とか「すぴりちゅある」とか関係のお店が何代かあわただしく入れ代わり、昨年別の感じになったけどなんとなく入りそびれてたお店か。…というわけで、いい機会をいただいて入ってみました。店内はかなり盛況でしたが、運良くカウンターに座ることができました。

 入ってすぐ右手にはピザ窯があり、カウンター右端に座るとあったかい。嬉しい。
L1021193.jpg
 バックバーの一部。あ、ヒプノティックもあるね。

 こちらのお店はフレアバーテンダーさんがいるんだよね。なつかしのトム・クルーズ主演『カクテル』で知れ渡ることになった、シェーカーなどで曲芸的パフォーマンスをしてカクテルを作るの。
 それだけでなく、素材や技法にもいろいろ工夫をこらしているようです。
 なになに? 「最先端シェーカー」…? CO2を入れて加圧する輸入物のシェーカーとな。
 説明もしていただいたのですが、このお店のバーテンダーさんのお師匠さんが記事を書いてらっしゃるのでリンクしておきます。ふむふむ。

 通常のシェーカーと並ぶカーボネイシングシェーカー。Sさんが頼んだアールグレイカーボンポリタン入り。
L1021192.jpg

 L1021196.jpg
 氷を敷きつめたマティーニチラーにグラス(脚部なし)を入れて提供です。泡は大豆レシチン。

 さて、わたしはどうしよう。
 同じように技法が気になった「燻製カクテル」もありましたが、〔スモーキングガンの上にサクラ、オーク、ヒッコリーなどなどのチップを入れて煙を出してシェイカーに入れる。そのままではからいので他にハチミツやメープルシロップなどを使う〕とうかがい、うーん、辛口がいいな…と思いなおして。

L1021199.jpg
 なつかしのギムレットにしました。
 ちょうどバークルーズに重なるから録画にしてきたんだけど、日本を舞台にしてチャンドラー『長いお別れ』が始まった日だからね。
 こういうガラス&白っぽいカクテルを暗いところで撮るのにまだ慣れてません。というか、やっぱりまだM2を使いこなしてないんだよなあ。

L1021198.jpg
 ジンはビーフィーター。そしてライムジュースはさすがにローズ(Rose社)じゃないよね。

 二軒目からは自由です。ふだんはなかなか入りにくい、地下だったり2階(以上)の店にしようよということで。
CRIB〕 

 リセンヌをちょっと石川町に戻り、ビルの地下にあるCRIBへ。ダーツもあるっていうからお若い方の社交場なのかのう…(老婆心←誤用)と思ったら、なんとなんと。
L1021202.jpg
 まず、カウンターから見れるスクリーンではなつかしのMATRIX(カウンター左方にもっと大きいスクリーンあります)。DJイベントなどもあるというブース。そしてなにより、ずっとかかってたのは80年代洋楽でした…! 有線をかけてるんだって。ざっと言ってもホイットニーとか、Wham! (Club Tropicana)とか、Genesis (Invisible Touch)、Kate Bush (Babooshka)、Hall & Oats (Private Eyes)なんかが流れてもうもう。連れもどんぴしゃ同年代だったのでそういう話にも花が咲く。ぎゃーって話していたら年若いバーテンダーさんが話に加わってくれて、県警本部近くに80年代がテーマのディスコがあると教えてくれました。調べてみました。⇒DISCO Groovy

 こちらではオリジナルカクテルからなにか。と思い、甘くないものを選んでみました。
L1021205.jpg
 カリビアンブルー
 ウォッカとピーチ、だったかな?

 もりあわせタパスも三人で一皿(すんません)頼んでみる。6種類ぐらいから2種あるいは3種選べました。
L1021207.jpg
 わかさぎのマリネ、タンドリーチキン、彩り野菜のカポナータです。

L1021209.jpg
 特別サービスにポテトサラダも出していただいたよ。
 こちらのお店、もう18年もやっているとのこと。カウンターには日本酒も並び、ツイッターを見ると各種イベントも開催している様子。ダーツもできたりで、いろんな使い方ができるんだろうな。

 夜は更けていくのですがあと2軒行ってしまった。
 というわけで(2)に続きます。

Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード