05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: おでかけごはん

京都でいただきました(食事編)(2) 

2008.09.01
Mon
11:19

 5泊に及んだ京都滞在ですが、最後の日は終日奈良にでかけました。京都での後半二日の夕食についてです。

・12日(火)
 考えてみるとこの日が一番、食に関しては充実していたかもしれません。朝はイノダコーヒ(京の朝食)、昼は大鶴(ちらしそば)でした。その後しばらくホテルで休み、夕方ギオンコーナーへ。
 ギオンコーナー。名前からして怪しいというか不思議感あふれているかと思います。外国語ガイドつき京都定期観光バスを調べているときに見つけた場所で、国内向けのガイドブックにはまず載ってないんじゃないかな。 祇園はヤサカ八坂会館内の舞台を利用し、毎晩7時と8時の二回、それぞれ45分程度で日本の伝統文化を紹介します。ラインナップは茶道、琴、華道、雅楽、狂言、京舞、文楽。狂言は日本語のわからない大部分の外国人客にも大受けで、わたしも楽しみました。あとは文楽と雅楽がよかったなあ。

 ギオンコーナーに入るまえに、ガイドブックに載っている町家利用のおばんざい屋さんに電話してみました。が、予約で満席で、何時に空席が出るかわからないとのこと。伝統芸能鑑賞後も電話を入れてみたけどまだわからないとのことで、散歩がてら店探しをしました。うーむ、人影はまばらに見えてもお店のなかにはけっこうたくさん入っているのね。友人は畳敷きが駄目なのでそこもちょっとしたハードルになり、ようやく入れるお店を見つけたのが半時間くらいあとのことでした。

・「隠」(かくれ)
 入ってすぐのカウンター席(履物は脱ぎ、掘ごたつ式の席にはまりこむ感じ)、定員四名のところをしばらくは二名で独占。こちらは、目立って「おいしい!」とうなる感じではありませんでしたが、すぐ前で働いている板さんたちの懸命な仕事ぶりが見えたり、よく気にかけていただいたり、一人前を頼んだのにあらかじめ分けて出していただいたりなど全体的な居心地がよく、お値段も手頃で、あとで友人が「よかった食事」の筆頭にあげていました。
 炭火焼をなにか食べさせたかったので、京都の夏をおもんぱかって鱧の七輪焼。
CIMG8779.jpg

 ほかに豆腐の揚げ出し、シーザーサラダ温玉のせ、そしてこのカボチャのグラタン。
CIMG8780.jpg

 思い出しがてらネットでお店の情報を調べてみたら、お茶屋を改装して使っているとのこと。みんな個室状態で、二階の天井画がすごいらしいです。まさに玄関先にちょこっとお邪魔して帰ってきてしまったのは、今おもうと残念かも。

・13日(水)IEMON SALON
 ほんとうは丸太町にあるつくね屋さんを目指して一生懸命歩いたのですが、途中で猫カフェに入ったのが敗因。たどりついたときには、内側のあかりはあるけどのれんはしまわれていました。8時半閉店とはかなしい。
 力尽き、タクシーに乗ってホテルに帰ることに。ずっと気になってたすぐ隣のIEMON SALONに入ることにしました。テラスに向かう席にはパソコンがあり、ネットもできるみたいだったし。

 いえもん、という名前から推測できるように、サントリーが開いたお店です。ちょっとした目当てのパソコンつき座席は幸運にも無人だったので、そこに並んで座りました。自由利用ですが、最高一時間程度でほかのかたにもゆずってください、という注意書きつき。

 お茶を中心にしたライフスタイル提案ということで、今週の食事茶(500cc)
CIMG8990.jpg
なんていうのもあって楽しい。

小腹減った程度だったので、伊右衛門サラダと
CIMG8988.jpg

チキンライスプレート
CIMG8991.jpg
をいただきました。両方ともけっこうなボリュームだったのでこれで大満足。また鶏肉がおいしかったよ。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: おでかけごはん

京都でいただきました(食事編1) 

2008.08.31
Sun
09:33

 京都でのごはん編・1です。
 友人はアジア圏ははじめてだけどそれなりに旅行もしているし(スペイン人は「おうち大好き」と言われている)、外国料理レストランにも喜んで行くので、
「刺身系はやめとくか」
くらいの気持ちでいました。それから聞いたのは、そばはイヤということ。そうか。

・一日目の夜。3時ごろホテルに着いて休んでからちょっと買い物→新京極を目指してうろついているうちに先斗町に。ひとふたりがちょっと体を傾けたりしてようやくすれ違えるくらいの細い道の両側にびっしりとお店が並んでいます。すごい人。そして外国人もとても多い。

 新京極にはもう行かなくてもいいかーと思い、周辺で食事することになったのですが、友人はそれほど空腹なわけじゃない、というのと、基本的に緊縮財政ということで、ちょっと店選びには迷いました。

 ちょっと横道に入ったほうがいいのかな? と思い何軒かトライしては挫折(満員だったり、けっこう高かったり)。結局やはり横道の、招き猫ののれんに誘われて入ってみたお店は、カウンター、テーブル一卓、そしてアップライトピアノ一台に楽譜? 歌集? がどっさりの、
「飲み屋さんに来てしまった?」
でした。

 5種類ほど並んでいたおばんざいから、京都の夏だしということで、はもきゅう(画像が暗くてうまくいかなかったので、サムネイルで)。
CIMG8365.jpg

 そしてこのお店手作り&お薦めの鯖寿司
CIMG8366.jpg

 それから白味噌のおでん
CIMG8367.jpg
 はじめての味でしたが、おいしかった~。煮汁もぜひ飲んでください、ということで、味噌汁みたいな気持ちで喜んでいただきました。ちょっと甘みがあって、これは白味噌だからかなと思ったら、「コロ出汁」(鯨)も加わってるそうです。

 いきあたりばったりで入ったけどこれは幸先がいいかな、と思った一夜目でした。
 お店は先斗町の「レッドストーン」です。うたごえ酒場だったのね。

・11日朝食・銀閣寺道の松葉亭で冷しにしんそば。
CIMG8409.jpg
 これも「京都らしいもの」ということで選びました。そうだなあ、そばはもうちょっとコシがあるほうが好きだな。友人はメロンかき氷(初体験)とコカコーラ。

・京都駅伊勢丹地下の551蓬莱で昼食。大阪ものでしたね。すごいパワーフードでした。というわけでこっそりサムネイル。
CIMG8502.jpg
 だってこれにラーメンもついてるんだもん。

・ホテルは素泊まり設定だったので、12日朝は近くにあるイノダコーヒ本店に。7時開店の直後に行ったにもかかわらず、禁煙サロンの窓際には座れませんでした。出るころには待ち行列あり。
 頼んだのは「京の朝食」。
CIMG8631.jpg
 これにオレンジジュース、クロワッサン、コーヒー(砂糖とミルクは最初から入ってくる)がセットです。
 ハムはおいしいと思ったけどクロワッサンはちょっとぺたっとしてました。コーヒーは、通常飲まないのであんまりよくわかりませぬ。

・11日の昼は、大鶴で「ちらしそば」。近くの店(和雑貨のM-Hero)のおにいさんたちに教えてもらいました。そば屋ってふつう丼ものがあるよね、と思い友人にあたってみたところOK。天丼、喜んで食べていました。
CIMG8715.jpg
 これはおいしかった。とくに香ばしい鶏の照り焼きが○です。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: おでかけごはん

名古屋ごはん2(0310) 

2008.03.17
Mon
14:05

 さて。どうも外は雨模様。あんまり早くからでてもちょっとな、という日でした。
 でもホテルでのんびりしようにも、だんだんおなかがすいてきた・・・・・・というわけで、チェックアウトを済ませて、名古屋モーニングを体験しに外へ。
 ここはやっぱり[モーニング喫茶]という冠つきのお店へ行かねば。
Nmorning.jpg

 モーニング喫茶リヨンの「小倉モーニングセット」。
 あんこトースト、マカロニ入りサラダ、ゆで卵&コーヒーのセットにしました。ちょっと苦しかったけど、やっぱりゆで卵は必須のような気がして。これはセットなので500円。だから
「まあ、ありかな」
くらいの気持ちでした。
 プレスサンドだと、朝から夕方まではコーヒーなどを頼むと自動的にセット! しかも選べる。
 になるので、すごいお値打ち感があると思います。

 しかし。
 自分たちの嗅覚の衰えを棚に上げ、友人とふたりそろそろ
[名物にうまいもの(略)]
という表現が脳裏をちらりと・・・・・・。

 しかしながら。
 お昼のひつまぶしは満足でした!
n4hitumabushi.jpg

 熱田神宮そばの鰻屋、かが味です。
 もちろんまずはふつうの鰻丼としていただきます。皮がぱりっとしてて、なかはやわらかくていいねえ。たれも好き。
 半分くらいいったところでだしをかけていただきます。
 ようやく、おいしいものを食べた!
 と思いました。それだけのお値段にはなるけど。

 さて、しめくくりは松阪屋本店南館にオープンして間もないというBIKEINA CAFEでお茶。
 一服する程度でいいや、と思っていたのですが、ゆでたジャガイモを使ったデザートというのに興味をひかれました。
n5patata.jpg

 いちごがおいしかった。
 案外甘みはありましたが、サツマイモじゃ駄目かね?

 とまあこんな感じで一勝△ふつう?敗な名古屋ごはん&菓子でした。
 おみやげはういろうと味噌煮込みうどんと、

 赤福
がありました!
 9日夕方には行列を目撃した名古屋駅の売店に、そっと5箱ほど置かれていました。1000円サイズオンリー。せっかくなのでさっと1箱を手にとり、母へのおみやげに。
 狭い売店周辺には、赤福番とでもいうべきスーツ姿の若い男性がふたり(「30分」とか言ってメモ取ってた)、店だし係? のやはりスーツの若い女性がひとり。
 松阪屋の売店では「本日分売り切れ」でしたが、新幹線に乗ったのが4時半という早めの時間だったせいか、ホームには赤福のビニール袋を下げたひとがまあまあいました。
Comment(3) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: おでかけごはん

名古屋ごはん1(0309) 

2008.03.17
Mon
11:39

 名古屋に行ってきました。
 旅の楽しみのひとつがごはん。エル・ニョスキのてらさんのお友達のお店(もちろんスペイン料理)に行ってみようかな? と思ってわざわざ教えてまでいただいたのに、この日程(日曜→月曜午後)ではちょうど営業時間外でありました。残念。
 というわけで、とりあえず名古屋もので攻めてみよう。
 と思いました。

 日曜日11時台にホテルを出発、名古屋城を目指す。
 そうか、このへんってビジネス街・・・・・・。あいててもふつうの洋食店とか、ビジネスホテルのレストランなんかだよね。
 なんて思いつつ歩いているうちに、結局名古屋城に着いてしまいました。途中、高橋直子私設応援団のみなさんがかかげるおおきな赤い横断幕を見たり。

 なにはともあれ休憩、なにか食べたいよーと訴え、名古屋城内の「二之丸茶屋」へ。お抹茶&和菓子をいただきました。はあ、ほっと一息・・・・・・。
n0mochi.jpg


 天守閣のあと西の丸展示館でのつばき展を見たりするうちに時間も過ぎてゆき、結局すぐそばの名古屋能楽堂の食堂でお昼にしました。
n1soba.jpg

 お目当ては名古屋コーチン入りだというたきこみごはんだったのですが、うーん・・・・・・? 粒はあったかな。

 あとはノリタケの森で紅茶を一杯飲んだだけで歩き、夕方ホテルにチェックインしました。宿泊は駅直結のマリオット、せっかくだからとデパートの名店街へ。
 おお、全体としてはすいてるけど名古屋コーチンとかひつまぶしとかのお店だけ並んでる、みんなわたしたちと一緒なのね。
 結局、並ぶまでの気合はないので、どうやら空席がありそうな味噌煮込みうどんのお店へ。

n2udon.jpg

 ええ~、これってアルデンテデンテデンテ(と言ってみた)で食べるものなの? 箸でつまみあげるとぷちんと切れて落ちる、みたいのじゃないの? と不安になりガイドブックを見たところ(いま)、[初めて食べるひとはそのコシの強さにびっくり]という記述が。そうか、これでいいのか。
 こちらもコーチン入ってるはずなのですが・・・・・・いや、一応入ってはいたけど、マイナス300円~400円でいいんじゃないかと思いました。

 9日の食:しょんぼり。
 ではいかんと思い、ちょっと無理してお向かいの甘味屋に入って抹茶のアッフォガートセットを頼みました(は、半分は手伝ってもらっただ)。
n3postre.jpg

 じつはパンケーキが食べたくて。でも大きいのは無理、と思って。
 いやあとことん鈍っているというか、この大きさと厚みではちょっと違うのでありました。これは自分が悪い。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: おでかけごはん

日本橋っておもしろそう(1016) 

2007.10.25
Thu
13:45

 九月にオープンしたばかりのマンダリンオリエンタル東京に、アフタヌーンブッフェに行ってきました。今回利用したのはアトリウム2階のヴェンタリオです。

・・・・・・「アトリウム」ってちゃんと書いてあったのに迷いましたよ!
 建物自体はすぐわかりました。隣にある三井本館の威厳ある歴史あるたたずまいに目を奪われつつ(こっちにもそのうち絶対来よう)、ガラス張りのセクションに入って、きっとこっちよねとマンダリンへの扉をくぐりエレベータホールへ。ホールに大きな扇が飾ってあるのを見て[ああ、シンボルだったなあ]と思ったのですが、さすがに2階まででエレベータは悪いなと案内係さんにきいてみたらヴェンタリオはあくまでも「アトリウム」にあるとのこと。つまり逆戻り。うーん、やっと2階にたどりついてもわかりにくい。

 入ってすぐのところにいろいろと並んでいます。左が甘いもの、右がパンなど。真ん中に蓋つきの銀器があるなと思ったらスコーンが入っているのでした。

 案内された席は左奥にほど近くの窓際。三井ビルとの接続部分が近く、古い建物にとりついたガーゴイルのようなものも見えていい感じ。窓から見える景色はふつうの街角で、目の前にある空き地が気になります。ちょっと前まではプラネタリウムが置かれていたけどすでに撤去され、今はどうなるのかよくわからないとのことでした。

 さて、お昼抜きでのぞみましたので何往復もしましたとも。フォカッチャがおいしかったので、パン系やオードヴルを多く食べてしまいました。

マンダリンオリエンタル


 ドリンクはスタッフにお願いして持ってきてもらう形式です。これがバラエティに飛んでて嬉しい。お茶はポットサービスなのですが、あえてわがままを言うと、フリードリンクなのでいろいろ試したいので一種類につきすこし控えめの量だといいな。中国茶も入ったオリジナルブレンドがおいしかった。

マンダリン2
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。