09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: ねこ

ヴェネツィアの猫(てきなもの) 

2017.05.19
Fri
00:57

 むかーし初めてヴェネツィアに行ったときにはサンマルコ広場にたくさん猫がいました。今回はぜんぜん見なかった……。
 でもキャットフードとか売ってたし、めぐり合わなかっただけだと思います。

IMG_6182.jpg

IMG_6181.jpg
 まずは地元スーパーにあったキャットフード。ペットショップ(というかペットグッズショップ)も見かけました。

IMG_6885.jpg
 コンパニオンアニマル用火葬場の広告。

 というわけで、ここからは、絵画などで出会った猫(やその仲間)をちょっとご紹介。久しぶりの(覚えてる方がいらっゃるかはわかりませんが)「猫はどこ?」もやります。

IMG_5721.jpg
 紙ものをいろいろ売ってた店の店頭にて。

IMG_6178.jpg
 ヴェネツィアといえばカルナヴァーレ(カーニバル)ですよね。仮面のお店もいろいろありました。猫の仮面ー。

IMG_6111.jpg
 スキアーヴィ(記事はこちら)の目の前の小さな橋を、スキアーヴィの反対側から撮る。

 ここから早くも美術館猫です。ベネチアングラスの猫なんかも見かけましたが撮らなかったので。デザイン命のところがあるから店内は総じて撮影禁止でした。
IMG_6092.jpg
 アカデミア美術館の彫刻セクション、中庭に面して置かれていたアントニオ・カノーヴァ(1757-1822)の<<ライオン>>Leoni。
 そう、複数形。向かい合って二頭がいました。こっちは雄々しく。

IMG_6090.jpg
 こっちはでろんと。


〔猫はどこ? ヴェネツィアで見た絵画編〕
 1)・3)はアカデミア美術館、2)はカ・ドーロ(フランケッティ美術館)、4)はドージェ宮の特別展『ヒエロニムス・ボスとヴェネツィア』で撮りました。解答は追記に。

IMG_5951.jpg
1)


IMG_6520.jpg
2)



IMG_5927.jpg
3)



IMG_5624.jpg
4)






-- 続きを読む --
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ねこ

ヘルシンキの猫、てきな。 

2015.02.22
Sun
23:55

 2月13日~20日、ヘルシンキとプラハ各三泊で合計八日間の旅に行ってきました。
 まずはざっと旅程メモと思ったのですが間に合わず、せめて猫の日・2月22日に猫的記事を。

「てきな」というのはもうしょうがないですよね。
 行ったのはヘルシンキの市街部だけなので、気温から言っても外に猫がいるわけがなく(死んじゃうづら)。
「猫をよこしぇ!」
と口走りながらきょろきょろしてはみましたが、建物の窓から下を眺めてる猫たんとかも見つけることができませなんだ…。

 でもね! 絶対いるんだよ。見れなかっただけで。
 というわけでまずはキャットフード写真。
IMG_5605.jpg
 日本でも見かけるピュリナPurinaのものです。


IMG_5931.jpg
 ペットショップのショーウィンドーにだって猫グッズちゃんとあるもん。


IMG_5895.jpg
 ホテル二階でこんな彫刻も見つけたしね。

IMG_6018.jpg
 猫…? っぽい看板もあったしね(テックスメックスのレストラン)。

「猫、好かれてるよね!」
と確信したのはデザインミュージアムでした。
IMG_6050.jpg
 この靴、わかりにくいですが猫がモチーフ。

IMG_6049.jpg
 アップにしてみました。黒撮るの難しい。

IMG_6052.jpg
 がおーな感じのドレス。猫「科」かもしれませんけど。

IMG_6055.jpg
 がおーなドレスのすぐ左にあった夏ワンピ。
 よく見ると…
IMG_6056.jpg
 猫模様なんだな!
 ちょっとマンガちっくですね。

 アテネウムの「シベリウスと、音楽以外の芸術」展では、「悲しいワルツ」を使って白黒の猫(きょうの一枚目のキャットフードの子っぽい模様)が廃墟のなかで幸せだった日々を偲ぶアニメーション作品が上映されていました。 

 ホテルのすぐ近くで発見してふらっと入ってみた美術館にて、一枚発見。
IMG_6151.jpg

 てかっちゃった。すみません。つぎに、部分で猫らしきものがいるところをお届けします。
IMG_6153.jpg
 ノアの方舟、ではなく、オルフェウスと動物たちを描いたもの。
 Giovanni Benedetto Castiglione (ジェノヴァ1609-マントヴァ1664) "Orpheus singing to the animals" です。

 でもこんだけか!
 プラハに期待…はできないよねー。きっと。
 プラハ編に続きます。

Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ねこ

ねこと花。 

2014.03.30
Sun
11:34

 横浜市も桜が開花したし、元町公園にあるという標準木を探しに早朝散歩はどうですか?
 とお誘いいただいて行ってきました。集合はゆるっと7時半~8時前とか。

 gto2014sabis3.jpg

 厳密に時間を合せたわけじゃないのにちゃんと会えたねこてんさん&みるこちゃんと、石川町寄りから山手通りを歩いていきます。おおっ? 猫がいるとな?
gto2014sa5.jpg
 ほんとだー!
 このおうちあたり、よくいるよね。しかも黒猫がいたよね。←過去記事にもいました。「黒猫×3!」
 「ゴグとマゴグ」を思い出したりして(『赤毛のアン』シリーズ)。

 さて、写真編集していたら、なんとこのおうちは筋金入りの猫げぼくだということが判明。
表札
 玄関ドアの上方にあった表札です。お名前は伏せました。

 フェリスは工事中。〔クレーンがすごく変なんですよ〕と聞いて近づいてみると、ぴんくに水玉すごいお…。しかも二台働いてた。
 しかし、こうして目に焼きつくわけだから、戦略としては成功なんでしょうね。gto2014sabis4.jpg

 ゆるゆると元町公園に到着しました。マダムやSさんとも難なくお会いできました。
 山手沿いはまだこれからだよ! って感じだったけど、プール下の公園には「もう満開っていいんじゃないかな?」って木もありました。
gto2014sabis1.jpg
gto2014sabis2.jpg

 この公園にはよく猫がいるんだよね。
gto2014sa2.jpg
 このアカ白くん、なかなかなつっこく、立派なカメラを携えたおにいさんにうりうりかわいがってもらったあとは私にも愛嬌を振りまき、それからちょっと止まり、
gto2014sa1.jpg
 水も飲んで悠然と過ごしていました。

 もうちょい慣れてない感じの三毛ちゃん。
gto2014sa3.jpg
 ひとけのある公園からぴゅーっと走り去り、すこし先のおうちにとまった車のかげからこっちをしばらく見てたんだけど。
 三歩近づき、そしてこのようにごろんごろん。
 
gto2014sa4.jpg
 おしとやかな白ちゃんもいました。
 近づいてはこないけどそこまで神経質でもなく、おそらくおなじみの場所でのんびり日向ぼっこ。

 ねこてんさん、誘ってくださってありがとう。みるこちゃんもマダムもSさんも、お会いできて楽しかったなー。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ねこ

トルコはねこねこパラダイス! (4) イスタンブールの猫 

2014.03.25
Tue
19:53

 トルコに行ってきました(猫関係以外は「旅行」カテゴリになります。まだ全体像しかないけど)。
 大豊作の猫記事もこれでラストです。イスタンブールにもたくさんいたよー。
 ただし、今回は歩いて移動中に見かけた子ばっかりなので、ゆっくり大きく撮ることができませんでした。なんか駆け足。並べていきます。 

gto2014tk29.jpg

gto2014tk30.jpg

gto2014tk31.jpg

gto2014tk32.jpg

gto2014tk33.jpg

gto2014tk34.jpg

gto2014tk35.jpg

gto2014tk36.jpg

gto2014tk37.jpg

gto2014tk38.jpg

gto2014tk39.jpg

 ほんとにのんびりおっとりっぽい子が多いなあ。
 それにしても、どうしてトルコにはこんなに猫が多いんだろう? たしかに〔水が好きな猫〕ヴァン猫(ターキッシュ・ヴァン)とかも有名だけど。
 イスラムは猫を大事にする(ムハンマドと猫の話、猫を虐待していた人が地獄堕ちした話など)というのも聞いたことはあるけど、同じイスラム圏のモロッコではここまで多くなかったように思う。←まあ、行ったのは20年ぐらい前ですけど。

 通訳ガイドをしてくれたオルハンさんに聞いてみたら、「わからない」とのこと。ちなみにオルハンさんはイスラムとの関係に否定的。むしろ、EUに入ろうとしてトルコがこの40年ほどがんばってきて、〔ヨーロッパ〕的な動物の権利などを取り入れていることに注目していました(でもヨーロッパの都市部で真っ昼間からこんなに猫がいる街はないと思うよ)。

「トルコ 猫」で検索してみたら、Youtubeにいろいろとあげてる方のチャンネルが見つかりました。
 暑い日用に水飲み場を作ったり。猫用の共同住宅を作ったり。
 市民の厚意や努力はもちろん、水を置いてあげてねと呼びかける「公」の存在もあるんだね。
 
 というわけで、猫ポイント天井知らずのトルコ、猫特集でした。次はたぶんマンホール。

gto2014tkex1.jpg
 おまけのひつじ。
 山羊も群れはわりと見かけたけど、バスの中からでうまい写真が撮れませなんだ。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ねこ

トルコはねこねこパラダイス! (3) カッパドキアの猫+α 

2014.03.25
Tue
06:32

 トルコに行ってきました(猫関係以外は「旅行」カテゴリになります。まだ全体像しかないけど)。

 パムッカレをあとにして、またバスでの大移動。
 まずはお昼をいただいたドライブインを闊歩していた三毛ちゃん。 
gto2014tk21.jpg

 そしてコンヤのメヴラーナ博物館のミュージアムショップ前によっかかって日向ぼっこしていた子。ちょっと毛は黒ずんでましたが、ぽかぽかと幸せそう。
gto2014tk22.jpg

 カッパドキアには二泊しました。一泊目は到着してトルコ石の店に行きホテルで夕食、だけ。二泊目は一日カッパドキアをまわりました。他の方たちは気球に乗って町を眺めるオプショナルツアーに参加も。
 ちょっと早く起きてホテル周辺を歩いてみました。この猫さんと会ったのは朝の7時半ぐらいだったっけ。
gto2014tk23.jpg
 やっぱりとってもなつっこくてすぐ寄ってきます。
gto2014tk23b.jpg
 アップ。

 ギョレメ野外博物館を見学し、ちょっと下りたところにある駐車場に向かう途中、ふと振り向いたらいたよー! 
gto2014tk24.jpg
  みなさんもお気づきですよね?

gto2014tk25.jpg

gto2014tk26.jpg

gto2014tk27.jpg
 この二匹は親子だそうです。地下都市の見学から出てきたところにあった絨毯屋にいました。おじさんが、「売るから持ってって」だって。
gto2014tk27b.jpg
 子どものほうがおすまししてみた。

gto2014tkex3.jpg
 同じお店。わんこも売り物なんだって。


 パノラマを楽しむ位置に一軒だけあったカフェ兼みやげ物屋にいた子。
gto2014tk28.jpg
 ここのドンドルマ(トルコののびーるアイス)がおいしいですよ、と添乗員さん。
 ドンドルマ目当てで寄ってきました。他のひとがあげたのを見てると、アイスそのものは喜んで食べるけどコーンは残す。グルメ。というわけで、アイスをちょこっとだけおすそ分けしたよ。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード