03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: コンサート、演劇

気持ちはわかる 

2008.04.26
Sat
20:37

 昨晩(25日)、神奈川県立音楽堂で行われた「クラシックなジャズナイト」を聴いてきました。いや、「聴く」だけじゃ足りないな。ピアノ:山下洋輔、オケは佐渡裕指揮の東京フィルです。ちょっとした異種格闘技!? というのと、バーンスタインやガーシュインを生で聞いてみたかったので取りました。

 楽しかった!
 まずこのホールの小ささというか親密さがいい。座席数は可動椅子も含めて1106だそうです。今回はかなり前(11列)なので舞台もよく見えました。舞台の中心は向かって左になるので、巨匠山下の手元は残念ながら見れませんでしたが、血管ちぎれそうなテンションで弾く姿や表情が手にとるようでハラハラしました。

 まずは山下洋輔のソロでバッハの無伴奏チェロ組曲一番(プレリュード)。・・・・・・の、はず。だよね。と思いながらしかししばらく聴いているとようやくおなじみのフレーズが出てくるという調子。お、そうきたか。と思って聴くのもなかなか。

 今回はCS放送の収録も兼ねていたので、司会のTVKアナが出てきたりしてわりあいトークがありました。山下さんと佐渡さんの馴れ初めとか、山下さん作曲のピアノコンチェルトをイタリアで演奏したときの話とか(アンコールは「ボレロ」のピアノソロだったという話)。ガーシュインといっても『ラプソディ・イン・ブルー』ではなくピアノ協奏曲へ長調になったのは、県立音楽堂の芸術監督一柳慧に「やれ」とめいれいされたからだそうです。しかしこの難曲、いかに山下さんでもたいへんな挑戦となることは必定、そこで「本当はこの一週間は休みにするはずだった」佐渡さんがサポートの手を上げたとか。

 二曲目はバーンスタインの『キャンディード』序曲。バーンスタイン最後の弟子(のひとり)だった佐渡さんの大好きな曲で、4月から司会を務めている『題名のない音楽会21』のテーマ曲にもなっています。これが短い曲なんだけど、元気ですごくにぎやか。指揮も、飛んでみたり屈んで左から右へと指揮棒をうねうねしてみたり、こりゃ楽しそうだ。と思いました。『題名のない音楽会』で素人が1分だけオケを指揮できる「振ってみまshow」という企画があったのですが、そういう欲求がこみあげるのもむべなるかな、でした。
 そしてこの音量、爆発する喜びが県立音楽堂のこじんまりした空間に充満するのがすごくわくわくどきどきして、オケっていいな! と思いました。

 休憩をはさんで本日のメインイベント、ガーシュインのピアノ協奏曲ヘ長調(山下洋輔ヴァージョン)。えらいこっちゃです。トークのときの佐渡さんのコメントによると、山下さんは楽譜に書かれていることはきちんと弾く、そうですが、そこに自在にタメをかけたり付け加えたりしているはず。迎えるオケはそうもいかず楽譜通り(のはず)。それをいかにつなぐかが佐渡さんの腕の見せ所。

 通常、協奏曲は全曲(三楽章)終わってはじめて拍手となるのですが、いやいや第一楽章から飛ばす叩く跳ねるで、こんなで最後までいけるの? 血管切れないの? とときどきドキっとしつつ引きずられていく⇒ああお疲れ! と拍手の嵐でした。ブラボー! と叫びも出たりして。その後の第二楽章~第三楽章はちゃんと(笑)続きました。現代音楽は楽器の弾き方にもクセがあったりしてそれを見るのも楽しいですが、第二楽章冒頭は第一ヴァイオリンのみなさんがヴァイオリンを横に持って、まるでウクレレみたいにつまびいていたのが興味深かったです。

 アンコールはボレロ・・・・・・ではなく、(外に出て知ったのですが)山下洋輔作曲"Swing"(Sudden Fictionより)でした。のだめオケ、いやSオケみたいに東京フィルのみなさんが途中でみんな席を立ってまさにスイングしながら演奏する場面もあり。超ノリノリのコンマスを筆頭に、オケのみなさんもすごくにこにこしていて楽しそうでした。

 さて、公演後。佐渡指揮でバーンスタイン作品をおさめたCDを買ったので早く聴きたい気持ちもあるけど、せっかくだからちょっと一杯くらい・・・・・・と、野毛方面に向かいました。結局音楽通りを抜けて右折してちぇるる裏のダイニングバー、Stand byへ。前に通り掛かったときには満員だったので、入るのは初めて。  

 ここはごはん&猫の店でした!
 いや、生きてる猫は飲食店なので無理ですけど。入ってすぐ左側の棚には招き猫はもちろん、猫ポストカードを何枚もおさめたフレーム。ワインガイドを支える本立てが猫。トイレの内装も猫写真や猫のいる絵。メニューにも猫。帰り際に聞いてみたら、シェフが猫好きだそうです。

 おつまみは一皿400円、でもお好み3種類で600円。帆立て串揚げがおいしかった。お酒の店なので全体的に味付けは濃いめだな。筍ごはんも頼んだからワインより日本酒だよねえ、でもどうしようかなと思っていると利き酒セットを勧めてくれたのでそれにしました。
 コンサート後すぐ帰宅予定だったからカメラがなくて、携帯でそそっと撮った写真はピンぼけでした。ので、また行って撮るか。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

宴のあと(0419) 

2008.04.22
Tue
10:13

 県立音楽堂で2時~4時半すぎ、フルートフェスティヴァルというのを鑑賞しました。たしか先月県民ホールに行ったときに見つけて買ったチケット。場所も値段も手頃で。
 おおそうか、最初のうちは大規模な発表会なのだなあ。
「はじめてのフルート」⇒「アマチュアフルート団」⇒特別ゲスト⇒プロフルート奏者たちの演奏⇒みんなで合奏
 という流れでしたが、「はじめて」⇒「(ある程度研鑽を積んでる)アマチュア」⇒プロ、でこんなに音色が違うんだ! というのが如実にわかってそれなりに楽しめました。フルートと言っても大きさにすごい違いがあることもわかったし。
 それにしても後ろにいた4~5人の中年? 女性たちがうるさかったこと・・・・・・。さすがに演奏中は黙ってましたが、トークのときなんかはふつうの音量で、こちらもちょっと振り向いてみたりしました。
 たぶんこのフェスティヴァル(という表記)再訪はしないと思うんだけど、一生懸命発表しているひとたちを見て、なんか自分でもやろうかな、と思ったりして。謡曲とか詩吟などどうだろうか。

 そこからは歩いて伊勢佐木町の有隣堂へ(探していた本がここにはあったので)。
 コテイベーカリーでシベリアほかを買い、梅やで夕食のおかずを手に入れ、この土・日にやってたアート&ジャズの後片付け中(残念)の吉田町を行きました。そこで、前からちらちら見てはいたダイニングカフェ、Chiki Chiki&Tan Tanへ。
 店内に飾られてる写真、ポスターほかのアートを見るのも楽しいし、白×黒でさまざまな模様のクッションが置かれてるのもいい感じです。

 で、いただいたのは


 ロイヤルミルクティのシフォンケーキです。甘すぎずあっさりしすぎず、好みの味でした。ナッツが散らしてあるのも嬉しい。
 [本日のデザート]ならコーヒー類とセット価格があるんだけど、こっちはその範囲外。そこがちっと惜しいかな。
 
 こちら、イタリアンレストランでもあるということです。次回は食事利用してみようかな。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: スペイン料理

今週の(!)エル ニョスキ 

2008.04.20
Sun
09:41

 水曜・金曜と行ってきました。水曜日は職場のひとたちと総勢8名。金曜日は昔なじみのかたと久しぶりの食事で、ふたり。

 やはり今回は満を持して登場のプリンをいただかねば!
080416-3.jpg

 わたしのイメージではスペインのプリン(フランflan)は四角いバットに敷きつめるみたいな形で作ってあって、それを切ってサーブされるというもの。きちんとプリン型で作ったな~というのが出てきて
「お」
でした。
 で、日本で食べるプリンとちがってあんまりぷるるんとしないの。凝縮感があるのです。
 そう、こんな感じです! ひょっとしてもうすこし[す]が入ってるというか、固いようで抜けてるかな←てぃぴかるスペインフランは。
 エル ニョスキ(正しくは「エル」と「ニョスキ」のあいだに空白が入るそうで、そうしてみました)ではもう一手間もふた手間もかかってて、甘酸っぱいイチゴと生クリームが一緒です。
 水曜・金曜リピートしてしまいましたぞ。
 じきに入るというアイスクリームマシン活躍の日も楽しみです!

 そして今週のお勧めのなかからさらにお勧めだったのがホタルイカのオイル煮。水曜に一緒だったのんべえ諸君も絶賛。
080416-1.jpg

う、うまくとれなかったのでサムネイルに。

 水曜日は人数も多かったしのんべえが多かったのでワインを三種類かな? 頼みました。
 おいしかったマルケス・デ・ビソハ(白)の在庫ボトルにとどめをさしてしまったり。
 赤のお勧め、プリオスよかったですねえ。

 金曜日ご一緒したのは、学生時代にお世話になったかた。ずっと同じ所で働いてらっしゃるので、いろいろな先生方の近況をうかがったり。そして時の経つのがいかに早いか! と思ったり。
 それにしてもふたりで行くとアロスはかなり食べでがあります(ほかのものも当然、頼みたいし)。4人くらいから醍醐味があじわえるのかもね。
Comment(4) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 各国料理

マヌエル、二軒目(0413) 

2008.04.15
Tue
22:16

 ポルトガル料理のマヌエル@松濤に行ってきました。家族がわたしの誕生祝いのためにとってくれたお店です。
 マヌエルは、高輪のお店のほうには二度ほど行ったことがありました。「マヌエル」の名前を冠したレストランは今のところ四店展開ですが、特徴は変えてるみたい。こちらはふつうの田舎家のイメージです。

 6時開店ですが、さすが日曜日、すべてのテーブルが予約で埋まっていました。
 さて、このお店は夜の「コース」のようなものはないみたい。アラカルトでどんどん頼んでいきます。

・緑野菜の蒸し物
・チョリソー(×2)
は、写真がうまく撮れてないので省略。

080413-1.jpg

 エビと豆の煮込み。
 土鍋と豆+アルファというのはスペインでもおなじみ。煮込んだ豆、おいしいねえ。

080413-2.jpg

 豚とアサリのアレンテージョ風
 どういう組み合わせ? と思ったけどこれがなかなか。けっこうさっぱりしています。

080413-3.jpg

 骨つき鶏肉のフライ レモンソース
 皮がぱりっとしていて、肉はジューシー。ふつうにおいしい。

080413-4.jpg

 タコのリゾット
 こちらを〆に。
 ごはんものだけど、最後まで煮汁をパンでぬぐってしまいました。四人で分けたのですこし物足りないくらいで、また渇望をあおりました(笑)。

 さて、リゾットを控えめにしてデザートを頼んでみたのですが、こちらはちょっと落ちるかなあ。4人で行って4種類、これだ! というのはありませんでした。
 わたしが頼んだのは、コンデンスミルクとビスケット。異文化体験。
080414-6.jpg

 ビスケットを砕き、コンデンスミルクの層に折り込んでいった、のかな?

 たくさん食べました。
 四谷のお店も機会があったら行ってみたいな。
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ねこ

春眠(080406) 

2008.04.07
Mon
07:16

 ひょっとして今年はじめて? 新高島の映画館に行きました。お目当てはメトロポリタンオペラのライブビューイングでの『トリスタンとイゾルデ』上映会。これについてはまた書くとして、猫記事増強です。

 せっかくだからちょっと早めに家を出て、そろそろ終わりだなあ~の桜を眺めながら山手通りを行きました。うららかな日曜日だし、かなりの人出。
 ベーリックホールとエリスマン邸のあいだを入っていくといつもねこがいるな、と思ってそこから下っていくことに。でも残念。やっぱりざわついてるせいか? かげもないよ。

 元町公園を下がっていきます。プールの北(下方)にあたるウォーターガーデンはちょっとした桜の名所。ピクニックシートを敷いた花見客がいます。抜けると住宅街です。
 さて、このへんにも水を詰めたペットボトルが置いてあるな、猫がいるはずだな。と思い、意識的に細い道をたどりつつのんびり駅へ。

 いましたとも。
080406-2.jpg

 あるおうちの玄関先に置かれた木箱のうえでのんびり。

 080406-1.jpg

 同じおうちの玄関先にもう一匹。

 080406-3.jpg

 青い外車のうえでだらり。

 080406-4.jpg

 このこだけは仕事中(?)。

 今回は犬のおまけも。お向かいの店でご主人様が食事中だったのかな。それともスタッフの犬?
 二匹とも静かに待っていました。仲良し。
 080406-5.jpg

Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ねこ

ひょっとしてまだ(ねこ) 

2008.04.03
Thu
22:26

 麦田の奇珍の裏の通り経由で、山手駅方面に向かうのが好きです。花もいろいろ咲いてるし、途中にねこ屋敷もあります(今日、はじめて「おかあさん」がねこたちに缶詰をやろうとしているところに遭遇しました)。駅前に本屋さんもあるし、八百屋さんやイタリア惣菜屋さんもけっこう使えます。

 晴れた日にそのへんを歩くとときどきお目にかかれる三毛猫ちゃんがいます。裏から見て、奇珍の三軒隣くらいかな。先日はきっちり座って見返してくれました。
0804mike.jpg

 福々しいねえ。

 今日は山手駅に「行く」のではなく、天気もいいので山手駅で降りて帰ることにしました。
 あのふくふく三毛ちゃんいるかな~と思ったら、
080403gatos.jpg

 二匹になっていました!

 姉妹? それとも親子?
 ふくふく三毛ちゃんがとっても熱心に舐めてあげてました。
 うむ、いいものを見た。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ねこ

三渓園(あたり)の猫(0402) 

2008.04.02
Wed
19:30

 お花見に行ってきました。
080402-4.jpg

 市民の定番? 三渓園に。

 佐倉まで足を伸ばして新装開館なった川村記念美術館に行こうとか、でも今やってる特別展はその後神奈川県立近代美術館@鎌倉にくるじゃん、じゃあ今じゃなくていいや今年の花見は三浦まで行こうとかいろいろと考え、電車の時間も調べてあったのですが、連れの
[そこまでは行きたくない。面倒くさい・・・・・・]
で撃沈。
 でも散歩を兼ねて1)山手・2)根岸森林公園・3)三渓園のどれかに、ということになり三渓園に向かいました。

 本牧通りも桜が満開。すっかり形骸化しているマイカル本牧も、こころなしか華やかです。
 106系統に乗ったのでそれなりに三渓園に近いところにバス停が。小学校のころ、この近くの個人塾に来ていたんだけど具体的場所が思い出せないなあ。先生は和服の男性で、生徒たちは正座して和机を使っていました。

 三渓園までの道はかなり細いので、交通整理中でした。この道の名前は「桜道」、すでにちらほらと花びらが舞っていました。
 
080402-1.jpg


 おお、ざわめきなんかも気にせずにくうくう寝ている白黒ちゃんがいるよ。
 約二時間後再度通ったときにも、ポーズは違えど幸せそうに眠ってました。

 三渓園はさすがの人出です。桜だけでなく、雪柳やヤマブキも満開です。今週いっぱいは夜の観桜会で遅くまで開くためか、大きな池を縁取るようにカメラの三脚が陣取っています。なんか、白川郷を思い出したな。

 白川郷といえば、三渓園にある古民家はあちらから持ってきたものでした。前にも来たことがあったのにぜんぜん関連づけられてませんでした。

 お茶屋さんでちょっと一服。このへんには猫いるよね。
 080402-2.jpg

 いたいた!
 とてもおとなしく、かわいがられてるなあと思わせる子でした。この後、近づいてきてなでさせてくれました。

 080402-3.jpg

 この猫は内苑の臨春閣をのぞむベンチそばでひなたぼっこ中。背中のほうから見えたので、ちらちらまじる白髪に
[もうトシなのかな?]
と思ったら、黒白ちゃんでした。

 ほか、鶴翔閣近くでばびゅんと走ってた白猫(とりそびれ)とか、さて帰ろうとしたときにちょうど散歩からかえってきた? 悠然と園内へ歩いてくる猫もいました。
080402-5.jpg


 そして外で出会った猫。けっこうたぷたぷしてるなー、愛想はふりまいてくれるけど近づこうとするとその分とてとてと離れていくよ。
 080402-6.jpg


 食事をするには半端な時間だったので、三渓園前バス停近くのパン屋さんと、桜道入り口の魚屋さんで買い物をし、とどめに近所の寿司屋で一人前だけ折りにしてもらって帰宅しました。タコの刺身おいしい。

 
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。