FC2ブログ
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

* category: 記録

一万一千(↑)のスキンヘッズ量産? ユーロ2008、スペイン快進撃  

2008.06.28
Sat
12:12

 気になります。もちろん気になります。「永遠の優勝候補」、「無敵艦隊」(でもこれは勝利した英国軍が軍功を誇示するためにつけた誇大あだ名だからな)、スペイン代表のなりゆきです。

 でもいつも本番に弱くてね・・・・・・。ということで、グループリーグを堂々三連勝・トップ通過したくせに、次にあたるのがイタリア。不憫になるくらいスペインのひとびとの書き込みは弱腰でした。
「そうは言ってもイタリアは世界王者だし」
「あのカテナチオを崩せるか」
「ブッフォンはすごいキーパーだし」
しかしイタリアを下したことで、えーとあれですね「自信が確信に変わった」というやつですね。ただいますごい熱狂だそうです。

 ちなみに、イタリア戦でのエピソードこんなの拾いました。
・スペインのテレビ放映最高視聴率マーク
・0-0のまま決着がつかず、PKにもつれこむ。スペインのキーパー、イケル・カシージャスのおかあさん、緊張のあまり卒倒。
・カシージャスがイタリアのキックを二本止めてスペイン勝利! スペインのニュースサイトの見出しは
「聖イケルがスペインを救った!」

 さて、マルカMarcaというスポーツ誌があるのですが、そのサイト上に
「頭、丸めるぜ!」
という見出しがあります。
「11,000人突破!」です。←今確認したら11,933人以上になってました。
 なんと、「スペインが優勝したら、このスペイン魂あふれる頭をつるつるに剃ることを、マルカ・スペインサッカーファン・スペイン代表に厳粛に誓います」という宣誓を立てた人数なのです。
「29日、みんなで禿頭!」
がただいまの合い言葉です。
 最近登録したひとはともかく、最初のうちに宣誓しちゃったひとのなかには、いま非常にアンビバレントな気持ちのかたも多いのでは・・・・・・。 
 スポンサーはニベア。スペインが優勝したら、宣誓者から十人にビデオカメラ、十人にデジカメをプレゼントだそうです(ちょっくら、しょぼい)。

 スペインの熱狂具合はそろそろテレビでも報道されるようになってて、すると
「オレ~オレオレオレ~」と歌ってたり、赤が目立つ国旗をムレータに見立てて闘牛士を気取ったりして、こういうときにはスペインのステレオタイプが息を吹き返すなあ、というのも楽しいです。

 そしてロシアに圧勝したところで、
「そろそろ(スペインが勝っても)いいだろう」
とか、
「行くぜ行くぜ!」
とか、みなさんノリノリ爆発です。決勝戦はもちろん国王も見に行くそうであります。

 セルバンテス文化センターからもお知らせが届きました!
 明日の真夜中(日付は月曜日)12時に地下オーディトリアムを開放、4時からスクリーンに投影される決勝戦をみんなで応援しよう! というものです。月曜日の仕事に間に合わなくなるのでさすがに無理ではありませすが、行って・しかも勝ったら楽しいだろうなあ。

 月曜日、この記事をどんな気持ちで読み返すことになるか、ドキドキなのであります。
 
スポンサーサイト



Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: スペイン料理

サルスエラ! 自家製アイス!@エル ニョスキ(0620) 

2008.06.22
Sun
12:46

 新メニュー登場というニュースを見て、これはこれは! とさっそく予約を入れて行きました。二カ月ぶりのエル ニョスキです。いつもはメニューで目についたものをお願いするのですが、今回は完全予約制! 二日前までに! の新登場サルスエラが目当てです。煮汁を使ってフィデウア(パスタパエジャ)に、というオプションももちろんです。

 今日はいつもより遅め(7時すぎ)に到着。イス席はわたしたちで満席、あいかわらずの盛況でなによりです。今回は同僚と総勢四名でお邪魔。「任せるよ」と言われたので、ハモン・イベリコの盛り合わせ、スペイン風オムレツ、タコのガリシア風、シコイワシの酢漬けをお願いしました。フエ・カセーロもいただきました。もちもんみなさんお喜びのご様子。

 そして来ましたよ! サルスエラ!
 気合入りまくりです。サルスエラを見開きで紹介する特別メニューカードもあります。なになに、
「プリプリの活オマール海老一本
 産地より直送の旬の白身魚のフィレ(今回はカサゴでした)
 有頭エビ二本
 活ハマグリ二枚
 スルメイカ(生)一杯」
が入っているとな!
080620-4.jpg

 
 おいしいです。プリプリです。パンがほしいです。もちろん隅までさらうためです。でも我慢します。だって煮汁でパスタを作ってもらわねば・・・・・・。

 これですよ。
080620-5.jpg

 みんな黙っておかわりするので、あっと言う間になくなってしまいました。この、ちょっとばかし物足りないってのがニクイのよね・・・・・・。

 今回行けなかった同僚たちも「ぜひ!」と言っているので、つぎもまた頼もうと決意したのでした。

 そして〆は話題の自家製アイスクリーム、シェフの気まぐれ盛り合わせです。
 CIMG7992.jpg

 わたしは真ん中が一番のお気に入り。これからもどんどんレパートリーが増えるそうであります。

 
Comment(6) | Trackback(1) |  * 記事編集 *  go page top

* category: スペイン料理

Cada vez mejor, me parece@El Secreto (0612) 

2008.06.15
Sun
19:36

 午後はじまりの仕事前に馬車道近辺に行く用があったので、はじめてランチタイムに行ってみました。通算4回目のエル・セクレトです。近隣のオフィスワーカーにはすっかり定着したかな? で、一時前だったけどほぼ満席でした。

 ランチはサラダ+メイン+コーヒーまたは紅茶という組み合わせが定番かな、でいくつかパターンがあります。わたしは、「限定一日五食」のタパスプレートを。
080612-2bis.jpg

 おいしかったです。中心には豆。その左上にはムール貝のヴィネグレット。すっぱい系はカタクチイワシもあります。もちろんトルティーリャも欠かしません。ピクルスがささっているのはテリーヌ、そしてチョリソやパテなど、エル・セクレトお得意の上等肉材もお目見え。

 連れは今月からメニューにくわわったというパスタパエリャ(フィデウア)。
080612-2.jpg

 細くて短めのパスタにしっかり魚介の煮汁がしみこんでいます。ちいさなブロックになっているのはイカ(柔らかい)。

 サラダはたっぷりのグリーンサラダでした。
 デザートは別で今回はアロス・コン・レチェですが、ランチだけでもう大満足だったので注文はせず、次の仕事に向かいました。

 こちらのお店、前回(総勢7名で来た)ぐーっと評価があがり、そして今回もさらに上昇。わたしとしてはエル ニョスキとエル・セクレトが横浜のスペイン料理の双璧です。・・・・・・と言うのはちょっと言い過ぎかもしれないのですが、なにせこの二軒で食事してるだけで満足なのでちょっと新しいお店開拓&古いお店再訪に足が向かない状態です。ほかに中区・南区・西区あたりでお勧めのお店があったらぜひ教えてください。

 *Cada vez mejor, me parece.は内容には反映されてますが、「来るたびに評価アップ。わたし的にはね」って感じです。
Comment(4) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ねこ

中華街裏道探索(0608) 

2008.06.15
Sun
10:16

 先週日曜日、県民ホールでモーリル・ベジャール・バレエ団公演(ひとりで行きました)終了後、家人との待ち合わせまで30分ほど時間がありました。シルクセンター並びの文教堂に行ってみるも、ビル全体のメンテナンス? とかでお休みというのはチェック済みでした。

 というわけで、待ち合わせ場所(レイトンハウスの角)までわざと寄り道しつつ行くことに。中華街は居住スペースでもあるので、店舗のあいだの狭い道に入ってみたりね。

 まずは前回も昼寝猫に会えた南門シルクロードと平行の道へ。
 いたいた! 
0608gato1.jpg

 しかも二匹でした! たぶん先日寝ていた子は奥にいるほう。じつはこのピンぼけ感がちょっと気に入っております。

 気をよくして、白茶つながりで川沿いの花屋さんの猫チェックに。途中でMOTOYAのパンケーキ店ものぞいてみたけどテイクアウトはもう売り切れ、ちょっと残念。
 そして花屋さんの子ですが、するりとパトロールに行く? 後ろ姿が見え、誘われるように朱雀門をくぐって行きました。

0806gato2.jpg

 おお、ミニ集会・・・・・・?
 自転車のかげにも一匹います。
 しかも、見ているうちに、つきあたりの塀を飛び下りて新顔くんが。

0806gato2c.jpg

 増えました。

 そして関帝廟通りへ。そこからふっと横道を見ると、エレガントに寝そべっておられました。
0806gato3.jpg


 やはり裏道。
 で、待ち合わせてエガミに行ったのでした。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 中国・台湾料理

シブサワ帰りにヌーベルシノワ(0603) 

2008.06.10
Tue
11:09

 うっかりしてる間にもう最終週! と、あわてて午後休を取って神奈川近代文学館へ。
[生誕80年 澁澤龍彦回顧展 ここちよいサロン]です。責任編集は高橋陸男。

 シブサワ(このごろの若い女性ファンは「澁澤さん」と呼ぶそうですが)の著作、高校から大学生くらいのときにけっこうまとめて読んだものです。不気味で、しかし目をそらせないあやしい美しさのようなもの。顔がない、胴体+四肢の半分ずつしかないような蒼白でふしぎに肉感的なハンス・ベルメールの人形や、グロッタ-グロテスク、アルチンボルトによる奇怪な肖像、郵便配達夫シュヴァルが執拗に作り上げた「城」など、澁澤の本ではじめて目にした異形のかずかずを思い出します。ユイスマンスの『さかしま』や、サドの著作(けっこうすぐギブアップ)も澁澤訳で読んだなあ。

 小説も好きでした。絶筆になった『丘親王航海記』、親王を呼ぶ「みーこ、みーこ」という声の印象や、マンディアルグの「ダイヤモンド」を下敷きにした「犬狼都市(キュノポリス)」の舞台化作品と聞いて蜷川幸雄演出の舞台(『盲導犬』。桃井かおりが四つんばいで犬の首輪につながれてた。今調べてみたら、キムタクの舞台デビューでもあったのね)を見に行ったり。・・・・・・つまり、青春の一ページなのか! (蛇足ながら、高校のときには仲間うちで倉橋由美子と森茉莉ブームがあったことを思い出しました)

 その後、雨もなんとかあがった元町で買い物。夕食は以前から気になっていたヌーベルシノワのepicerに入ってみました。ゴディバの入っているビルの地下一階、この店構えは以前バーだったのじゃないかな。壁面にかかってる絵と壺で中国っぽさは演出してあったけどちょっとチープなので不要ではないかと思います。壺のとなりにOpus Oneの空きボトルが置かれてたりね。

 コースをずっとというのはちょっとかったるいので、アラカルトでお願いすることにしました。
・鮎の春巻き サラダ仕立て
080603-1.jpg

 渦を巻いてるのは豆腐ソースだそうです。鮎がほっこりしていて口のなかでほぐれがよく、パリパリした皮とうまく合ってます。味付けはちょっと濃いめかな?

・野菜の四川成都式あっさり煮
080603-2.jpg

 空心菜です。シャキシャキです。しろっぽい魚肉は鯛だったかな? ごはんと一緒だったらちょうどいい感じ。四川、ですからぴりっと辛味もあるし。

・ポーチドエッグのフリット、四川風カニ肉のヴィネガーソース
080603-3.jpg

 サクラエビが下敷きになってて、フリットとからめていただきます。わたしはあんまり辛いもの得意じゃないんですが、ちょっと癖になる辛さ。楽しい。

・金華豚の酢豚
080603-4.jpg

 ぱっと見、肉団子みたいですね。柔らかい肉、黒酢もきいてます。

080603-5.jpg

 やっぱり〆は炒飯だ。

 接客スタッフがよく気配りしてくれて、ゆったりいただくことができました。味は全体的にしっかり! 系かと思います。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: フランス料理

横濱フランス月間2008 

2008.06.09
Mon
17:45

 今年も6月になりました。フランス月間だから特別メニューがいろいろあるかな! 6月にはフレンチ週一くらいで行こう。と思ってスタート。テーマはプロヴァンスだそうです。

・6月1日(日)むなかた
 ・オードブル盛り合わせ
080601-1.jpg
 
 ふっくら&甘みのある帆立貝が嬉しい。奥のフォアグラのテリーヌ&ポロねぎも好き。そしてパパイヤがフレッシュでした。
 
・サクラエビときのこのココットグラタン
080601-2.jpg

 あつあつのホワイトソースとマカロニに、サクラエビの味がきいてます。

・魚介類のたっぷり入ったスープ
080601-3.jpg
 

・鴨肉のロースト
080601-4.jpg
 

・デセール盛り合わせ
080601-5.jpg

 久しぶりのチョコレートスポンジだ! 嬉しい。

・6月8日(日)キュイズィーヌ・A・エガミ
 参加はしているけれど(ポスター貼ってあったり)、特別メニューなどはないそう。ディナーAをお願いしました。
・夏野菜のゼリー寄せ
080608-1.jpg

 表面がふしぎな光沢をたたえていたのできいてみたところ、アボカドオイルだそうです。面白い。オクラ、トマト、ズッキーニ、ポロねぎなど。

・山ウドのスープ
080608-2.jpg
 ほんのりした甘みがあってなめらかでおいしい。ジャガイモで作った場合よりもさらっとしています。

・黒ムツ
080608-3.jpg
 皮がパリッと焼けてておいしい。もうちょっと、だけ塩がふってあると「!」だったかと思います。

・イベリコ豚のグリエ
080608-4.jpg

 すっかり高級食材として定着しましたね。わたしはどうも生ハムのイメージが強く、自分からは注文しないほうかな。口当たりがよく、適度な柔らかさでいいね。

・デザート盛り合わせ
080608-5.jpg

 ビワ嬉しい! そしてサクランボのクラフティがおいしかった。もうちょっと食べたいと思いました。

・・・・・
 元町のBeBeにはいつ行こうかな? というのが目下の懸案であります。
Comment(6) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ねこ

5月末のねこ 

2008.06.05
Thu
23:19

 ちょっとしょぼーんな夕食後、わざと狭い道をなるべく選んで帰路につきました。
 おお、いたいた。
nekochina.jpg

 満艦飾といっていいほどいろんな呼び込みグッズを使ってたお店の入り口にちょこんと座っていたしまちゃん系。献上すべき食べ物持ってない、使えないわたしたちの猫撫で声には見向きもせず、お店をじっと見ていました。いつもここにいるのかな。

 そして酒屋さんにもこのような看板犬? が。
inuchina.jpg

 夏はさぞかしつらかろうなあ。

 さてこの日、TICAD(アフリカ開発会議)開催中のみなとみらい地区はJICAまで足を伸ばしました。昔はとにかく行きにくかったけど、地下鉄ができてずいぶん気安く歩けるようになったなあ。
これもまた、一応ねこということで。だってペットだもんね!
nekoafrica.jpg
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード