FC2ブログ
12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

* category: ねこ

Working? cats 

2009.01.06
Tue
11:52

 中華街~元町~石川町の商店街を歩きました。
 中華街はお正月気分が続いている感じ(いや、町はそうでもないけど来訪者が、かな)。いつもの猫スポットも今日はちょっと空振り。

 でも中村川沿いの花屋さん)しまった、名前を控えるのを忘れた。調べてもわかりませんが、Dessert No.1 Roll Cakeの並びNo路面店です。前はよく見た茶とらがいないなーと思っていたのですが、スタッフが忙しく立ち働いているすぐそばでのんびり寝ていましたよ。
CIMG1910-s.jpg
 しかも写真を撮っていたらちゃんと立ち上がって近づいてきてくれて伸びしたり。そうすると写真なんか撮ってる場合じゃなくなりましたので、最初の一枚だけ。

元町本通りにはさすがにいないな。とうようもちょっとだけのぞいてみたけどボス(勝手に認定)はパトロール中だったようです。

前に記事を書いたときには「二階にいる」だった松本陶磁器店の猫に会えました。
CIMG1916-s.jpg
[はな]ちゃん。二代前の子は23年、次の子は17年(だっけ)生きたそうですが、この子は昨年二月生まれだそうです。おっとりしていてかわいい。おとうさんおかあさんと一緒にカウンターで店番でした。

CIMG1914-s.jpg
 よしもう一枚。
 毛がとってもふさふさしていて気持ちいい。動物病院からもらってきたそうです。
 それにしてもこのお店は所狭しとこわれものが並んでいるのに、猫たちはちゃんとおとなしくしていてえらいなあ。突然びゅんびゅん走ったりしたくならないのでしょうか。
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 映画

今年は二本でおしまいか? >映画←三本になった。 

2009.01.03
Sat
09:40

 余暇の時間は定量性? なので、映画は最近ちょっと隅っこに追いやられている感じです。やっぱり、「見ようと思えばまあDVDでも」と思えてしまうのがいけないんだなあ。で、かなり(自分比)足を運んでいるのがコンサートと展覧会です。

 昨年も『エリザベス ゴールデンエイジ』と『ライラの冒険 黄金の羅針盤』くらいしか見なかった! のですが、今年もひょっとしてこれで打ち止め・・・?

 というわけで、今年の映画(12月3日に記事スタート、ただし日付は古いものにして保存)。
・『リミッツ・オブ・コントロール』(試写会)
 ジャームッシュの新作。スペインが舞台ということで友人が誘ってくれた。
 けっこうスペイン語使っているし、マドリッドのなじみのある風景があったりして、いろんな謎というかわから~んな点もありつつも、美しい映像などに助けられて見ていった。ガエル演じる「スペイン人」のモサさは、やっぱり自分がかわい子ちゃんカテゴリなのが嫌なのかなあ。
 友人含めて寝ているひとが(おそらく)多く、最終的には「なんじゃそりゃー」な映画だったんだけど、なぜか終わると後方から拍手があがった。

・『イングロリアス・バスターズ』
 パラレル第二次世界大戦(この晩、パリでの出来事によりナチス上層部壊滅)タラちゃん風味ということで見に行った。連れはけんちゃんとT木さん。
 暴力描写はいろいろではあるんだけど、全体としては笑いも随所に散りばめられてて楽しめた。それにしても冒頭での『アラモ』の音楽といい、ショシャナが赤い勝負ドレスを着たシーンでの「キャット・ピープル」フルコーラス(アレンジしてある)といい、ほんとうにタラちゃん映画好きなんだなあと楽しくなった。
 サントラ
のラインナップを見ると、ざくざく出ました。特に西部劇。

・『ベジャール、そしてバレエは続く』@Bunkamuraル・シネマ、1228。
 ベジャール死後のバレエ団を、ジル・ロマンにスポットをあてて追っていくドキュメンタリー。
 団員たちのインタビューが適宜挿入されるが、スペイン語率が高く(フランス語の次に多かった。次に英語)、またタイトルがドン・キホーテから取られていてちょっとびっくり。続編の17章で、「心と勇気を持って」だった。
 プログラムを読んでみて理解。監督のアランチャ・アギーレはスペイン人でした。
 
 個人的には、途中で挿入されていた『トリスタンとイゾルデ』(『ツァラトゥストラ、舞踊の歌』より)は2008年2月にマドリッドのTeatro Real(これを「ロイヤル劇場」と訳すのにはちょっと、異論がある)での公演よりというのに、おおげさな言い方ならセレンディピティを感じた。わたしが見た日だったりするのかな・・・。

 映画のなかでジルが制作していた「アリア」はグールドが弾く(鼻唄が聞こえる部分も)『ゴールドベルク変奏曲』のアリアを使っている。来年秋に来日公演があるとのこと。『80分間世界一周』と一緒にやるらしい。見たい。見たいといえば来年は『M』の再演もあるのでチェック。

・『恋する兵士』はぜひガスカールの映像を使ってほしかった。今回、ルードラ校長としてコメントも出しているのに(潔くハゲていた。そう考えると、ジルはほんとーに維持しているんだなあ)。
・美しく老いているひとはいくらでもいたのに、ショナ・ミルクにはびっくりした。

・・・・・・
 来年はもうすこし見たいと思う。
・アルモドバルの『抱擁のかけら』
・仲良しのガエルとディエゴの『ルド&クルシ』
・『シャネル&ストラヴィンスキー』
あたりはぜひ。   
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ねこ

新年、山手のねこ 

2009.01.02
Fri
08:30

 のんびりムードの山手。もちろん、猫たちもいました。
g090101a.jpg

 近づくと逃げちゃうかな、と思ってかなり遠くから撮りそのままトリミングしました。さすがにちょっとぼけてますね。仲良しの二匹。

g090101b.jpg
 いい場所見つけた。
 外国人墓地の墓石のうえに陣取っている子。
 管理事務所の近くにも見えたけど、ひとが近づくとさっと逃げてしまいました。
 外国人墓地、元町に近い側に猫だまりを見たことがあります。

g090101c.jpg
 こちらもかなり遠くから。
 でもわりあい人には慣れていたらしく、そーっと近づいていってもだいぶ近くまで大丈夫でした。のんびりトイレまでしていました。
 このあたりではあんまり茶系の子を見ないような気がします。

 今年もいろいろな猫と会えるといいな。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 散歩

初詣 

2009.01.01
Thu
23:07

 だいたいにして面倒くさがりなので、例年は三が日を避けてなにかのついでにお参りに行っています。一番行くのは伊勢山かな。今年は陽気もいいし、母も誘ってでかけてみました。もちろん一眼レフも一緒です。

 最初はごく近場で、元町の厳島神社でと思っていました。ですが母のリクエストで一応伊勢山を目指すことに。でも沿道は野毛山動物園に左折するあたりからびっしりと路上駐車、しかも伊勢山に近づいても右折は困難というわけであきらめて、我が家の氏神であるはずの根岸八幡神社を目指すことにしました。

 あ、けっこう小さいんだね。
090101a.jpg
 でも歴史はある感じ。境内には樹齢600年(だったかな?)の大木もあります。
 破魔矢とお守りをいただいて帰路に。

 港の見える丘公園で車を降り、散歩して帰ることにしました。
090101flor.jpg
 イギリス館につながるローズガーデンのアーチに、一輪だけ咲いていた薔薇。

 外国人墓地にもちょっと入ってみました。
090101b.jpg

090101c.jpg
 墓地そのものへも入れる状態になってはいたけど、とりあえず門をくぐってすぐのちいさな見晴らし台までにしました。そのすぐ眼下にあるお墓です。

090101d.jpg
 そういえば旅行に行くと街灯の写真を撮るのも好きなのだった。
 マンホールもあったら撮ろうと思っていたのですが、今日はちょっと目につきませんでした。
 さすがに西洋館も今日はおやすみ。孤軍奮闘(?)していたエレーナでお茶して帰宅しました。

 さて。
 帰宅して、[八幡神社はあんなに小さいのに、どのくらいの町が氏子になっているのかな]と思って調べてみたら。
 わたしたちが行ったのは八幡橋(やはたばし、うちでは「やあたばし」と発音しますが)八幡神社だったのでした。たしかにむかしはここに[八幡さま]があったけど移転し、その後、滝頭の鎮守として作られたそうです。
 正月から勘違いでした。ちなみにおみくじは[小吉]でありました。

 おまけ。
 おみくじというと吉原幸子の「オンディーヌ」という詩の一節を思い出します。

おみくじは 二枚とも凶
かたちなき愛は 失はるべし
かたちある愛は 罰せらるべし
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 記録

あけましておめでとうございます。 

2009.01.01
Thu
22:48

 今年もよろしくお願いします。
09osechi1.jpg
 弟の仕事の関係で頼まれたセブンイレブンのお節(ものすごいオーソドックスだよね。配達はセブンイレブンの制服を着た係員さんが来た)と、

09osechi2.jpg
 一度は頼んでみたかった、むなかたのお節をみんなで囲みました。

 昨晩も同じ面子で集まり、年越しそばと、少人数では飲みきれないから死蔵してあったヴーヴクリコのロゼシャンパン(1996年)&チーズアソートで年越し。十二時になると横浜港の汽笛が鳴るので、ちょっとだけ窓を開けました。

 今年初の外食は、お参り&散歩帰りに山手のエレーナで。[おすすめ]の洋梨のタルト、おいしかった。090101El.jpg

 今年は横浜開港150周年で、いろいろな催しがあります。もちろん楽しみだし、かなり出遅れてしまったけど自分でもなにかに参加したいなと考え中です。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード