FC2ブログ
12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

* category: 映画

今年は二本でおしまいか? >映画←三本になった。 

2009.01.03
Sat
09:40

 余暇の時間は定量性? なので、映画は最近ちょっと隅っこに追いやられている感じです。やっぱり、「見ようと思えばまあDVDでも」と思えてしまうのがいけないんだなあ。で、かなり(自分比)足を運んでいるのがコンサートと展覧会です。

 昨年も『エリザベス ゴールデンエイジ』と『ライラの冒険 黄金の羅針盤』くらいしか見なかった! のですが、今年もひょっとしてこれで打ち止め・・・?

 というわけで、今年の映画(12月3日に記事スタート、ただし日付は古いものにして保存)。
・『リミッツ・オブ・コントロール』(試写会)
 ジャームッシュの新作。スペインが舞台ということで友人が誘ってくれた。
 けっこうスペイン語使っているし、マドリッドのなじみのある風景があったりして、いろんな謎というかわから~んな点もありつつも、美しい映像などに助けられて見ていった。ガエル演じる「スペイン人」のモサさは、やっぱり自分がかわい子ちゃんカテゴリなのが嫌なのかなあ。
 友人含めて寝ているひとが(おそらく)多く、最終的には「なんじゃそりゃー」な映画だったんだけど、なぜか終わると後方から拍手があがった。

・『イングロリアス・バスターズ』
 パラレル第二次世界大戦(この晩、パリでの出来事によりナチス上層部壊滅)タラちゃん風味ということで見に行った。連れはけんちゃんとT木さん。
 暴力描写はいろいろではあるんだけど、全体としては笑いも随所に散りばめられてて楽しめた。それにしても冒頭での『アラモ』の音楽といい、ショシャナが赤い勝負ドレスを着たシーンでの「キャット・ピープル」フルコーラス(アレンジしてある)といい、ほんとうにタラちゃん映画好きなんだなあと楽しくなった。
 サントラ
のラインナップを見ると、ざくざく出ました。特に西部劇。

・『ベジャール、そしてバレエは続く』@Bunkamuraル・シネマ、1228。
 ベジャール死後のバレエ団を、ジル・ロマンにスポットをあてて追っていくドキュメンタリー。
 団員たちのインタビューが適宜挿入されるが、スペイン語率が高く(フランス語の次に多かった。次に英語)、またタイトルがドン・キホーテから取られていてちょっとびっくり。続編の17章で、「心と勇気を持って」だった。
 プログラムを読んでみて理解。監督のアランチャ・アギーレはスペイン人でした。
 
 個人的には、途中で挿入されていた『トリスタンとイゾルデ』(『ツァラトゥストラ、舞踊の歌』より)は2008年2月にマドリッドのTeatro Real(これを「ロイヤル劇場」と訳すのにはちょっと、異論がある)での公演よりというのに、おおげさな言い方ならセレンディピティを感じた。わたしが見た日だったりするのかな・・・。

 映画のなかでジルが制作していた「アリア」はグールドが弾く(鼻唄が聞こえる部分も)『ゴールドベルク変奏曲』のアリアを使っている。来年秋に来日公演があるとのこと。『80分間世界一周』と一緒にやるらしい。見たい。見たいといえば来年は『M』の再演もあるのでチェック。

・『恋する兵士』はぜひガスカールの映像を使ってほしかった。今回、ルードラ校長としてコメントも出しているのに(潔くハゲていた。そう考えると、ジルはほんとーに維持しているんだなあ)。
・美しく老いているひとはいくらでもいたのに、ショナ・ミルクにはびっくりした。

・・・・・・
 来年はもうすこし見たいと思う。
・アルモドバルの『抱擁のかけら』
・仲良しのガエルとディエゴの『ルド&クルシ』
・『シャネル&ストラヴィンスキー』
あたりはぜひ。   
スポンサーサイト



Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード