FC2ブログ
03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05

* category: スペイン料理

今世紀はじめてのイサベラ@仮店舗 

2009.04.25
Sat
11:11

 横浜の老舗スペイン料理店というと、カサ・デ・フジモリとこのイサベラをあげるひとが多いのではと思います(あとはオリーブかな)。どちらも関内駅近く、ただし駅をはさむ形で反対側に位置しています。

 イサベラは関内駅から自宅へ歩くときに前を通ることもあり、スペイン語を習う前から気になる店のひとつでした。なんとなく飲み屋さんが多そうな大通りに翻る赤と黄色の旗。外からは中がうかがいしれず、なんだか敷居が高かった(その後、ガラス張りのバルスペースができました)。

 大人になってから家族で何回か行ったように思います。一番印象深いのが、弟が現在の義妹を引き合わせてくれたのがこの店だったこと。

 しかし料理の印象は薄かった。というより、なんというか納得できなかったという感じ。前にも書いたことがありますが、横浜でおいしいスペイン料理は? と問われると、三年ほど前までは
「・・・・メキシコ料理店じゃ駄目?」
と返していたわけです。

 でも弟たちが結婚してからだって十年近く経つわけですし、お店のスタッフもそしてわたしの味覚も変わっている可能性あるよね。
 というわけで、県立音楽堂でル・ポエム・アルモニーク公演を堪能し、ちょっと野毛あたりをうろついてからこちらですこし早めの夕食にしました。

 現在イサベラのビルは改築中なので、すぐご近所で仮営業中です。
090419is0-s.jpg
 大きなテーブルがどっしりと置かれた、定員20名ほどの店内。飾りつけも重厚です。
 奥にキッチン。客席の様子がうかがえるように、横長のガラス窓が切ってあります。サービススタッフもキッチンスタッフも野球帽をかぶっているのが印象的。先客は二組でした。

 コース料理もありましたが、黒板に書かれたおすすめを中心にアラカルトでチョイス。パエジャー(この表記が・・・)は調理に時間がかかるということで、注文しないのかと聞かれましたが、今回は、なし。

 まずは好物のタコのガリシア風。スペイン料理のスタンダードのひとつとわたしは言いたい。
090419is1-s.jpg
 スタンダードと思っているから、このように辛味があると残念。そしてじゃがいもが下敷きになっていないのも残念。「ガリシア風」と言わなくてもいいんでは?

 カンタブリカサラダ
090419is2-s.jpg
 スペイン北部のカンタブリア地方は新鮮なシーフードでも知られています。
 バゲットサンドを出すファストフードチェーンPans & Companyでも、カンタブリカサンドだとツナが入っていたり。
 このサラダも大きなムール貝をはじめとして魚介類たっぷりで満足。

 仔牛のパン粉焼き
090419is4-s.jpg
 薄切り肉にパン粉をつけて。柔らかく仕上がっていたし、衣の塩味も好み。つけあわせのじゃがいもはもうすこし油を切ってあるといいな。

 玉子のグラタン
090419is3-s.jpg
 グラタンという感じかなあ。
 ハムを細かく刻み入れたトマトベースのスープに落とし玉子です。
 これはこれでおいしかったけど、まさにおかあさんのちょい工夫料理って感じですこしさびしい。

 チョコレートケーキ
090419is5-s.jpg
 甘いもの好きとしては、デザートがバニラアイスとこれしかなくて残念。
 と思いましたが、濃厚でおいしかった。今回一番満足な一品。

 というわけで、長い歴史のなかで独自の道を歩んできたお店という感じでした。
 しかし「パエジャー」という表記とかはやめていただきたい・・・それも独自料理になっているのかもしれませんが。 
スポンサーサイト



Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ねこ

猫をもとめて小道をゆけば 

2009.04.19
Sun
21:05

 長い休館を経て再開した県立音楽堂でのコンサートが3時から。早めに出て馬車道での大道芸をちら見したり、吉田町で本格的ジャズに聞き入ったりつきたてのお餅食べたり焼きたての焼き鳥を食べたりしながらのんびり紅葉坂に向かいました。

 まずはうちのごく近所でとてもかわいい鯖猫ちゃんと会ったのですが(首輪&紐付き、飼い主のおじさんつき)、バスの時間が迫っていたので写真を撮らせていただかなかったのが悔やまれます。

 そして紅葉坂に向かう「音楽通り」のマンション軒先にいたのがこの子。
gto090419a-s.jpg
 お澄しポーズ。にゃあにゃあ言って近寄ってくれたので軽くあごをかいてから先を急ぎます(紅葉坂って時間に追われてるとけっこうきつい)。

 聴いたのはフランスの古楽器アンサンブル&歌「ル・ポエム・アルモニーク」。すばらしかった!! 音楽堂は久しぶりだし、歌も入ってるから・・・と軽い気持ちで手に入れたチケットでしたが大ヒットでした。
 まだ明るかったし、いい気分で歩く。
 
 夕飯には早いしなー、でもどうしよう。
 と思ってちぇるるの裏道を。行きにはおじさんたちがどんどん歩いていきましたが(場外馬券売り場があるんだっけ)、夕方だしひとはまばら。
 まえに食事したこともあるデリのところで、なかなかいい面構えの彼に出会いました。
gto090419b-s.jpg
 でもわりと甘えんぼ。雄猫のほうが甘えっ子率が高い気がする。こちらもかわいい首輪をしていました。

gto090419d-s.jpg
 伊勢佐木町方面にはみやこばしを渡って。
 ちいさく写っている白黒さんは今日のごはん活動中。ときどき立ち止まってなにか口に入れているようでした。

 そうだ、イザベラの仮店舗に行ってみようか?
 と思い立ち、でも場所がうろ覚えだったのでちょっとマメに歩いた関内~文化体育館界隈。
 こんなところにもいました。
gto090419c-s.jpg
 返事はしてくれたけど、柵の向こうから出てきてはくれませんでした。

 その後、まっくらな道で4匹見かけました。車道を横切っていた子たち。ごみ捨て場からごみ捨て場へと疾走する子。わたしと目があってちょっと固まって、結局脱兎のごとく逃げていったスリムな黒ちゃん。おどかしてごめんね。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 飲みっていうか

Toriromeoトリロメオ@リセンヌ小路 

2009.04.11
Sat
12:04

 以前から気になっていた、リセンヌ小路の突端、バス通りに面しているカウンターバー的焼鳥屋・Toriromeo トリロメオに入りました。ここは昔・・・ラーメン屋とか餃子屋だったような・・・そのままの形を活かしてるのかな、L字カウンターだけのお店です。所狭しとならんでいるワインケースなどのあいだを、若いマスターがすっすっと動きます。焼鳥屋というと和食なのかなと思うけど、ワイン好きのマスターがいろいろと取り揃えているこのお店をどのカテゴリに入れるかは難しい問題。一応、「飲み」に入れておきます。

 炭火焼き鳥が主役の店ではありますが、サラダなど別のメニューもちょっと。ワインを頼み、まずは鴨のスモークを。
090402tr1-s.jpg
 右手奥にあるのでこの写真にはうまくおさまりませんでしたが、粒マスタードを適宜つけていただきます。これ、大好き(わたしは燻製がけっこう好きなのかもしれません)。

 ほかは目についたものをかいつまんで。
090402tr2-s.jpg
 つくね(粉砕した骨も入ってて歯ごたえあります。おいしい)、砂肝。

090402tr3-s.jpg
 ナス。奥がペコロス(甘みがあっていいねえ)。

090402tr4-s.jpg
 アスパラ。

090402tr6-s.jpg
 ささみは梅にしました(ボタンのように置かれています)。なかは赤みを残してありました。

090402tr7-s.jpg
 〆に焼きおにぎり、そしてアプリコット(デザートのつもり)。

 ひとり客もけっこういるお店。ちょっと立ち寄って、ワインと一、二串頼んでぱっと立つ感じがいいんじゃないかな。食べ物には全体的に満足でしたし、紙ナプキンなど細部まで目配りがきいている様子もいいと思いましたが、居住性なども含めて価格とくらべると、自分が焼き鳥にあんまり思い入れがないことも手伝って、すこし弱いかな。

・・・・・
 リセンヌ小路の店で食べてみようシリーズ。
 このブログで今までに紹介したのは
洋食 ホシ
H.B.Cafe 
Zouli Cafe
Ristorante GranDuca(記事のまんなかへんを見てください)
Chabola
です。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 洋食

洋食ホシ@リセンヌ小路 

2009.04.10
Fri
23:22

 リセンヌ小路制覇(できそうにないですが)への道を意識して二店目。先日記事を書いたH.B.Cafeのちょうど正面にあたる洋食ホシに入ってみました。その石川町側には定食の日浦屋、洋食の美松がならんでいる、この界隈ではちょっと目立つブロックです。

 こらら、外からはキッチン側がちょっと見える程度でなかの様子はわかりません。でも入ってみる。もちろん、外に出てる看板をチェックしてから。
 入って左側がキッチン。カウンターに5席かな、それと右側のフロアに4人掛けテーブルがふたつあるこぢんまりした店で、ご主人がひとりでやっているみたいです。

 本日のセット、になってたなかからハンバーグを選びました。
・スープ
090401h1-s.jpg
 白い。濃い。
 うーん、クノールとかそんな感じ?

・ハンバーグ
090401h2-s.jpg
 薄く大きめのハンバーグ。つけあわせのポテトサラダも含め、こちらはわりと満足。
 でもごはんがちょっとなあ。べしゃっとした感じで、これで士気が下がります。

 珍しくコーラなんか頼んでみた自分も含めて、ちょっとタイムスリップしたみたいな感じでした。

・・・・・
 リセンヌ小路の店で食べてみようと思います。シリーズ化。
このブログで今までに紹介したのは
H.B.Cafe 
Zouli Cafe
Ristorante GranDuca(記事のまんなかへんを見てください)
Chabola
です。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 洋食

H.B.Cafe@リセンヌ小路(こみち) 

2009.04.05
Sun
10:45

 石川町駅で下り、南口改札を出てそのまま正面につきあたる道(中村川沿い)を表通りとすると、それと平行して元町方面に続く道が「リセンヌ小路」です。商店街には、その一本麦田側の店も入っているかな。

 こちらには、たくさんの飲食店が軒を並べています。このブログで今までに紹介したのは
Ristorante GranDuca(記事のまんなかへんを見てください) 
Zouli Cafe
Chabola
です。ブログ開設前には「洋食の美松」、「肉屋の肉料理」も行ったことがあります。

「リセンヌ」というのは、おそらく「リセ(lycée) に通う女の子」、 lycéenneからでしょう。石川町は全国でも有名な[乙女駅]、ここで乗降する中学・高校がいくつもあり、かつそのうちすくなくとも三女子校が石川町⇒元町裏ルートで山手に登っていくからです。

 さて、そのリセンヌ小路に、わたしがうっかりしてるうちにまた新しいお店ができていました。グランドゥーカの正面、かつては花屋の「花こ」があった店舗をふたつに分け、また二階も使って、合計三店が営業を開始したのは二月下旬のことだったそうです。というわけで、花屋・ブティック(二階)・そしてカフェがオープン、今回はこちらのカフェでお昼をいただきました。

 お店の名前はH.B.Cafe (Birthday Cafe)。パティはもちろん、バンズも手作りのハンバーガーが売りのお店です。ほかに、チョコとイチゴのカップケーキと、各種マフィンがならんでいました(そういえばバス通りにできた「はらドーナッツ」は連日行列中)。

090331hb1-s.jpg
 店舗内で花屋さんとつながっていることもあり、テーブルの一輪挿しがかわいい。店内はアメリカンアンティークがならんで明るい雰囲気。トイレもひとひねりあります。

 ランチタイムはコーヒーまたは紅茶がついてくるということです。チーズバーガーをお願いしました。
090331hb2-s.jpg
 大きく開口、がぶっといただきます。ポテトチップスとピクルス(おいしい)がつけあわせ。
 チェーン関係だけでなく近隣店舗の名刺なんかもおいてある飽きない雰囲気、明るい接客なども含めて納得。
 また、後日カップケーキを買いました。おいしい。でもカップに入れないほうが、価格との兼ね合い(450円)もあるし内容と合っていると思う。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 散歩

花は桜木 

2009.04.04
Sat
20:19

 国宝 阿修羅展とカルティエ展を見た日、上野の桜は花盛りでした。
090401ce1-s.jpg

090401ce2-s.jpg
 去年も訪れた、東京国立博物館の庭。19日まで「春の庭園開放」です。去年も来ました(「春の」ということは、秋もあるのかな? 紅葉もよさそう)。庭には五つ茶室があるそうです。

090401ce3-s.jpg
 灯籠はともかく、この切り株はわざとだよね。

090401ce5-s.jpg
 池の汀で薄紅色の花を咲かせていたショウフクジザクラ(正福寺桜)。

090401ce4-s.jpg
 今年はピークがよくわからないね。もう散り始めているものも。

 そして6時に博物館を出、別のあかりに誘われるようにふらふらと公園を歩きました。
090401ce6-s.jpg
 肌寒い、雨がいつ降ってもおかしくない夕方なのにもうたくさんのひとが花見の宴です。特設ごみ箱もすごい数。

090401ce7-s.jpg
 とある宴席のセット。観光客とおぼしき外国人家族がそれぞれに楽しそうに写真を撮っていたので、わたしもぱちり(ちょっとぶれた)。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 展覧会

夕方を狙うとよいのでは・国宝 阿修羅展(&カルティエ・クリエイション展) 

2009.04.03
Fri
12:44

 とうとう、というか、早くも、というか、3月31日から東京国立博物館・平成館で開催中の「国宝 阿修羅展」、すごい人出のようです。前売りの売れ行きがすごかったので開館時間延長・・・と聞き、これは狙いだ。と思いました。

 というわけで、当初は来週10日の夜間開館を狙うはずが、今なら桜も咲いてるかもだし、と1日の午後行ってきました。
 上野駅午後3時過ぎ着。平日だというのに上野駅公園口はすごい人です。桜が見頃、などいろいろな要素があるだろうな。そういえばまだルーヴルも見てないな、そのうち金曜夜に。と思いながら、科学博物館の前を通って東博に向かいます。むむ。どんどん人波が向かっておる。しかも、ふつうは出会わない観光バスの団体客も、ガイドさんに連れられて歩いている。

 さて、今週末までは春の庭園特別公開もあるので、4時までのお庭を見て。
 本館で、特集陳列「黒田清輝のフランス留学」を中心に、一階を歩いて。
090401nh3-s.jpg

 16室「歴史資料」室では、「日本の食文化」が特集陳列。
090401nh2-s.jpg
 料理本とか(『精進料理素人庖丁』 直亭馬瑟、江戸時代)、

090401nh1-s.jpg
 お寺でごはん、の様子がうかがえるちょっとユーモラスな絵巻とか(南北朝時代の『慕帰絵』模本(江戸末期~明治期)とか、けっこう楽しいです。

・続いて表慶館でStory of...カルティエ クリエイション-めぐり逢う美の記憶-を見ました。展覧会公式サイトはこちら
090401ca-s.jpg
「王の宝石商、宝石商の王」として名をはせるカルティエのさまざまな作品展示です。
 ミステリークロックがいくつもならんでいたり、いったい宝石をいくつ・・・と思うような超豪華なマハラジャのネックレス(このチケットにも使用)があったり、もちろん展示物そのものがすばらしいのですが、要所要所に配されたビデオ(展示ケースの前に立つとホログラムのようにして見え、作品とそのエピソードを見比べることができる)があることでさらに味わい深いものになっていました。たとえば、ジャン・コクトーがアカデミー・フランセーズ会員になったときの剣。カルティエとマハラジャとの出会い。また、蛇と鰐を愛したメキシコの大女優マリア・ フェリックスの物語、そして威嚇的なまでにゴージャスなネックレス、イヤリングなど。
 また、最後の展示室、純白の空間にただよう「今」と「これから」も、締めくくりにふさわしいものでした。

 カタログも買いましたが、自由に手にとれる展示品目録も充実。
 こちらの展覧会、どうしてもショーケースの前に足を止めビデオを見てしまうと思います。混雑すると、ある意味「阿修羅展」よりたいへんなんじゃないかな。

・さて、4時半すぎに満を持して(?)国宝 阿修羅展へ。
090401as-s.jpg

 読みは当たりました! 通常の展覧会は「5時閉場」、でも今回のみ火~木も「6時閉場」なのです。それも前売り中に急遽決まったので、まだ情報として浸透してないだろうなと思ったのです。余裕をもってゆっくり見ることができます。閉場すこし前に戻って見たときなんか、「八部衆」(阿修羅以外)と「(釈迦)十大弟子」が部屋の左右にずらっとならぶ第二室など貸し切り状態でした。阿修羅像も、360度ぐるっと見ていくことができるのですが、低い柵の切れ目に立つ係員さんのほうが観客より少ない瞬間も。

 展示は、満足です。阿修羅って腕が細いなーとか、八部衆のうち阿修羅だけが圧倒的に空間占有率が高いけどそのなかでもつまりリーダーだったのかなとか、萩尾さんが漫画化した『百億の昼と千億の夜』の少女のような阿修羅王を思い出したりしながらゆっくり見ることができました。三つの顔を見比べたり、けっこうきっちりおへそが出てる(横長)なと眺めたりです。

 第3室には鎌倉時代に作られた四天王像が立ち並び、それぞれに足下に魔物を踏みしめているのですが、一番手前(右側)の持国天の足元に注目。その次の増長天が踏みつけている魔物はすごい醜さで、かえって不思議な愛嬌がある(えーと、漫☆画太郎だっけ、思い出した)。奥のほう、広目天と多聞天の足元はちょっと様式が勝っているかな。

 八部衆が揃い踏みするのは今月中旬までですし、見ようと思うかたはぜひお早めに。
Comment(4) | Trackback(2) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ねこ

石川町はやっぱり茶系 

2009.04.02
Thu
22:20

 花を求めて散策のあいだに見た・会った猫たちを。

・3月29日(日)、山手経由で県民ホールへ。ほんとうはアメリカ山でも下るかと思っていたのですがひょっとしてと思い、前にも猫がいた道を選びました。ベーリックホールとエリスマン邸の間の細い道をちょっと行くと、横浜市認定歴史的建造物・山手76番館があります。こちら、あんまり生活感がない。そしていつも猫のかげがある。
090229gto1-s.jpg
 いたいた。きれいな白三毛ちゃん。

 一匹だけかと思ったら、門を入ってすぐのところにもう一匹。
090229gto2-s.jpg
 猫はちょっとハレーションおこしていますが、玄関先の修道士(?)像と一緒に撮ったのがいいなと思ったので。

090331gto-s.jpg
 31日、歯医者のあと仕事に行かねばだったので昼をリセンヌ小路でと思い歩いていると、ひさしぶりにマイケル(だよね? zouli cafeの)に会いました。きれいな白茶だけど女の子で、愛嬌もたっぷり。このあとは「にゃー」ごろごろで写真どころじゃありませんでした。

・昨日は午後から上野に。石川町駅北口の駅前、ここ昔はよく猫がいたよ・・・と思っていたら、いましたいい場所に。
090401gto1-s.jpg
 右下方の茶色いのです。よく寝ていた~。

・そして北口すぐの駐車場に。
090401gto2-s.jpg
 ごめんごめん、迷惑だよね。
すぐに立ち去りましてございます。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード