FC2ブログ
10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

* thread: 猫のいる生活  * genre: ペット

* category: ねこ

今日は1129 

2009.11.29
Sun
21:44

 そうだ!
 いい肉球の日だ!
 と思いついたとき、すでに夜でした・・・。

091129a-s.jpg
 あわてて撮った黒にくきうは、やはりどうもうまくいかん。
 というわけで、肉球の「裏」(表?)です。

091129b-s.jpg
 次にあずき混じり。
 模様はサビなんです。

091129c-s.jpg
 やっぱり一番フォトジェニック? なのが白茶でござる。

091129d-s.jpg
 テレビを見に来た母に協力してもらって、ちょっとお澄し顔も。
 鼻のあたまのハゲは、昨晩の脱走で得た向こう傷にございます。←おかげですぐに逃げ帰ってきました。
スポンサーサイト



Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: パン  * genre: グルメ

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

すべりこみセーフでモーニングセットを@Au jardin de Perry 

2009.11.28
Sat
23:43

 黄葉が美しいですね。
091127sg-s.jpg
 こちらは昨日、東京某所で。
 グラデーションが美しかった。
 そういえば、日曜日の霞が関は黄葉の名所です。ひとかげはほとんどなく(たまに見はり番の警官の姿が遠景に)、絶好の観葉ポイント。

 さて、今朝はちょっとした打ち合わせのため、開港資料館敷地内のカフェ、Au jardin de Perry(ペリーの庭で)に入ってみました。このごろ日本大通りにはちょくちょく行くけど、敷地に入るのははじめてかも。

 こちらのカフェ、なんと8時から営業しています。モーニングセットはパン一種&飲み物のチョイス。金沢区のBREMENから入れているというパンは10種類以上で、正直目移りしました。
091128jp1-s.jpg

 結局季節ものに。
 クグロフです。マロン風味の練り込みがあり、ちょうどいい甘さ。
 これとポット入りの紅茶で500円! 安い。

091128jp2-s.jpg

 おみやげにパンを買って外に。
 壁面にからみつくツタが美しく紅葉していた資料館を、何人ものひとがスケッチしていました。
Comment(4) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜&川崎周辺のグルメ  * genre: グルメ

* tag: ラテン 

* category: スペイン料理

なつかしの、とはふた味くらいちがうカニカマのピンチョ@エル ニョスキ 

2009.11.24
Tue
10:06

 今年も残り少なくなってきて、あああのお店を再訪せねば!
という気持ちがむくむくと持ち上がってきました。というわけで職場のひとを誘ってまずはニョスキへ。もちろんサルスエラも予約だ!

 たしか8月のメキシコ旅行後にお邪魔しているので、だいたい三カ月ぶりです。その間に店主・てらさんはめでたくご結婚なさり、スペインに新婚旅行(とスタッフの修行)があり・・・ちょっと久しぶりの店内にはちょこちょこと新しい絵や葉書が増えていました。

 そしてメニューを開けてすぐ左下の季節のおすすめを見ると、あるある! 
 詳しい名前は忘れましたが、スペインで人気のカニカマのピンチョ。
 そうなんだよね、スペイン人カニカマ好きなんだよね。スーパーの冷凍食品コーナーに必ずある。バルでもよく見る。わたしの親友フリアがアペリティーボに作る三品のひとつでもある。カニカマを縦に裂き、三つくらいにざくっと切ってマヨネーズとまぜあわせてバゲットに乗せてできあがり。

 というわけでわたしは大受けでお願いしましたが、店主・てらさんおっしゃるにはあんまり注文が入らないとか・・・「わざわざニョスキに来てなんでカニカマ」ってことでありましょうか。たしかにお手軽なイメージだものね。

 来ましたよー。
091120b-s.jpg
 技がちがう!
 わたしのイメージ(と記憶)よりも三手間、四手間多くかかっているではないですか。カニカマは細かく切ってなめらかに整形してあるし、トッピングまで。もちろんおいしい!
 これが四切れで450円ですから値段にも納得。
 さびしさに耐えかねて? メニューから外される前に、一度ご注文なさってはいかがでしょうか。

 四人で行ったので、予約のサルスエラ以外はひとり一品選びました。わたしが上記カニカマのピンチョス。ほかには、
・自家製酢漬けの盛り合わせ
091120a-s.jpg

・パタタス・ブラバス
091120c-s.jpg

・スペインオムレツ
091120d-s.jpg
となりました。

 そしてサルスエラ
091120e-s.jpg
 海の幸ざくざくです。
 煮汁はもちろん、

・パスタパエジャ
091120f-s.jpg
を入れてさらに濃厚にいただきます。

 おいしいねえ・・・。
 デザートは好き好きで。わたしはフラン(スペインのプリン)にしました。
091120h-s.jpg
 季節のコンポートは梨です。

 そして、仕上げに食後酒も。
091120g-s.jpg
 甘いけどなかなかぎゅっとアルコールなラインナップです。四人で分けられるように、四種類にしてみました。

091120j-s.jpg
 これはコーヒーリキュールだったかな。

091120i-s.jpg
 ベジョータ(どんぐり)がおいしかったです!

 これからさらに寒さが募る季節。次回はカネロニをいただきたい。
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 展覧会

ワンダーランドへ(MIHO MUSEUMについて) 

2009.11.19
Thu
20:21

『若冲ワンダーランド』を目当てに、信楽の山奥まで足をのばしてもう一カ月ほど。
 展覧会そのものについての記事はすぐに書きましたが、その後怒濤の日々&長い風邪っぴきが続いて放置状態でした。美術館そのものも印象的だったので、遅ればせながら記事をアップします。

091015j2-s.jpg
 こちらは先日の記事にも載せた写真。JR石山駅のロータリーから出る路線バスにゆられて約1時間(途中、瀬田の大橋を渡りました。近江には今度ゆっくり期待ものだなあ)、とうとうMIHO MUSEUMに到着です。

 091016mhm1-s.jpg
 象の(まぼろし)のおたけび(象の鳴き声ってなんて言うんだろう?)に迎えられてさて展覧会に・・・と思ったら、そうはいかず。
 このフラットな建物にはレストラン・売店・休憩所などがあるだけで、ここから「桃源郷」へとまた移動しなくてはいけないのです。

091015mhm2-s.jpg
 こちらのゲートから、ゆっくり歩いて10分たらずという話。
 電気自動車で送迎もしてくれるのですが、いい天気なのでのんびり歩いて行くことにしました。行列して送迎を待つ時間がもったいないしね。

091015mhm3-s.jpg
 外国から? のカップルに代役をしていただく。

 091015mhg1-s.jpg
 道の右側はおおむね山、でも左側には野趣のある庭が広がっています。

091015mhg2-s.jpg

091015mhg6-s.jpg
 去年もこんなの撮ったなあ(たぶん東山で)。好きさ苔類。

091015mhg5-s.jpg
 もう一枚。

 トンネルのなかは白銀の空間です。右にねじれているので、「その先」はすぐには見えてきません。
091015mhm5-s.jpg
 開館すぐなので「あちら」から歩いてくるひとはおらず、またそれほど歩くひともおらず。
 自動車がいないときには、ちょっと意外なくらいの静けさがありました。

091015mhm7-s.jpg
 トンネルを抜けると、見えてくるのが田舎家風のシルエットのMIHO MUSEUMメインパビリオン。

公式ウェブサイト の"Architecture"を見るとわかるのですが、建築容積の80%を 地下に埋設しているそうです。

しかも、中に入るとガラスをふんだんに使っていることがわかります。設計者はルーヴルのガラスの逆さピラミッドを設計したI.M.ペイだそうです。

091015mhm8-s.jpg
 帰り際、美術館の内側からガラス越しに外を撮ってみました(ちょっとまがってる)。

091015nhg4-s.jpg
 帰りは電気自動車に乗せてもらうことにして、ちょっと外で待ちました。
 はじまりかけた紅葉が美しい。

091015mhg3-s.jpg
 これはバス待ちの駐車場で。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: こんな店に行ってきました  * genre: グルメ

* tag: リセンヌ  石川町 

* category: 各国料理

ここもリセンヌ? バス通りにトルコ料理店Malatya出現 

2009.11.15
Sun
12:03

リセンヌ小路」の範囲がいまひとつわかりません。メインになる通りはもちろんわかるけど、ほかにParty Animals~Retro Cafeで最終的にセブンイレブンに出る路にも標識があるので、一応セブンイレブン~Toriromeoのバス通りも入ると考えることにしました。

 さて、ブティックが退店してまた同じようなお店になるかなあと思っていたけど、工事がはじまるとお店の前に
「11月5日 トルコ料理店開店」
という手書きの看板が。

 バス通りをはさんでお向かいあたりに9月末に珈琲豆焙煎工房「元町珈琲」ができたり(店内でもちょっと飲める感じ)、やはりいろいろと動きがあります。

 折しも5日は母の誕生日。
 魚よりも肉、和食より洋食な母ですのでトルコ料理のことを言ったら快諾だったので駅で待ち合わせて行ってみました。

 一階は左手が厨房&カウンター。ケバブもくるくるまわってます。昼間はドンドルマ(トルコアイス)も売るみたい。右手の窓際にちいさなテーブルがあって、そこに座ってみようと思ったけれどあまりにもぎうぎうだったのでやっぱり階段を上って二階席に。先客はカウンターにトルコ人(推定)の男性ひとり&二階にカップル一組です。

 091105f-s.jpg
 手作りっぽい内装がなかなか好き。モザイク貼りのライトとか、

091105e-s.jpg
窓際のソファ席のカバーになっているじゅうたん? とか。

 先客が階段口のはじっこにいらしたので、反対側のはじに座ってみました。
 ・・・床が傾いてませんかね。ちょっと落ち着かない。
 もともとブティックだったスペース(当時は二階をどうしていたかは知りませんが)なので、ちょっと無理してるかな?

 トルコ人(推定)ウェイターさんが持ってきてくれたメニューブックはけっこう厚みがあり、コースセットも2500円からだったかな、手頃な感じでした。
 でも、アラカルトをめくってみると、料理の値段がそこらじゅう手書きで訂正されています。前の価格を線で消して新しい価格を書いているので、ここは50円アップだなーとか、おや50円下がってるのもあるんだ~とかよくわかります。どこかから移転してきた店なの? それにしても、せめてシールで前の値段を消さないといかんよ。

 アラカルトでお願いしてみました。
 飲み物は母がワイン、わたしはざくろジュースをいただきながら待ちました。

・クイマルユムルタ(挽き肉と野菜のトマトソース煮)
091105a-s.jpg
 なかなかにスパイシー。それを卵で中和していただきます。

・ペイニルリピデ(チーズを乗せたもちもちピザ)
091105b-s.jpg
 これはおいしかった!
 たしかにもちっとしています。チーズは濃厚すぎず、ちょっと伸びる。
 クイマルユムルタと同じころに持ってきてくれたらもっと嬉しかったな。

 さて、この二皿でなかなかの量があり、これから白豆のサラダも来るのか、食べきれるかなあ・・・と思っていたのだけれど、ウェイターさんからデザートの注文うかがいが。忘れられていました。でも結果オーライ。全体的にけっこう時間がかかったけど、これも含めて異文化体験と思いましょう。

 バクラウァ
091105d-s.jpg
 小さいけれど脳天に来る甘さ。そうだった、むかし何回か行った渋谷のトルコ料理店でもこのきーんとくる甘さだった!

 母はドンドルマ
091105c-s.jpg
 おお? ねばーとはしてないのかな。

 トルコ紅茶はサービスでした。

 食事している間に、階下から日本人らしい女性の声が聞こえるようになりました。食事をすませておりていくと、やはりお店のスタッフでした。ここでちょっとお話。

・お店の名前・MALATYA(マラティヤ)というのは、シェフの出身地から取った
・(移転してきたのか? と聞いてみたら)原宿にもお店があるが、横浜出身なので横浜にも開きたいと思って。

 という感じの開店当日でした。あれから二週間経って、そろそろオペレーションもなれてきたかな? お店のひとは一生懸命で好感が持てたし、あのピザはもう一度いただきたい。
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 記録

風邪が長引きました。 

2009.11.15
Sun
11:31

 が、仕事は休めず、それなりに外出もあって結局風邪が長引きました。でもそれなりに脱出したかな。

0911og-s.jpg

 その後、
・『へうげもの』9まで揃えて読む。面白い! でも織部のよさはまだよくわからん(好きなのは有田とか鍋島)。
・那州雪絵『魔法使いの娘』が完結、ネットでの評判がよかったのでものすごーーーく久しぶりに雑誌Wingsを買って読む。最終回満足! 早くコミックスにならないかな。ところで、Wingsは案外読めました。
・入江 亜季の新シリーズ『乱と灰色の世界』もコミックスに。この人の描く女体が好きです。
・萩尾望都唯一のエッセイ集『思い出を切り抜くとき』が文庫化されたので買う。絵も文章も半分くらいは読んだような? と思ったら、今はなき雑誌『グレープフルーツ』に載っていたのでした。いい雑誌だったなあ。

・上橋菜穂子『獣の奏者』が文庫になっていたので二冊連続して読む。最初のうちはドラゴンライダーシリーズみたいだなあと思っていたのですが、作者の描きたいところは別にあるね(全部読んだわけではないけど『竜の飛翔』が一番好き)。続きはハードカバー、主人公が大人になって息子もいて・・・という話だそうです。

あたりの新顔の本を読み、

・横浜駅から徒歩10分のシェ・フルール横濱
・元町に新しくできたトルコ料理MALATYA(今日中に記事アップします)
・日浦屋を再訪してチキンジンジャー定食
・王子ホールでのコンサート前に入った松屋の食堂街、精養軒でちょっとがっかり
・中村屋のカレー自体は好きだけどナンやごはんはもっとお国色出てる店のほうがいいやと思う
・ようやく外国人墓地前のThe Best Cheesecakesに入り、でもワッフルをいただく

などの外食をし、 

・パトリシア・プティボン@王子ホールに湧き
・風邪で横浜能楽堂をあきらめ
・会期が短いので二日目にいったけど混雑だった「皇室の名宝展」第二期に
など、いたしました。

写真はとある場所のパイプオルガン鍵盤。出先で見学会に誘っていただいたので、喜んで。
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード