FC2ブログ
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

* thread: 海外旅行  * genre: 旅行

* category: 旅行

コペンハーゲンをふりかえる 

2010.06.28
Mon
14:53

21日の夕方に着き、25日の午後にマドリッド行き飛行機に乗りました。猫もごはんも乗り越えて、かなりな強行軍でした。

21日 月曜日
午後4時、空港に到着。
キャッシュコーナーでデンマーククローネをおろす。1クローネだいたい15円と考えるとよさそう。デンマークはEU加盟国だけどユーロ圏ではない国のひとつです。

空港の案内所でまず72時間有効のコペンハーゲンカードを買いました。なんと459クローネ、ざっと7000円ですが、これがあればいちいち小銭を探す手間が省けるしすごく使えます。すぐ使うように日付と時間を記入してもらい、電車で中央駅まで。ホテルは、タクシーに乗るのも申し訳ないくらい近そうなので歩きました。荷物が大きくて石畳がごろついてしかも寝不足だったので厳しかった。

ちょうどその晩にあるスペイン対ホンジュラス戦をスペイン料理店で見ようと思って、駅の案内所で聞いてあったのですが、やっぱり疲れてたのでやめ。ひとりで応援しました。翌日、近隣を歩いてみたら、ホテルの玄関すぐにスペインバルがあってがっくり。

22日 火曜日
7時のオープンを待ち、ホテルで朝食ビュッフェ。
近隣を歩き、駅でタイムテーブルを確認したり観光案内所に寄ったり。
中心部を一周するバスに乗り、水辺で適当に降りる。
船バスで対岸に渡り、オペラハウスで降りる。シーズンオフなのは知っていたけど、内部見学や買い物はおろか入ることさえできないとは。
次の船バスで一駅進む。ちょうどゲフィオンの泉。北欧神話を思い出す。
泉そばの教会に入る。英国国教会でした。
そのまま水辺を歩いて人魚姫の像を目指すも、不在。上海万博出張中でした。
星型のカステレット要塞を歩く。軍事施設も少しだけ残っているけど、美しい公園。
国立美術館を目指すも迷い、工芸博物館に入る。でも満足。カフェで一休み。
また適当に歩き、たまに店などのぞきながら、おおきなキングスパークを抜け、国立美術館に。人がいません。
案内所で教えてもらってあった手芸店をめざす。また適当に歩くうちに見つけたラウンド・タワーに上る。展望台から街をぐるりと眺める。
ようやく見つけた店は、6月は火曜日と木曜日は休み。なにそれー。
電車で近くまで戻り、スーパーで水など買う。
部屋で一休み後、近くにあるSASホテルのカフェで夕食。あたたかいもので、人気のあるのを。と頼んだら巨大ビーフステーキだった。
中央駅前にある世界最古の遊園地チボリを歩く。
11時前、部屋に戻る。

23日 水曜日
朝食は友人にもらったガイドブックおすすめのマイヤーズデリへバスで。でも朝は要するに甘いパンと飲み物だけだった。
キングスパークを再び通り、ローゼンボー宮殿を見学。
国立美術館と同じ敷地内前にあるのに前日行きそびれたヒアシュプロングコレクションに。
マイヤーズデリ近くまでバスと徒歩で戻り、朝みつけた毛糸屋さんに。メーカー直営店で、きれいな糸がたくさん。セーター一着分買う。
その近くのチョコレート屋でおみやげ購入。
パンを買って部屋に戻り、昼ご飯と休憩。
3時半に活動開始。電車で郊外のヘルシンゴーへ。ハムレットの舞台になったエルシノア城を眺めながら、街をうろつく。
ふたたび電車で移動、その後歩いて、友人に教えてもらった現代美術のルイジアナ美術館へ。ここは夏は夜10時までやっている例外的な場所。ずいぶん車が停っていると思ったら、庭で夏至のイベントをやってました。
10時45分ごろホテルに戻る。

24日 木曜日
営業前の商店街ストロイエをずっと歩いてみる。カフェで朝食。
遊覧船に一時間ほど揺られる。
買い物。
ニュー・カールスベア美術館見学。中のカフェで昼食。
中心部から一時間ほどかけて、富豪の別荘をもとにしたオードロップゴー美術館に行く。
ふたたびストロイエに。ブックカフェでひとやすみ。
百貨店イルムの地下スーパーで買い物して帰る。
夜、デンマーク対日本戦。

25日 金曜日
8時過ぎにチェックアウト。
市庁舎見学。写真撮りまくり。
前日見つけたスモーガスボードの店でふたつ買って川辺で朝食。
国立博物館見学。
博物館のカフェで昼食。
3時の飛行機で離陸。楽しかったよコペンハーゲン。

ひとつひとつ書いていくと昨年のメキシコ旅行の二の舞いになるので、あとは

ごはん
マンホール
おすすめ
程度にしぼって、帰国後にご報告します。
はあ、がんばったー。
スポンサーサイト



Comment(8) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 2010年 FIFA World Cup  * genre: スポーツ

* category: 旅行

パブリックビューイングを見ました 

2010.06.27
Sun
01:08

昨晩、無事にスペインに着きました。友人の家に泊まり、パソコンも自由に使わせてもらえるので、これからはそれなりに復帰であります。友人はスペイン人で 、パソコンももちろん日本語対応なんかしていないのですが、いまは便利ですねー。ブラウザさえあれば日本語が入力できるサイトがあるのです。ありがたいことです。こちらにアドレスを貼っておきます。http://ajaxime.chasen.org/

さて、日本も決勝トーナメントにコマを進めましたね。第三戦 、わたしもテレビで観戦しました。そしてホテルの窓から、パブリックビューイングも眺めたり写真に撮ったりしました。

100624dj1s.jpg
こんな姿をね。

100624dj2s.jpg
あふれてバス停の屋根にのぼるひとまでいたりね。
(写真の縮小にはfc2のサービスを利用しています。帰国して気力があったらさしかえます)

そう、ほんとうに偶然なのですが、スペインに来る前にデンマークのコペンハーゲンに寄ってたのです!
しかも滞在先のホテルは市庁舎の目と鼻の先。まさにパブリックビューイングが目の前で。

日本人の溜り場を探すことも考えましたが、せっかくのいい場所だから無理に出かけたくない。
パブリックビューイングそのものにも興味はあるが、日本が勝った場合もしもデンマーク人のなかに潜むバイキングの血を刺激することになったら困る。
それに部屋で見ればなんと言っても気楽だよね。

というわけで、テレビと窓の外を交互に見てました。窓を開けてるとテレビの音声はぜんぜん聞こえませんが、どうせデンマーク語だしべつにいいや。

試合前にはみなさん歌ったり踊ったりビール飲んだり、じつに楽しそう。開始40分前くらいにはひとがあふれるようになりました。
テレビもヒートアップします。映像から推測すると。
注目選手は本田と闘莉王。
デンマークに王室あれば、日本に皇室あり。
日本人は箸を使う。米を食べる(映ってたのはタイ米でしたが)。
テクノロジーの国。カメラ、コンピュータなど。
デンマークに来ていた日本人観光客へのインタビュー。
お目当てはチボリ ? それともスモーガスボード?
もちろんどちらも違って、字幕を見た感じでは、
家具です。
と答えていたようでした。

流れや結果はみなさんご存じの通りです。後半にデンマークが得点すると、花火が5発あがりました!
ロスタイム前にはみなさんどんどん帰っていきました。わりと平和な感じだったのは、デンマークが行けたこと自体ちょっとしたサプライズ(と今日、スペインのウェブサイトで見ました)だったからかな。

翌朝、デンマークのニュースではなくて英国BBCですが、
負けて号泣するイタリア
日本の二本のフリーキック
がスポーツコーナーのトップでした。日本人らしい技術の高さ。だって。
ついでに特集は、
あの公式ボールは最悪だ
でした。
イングランドはとくに痛い目を見てるからね。

ホテルのチェックアウト時にはスタッフから祝福されました。
マドリッドに着いたあとも、友人の友人(80代女性)から、
日本はよくやったわね。いいチームね、わたしは好き。
と言われました。

100624dj3s.jpg

今日買ってきたワールドカップ特集では、20人の専門家が各チームがどこまで行けそうか予測をしていました。決勝トーナメントに進めるか? 日本に丸をつけたひとは、ゼロ。まあそりゃそうだよね。
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: メキシコ  * genre: 旅行

* tag: メキシコ 

* category: メキシコ2009夏

ホテル近隣建築さんぽ(2)コロニアル 

2010.06.22
Tue
02:11

 ひとつまえのエントリ、青タイルの家の周辺は、植民地時代の建物や、20世紀初頭のモダンな建築物もそこここで見られる地域でした。

・青タイルの家の向かいの教会
090812edv8-s.jpg
 ほんの数人ではありますが、ひとり朝の祈りを捧げるひとかげも。

090812edv7-s.jpg
 入ってすぐの天井です。

・これまた由緒ありそうな建物。教会の並び、ソカロ側だったかと思います。
090812edv3-s.jpg
090812edv4-s.jpg

 ノッカーのアップです。
090812edv5-s.jpg

090812edv2-s.jpg

 これはまた別の建物だっけ。
090812edv6-s.jpg

・おまけ。新旧&月の図。
090812edv10-s.jpg
 
 ついでに、市電です。
090812edv9-s.jpg
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: メキシコ  * genre: 旅行

* category: メキシコ2009夏

ホテル近隣建築さんぽ(1)青タイルの家 

2010.06.21
Mon
10:45

 ホテルのあるフランシスコ・マデロFrancisco Madero通りをソカロとは反対側に進むと、やがてこんな建物が見えてきます。

090812az2-s.jpg
 その名も「青タイルの家」Casa de los Azulejos。現在はレストラン&ミニデパートのサンボルンスの店舗になっています。このシリーズ初期に紹介した、メキシコばんざいケーキはここのウィンドウに飾られていました。 

 090812az1-s.jpg
 ファサードの装飾は1735年ごろに行われた、とプレートにありました。オリサバ伯爵家のもちものだった、とも。
 建物自体の歴史はもっと古く、1614年に支倉常長一行が宿泊したという記述も見かけました。

090812az5-s.jpg

「裏手」にあたる5 de mayo通り。
090812az4-s.jpg

090812az6-s.jpg090812az3-s.jpg

 この店には想い出があります。
 はじめてメキシコに来たとき、空気の薄さのためかとにかく疲れやすくて、ホテル(マジェスティック。このまままっすぐ歩いても10分はかからない)にまでたどりつけずふらふらときれいな建物に入った・・・なにか冷たいものを飲んだと思います。
 今回はなかには入らなかったけど、青タイルなどの装飾はもちろんだけれど、今回調べたらオロスコの壁画もあるという話でした。惜しいことをしたな。

 街灯もレトロですてき。
090812az7-s.jpg
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 記録

出かけてきます。 

2010.06.21
Mon
02:11

 明日、いえもう思いっきり「今日」から、ヨーロッパに行ってきます。だいたいはスペインにいますが、最初はもっと北に寄ったりして。

 とも2さんのように「リアルタイム」と「リマスター」ができるかは非常にあやしいですが、たまに文字だけでも生存確認はしたいと思います。←いや、のんびりだけど更新する気まんまんです。
 やっぱり間に合わなかったメキシコの記事をあとふたつほど、予約投稿しておきました。
 中華街の話もひとつ書こうと思って写真はアップしてあります。

 さて、ワールドカップ優勝国はどこに?
Comment(4) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 散歩

猫は声だけ、葉山行き 

2010.06.20
Sun
00:12

 マンホール、水まわり以外の葉山写真からちょっと紹介します。

・さすが海の近く。ボートが庭にある、なんておうちもちらほち。
100618hay2-s.jpg

100618hay1-s.jpg
 民家の庭先。いろいろな緑!

100618hay4-s.jpg
 名前そのもののなかに、「山」の字があるものね。海からほんの五分のところです。

100618hay3-s.jpg
 ちょっと涼むのと、情報を得るために寄った葉山町立図書館、一階から二階への壁面にあった鏡です。「葉山マリーナー」の寄贈品なんだね。
 二階には前の記事でちょっと紹介した「葉山まちづくり協会」のスペースと、葉山に長く住んだ詩人の堀口大学を記念した展示室があります。
 一階図書館もちょっとうろつきました。郷土ゆかりの資料のほかは、芸術系がわりと充実していたように思う。壁面に「皇室関係」という特別コーナーがあったのでちょっと驚きましたが、そういえば御用邸があるんでした。

100618hay5-s.jpg
 図書館近くの壁に貼ってありました。真っ昼間だったので犬の散歩もそんなに見なかったけど。

 猫は・・・見なかったなあ。このへんならどうかな? と、陰がありそうな細い道を選んで行ったんだけど。
 一度だけ、
「おわああああ」
とおらぶ声が聞こえました。でも姿は見えない。ええ、どこにいるの?

 声を便りにきょろきょろしながら進むと、かたっと音がして、すぐそばの家の台所ドアが開くのが塀のうえからちらっと見えました。そして猫の声はおさまりました。
 家に入れてほしくて、[帰ってきたよ~]と叫んでいたのかな。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
* tag: メキシコ 

* category: メキシコ2009夏

売店のおじさんと 

2010.06.19
Sat
09:47

 メキシコ滞在5日目朝。朝食前の街歩き中でした。
 朝早くから開いているキオスクがありました。
090812q1-s.jpg
 
 そろそろ[配る]系のおみやげを仕入れよう、メキシコならではの駄菓子がいいなあ。
 と思っていたので、近づいてみました。年配の方がひとりで切り盛りしています。「紹介したい」と言って写真を撮らせていただいたので、今回は正面からのをアップ。
090812q2-s.jpg
 
 80歳以上。
 このお店はお父さんから受け継いだもの。
 子どものころから働いていて、昔はすぐ横にあるオペラ・バー(調べると、現在も古き良き豪華バーとして有名らしいです)からの注文を忙しくさばいていた。
 今は、ぜんぜんよくない。ああいう(十字路の斜向かいにあるセブンイレブンを見て)店ができて、小売は壊滅状態になった。
 
 ほかのお客さんがいないのをいいことに、いろいろと話していただきました。

 買ったのはチョコレートバーとか、謎のジャポニズム豆とか、メキシコお得意チチャロネスのチップスとか、キャンディとか。
 店先も写しました。
090812q3-s.jpg
 090812q5-s.jpg
090812q4-s.jpg090812q6-s.jpg

 あれからじきに一年経つけど、元気に店で立ち働いておられるでしょうか。
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: マンホールなど

下も向いて歩こう@葉山・逗子 

2010.06.19
Sat
09:38

 とつぜんプチ湘南特集的6月になりました。今回は葉山(&逗子)です。
 大船で待ち合わせの約束をしたので、出かけついでにと思って葉山での用事を済ませることにしました。その後、ちょっと歩いてみました。

 葉山、すごいよ「マンホール街道」だよ!
 と興奮したのが、町立図書館へと続く道です。5メートルにひとつくらいあった。道が曲がっているので、ずらりと並ぶさまをうまくお伝えできないのが残念です。
100618ha6-s.jpg
 とりあえず、町立図書館のところの密集具合をご紹介。

 もちろんご当地マンホールです。ベースは共通だけど、大きさいろいろなところをお見せしましょう。構成要素は中心のヨット、町の鳥うぐいす、町の花つつじ、町の木の黒松です(図書館二階に事務所をかまえる葉山まちづくり協会発行の『くれ竹通信』の記事を見せていただきました)。
・つつじと黒松が各2
100618ha2-s.jpg

・各3
100618ha1-s.jpg

・各3だけど全体として描写が細かくなる
100618ha3-s.jpg

・げた? をはかせる
100618ha4-s.jpg
 このマンホールは川っぷちにありました。

 プラスチックのちいさな口径のふたも。さすがに絵を細かくは入れられなかった模様。
100618ha5-s.jpg

 ひとりで歩いてみたのは図書館周辺からです。おおまかな方向は意識しながらなるべく細い道を歩き、最終的には真名瀬のバス停からバスに乗りました。時間がなくて(というか適当歩きに時間を使いすぎて)、すぐ近くにあるはずの森戸神社あたりに行けなかったのが残念。まあ、[適当に細道を歩く]というのはやっぱり一人歩き向きなので、これはこれでいいか。

 海辺の町であり、川も元気に流れているので、治水関係のものが目につきました。
100618ha7-s.jpg
 三家橋から海方向をのぞむ

100618ha11-s.jpg
 光徳寺の塀。最後にバスに乗ったあたりは「海抜四メートル」表記がありました。

100618ha8-s.jpg
 光徳寺のちょっと先。マンホールなんぞ悠長にうがっている場合じゃないんだなきっと。潔く道のまんなかを走る水路とふた。もちろん、左右に側溝タイプの道もありました。

100618ha10-s.jpg
 おなじみの(神奈川)県水道マンホールももちろんあります。

100618ha9-s.jpg
 このデザインは完成度が高いと思う。色分けもいい。
 モチーフは県の花山百合、県の木銀杏、県の鳥かもめだよね。

・逗子は乗り換えついでに駅前を少し歩いた程度です。
100618zu1-s.jpg
 奥ゆかしいというか、柄がちいさくて控えめな感じ。
 中央に市章。こちらのページによると、
「逗子の『逗』を図案化したもので、円満平和を象徴している」
そうです。
 市の木である椿の花。波、は海が近いからでしょう。菱形はちょっと珍しいかな?

100618zu2-s.jpg
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: メキシコ  * genre: 旅行

* tag: メキシコ 

* category: メキシコ2009夏

「仏塔」ダイナーで朝食を 

2010.06.18
Fri
00:45

 メキシコ5日目、身軽にカメラだけ持ってホテル付近を散歩しました。まずはその後の朝食の話。

 せっかくだから座って食べたい、土地のひとが行く店がいい、でも連日の活動でさすがに疲れてきてるからのんびりできるところが・・・と探していると、
090812pg2-s.jpg
 ん? パゴダ(=仏塔)?
 名称といい、この人形といい、中華なのか?
 のぞいてみると違うみたい・・・ファミレスっぽい。

 ひょっとして[もと]中華料理店なのかもしれません。
090812pg1-s.jpg
 漢字のデザインされたドアを押し開けて店内に。

090812pg4-s.jpg
 入って右手はソファ席。時間的にも、主なお客さんは出勤前のビジネスマンのようです。ぱりっと背広を着こなしています。

 ひとりなのでカウンターに座りました。
090812pg3-s.jpg
 朝食おすすめメニュー。がっつり系です。
 うーん、どうしよう。

 厨房はお店の奥にあるようで、カウンター前の通路では数人のサーヴィススタッフを行き来します。
090812pg6-s.jpg
 こんな格好。
 この囲いがレジで、最後に支払いして出ます。

 カウンター内のスタッフさんはとても仕事熱心。マニュアルがあるのかな? 朗らかなあいさつ、いろいろとスキのないお薦め提示です。でもそんなにがっつり気分じゃなかったのと、くだものとか食べたいなあと思い、相談してフルーツカクテルとお茶にしました。
090812pg9-s.jpg
 カテージチーズがたっぷりかかっています。蜂蜜をかけていただきます。

 いただきながらも店内をきょろきょろ。
090812pg8-s.jpg
 手前のパンは朝食セット用で、奥のパン盛り合わせはかんたん朝食(甘いパン&コーヒーまたはお茶)用かな。

090812pg10-s.jpg
 お持ち帰り用の甘パンセット。

090812pg7-s.jpg
 カウンター奥壁面。
 メキシコではびん入りジュースがかなりあります。

090812pg5-s.jpg
 置いてある写真入りメニューをながめたり。
 強烈緑のゼリーとか、メキシコらしい。

090812pg11-s.jpg
 これが伝票。
 ほかに、アテンドしてくれたスタッフさんが一枚の紙とペンを渡してきました。[よかったら、コメントしていってほしい]とのこと。[いいと思ったスタッフ名を]というのもあったので、ちゃんと名前をあげておきましたよ~。

 La Pagoda、手作り感いっぱいのウェブサイトもあります。こちら

Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 湘南・鎌倉  * genre: 地域情報

* category: マンホールなど

下も見ながら歩こう@鎌倉・江ノ島 

2010.06.16
Wed
00:31

 江ノ島・鎌倉も、マンホールなかなかいける。
 京都ではさっぱりだったことを考えると、関東のほうが工夫しているのかな? ・・・いやいや、サンプルも少ないのに断言はできませんね。

20100613mh7-s.jpg
「鎌」の字がデザインされています。
 先日潮来で見た「潮」と同趣旨と考えられるのでは。

20100613mh6-s.jpg
 先日、平塚で見たのと同じです。「県水道」だものね。ただし、青く塗られています。

20100613mh5-s.jpg
 鎌倉(長谷付近)でけっこう見た、控えめモチーフ。

20100613mh4-s.jpg
 江ノ島駅付近のマンホール。藤沢市のものですかね。

20100613mh2-s.jpg
 これも江ノ島。側溝のふたです。サーフィンボードで、とても[らしい]ですね。昨年行った横須賀どぶ板通りの側溝(ジャズ関係)を思い出しました。

20100613mh1-s.jpg
 ついでに。
 湘南モノレール・湘南江ノ島駅のすぐ外の道路に埋め込まれていた道しるべ。
 これもサーフボードを交差させたモチーフなんだね。

20100613mh3-s.jpg
 消火栓は目立たなければならぬ。 
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード