11« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»01

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 記録

来年もよろしくお願いします。 

2010.12.31
Fri
22:09

 20100712.jpg

 早いなあ、2010年もあと数時間です。昨年末は[これから]迎えるリフレッシュ年度に胸をはずませていましたが、そのリフレッシュ年度の終りも近くに見えてきたこの年末は、ちょっと焦り気味かもしれません。それにしても、当初の予定ほどじゃないけどけっこう旅したな。

 なかでも印象に刻まれているのは、やっぱりサッカー・スペイン代表悲願のワールドカップ優勝です。熱狂のマドリッドだけでなく、ひややかなバスクに行けたのもおもしろかった。今日の写真は、優勝戦決定後の大騒ぎからです。

[猫とごはん]的には、
・チリの首都サンティアゴでお世話になったおうちの8匹の猫たち、マドリッドの友人宅の3匹の猫たち。みんな元気かな?
・中華街を食べ歩いた(おもにお昼)。みなさんにも褒めて(?)いただいた安楽園、獅門酒楼、一楽、北京、そしてお菓子の聚楽と紅綿はリピートしました。
・以前からおなじみのお店にも複数回行ってます。ニョスキ、リパイユ、レガ、水蓮など。新しく「好きな店」入りしたのは馬車道近くのチチョリです。
・フレンチプレスのおかげでコーヒーのおいしさにやっと目を開かれ、電動だけどミルで豆を挽いて飲むように。
・節目のケーキは、つい先頃一周年を迎えた本郷町のホアピリHoapiliでお願いしました。お気に入りはトリプルショコラなど。
・パンは本郷町のToastと、12月になってオープンした代官坂のBluff Bekeryが注目株かな。
・あじさいの頃ともみじの頃に行った鎌倉、いいなあ。近いのにほとんど知らない古都、来年もなるべく足を伸ばしたいです。

 そしてブログでもちょこちょこ書いてしまいましたが、2月に突然目覚め&3月にまんまと編み物にはまりました。10月末からは習いにも行ってます。自分が好きなものを編んでいいところなので、まずは友人のお子さん(夏生れ)へのカーディガン、そして靴下を教えていただきました(鬼門とも言われる「引き返し編み」は、7回目にしてなんとか手応えがあった!)。来年最初はかぎ針編みのモチーフつなぎを見ていただこうと思ってます。
 旅先でも手芸店を探し、自分用のお土産に毛糸を買ったりしています。そのうちまとめてお見せします。

 来年は仕事に本格復帰です。充電後なので、余計に忙しくなるかな。
 往々にして記事が追いつかない怠け者ですが、来年もどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Comment(4) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: ねこ

中華街の猫、山手の猫 

2010.12.29
Wed
11:34

 クリスマス前後の町歩きで出会った(&見かけた)猫たちです。

gto101215e.jpg
 中華街のマンションの塀に乗っかって日向ぼっこをしていた黒ちゃん。
 こちらが近づいた分、ちょこちょこっと遠ざかってしまいました。おどかしてごめんね。


gto101215c.jpg
 夜、中華街にいた白猫さん。
 うまく撮れないよねえと思案していたら、ちょうど通りかかった車のヘッドライトが照らして行きました。
 お、ごはんの青いお皿があるね。


gto101215d.jpg
 人形の家一階のお店の看板息子小次郎さんは、あいかわらずのふくふくしさ。お店の前に置かれた車の屋根でひなたぼっこ。


gto101215b.jpg
 外国人墓地では白黒猫さんを見かけました。


gto101215a.jpg
 元町公園の黒猫さん。
 すこしずつ近寄ってみようかと思っていたら、犬を連れたおじさんが通りかかり、猫はどこかへ・・・。


gto101215g.jpg
 久しぶりに大佛次郎記念館まで来てみました。
 スマートな猫像。
 案内してくれた方の話では、ちょっと前に盗まれ、またもどってきたとか。


gto101215f.jpg
 記念館の喫茶・[霧笛]の前の猫さん。かわいらしいポーズです。
 この像の台座の足元に、そっと銀色のごはんトレイが置かれていました。カリカリが数粒。
Comment(6) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* tag: 野毛 

* category: 飲みっていうか

ボージョレ・ヌーボーを野毛でいただく 

2010.12.25
Sat
20:14

 それにしても、時の経つのは早いものです。
 もう一カ月ほど前になりますが、野毛でものすごく早い夕食後(解散8時)、そのまま帰るのがなんとなくもったいなくてちょっとさまよいました。

 がっつり食べるのは無理だけど、ワンドリンク&軽く一皿くらいならなんとかなるかな。おばちゃんひとりで入れる、入りたい店は・・・・・・。
 ボデゴン野毛や人気のバジルは、ちょっと前だけど行ったことがあるから今回はパス。
 前から気になってたオーシャンバー 旧バラ荘の前まで行ってみたけど、ドアの前に紳士用の靴が一足脱いであったりしてなんか雰囲気がよくわからず、結局スルーしてしまいました(ネットで訪問記調べてみたら、靴は仕様で置いてあるみたいですね)。

 とりあえずバス停へ行くついでに野毛を横断しようかな思って歩きだし、そういえば! と思いついたお店に入ってみました。

 いその爺さんの旧友・「味助」ことGONZAさんのお店です。
 店頭に[樽入りボジョレー・ヌーボー]とあったので、カウンターのはじっこに座って頼んでみました。果実味のある飲みやすいお酒でした。このGonza。壁際に何本かスペインワインがあり、そこも気になります。次は試してみるかな。

 せっかくなのでなにかつまむことに。
 生うにのフランをお願いしてみました。

 カウンターに座ったので、ご主人夫婦のてきぱきとした気持ちいい仕事ぶりがよく見えます。いその爺さんも召し上がってらした四角い横浜ピザのできるさまも見れました。

1012gz1.jpg
 もちろん、うにを気前よく乗っけるところも見えましたよ!
 
 次回はぜひ腰を据えて、横浜ピザやパスタ類もいただきましょう。 
Comment(4) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: 散歩

山手西洋館のクリスマス(2) ベーリック・ホール 

2010.12.21
Tue
22:10

 外交官の家と並んで今回気に入ったのは、ベーリック・ホールの飾りつけ。
 テーマは「フィンランドのヨウル -森と湖のクリスマスウェディング-」です。

 ウェディング、の部分はやはり食堂。
1012bh5.jpg
 ふたりだけの結婚式のあと、ゆったりとディナーを・・・というコンセプト? 窓辺にウェディングドレスが飾られていました。

1012bh4.jpg

1012bh6.jpg
 テーブルクロスはマリメッコ。ガラスはイッタラでした。下の写真は、テーブルに置かれた水盤です。

 しかし。今回気に入ったのはここではないのでした。
1012bh1.jpg
 パームルームのデコレーション。

1012bh3.jpg
 食堂のマントルピース上部を飾っていた、フィンランドモスのリース。
 苔ですよ。乾いてるけど。
 フィンランドモスは、森に自生する苔で、ヘラジカの食料になるそうです。
 
1012bh11.jpg
 ベーリック・ホールの「花」はヒヤシンスが主役でした。こちらは二階の客用寝室(現在はソファセットなどが入っている)のものです。関連イベントでも、親子でヒヤシンスの寄せ植えをしよう、というものがあったそうです。

 そして編み物入門中のわたしの目は、いろんなハンクラものに釘付けに!
 居間には「ボッパナ織り」の織り機が置かれていました。二階の子供部屋にはそのミニチュアが。
1012bh8.jpg

1012bh9.jpg
 子供部屋のベッドカバーに重ねられていた織物。
 
1012bh7.jpg
 子供部屋の本棚に置かれていた帽子、かな?
(細部まで手がはいっているのは楽しかったですが、いつもいるペア(親子サイズ)の黒ヒョウぬいぐるみが仕舞われてたのはちょっと残念。

1012bh12.jpg
 奥様は編み物をたしなむ、という設定なのですね。ベッドに置かれていた毛糸玉の数々と、編み図らしきもの。
1012bh13.jpg
 ベッドの足元にも毛糸たっぷりの籠が置かれていました。

1012bh14.jpg
 夫人寝室の続きの間、「サンポーチ」の窓際にはモビール(「フィンランド伝統手工芸 ヒンメリ」)が下がっていました。その材料であるストローのストックと、かわいい色使いの敷物。

 編み込みの模様かわいいなあ。手間がかかりそうだけど、冬の間に作ってみようかな。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 美味しかった♪  * genre: グルメ

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

しあわせブランチ 

2010.12.20
Mon
19:59

 昨日(日曜日)の朝、クロネコさんが届けてくれたもの。
 丘の上の奥様、シュール・リーさんのブログFrom the clifftopの二周年(実質四周年)記念プレゼントの当選品でした!

 その賞品とは、リーさんお手製のケーキです。
 まっしろな箱を閉じるシールが、なんと猫天使!
101219sl2.jpg
 馬手にはリースとステッキ、左手にはくるみ割り人形を持ち、軽快なステップを踏んでます。かわいいね~。

 気になるケーキとは・・・・・・
101219sl1.jpg
 エンガディーヌでした!
 おお、飾りのリーフクッキーは、リーさん宅の深窓のしぃ姫が過日チェックしておられたのとおそろいとお見受けいたしました・・・!

101219sl3.jpg
 このようにくるみたっぷりです。

 しかも。濃厚なエンガディーヌのおともにと、リーさんお気に入りの根岸のCafe Hanzさんで焙煎したコーヒー豆(タンザニア)までいただいてしまいました。ありがたやありがたや・・・・・・。

 じつは遅めの朝食、いやすでにブランチをとろうとしていたところだったので、いそいそと豆を挽いてエンガディーヌとのベストマッチを楽しませていただきました。リーさん、ありがとうございました!

 このとき、ほかにも野菜分としての青汁と青森のりんごを一緒にいただきました。奇しくもすべて到来物。師走に届いた、心のこもったプレゼントの数々に、さらにありがたいなあと思った朝でした。
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

代官坂の新顔Bluff Bakeryにさっそく行ってきました  

2010.12.19
Sun
23:46

 わたしにしては珍しく、オープン前に気づいた&オープン当日に行きました! お気に入り、ということになれば、家から一番近いパン屋さんになるから気合が違います。しかも前日通りかかったら招待客オンリープレオープンしていたので、余計気分が盛り上がっていました。

 その名はブラフ・ベーカリーBluff Bakery。「ブラフ」というのは[切り立った崖]とか[絶壁]ですが、つまり山手のことです。
 代官坂のかなり上部です。お店は途切れがちになりますが、このまま山手本通りに出てもいいかというつもりでずんずん登っていくと、半地下がヨガスポットになっているビルの一階になります。

 みごとなガラス張りの店内なので写真を撮ると自然に自分が写りこんでしまうというわけで、外観はいつか日没後に通りかかったときにしましょうか。
 というわけで、お買い物袋を。
101219bb1.jpg
すみません、その後東京に行ったり南太田にまわったりで半日連れ回したため、だいぶくたびれた状態での写真となりました。

 工事しているときには[広いなー]と思ったお店ですが、やはりものが入るとそうでもない。きっちり、使われています。
 一番右に扉。開けて入ると右手にトングとトレイ(ほうろう引きかな、持ち重りがします)。パンはお店の長辺と平行するかたちの台にずらりと並んでいます。一番手前はシュトーレンでした。

 奥は、大きく窓を切ったベーカリー部分。ぴかぴかの作業場がよく見えます。
 そしてレジカウンター(左手つきあたり)には、テイクアウトのホットドッグメニューも。「サンドイッチ」という文字もありました。わたしたちが行ったときにはパン系の品物はなくて、色鮮やかなIZZEのドリンクが並んでいました。坂に面した部分には、パン類のほかの物品もすこし。フランス経由とおぼしきメキシコとかペルーのコーヒーなどがありました。

 パンのラインナップは、ひとことで言って「売れ筋いろいろ」?
 食パン、クロワッサン、フォカッチャ、ドーナツなどで、ちょっと総花的な感じがしました。
 でも気合は感じる。
 だって朝8時オープンなのです!
 扉に書いてある営業時間は、
 8→13:30&15→18:30
 なのです。パリの朝みたいに(と、ものの本で読んだ)朝起きてその日の朝食のパンを買いに行く。焼きたてのパンをいただく。というのが、遅めなら大丈夫ということではないですか。
 お店の立地として、出勤途中のひとが多く通りかかることはほぼありえない。ここに、なみなみならぬ志を感じました。

 というわけでいくつか選び、今朝はオリーブのフォカッチャをいただきました。
101219bb2.jpg
 刻んだ黒&茶のオリーブが上部にまぶされています。
 一日経って、まわりの部分はちょっとごわついていました。これは惜しいけど、それだけ新鮮で「すぐ食べてね」ということなのかも。中身はしっとり、わりとあっさり系です。すこし温めるととてもいい香りです。

 ファーストコンタクトとしては満足。
 さて、明日はクロワッサンに挑戦してみるか。あれば、ホットドッグにトライしてみるのもいいかも。

・・・・・・
 12月21日追記。
昨日買ったクロワッサン、そして出来立てをいただいてきたトマトとモッツァレラチーズ乗せフォカッチャおいしかった!
 そして、ベーグル類も出てきてました。種類多いなあ。
 これは、ひととおり味わってみないと。
Comment(1) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: 散歩

山手西洋館・世界のクリスマス2010(1) 外交官の家 

2010.12.18
Sat
11:53

 毎年楽しみな山手西洋館の「世界のクリスマス」。12月25日まで無休で開催中です。まずは外交官の家とブラフ18番館に行ってきました。

 外交官の家に着いたのはお昼前。平日なのに、意外なほどにたくさん人が来ていました。

 今年のテーマ国はドイツ、「ロマンティックカントリークリスマス」。
 こちらはたくさんのお菓子にも目移りしてしまいます。

101210ah6.jpg
 今回、外交官の家で使用されている食器はビレロイ&ボッホだそうです。手前はシュトーレン、でいいかな?

101210ah4.jpg
 二階書斎にあった「お菓子の家」。なかにもひとがたがあったり、裏からの景色がまた違ってたり、遊び心たっぷりの楽しいおうちです。

101210ah2.jpg
 一階ダイニングテーブルの手前に置かれていたクッキーです。

101210ah1.jpg
 暗くてうまく撮れなかった・・・余計不気味になりました。
 説明によるとこれは「ヴェックマン(白パン坊主)」、ドイツではセント・ニコラウスの日(12月6日)前夜に家族全員分の長靴または靴下を吊るし、お菓子・りんご・ナッツなどを詰めたいちばんうえにこのヴェックマンを置いて天井につるすとか。

101210ah7.jpg
 二階の塔屋下部屋にあったプレート。トナカイのクッキーですね。
101210ah8.jpg
 ツリーを影にして、ぼんやり外を眺める。
 外交官の家の場合、この八角形のスペースをどう使うかがキモのひとつではないかと思います。今回はちょっと平凡かなあ。

 そのかわりと言ってはなんですが、一階サンルームなどでは木々ががんばっていました! 森の力がみなぎっています。
101210ah3.jpg
 南ドイツのベルヒテスガーデンの風習だそうです。
 聖ニコラウスの日前夜、聖人はあらわれずにこのブッテンマンドル、全身をわらで覆われた豊穣の神があらわれるとか。

101210ah10.jpg
「パドニャックの小枝」。
 オークの枝と麦。

 一階玄関ホールのツリーも、ピアノ室の窓際も、立派な枝振りの緑がいっぱいです。

 そしてねこもいたよ!
101210ah5.jpg
 二階のマントルピースのうえで跳ねていました。
 レープクーヘンという焼き菓子だそうです。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* tag: 横浜散歩  商店街  石川町  カフェ 

* category: 散歩

定点観測・元町あたり 

2010.12.13
Mon
21:18

 ちょっと久しぶりに代官坂を通ってみたら、Bluff Bakeryというお店が18日オープン、スタッフ募集。という張り紙を発見。懸命に作業中とお見受けしましたが、今週土曜日でほんとうにまにあうのかな?

 食事とくらべてパンやお菓子が手薄、と言われ続けたこのあたりですが、すこしずつ変わってきているかな? すくなくともお店が増えてきています。

[以前からのお店]
・ウチキパン
・昭和ベーカリー(閉まってる日も多いけど)
・ポンパドゥル
・アイモール(石川町側)のヴィ・ド・フランス
・中華街側のAn Apple
 ずいぶん前にお店を閉めてしまいましたが、石川町のフロリダベーカリーでよくイギリスパンを買ったものでした。フィッシュバーガーも一緒に買ったなあ。

[比較的新しいお店]
・元町プラザのラール&ブーランジェリー・レ・サンス
・代官坂のPaty Cafe
・Kaoris(カフェだけどパン類の販売も。本郷町にオープンしたパン屋・Toastも好調)
・Cafe Four(パン+カフェ
・一戸のアンテナショップ・Natural Essayでは、いわてミレット工房のパンを売ってます。

(スタバなどは省きました。また、見落としがあったらこっそり教えていただけると嬉しいです)
 そしてBluff Bakeryが加わるわけですね。こうして書いてみると新しめのお店はパン一本! というわけではないようだけど、このお店はどうなるかな? 広そうではありますが。

・・・・・・・

 その後、仲通りを8割方歩きました。
 トラットリア・ダ・エルエラの旧店には美容院KINGDOMがオープンしていました。 
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ねこ

定点観測+ねこ 

2010.12.10
Fri
22:30

 山手西洋館・世界のクリスマス開催中です。まずはイタリア山庭園の二館に行ってきました。・・・・・が、これは明日から書こう。

 今日は「まだ間に合う 山手の紅葉」と、「石川町のねこ」であります。

 イタリア山庭園は、ボランティアの方々も強力して手入れしている庭も楽しみな場所です。
 山手本通りから入って正門を入ると、各種のばらが迎えてくれます。
1012010hr4.jpg
 昨年、横浜開港150周年を記念するバラとして選定されたそうです。紹介はこちらのページから。 

 外交官の家は、移築してきてから新たに建築された部分が入口になっています。入るとすぐのガラステーブルに、あったかいかわいらしいアレンジが。
101210hr5.jpg

 そして、銀杏はそろそろ葉を落としかけてはいましたが・・・
101210hr3.jpg


101210hr2.jpg

 あざやかな紅が、ブラフ18番館の庭に。
101210hr1.jpg

 用事があったので大丸谷に抜け、ハンドメイド作家さんの作品を安価で売っているMama's Beatで針山を買ってから石川町に行きました。
 
 ちょっと久しぶりの吉浜町公園。肌寒い日ではあったけど、それだけに日向ぼっこは気持ちいい。三匹見かけました。
 一匹はあまりにも気持ちよく寝ていたので、近づくことも憚られました。大きなあかねこ。
 一匹は遊具のうえにちょこんと座っていました。
gto101210a.jpg
 ちゃんと首輪をしています。帰るおうちがあるのかな。

 gto101210b.jpg
 この子は花壇のふちにきっちり足をそろえて座っているのがお気に入りらしい。

 それから、中華街口経由で石川町駅へ。
 高速出口の門の向こうに二匹、そして手前に一匹、たっぷり太った大きなあかねこがいました。そして近くに腰かけてビールを飲むおじさんがふたり。
 おじさんのひとりが、いつも餌をやっていると話してくれました。だからこんなに近くにいるんだね。そして、おじさんが手招きするとやってきて撫でられるんだねえ。抱き上げるとあったかいよ! と教えてもらいましたが、心を許しているのはおじさんにだけ、みたいでした。外にいる子としてはそれが正しいよね。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 神奈川  * genre: 地域情報

* category: 散歩

もっと鎌倉。 

2010.12.09
Thu
10:15

 先日の根津美術館日本庭園に続き、鎌倉に紅葉狩りに行ってきました。先週日曜日(12月5日)のことです。
 ルートは
・北鎌倉駅で集合
・東慶寺
・源氏山公園ハイキング(葛原岡神社)
・化粧坂を下り、海蔵寺へ
・のんびり鎌倉駅を目指す
というものでした。しかもその前後にランチ(鎌倉)&忘年会(中華街)というもりだくさんの一日。

・東慶寺
 鎌倉に「縁切り寺」「駆け込み寺」があったことは知っていましたが、ちゃんと意識して訪問したのははじめて。現在は臨済宗円覚寺派の禅寺となっています。
 101205h2.jpg
 あれ? 蒔絵の箱にイエズス会マークがある?
 と興味をひかれ、宝物館「松ヶ岡宝蔵」に入ってみました。イエズス会マークのある蒔絵箱は、重要文化財「葡萄蒔絵螺鈿聖餅箱」。桃山時代のものだそうです。
 せんがいさんを思い出すユーモラスな禅画や、駆け込み寺の資料なども展示されていました。
 そして特筆すべきは、おみやげもののレベルの高さ。いいデザイナーがついてるなあ。ご一緒した米国人ご夫妻はしばらくお土産選びに夢中に。

101205h1.jpg
 宝蔵二階の窓に映る黄葉を見る。

・浄智寺の横を抜け、ひたすら登っていく。源氏山に続きます。

101205h5.jpg

101205h4.jpg

 ひなびた風情です。
 
101205h6.jpg

 どんどん登っていくと、「ハイキングコース」と書いてある!
 幹事さんからは「歩きやすい靴で」とは言われてましたが、ここまで道なき道とは。ときどき水も出でいて滑りやすかったり。ごつごつと木の根が出ていたり。

 でも「苔がいろいろあっていいねー」と言ったら、なんと連れのJさんは苔大好き人間でした! 一日で22種類を確認したそうです。

101205h10.jpg

 源氏山にある葛原岡神社は、銀杏の黄色が印象的。
101205h3.jpg

 一休み後、化粧坂を下りてハイキング終了。途中かなりすべりやすい場所があり、ちょっとハラハラしました。

 海蔵寺へ向かう道は風情があっていいなあ。葉もいろとりどりです。
101205h9.jpg


101205h8.jpg
 途中のおうちの、存在感たっぷりな郵便受け。

101205h7.jpg
 そのすぐ近くのおうちの塀にひとつだけあった波模様ブロック。

・海蔵寺
101205h11.jpg
 鐘楼を撮りました。どうしても電線が入ってしまう・・・。

 そこからはのんびり歩いて鎌倉駅へ。抹茶がいただけるところで一服、と思いながらももう夕方でお寺では無理でした。結局紅茶のお店に。

101205h12.jpg
 線路際にあったおうちは、戦前の洋館を思わせる形なんだけど随所に和風の要素も。

101205h13.jpg
 英勝寺だったかな? 掃き集められたもみじのうねりにも風情があります。

 前にも書いたことがあると思いますが、鎌倉についてほんとうにわたしはぜんぜん知らないなあ。来てみればこんなに近いしすてきなのに。 
Comment(4) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。