FC2ブログ
01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»03

* thread: ヨーロッパ旅行記  * genre: 旅行

* category: ねこ

パリのねこ 

2011.02.24
Thu
19:46

 パリの猫、今度は本物も登場します。
 
 まずはルーヴルの続きです。「ねこはどこ?」どころじゃなくて、ちゃんと主役を張っている二枚です。

11gtoparis10b.jpg
 Theodore Gericault 1791-1824 "Louise Vernet, enfant"
 あのジェリコー作、「幼いルイーズ・ヴェルネ」です。
 ちょっと不自然な感じはあるけど、色がきれい。

11gtoparis12a.jpg
 Louis-Le'opold Boilly (1761-1845) "Gabrielle Arnault"
 ルイ=レオポール・ボワイ(姓の読みに自信がありませぬ)「ガブリエル・アルノー」
 この女の子、とってもかわいかったのですが、うまく撮れませんでした。残念。

 そして最後の日に訪れた中世美術館(クリュニー)は『一角獣のタピストリ』で有名。でもこの作品には猫はいません(うさぎがたくさん出ていてかわいいのと、獅子が猫科代表でごろにゃんしています)。
 先生に連れられて博物館見学してたこどもたちのすぐ近くに、おお! 発見しました。
 さて猫はどこ?
11gtoparisMCb.jpg

11gtoparisMC.jpg
 猫はここです。貴婦人の足元。糸で遊んでます、まだちいさいのかな。
"Tenture de la vie seigneuriale: La Lecture" vers 1500-1520
1500-1520年ごろの作、『荘園の暮らし』より「読書」。

 さて、「本物」一歩前は猫のマウスパッド。
 なつかしの「なめ猫」を思い出す・・・・・・。
11gtoparisplus2.jpg

 で、結局本物の猫は二匹しか見なかったのです。
 一匹目は、ケ・ブランリーのカフェで食事中、友人が
「猫!」
と見つけてくれました。
11gtoparisR3.jpg
とっさに構えたので(しかも斜め後ろにカメラを向けた)シルエットになってしまいました。

 最後は土曜日のものすごく混雑したデパート(プランタンだったかな)の入口前に陣取っていたおばさんの連れていた猫。わかってるんです、猫でわたしのようなひとを釣って献金をせしめていることくらい・・・
11gatoparisR2.jpg
 名前はスタニスラスだったと思います。おとなしい子でした。ちょっと撫でさせてもらいました。
スポンサーサイト



Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* tag: リセンヌ  石川町 

* category: 和食

寒い日、「まつむら」で鍋焼きうどん 

2011.02.15
Tue
18:56

 それにしても昨日(14日)は寒かった。午前中の用事を終え都内へとむかうまえに、元町~石川町でさっとごはんを。と思ったとき、最初にうかんだのは「ひら」の麺もの。でも夜の仕込みに集中するため、この日に限っておやすみでした。

 昨秋汐汲坂からリセンヌに移転したそばの「まつむら」も脳裏をよぎったけど、あそこはやっぱりざるとかなんでは・・・と通りすぎようとして、店頭に[冬季限定 特製鍋焼きうどん]の字を見つけました。うどんのほうが好き&これならあったまるね! &限定。のコンボにひかれて、入店してみました。

 木の引き戸をえっこらさと開けて入ります。
 まだほかのお客さんはいなくて、どこでも座れる状況でしたが、とにかく寒いのでさっさと奥まで入ってしまいました。一番奥にL字型のカウンター席があり、その隅に腰かけました。背面が洗面所の壁になっているので、ちょっとだけど寒さからは守られている感じです。目の前にはちいさな熊手や招き猫など、こまごまとしたかわいらしいものが並んでいました。

20110214b.jpg
 座ったままちょっとあおるように撮った店内。

 目の前に季節のおすすめがさまざまに貼り出してありましたが、ここは初志貫徹。鍋焼きうどんをお願いしました。
 店内にはジャズが流れています。ピアノトリオが主だったかな。いい音です。
 
 さて、鍋焼きがきた。
20110214a.jpg
 具はザ鍋焼きうどん(すくなくとも、ここ横浜では)というところですが、半熟卵に加えて卵焼きも入っていたのは贅沢かな。ありがたい、あたたかい!
 薬味(葱とゆず皮)を適宜入れ、小皿に取ってすこしずついただきました。
 わたしはあんまりスープは飲まないのですが、うどん(やわらかくてすなおな感じ)と一緒においしくいただきました。半量ほど。はー、あったまった。

 その後は雨になりました。かえって寒さはゆるんだように感じましたが、夜になると雪になり、夜半には止みました。

・・・・・・
 元町クラフトマンズストリート&リセンヌ定点観測です。

・「まつむら」の跡地が改装中。"Little Coco"という店名は見えますが、まだどんなお店かはわかりません。なかをのぞいてみたら向かって右側にカウンター、その背後に棚があったので、飲食系かな。
 ちょっと検索してみたら、ゴディバ斜向かいにあるコーヒー屋さんの名前がヒットしました。こちらが移転(&ちょっと改名)してくるのかな? また見に行ってみます。

リセンヌの「もとオプト」(ホシや日浦屋の並び)、先日改装中でしたが、ちょっとターゲット年齢層の高そうな洋品店になっていました。帽子、バッグ、服などが並んでいます。[当店の品は日本製です]という要旨のお知らせが見えました。店名はキャナルです。 
Comment(4) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread:   * genre: ペット

* category: ねこ

ねこはここ! @ルーヴル 

2011.02.14
Mon
01:07

 おとといの記事、「ねこはどこ? @ルーヴル」の解答です。

 ルーヴル美術館は大日本印刷の支援を得て、充実した日本語版ウェブサイトも持っています。こちらです。全部ではありませんがこちらで解説を読むことができる作品もあり、この記事を書くときにとっても役立ちました。上記サイトで見つけられなかったものは、日本語訳画家の名前は日本語読みがわかる、または推測できる(フランス語ならなんとか。オランダ系はわかんない)場合にはカタカナ表記にしてます。タイトルは拙訳です。

思いがけず時間がかかったので、女の子+猫の絵とかもろもろは、別の記事にします。

1)Vincent Sellaer (1500-1589)
「ユピテルとアンティオペ、そしてふたごの子どもアンピオンとゼートス」
11gtoparis1.jpg
 画面左下にいます。ライオンとおっしゃる方もおられるような気がしてきましたが、猫に変わりはなかろう。
 ユピテルはギリシャ神話の主神ゼウスのローマ名ですが、ここでは右奥のサテュロスに変化しています。同じ主題でレンブラントやアングルも作品を残していますが、サテュロスに化けたユピテルが眠るアンティオペのところに忍んでくる絵が多いですね。猫もいないようです。

2) ニコラ・ド・ラルジリエール Nicolas de Largillierre (1656-1746)
「カーテン、景色そして動物たちを使った装飾的コンポジション」
11gtoparis2b.jpg
 画面右下です。これって一種の騙し絵かな? 枠もカーテンも絵の一部です。

3)バッサーノの工房「ノアの方舟に乗り込む動物たち」1579年以後の作
11gtoparis3a.jpg
 右下にいます(鳩が目印になるかな)。すべての動物がひとつがい入ったと思うのですが、この猫の伴侶はどこに? だからちょっと悲しげに見えるのかな。

4)アントワーヌ、またはルイ・ル・ナン Louis Le Nain (1610ごろ-1648)
「農民の家族」
11gtoparis4a.jpg
 前景に座ってる男の子のはだしの足先にいます。壺のかげから顔を出してて、かわいいなー。なんとなく幼い感じです。

5) Pierre Subleyras (1699-1749)
「鷹」
11gtoparis5b.jpg
 右にある椅子に座ってます。なぜにこんなタイトル? と思いましたが、ラ・フォンテーヌの寓話にもとづく絵だそうです。

6)Paul de Vos (1595-1678)
「大洪水前、ノアの方舟に乗り込む動物たち」
 前の記事で、「切った」のだけアップしました。

7)ヴェロネーゼ (1528-1588)
「カナの婚礼」(部分)
11gtoparis7.jpg
 全面右手側の壺にとりついてます。目の描きかたなどマンガ的。デカ目加減は、長沢芦雪の「虎図襖」(無量寺蔵)を思い出したりしました。
 この猫、なにしてるんだかいまひとつわからぬ。

8)David Ryckaert (1612-1661)
「ポーズをとるモデルと色挽き作業もある画家のアトリエ」
 11gtoparis8b.jpg
 画家が座ってる椅子の背後でまるくなっています。
 めずらしく明るい色(これは三毛ですね)の猫で、小さくてもわかりやすいのでは。
 タイトルだけ読むとなんだかわからなかったのですが、絵を見て、右側の男性(助手?)が絵の具を作ってるんだとふに落ちました。

9) フラゴナール 1732-1806
「音楽の授業」
11gtoparis9b.jpg
 これも壁の上部にあったのでどうしてもゆがんでしまった&斜めになってしまった写真です。
 なんかバランスは悪いんだけど、かわいい雰囲気のある白猫さんです。

10) オットー・ファン・フェーン(1556-1629)
「家族に囲まれて絵を描くオットー・ファン・フェーン」
11gtoparis13b.jpg
左下にいます。なんか変なんだけど、好きなひとにかわいがられてるときにぴーんと背筋をのばし、しっぽをぷりっと上げるポーズのエッセンスはつかめていると思う。

11)ジャン=バティスト=シメオン・シャルダン
「赤えい」
11gtoparis11b.jpg

Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread:   * genre: ペット

* category: ねこ

ねこはどこ? @ルーヴル 

2011.02.12
Sat
21:38

 パリ2日目の午前中はたっぷりルーヴルを歩きまわりました。
 名作さまざまももちろんお目当てではありますが、猫を見つけたら撮ることにしてました。
 犬とくらべればたいした数ではないですけど、なにしろ収蔵品が膨大なので、それなりに見つかりました。
 というわけで、「猫はどこ?」特集です。すぐわかるのもあるけど、画面の暗さなどもあってちょっとわかりにくい絵もあります。
 正解、というか猫クローズアップは明日!

1)
11gtoparis1b.jpg

2)
11gtoparis2.jpg

3)
11gtoparis3b.jpg

4)
11gtoparis4b.jpg


5)
11gtoparis5a.jpg

6)
11gtoparis6.jpg
 この絵はすでに「切って」ある画像以外はちょっと使い物になりませんでした。
 壁面に縦二列三列絵が並んでるのも珍しくなく、なかなか撮るのがむずかしい・・・・・。

7)
11gtoparis7b.jpg
 『モナリザ』のある展示室の反対側に展示されているヴェロネーゼ『カナの婚礼』です。これでも全体ではなく、部分です。

8)
11gtoparis8a.jpg

9)
11gtoparis9a.jpg

10)
11gtoparis13a.jpg


11)
11gtoparis11a.jpg

 なんか、案外「猫はどこ?」じゃないですね。
 すぐわかる絵がほとんどでした。お許しを。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: ヨーロッパ旅行記  * genre: 旅行

* category: 旅行

ブリュッセル・パリ8日間(2-2) 

2011.02.06
Sun
00:55

 パリ篇を分割してみましたが、考えてみたら一日+ちょいでした。写真も挿入してみよう。

・1月16日(日)
 前日は朝食時間をゆったり取れなかったので、今回はのんびりしてみました。パンはすこし入れ代わりもありました。おいしいねえ・・・・・・。

 日曜日はほとんどの商店がおやすみなので、
・ラスパイユ通りのビオマルシェに行ってみる。
2011paris16a.jpg

・美術館めぐり(モロー、オランジュリー、ケ・ブランリー)
・最後にパリ名物、冬のカキをいただいてみようか。
という計画を立てました。全うしたけど、つかれたー。

 朝食後、15分ほど歩いてラスパイユ通りのビオマルシェに。そのまま出かけようかとも思いましたが、マルセイユ石鹸(友人たち)やチョコレートドリンクの素とカカオバター(これはわたし)を買ったりしたので一度ホテルに荷物を置いて出発。ちなみに、このマルシェのお客さんに日本人が占める率は今回の旅行で一番、でした。常連さんぽいひともいたけど、旅行の自由時間を使って来てみたひともあり。

・ギュスターヴ・モロー美術館
2011paris16b.jpg
 ギャルリー・ラファイエットなどに近い住宅地にひっそりあります。
 はじめてパリに来たとき以来の訪問です。アトリエの螺旋階段は覚えていたけど、あんなにみっしり絵が飾られていたとは思っていませんでした。

2011paris16d.jpg
 モロー美術館を出、またメトロに乗ろうと歩いていたら、おおパリ! な少年を発見。
 焼きたてのパンを買って家に向かう姿(だろうな)。

2011paris16e.jpg
 めざすはモネの『睡蓮』を擁するオランジュリー美術館。
 最寄りはコンコルド駅です。
 地下鉄駅はいろいろと趣向が凝らされてて面白い。コンコルドでは"pour・・・(~のために)"に続いていろいろな単語があるように見受けられたので調べてみたら、フランスの『人権宣言』の文面だそうでした。

2011paris16c.jpg
『睡蓮』の間がふたつ。こちらもフラッシュなしなら撮影OKです。
 ルーヴルに限らずあんまり仕事をしていないスタッフばっかり見てきましたが、こちらは別。フラッシュをたいたひとにすぐ近寄って厳しく注意していました。同時期にグラン・パレでモネの大回顧展があり、ルーヴルやオルセーのモネ作品が消えてましたが、こちらは別ですね。
 地下の展示室にはルノアール、セザンヌ、ピカソ、ルソー、ローランサン、スーチンなどの作品がありました。

 美術館・博物館カフェを頼りにしているわたしたちはオランジュリーでなにか、と思っていたのですが、小さすぎて設置されてなかった・・・・・・。すきっ腹を抱え、1月とも思えない日差しにさらされながら、よたよたとケ・ブランリー博物館を目指しました。
 連日の博物館美術館めぐりで脚も痛いし、いちいちメトロに乗ったり下りたり乗り換えたりするよりも、平地を歩いていけばいいよね。エッフェル塔を目印に歩いていけばいいし。
 というのがわたしたちの考えでしたが、まあそれは正解だけど遠かった。よたよた歩きなのでたぶん40分くらいかかった。
  
2011paris16f.jpg
 途中見かけた
「スイス衛兵? いやいやそれってバチカンだよね」←配色もちがう
「このトリコロール・・・・・・警官ボックス?」
 目を凝らしてみると、どうも外務省らしい。日曜日なので誰もいないのか、ボックスも無人でした。

 ケ・ブランリーに到着、まずはお昼ごはん。
 基本その土地のものを食べるのですが、カフェであんまりバラエティがなかったので、開催中だった特別展にちなんだ「バーバ・ブリンク風カレー」をいただきました。

 ケ・ブランリーはおもしろかった。
 ヨーロッパ「以外」の文明のさまざまなものを展示し研究する場所で、パリにある最新の国立博物館です。別に記事書こうかと思います。できたら。

 201101eiffel.jpg
 出てきたら、博物館もエッフェル塔もライトアップ。きれいでした!

 電車に乗ってサンミッシェル地区に移動し、ガイドブックで見たシーフード店で最後のごはんです。
 でもちょっとさみしかった・・・・・・うーん、いまいち。

・1月17日(月)

 最後の日。
 ネットを通してチェックインしたので、すこし時間に余裕ができました。11時に迎えのタクシーを手配して、ホテルをチェックアウト&荷物をあずけてさあ、中世美術館へ。
 それまでの二日はブリュッセルの雨とはうってかわった晴天でしたが、この日から天気が変わりました。心なしか寒い。そして雨が降りそう。

 中世美術館の開館とともに入り、ゆっくり見てまわりました。圧巻はやはり『一角獣のタペストリー』です。
 そのうちここにもこどもたちの集団がやってきました。展示室で遭遇した子たちは就学前に見えました。

 雨がぽつぽつ降り出した町を足早にホテルへと急ぎます。
 おかげでちょっとだけ余裕ができたので、ホテルすぐそばのラデュレの売店に入り、ショッピングバッグをおみやげに買いました。

 11時にはタクシーでシャルル・ドゴールへ。そしてするすると帰国便に。成田着だからか月曜便だからかとても空いていて、わざわざ客室乗務員さんがわたしたちのところまで座席移動OKですよと薦めに来たくらいでした。3人みっちり座ってたので。

 合計一万円以上買ったアイテムはチョコレートだけ。
 楽しかった! いつかニューヨーク行きましょう、と漠然とした約束をして、友人たちは飛行機乗り継ぎのため羽田へ。わたしも横浜シティエアターミナル行きのバスに乗りました。
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: フランス料理

「男のフレンチ」アルティザンで次は女子会? 

2011.02.03
Thu
12:09

 以前ランチに行ってみた(記事はこちらです)元町の新顔ビストロ、ブラッスリー・アルティザン Brasserie Artisan。ディナータイムに一度寄ってみたらあいにく休業日(水曜定休)だったりして再訪がのびのびになってましたが、一月に入ってから行ってきました。

 木曜日の夜6時半過ぎの入店でしたが、店内は半分以上の入り。7時半にはほぼ満席でした。すごいじゃん。家族連れ、スーツの男性二人連れなどもいるのがこのお店の特色かな。

 以前ランチをいただいたときに「おいしい!」と思ったパンはある意味主役の場を獲得していました。だってフロアに入ると一番手前のテーブルにバゲットが何本も並んでるんですよ。よそでは見ない光景です。

 今回は連れあり。いろいろ頼めるなあ。
 メニューにはいろいろ楽しげな料理の名前が並んでます。
 バーカウンターもあるので、飲み物もたくさん。食前酒には、薬草っぽさをたまに味わいたくなるピコンソーダを頼みました。←ちょっと調べてみたら、猫愛大先輩の大佛次郎お気に入りのお酒だったそうです。

 サービス(アミューズ)が選べるのも面白い。トレイでもってきてくれて、ちょっと悩んでいたらすこしずつ盛り合わせしてくれました。
 ニンジンとクミンのサラダ、黒オリーブのマリネ、トスカーナのハム、エゾジカのパテ(とあとひとつ忘れました。やぎのチーズだっけ?)。
20110220g.jpg

 そしてお願いした料理がやってきます。
・かきのオーブン焼き
20110220e.jpg
 カキのうえにフィリングが乗ってるようなイメージでしたが、じつはさっと火を通してあっさり味付け、かきそのものの感触や味をいただくもの。むっちりと大きかったけど、するっといただきましたよ。

・ハチノスの煮込み シャルトリューズの香り
20110220c.jpg
 ハチノスの臭みをシャルトリューズと柑橘が中和しています。もうすこし野趣があってもわたしは好き。

 メインはこちら。
・三元豚のスペアリブ とうがらしとハチミツロースト
20110220f.jpg
 いいにおい!
 柔らかく火が通っています。ハチミツのつややかな照りと甘みが、とうがらしのぴりっとした味とうまくマッチしています。

 つけあわせに選んだのは、野菜のココット焼きでした。
20110220d.jpg
 とろとろの葱がおいしかった!
 蒸してあるので、下の方には野菜から出た緑の煮汁が。

 デザートにも到達。
 焼きたて! 紅玉のタルト
20110220a.jpg

 焼きたて! マドレーヌ(にオプションのアイスクリームをつけました)
20110220b.jpg
 どうなるのかと思ったら、ちいさな型(タイヤキを思い出しました)に入ったままでサーブしてくれました。
 もうすこーしだけ火を通ってたほうがいいかな。中心がちょっと、とろっとしていました。

 勝手な約束の通りディナータイムに訪問してみて、
[これは楽しいね]
に評価があがりました。今度、職場の若い人たちも連れていく予定です。記事タイトルには「女子会」なる流行語を使いましたが、どうも男性1名来てくれるらしい。というわけで「女子会」はやはり、ナシでした。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード