04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: 中国・台湾料理

安楽園が月末で閉店・・・! 

2011.05.27
Fri
23:09

 いつものサイトめぐりをしていたところ、酔華さんのところに衝撃のニュースが!
 →「安楽園も閉店! 嗚呼・・・」

 なんと今月30日までというではありませんか!
 とにかく閉店までに一度、と思い立ち、ねこてんさん&みるこちゃんとうかがってきました。

20110527a.jpg
 そろそろ夕暮れの中華街。ひっそりとした佇まい。
 店頭にご挨拶などはありませんでした。でも、ほんとうに今月で閉じてしまわれるのです。ブログで知らせてくださった酔華さん、そして酔華さんに情報を寄せてくださった「馬の骨」さんに感謝です。

 通されたのは、以前友人たちと宴会を催した「月」の間。8人入る個室です。
 20110527b.jpg

 種類をたくさんいただきたいね!
 ということで、コースでお願いすることにしました(お皿で頼む料理はポーション大きめなのです)。デザート&フルーツまで入れて8皿です。

・前菜盛り合わせ
20110527c.jpg
 気前よく分厚い焼豚、蒸し鶏。
 中華風酢の物のピリっとした辛さがアクセントです。
 そうだ、こういうふっくらした味だったよねえ。

・ふかひれスープ 蟹肉入り
20110527d.jpg
 
・海老ミンチ トースト揚げ
 豚肉 カレー味揚物
20110527f.jpg

 手前が海老ミンチ&トースト。
 ミンチのなかにはピーナッツが!
20110527i.jpg

・ニンジンは兎形。
20110527g2.jpg

20110527g1.jpg

20110527g3.jpg
 ちゃんとボタンみたいな尻尾もあるんです。

・芝海老 チリソース
20110527h.jpg
 ここでごはんはいかがですか?
 と薦めていただきましたが、コースをまっとうするために、お願いせずに進みました。
 このお店はいろいろな味がまろやかでやさしく、素材ととけあう味付けだけでじゅうぶんでした。
 
・帆立貝と鶏肉の炒め
 あら? 一番好きだったのに写真がありませぬ・・・・・
 怒濤のような勢いで持ってきてくださってた最中で、どんどん食べる! に夢中だったからでしょうか。

・牛肉細切り炒め
20110527j.jpg

・豚バラ肉蒸し煮と花捲
20110527k.jpg
 このふくふくしさ! ほんのり甘い花捲です。みるこちゃんもお気に入り。
20110527l.jpg
 とろっと崩れる脂身と、ほっくらほぐれる肉の部分。

・フルーツはメロン。今年、初メロンですわ!
20110527n.jpg

・そして杏仁豆腐。
20110527o.jpg

 営業はあと三日。
 安楽園とのお別れを惜しみ、多くのお客さんがいらしていました。二階にのぼっていく足音も聞こえます。
 安楽園とのお別れだから、と、久しぶりの友の集いらしい笑い声や、各々が連れてきた友人や若いひとを紹介する声。

 おねえさんたちもかわるがわるお盆を手にやってきて、みるこちゃんの頼もしい食べっぷりや笑い声に目を細めます。やさしいおねえさんたち。

20110527p.jpg

 帰り際、レジですこしだけお話を聞きました。
 営業は月曜日までだけれど、火曜日はシュウマイは売るとのこと。
 そして、中華街の別の場所にお店を開こうと思っていらっしゃること。「何年かかかるかもしれない」とおっしゃっていましたが、それがこれからの希望であり心の支えだと。
 安楽園の名前で帰ってきてくださったら、きっと見つけてうかがいます。そうでなくても、すばらしき中華探偵さんのネットワークにきっとかかってくることでしょう。

 20110527m.jpg

 最後なら一度!
 と思われた方。日曜日の13時から、あの
「安楽園を守る会」
のキムカフェさんが席を設けられるそうです。大人数になるほどきっとおいしいよ!

→ご案内はこちらから。 
スポンサーサイト
Comment(12) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

汐汲坂の新顔・Little Cocoでフレーバーコーヒー 

2011.05.20
Fri
23:03

 すっかりリセンヌになじんだそばのまつむらさんの跡地が、白いお店に変身していました。
 気にはかかっていたんだけどどうもタイミングが悪くて、ようやく訪問できたのが4月末のことでした。

 店名はLittle coco(リトルココ)。
 入ると右手がカウンター、左手にテーブル(バー風の高いスツール)、奥にはソファを使ったスペースがありました。雑貨もいろいろ飾ってある明るい楽しい店内でした。

 こちらはフレーバーコーヒーのお店だそうです。
 ご主人がカナダ在住の娘さんをたずねた際においしいフレーバーコーヒーに出会い、ご自分でもお店を開くに至ったとか。豆は特注ブレンド。うかがったときには6種類のフレーバーがありました。



20110427b.jpg

 ケーキセットにしたら、このキャロットケーキがおいしかった!
 りんごのコンポートとマスカルポーネのホイップが添えてあります。

 お店のファンページ(@フェイスブック。簡易ホームページサービスみたいなので、会員でなくてもみれます)をのぞいてみたら、工夫&進化が続いていて現在ではランチもいただけるもよう。またのぞいてみましょう。
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 記録

生活を変える 

2011.05.15
Sun
11:45

 このブログをはじめて3年半になります。早いような、遅いような。
 そのころのわたしは、前年度(2006年度)からおおせつかった未知の領域仕事に振り回されてけっこうストレスを溜めていたり、でもその仕事のおかげで自分の住む地域や周辺に目が向くようになったりしていました。いつもは歩かない道を行ってみたり、近所での外食もするようになったり。

 そしてとうとう猫&ごはんを中心にする(けどけっこう軸足ふらふらしてしまった)ブログをはじめたのが2007年の夏。いまも大好きなエルニョスキについて、一つ目の記事を書きました。町歩きや、新しいお店の開拓がどんどん楽しくなりました。

201104cw5.jpg

 あんまり交流することもなく(い、一応引っ込み思案ということで)ネットの片隅でちまちまと更新していくうちに、すこしずつネット上のお友達が増えていきました。リンクって便利。
 わりと近くに住んでおられる方々が楽しそうにリアルでも交流してらっしゃるのを読んで、うらやましく思いつつ、しかしこっちから飛びこんでいく勇気も出ずに時がすぎていきました。

 そこに三月の地震が。
 なんかそこで、「背中を押された」感じがしたのです。
[悔いのないようにしよう]とか、
[ご近所の知り合いや友達を大切に]とか、
あえて説明するとまあ、そんな感じです。そうか、結婚相談所が賑わう理由と一緒かも。

 そして4月1日、シュール・リーさんにお誘いいただいて久しぶり・三回目のSALONE 2007に。
201104cw7.jpg
 ちょっと早めに着いて待ってる間、はあードキドキしたです。
 おいしいごはんにも手伝ってもらい、いっぱいお話しました。
 SALONEでの時間だけでは足りずEliott Avenueにも。こちらの大きなテーブルで、ゆっくり萩尾望都原画展の図録などをお見せしたり。ボス猫・小次郎さんの「引退」を知り、一緒にショックを受けたり。

 ねこてんさんとみるこちゃん、kayonoriさんは、我が家の近くにある水蓮まで来てくださいました。
 猫猫堂絵日記ではチラリズムなみるこちゃんご本人と顔を合わせ、おお~ふくふく! (いや、「ふく」くらい)とにっこりしたり、水蓮のおすすめ料理をいただいたり。

 こっそり数回お邪魔していたCafe ☆ Starでも、とうとうカミングアウトしました。ちーさんとはマンガ大好き会話も!

 4月の集大成のひとつとして、月末にねこてん邸にお邪魔して「萩尾オフ」をしました。
 といってもおいしいおもてなし料理や豪快な刺身の盛り合わせ、持ち寄った食べ物なんかに舌鼓を打つのが中心で、萩尾さんのお話は「続く」になってしまいましたが。

 ねこてんさんちの猫さまたち・ニャース殿&ノンコ姫は、最初のうちは姿を消しておいででしたがそのうちごはんを求めておいでになりました。
201104cw6.jpg
 ちょっと遠くから撮ったなかよしのお二方。
 ノンコ姫は目を開けると印象がきらっ! と変わりますね。

 そうでした。
 この会合にわたしは、浦霞、湘南ゴールド、野毛の金久保さんで買った清見タンゴールを持って行ったのですが、それに加えて鼻息荒くお薦めマンガも持参したのでした。
 鉄子の魂を持つねこてんさんに、アヤツジ×佐々木倫子『月館の殺人』上下巻。
 そしてどちらがどちらを持って行ってくださってもいいように、このイベントに合わせて購入したのが
・木原敏江
・花郁悠紀子
のおふたりの作品でした。二冊ずつ持って行ったのでシュール・リーさんとねこてんさんに押しつけました。
 ちーさんは今も雑誌を購入するほどのマンガ読みで、上記作家さんも当然読んでらしたので「押しつけ」はなし。

 と、こんな感じで「新しい扉を開けた」今年の4月がすぎていきました。みなさま、これからもどうぞよろしくお願いします。
 そしてご来訪してくださってるみなさま、さらに横浜市中区のピンポイント情報(石川打越地区、第2地区、第3地区あたり)を充実させていこうと思いますので、ときどきのぞいてやってくださいませ。
Comment(8) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: 中国・台湾料理

本郷町の新顔・上海阿福で 

2011.05.14
Sat
14:28

 最近気になる本郷町あたり。買い出しの場合にはまず一気に本牧一丁目あたりまで行ってから
・ともえ書店
・魚秀
・肉のたかはし
・野菜&フルーツ輝く八百屋森北
・Hoapiliでケーキ
(クリーニング店を併設した古本屋さんをちらっとのぞき、ご長寿の白猫さんがご店主横の椅子で寝ているのを確認)
・Toastでパン
・月嶋寿司でおいなりさんとか買ってしまうことも・・・・・・
というわけでどえりゃー荷物になるのでした(いつもすべて網羅するわけではないですが)。応援を頼むこともあります。

 そんな本牧~本郷町買い出しルートに、4月上旬、中華のお惣菜&食事の店が加わりました。
 藪そばのあとに出来た「上海阿福」です。Toastの並びです。

 基本的に居抜きですが、お店の全面にはお弁当&惣菜売店スペースができていました。座席は一階に4人がけテーブルがふたつ。二階もあります。
 まずは持ち帰りで春巻などいただき、けっこういいなと思ったで夕食に行ってみました(4月中のことです)。

 メニューを見て・・・・・
 安い!
 お得なセットもあるし、単品は夜でも500円のものが多いように見えます。あと、6品以上注文すると200円引き、8品以上だと500円引きというサービスまでありました。ランチは525円からでデザートまでつくようです。

 ちょっと御祝儀? のつもりで、単品でお願いすることにしました。なににするかはちょっと相談してみて、上海っぽいもので。

・上海やきそば
20110418af3.jpg
 
・かに肉入り豆腐の煮込み
20110418af2.jpg

 これが両方とも525円です。具といい、全体の量といい、その値段には見えないよ~。
 おいしかったです。
 豆腐のほうには生姜も入っていて、寒いときにはさらに嬉しい一品だと思う。

・おこげ 
20110418af1.jpg
 店内に張り紙あり、イチ押しでした。
 こちらはもうすこし高いけど、とにかく具が多い!
 テーブルでまぜてくれるときにあがった熱気とおいしそうな匂い、よかったなあ。
 すこし濃い目の味付けだったので、豆腐と一緒にいただくとさらにバランスが取れてよかった。

 ほんとうはデザートもと思っていたのですが、もう無理。なおなかになってしまいました。また今度。

 当日は二階に団体さんが入っていたので応援を頼んだそうですが、基本は上海から来たご夫婦でやっているとのことでした。
「安いですね! それに、ずいぶん営業時間が長いですね」(夜中までやってる)
と言うと、
 このへんにはたくさんお店があるので、がんばらないと。
というお返事でした。

 たしかにすぐ近くにあの李園、見えるところに華香亭本店、ほかにもすぐ近くに数店の中国料理店がある地域です。まずは関心を持ってもらい、入ってもらおうとのがんばりですね。

 ごはんも安い&おいしいなのですが、お店の方たちが一生懸命働き、客に目配りしている、いい新顔だと思います。
Comment(4) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 季節の花たち  * genre: 写真

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

雨の合間、大佛茶廊で 

2011.05.08
Sun
11:00

 鎌倉でスペイン料理を食べよう! と誘われ、そのまえに散歩。と二時間半ほど余裕をもって出かけました。
 あいにくの雨模様でしたが午後になって天気は快方に向かっており、折り畳みの傘をさしてでかけます。

 駅には3時15分ごろ着。
 約束が六地蔵の近くだからそっちに向かい、吉屋信子記念館と鎌倉文学館に行こうかと考えていたけど、前者は4時閉館だからなあ。
 というわけで、以前から行ってみたかった大佛茶廊を目指しました。

 大佛茶廊は鶴岡八幡宮のすぐ近く。
 小町通り側とは反対に渡り、若宮大路をゆっくりのぼっていきました。雨はそれなりに強く降っていました。

 目印はスリーエフ。店を通りすぎた角を右に入っていきます。左折していく道に従っていきます。
 20110507os17.jpg

 そう。猫です。
 大佛次郎は大の猫好きで、うちには十五匹の定員を設けて飼っていた(でもそれ以上が並んでごはん
を食べていたことがあり、奥様にたずねると、「あれはお客です」というこたえが返ってきた、という文章を読んだ記憶があります)し。われらが港の見える丘公園にある記念館も、猫グッズでいっぱいです。『スイッチョねこ』という絵本だってあります。
 つまり、半猫人(はんびょうにん。柳瀬尚紀氏のことばです)の大先輩でもあるんだな。

20110507os16.jpg
 門前から左に向き直り、カーブに沿った板塀を写す。

20110507os18.jpg

 さて、着きました。
 大佛茶廊は週末だけの営業なので、この看板もとりはずしできるようになっているみたい。
「野尻」という表札が出ていました。大佛次郎の本名です。

20110507os.jpg
 門前に設置されていたプレート。

 20110507os13.jpg
 なんかぼんやり写ってしまったけど、玄関先です。
 大きな玄関は小暗く、正面にある下駄箱には男物の大きな靴が一足だけ。すくなくとも、満員で断られることはなさそうです。
 玄関に入るとチャイムが鳴り、奥からお店の女性が出てきました。

 果たして、先客はなし。案内された二間続きのお座敷にはほかに人影はなく、どこでもお好き20110507os3.jpg
な席を、と言われます。縁側をはさんで庭がよく見える席にしました。
 展示もすこし。
 ある意味理想の仕事部屋! で執筆する大佛次郎の写真(膨大な本に囲まれ、ベッドに座っている)。
 ガラスケースのなかには、長兄・野尻抱影との書簡。

 うまく撮れませんでしたが、床の間の掛け軸は端午の節句の兜の絵、庭のものかと思われる花菖蒲の一輪挿しがありました。そしてちいさなお仏壇も。

 お願いしたのは深煎りのコーヒーです。玄関先にあったメニューをちらっと見ただけで注文してしまったので、帰宅してから抹茶があることに気づきました。ああ、次回はぜひ。
20110507os2.jpg
 あじさいを思わせるデザインの花が描かれたモダンなコーヒーセット。
 お値段が張ると思ったら、もとからお茶菓子がついているセットでした。
20110507os1.jpg
 大佛茶廊はIDEEの協力を得て喫茶にリノベーションしたということで、焼き菓子も東京は永福町のお店・CQLから取り寄せているそうです。

 どうやら雨もあがったようです。カメラを手に庭に出てみよう。
 縁側に置かれたクロックスのサンダルを使わせていただきました。
20110507os5.jpg
 縁側でたばこが吸えるようにと置かれた灰皿にはホテル・ニューグランドのしるしが入ってみます。ニューグランドも大佛次郎とは縁の深い場所だな。聞いてみたところ、何年か前に大改装をしたときに使わなくなったもの(この灰皿とか、食器とか)をゆずってもらったとのこと。いいね。

20110507os4.jpg
 お茶は庭でいただくこともできます。
 
 藤棚もありました。藤の花はこの雨に散りかけ。
 ツツジに目を奪われました。「木」もあるもの。
 写真を並べてみます。
20110507os6.jpg


20110507os8.jpg


20110507os9.jpg


20110507os10.jpg


20110507os11.jpg


20110507os12.jpg

 また雨がぽつぽつと降りだし、席に戻ってくると、座椅子席にふたりづれがちょうど着席するところでした。
 さて、時間もころよい感じ。お暇しましょうか。
 御勘定はコーヒーを出してくださったときに済んでいます。奥に声をかけて失礼しました。

 猫はここでも飼っていたのでしょうか? と聞いてみました。
 こちらは別邸なので飼ってはいなかったそうです。
 猫ものも、玄関に一匹彫像が控えていたくらいだったな。茶廊のシンボルねこ以外は。

20110507os14.jpg
 玄関先から門を見る。

20110507os15.jpg
 また来ましょう。
Comment(3) | Trackback(1) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: 中国・台湾料理

リセンヌに中国料理店出現 

2011.05.07
Sat
00:20

 4月13日、リセンヌに中国料理店がオープンしました。
20110418ch.jpg
 その名も中華樓です。
 開店5日後くらいにお昼を食べてきました。

 新しいお店&ランチのピークタイムということで、入ってみるとほぼ満席。ちょうど入れ違いに3人グループが出たのですが、こちらはひとりだったので入って左手のカウンターに座りました。
 店内は細長い感じ。左手のカウンター6席、右手には4人がけテーブルがふたつ。厨房とトイレは奥です。

 明るくて清潔な店内です。
 新しいお店にふさわしく、店内の照明はLEDだそうです。
 BGMがバロック音楽なのは中国料理では珍しいよね。

 ランチは840円から。
はじめてなのでこちらから、チャーシューねぎ丼をお願いしました。
20110418ch2.jpg
 これにスープと搾菜がついています。
 
 丼は大きい。ごはんもたっぷりです。ねぎのぴりっとした味と、すこし甘みのあるタレがうまくからんでいます。

 うーん、この場所でなければ。
 というのが正直な感想かな。
 中華街までここから歩いて10分足らずという立地ですから。

 後日通ってみたら、コースの案内も出ていました。
 こちらはけっこう手頃な価格設定でした。
 ランチもそのうち周辺に合った価格になるかな。しばらくしてから再訪してみたいです。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: 散歩

定点観測 リセンヌ小路(&元町) 

2011.05.06
Fri
00:00

 なかなか新陳代謝の激しいリセンヌ小路。
 閉まったままの店舗がほとんどないのはよきかな、と思います。

中華樓、4月13日オープン。
 遅ればせながら記事を書きます(明日アップにセット)。
 ここでなければいいと思うけど、じきに価格見直しすることになるんではないかな。

Zouli Cafe リニューアルオープン。
 外のデッキは喫煙OKのよう。
 デリとケーキは持ち帰りOK。
 一度夕食に行きました。カフェにシフトしたので、その場で用意してくれるあったかい食べ物の種類が減ったのが残念。

・昔オプトがあった(現在はリセンヌのもっと元町寄りに移転)場所にオープンしたキャナルに一度入ってみました。
 いいものをすこし手頃な価格で置いている。という感じです。

・かつてオージーだったところはペンキの塗り替えも終わって、さて。
 という感じなんだけど、これからどうなるのかはぜんぜん示されていません。
 お店にするなら(改装中の様子から察するに、もちろん飲食店と思うけど)お知らせなど貼っておくといいと思うんだけどな。

・ここはリセンヌには入らないと思うのですが、石川町元町口(南口)を降りて裏、つまりリセンヌ側に出てすぐの立ち食いそば屋・吉方家は、閉店なのでは思われます。何回か通ってみたけどシャッターが閉まったまま。しばらくは「本日はおやすみ」的張り紙がありましたが、それが色あせていき、いまはなくなっています。

・・・・・・
 
 元町側にわたって。

・バス停すぐ近くの元町珈琲が4月18日に閉店。
 シャッターには「山手駅から徒歩3分」に移転した旨が書かれていました。
 ウェブサイトを見ると一応トップページ掲載の店舗の住所情報は変わっているけど、ツイッターとかブログとか、サイト内の店舗情報ページなどは中断してたり未対応だったりで、急な移転だったのかなとも思えます。
 昨年突然にフレンチプレスに目覚めたあとで、一度エチオピア イルガチェフェを買ったなあ。

・またドラッグストアがオープン。
 4月28日(木)オープンのツルハドラッグです。
 ビルは以前2階に元町では貴重な100均、3階にみなとよこはま動物病院の分院、1階は・・・・・・NEXTだっけ? があったビルです。

 元町~石川町商店街には以前からセイジョー(元町)とHAC(石川町)がありましたが、HACの斜め前的位置に2月にダイコクドラッグ、そしてセイジョーの斜め前的位置に今度はツルハドラッグ。こんなにいらないのだが。

・本通りの「とうよう」が閉店。
 並びのバッグ屋さんが閉店セールをしていたのは気づいてましたが、ちょっと久しぶりに4月末に通ってみたら、もう店名は消され、なかにはなにもなくなっていました。
 とら吉さんは!?
 と思いきょろきょろしていたら、ちょうどお店の方が荷物を手に出てらっしゃいました。
 元町のボス猫・とら吉さんはおうちに連れ帰ったそうです。
 とら吉さんを紹介した記事はこちらです。
 また、汐汲坂のJH Cafeのマスターが「元町のらねこROCK」というブログをやってらして、以前からとら吉さん情報を載せてくれてました。老後の生活についても折々紹介してくださるそうなので安心です。

・これは元町でも石川町でもないのですが、人形の家のボス猫・小次郎さんも3月末に引退していました。
 4月1日にシュール・リーさん(と初めてお会いしたのでした!)と一緒にEliott Avenueにコーヒーを飲みに行ったら、隣の人形・雑貨家さんの前に小次郎さんのおうちがない。お店も閉店している・・・・・。
 Eliott Avenueさんに聞いたら、お店の方がおうちに連れ帰ったということでした。
こちらも「小次郎のはは」さんがブログで引き続き様子を伝えてくださっています。

 まさに春は出会いとわかれのシーズン。
 サイト引きこもりをとうとう打破して(おおげさ)、中区のブログ友達の方々ともリアルでお会いしました。
 このお話はまた、追々。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 記録

昭和二十七年のノート 

2011.05.05
Thu
00:06

 母の押し入れ整理を手伝っていたら、出るわ出るわ
「きれいだから」
と取っておいたという空き箱が。
 
[有田焼]
という箱書きのあるちょっと古い紙箱を手に取ってみたら、なんだかかさかさ音がします。
 明けてみたら、モノクロの写真が二十枚ばかり。しかもほとんどが歌舞伎の舞台写真とかブロマイドでした。
 全部にじゃないけど、裏に
「昭和二十九年 七月興業 歌舞伎座
 吉右衛門一座
『一本刀土俵入』
 船印彫師辰三郎 勘弥」
なんて書いてあるのです。

 なんだか楽しい!
 ので、借りてきました。

 20110504.jpg

 写真に混じって、小振りなノートが出てきました。
 その名も
「映画 演劇 その他
 昭和二十七年
 (母の名) (年齢)」
だそうで、一月から十二月まで、なにを・どこで・誰と見た。+出演者などがきっちり書かれていました。

 七月を例にとってみます。

・”美女ありき”     七日
 イギリス映画 東宝系 横宝
 エマ ハミルトン    ヴィヴィアン・リイ
 ネルソン        ローレンス・オリヴィエ
 ハミルトン       アラン・モウブレイ
 ネルソン夫人      グラディス・クーバー
 ハーディ艦長      ヘンリイ・ウィルコクスン
    監督       アレキサンダー・コルダ

・新派七月興業 河合武雄追悼公演    十二日
 昼ノ部      明治座
 ・(演目・出演者・誰と、などは略)

・”野球” 「毎日-大映」       二十五日
               平和球場
  延長・毎日勝
   -義兄さん・(妹)と-

・”海”  鎌倉由比ヶ浜        二十七日
  Aさんの御宅へ    Bさん、Cさんに会う。
  帰宅 十時半
   -Dさんと-

・”薪能”               二十八日
   観世流    於明治神宮
  (ここだけメモがいいかげんで、演目・出演者は書きかけで止めてあります)
  -兄・(妹)と-


 妙にまじめに、巻末に「一年間計」もありました。

・映画
  二十四回 三十二本   邦画 二十本  洋画 十二本

・演劇
 一.歌舞伎  五回  昼ノ部 三回  夜ノ部 二回
    吉一座三回・菊二回
 一.新派   一回   (昼ノ部)
 一.松竹歌劇 一回
 一.能(薪能)一回
   計 八回(明治座 歌舞伎座 各三回  国際一回)
 
・野球
  二回      プロ一回 都市対抗一回
        平和球場一回 後楽園一回
  他 高校野球 二回(平和球場)

・旅行
  一泊旅行 二回(熱海・湯河原)
  日帰り  二回(鎌倉方面・明治神宮他)


 それにしてもよく遊んでるなあ。
 そして、きちんとつけられた秘訣は、案外[ぜんぜん感想とか書かない]なのかもしれないなあ、と思いながら眺めました。わたしは[ちゃんと(包括的に)書こうとして、結果的に挫折]タイプなので。

 母の記憶はそうとうあやしくなってきてますが、かつて好きだった役者の名前はすぐに出てきました。
 今回一番上にして撮った役者の名前は「大谷友右衛門」。ピンの写真が多かったからです。
 歌舞伎っぽい名前だけど(写真もそういう感じ)、吉右衛門とか団十郎、松緑なんかと違ってわたしにはぜんぜんぴんとこない名前だなあ。と思って、調べてみました。

 ・・・・・・すみません。歌舞伎あんまり見ないんですっかり忘れてました。
 この人は当代(四世)中村雀右衛門でした。その名前なら知ってるよー。
 検索して公式サイト(こちら)を見つけ、かつて日経に掲載された「私の履歴書」転載を読んだりして、なかなか勉強になりました。
 雀右衛門という人は女形ですが、この写真は映画に出ていたころのもの。佐々木小次郎が当たり役だったそうです。

 前に引っ越しをしたときにずいぶん整理してしまったので、類似のものはもう出てこないかもしれません。
 若いころの母の細くてきれいな筆跡を眺めるためにも、この箱はぜひとっておいてもらおうと思います。
 
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: 記録

ゴールデンウィーク、近場のイベント 

2011.05.02
Mon
23:12

 4月はあっと言う間にすぎてしまったなあ。
 初旬は花見に励み、中旬にとうとう仕事がはじまり(5月に本格化です)、末にちょっと風邪ひいたりしていました。
 
 というわけでゴールデンウィーク。
 29日には友人の誘いで外国人マダムによるお料理教室見学(のカメラ係)。
 30日には本のイベントに参加するため、はじめて高円寺に行きました。
5月1日には丘の上のマダムにお誘いいただき、たまプラーザでのチャリティーティーパーティーに。
 今日は久しぶりにうちでのんびりし、たくさん寝てそれなりに本を読みました。村田喜代子『縦横無尽の文章レッスン』とかね。

 さて、ゴールデンウィークの近場イベントのお知らせ(チラシ見かけて写真を撮っておいたものなど)でございます。

・5月3日(火)
 カトリック教会で「第三地区合同バザール」
 教会のサイトには情報はないのですが(残念)、こちらのブログに情報がありました。チラシも。
 おお、フィリピン料理もあるとな?

 こんなのとか
20110417b.jpg

 こんなの
20110417a.jpg
も売ってるでしょうか?

 この写真は4月17日(日)に撮ったもの。
 午前11時半ごろカトリック山手教会の前を通りかかったら、ちょうど外国語でのミサが終わったところらしくたくさんのひとが棕櫚の枝を手に出てきててました。復活祭のはじまり、パームサンデーだからね。
 そして教会の向かい側の歩道に急ごしらえの屋台が出ていたのです。
 どんどん売れる売れる。のぞいてみたらシュラスコみたいな串焼き肉とか、いろんなお菓子とか。
 どうしよう。なんか気になる。と思っていたら、留学生かな? 若い男性(お客さん)が
「フィリピンの料理です。おいしいですよ」
と日本語で教えてくれました。

 玉子が乗っているのはビーフン。あんはほのかに甘い。たぶんチチャロン(豚の皮)を揚げて煮たものじゃないかな。おいしかった。

 蒸しパンはプトというものかな? ちょっと芋が入っているようでした。

 しかし長年山手本通りを通ってますが、こういう屋台に会うのははじめてでした。
 今・このときじゃないと出会えないものってあるんだなあ。日曜日の英語ミサ(10時から)にあわせて出ているということかな。

・5月4日(水)

 山手聖公会でのバザー
pub20110504a.jpg
 このチラシは元町の高橋書店の階段下に貼られてました。
 3日の山手カトリック教会もそうだけど、こちらも地区の教会が協働して行うもののようです。

 石川町商店街もイベントするそうなり。
pub20110504b.jpg
 レオニダスの横の掲示板に「無農薬野菜販売」があったのでぱちりとしましたが、よく見ると(ごめん切れてた)当日蚤の市が行われるとのこと。

・5月5日(木)~8日(日)

 神奈川地ビール&地元フード祭
 公式サイトはこちらです。こちらは北仲のキャプテン翼スタジアムで行われます。
 知り合いががんばっているのでささやかながら応援掲載の気持ち。
 初音町の横浜ハムも来ますよ!
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード