FC2ブログ
12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: 散歩

本牧~本郷町、商店街うんちくツアーに(1) 

2012.01.22
Sun
18:02

 横浜市には「商店街」が約300あり、そのうち約1割は中区にあります。
 好きな商店街は? ←中区、横浜市に限らず
 という設問にみなさんだったらどう答えますか?

 とりあえず横浜市に絞って答えてみました。といってもつまり中区になってしまうんですが。
・(ひとつの「商店街」ではないけど)元町クラフトマンシップストリート~リセンヌ小路
・本郷町
・中華街(とくに横道とか)
*伊勢佐木町は子どものころの思い出の地だけど、現在「好き」かと言われると違うと思う。松阪屋地下がなくなって食品を買えなくなった(お店がないわけではないですが)し。

 千代崎町~本郷町~本牧一丁目あたりのお店については今までもぱらぱら書いています。
 ホアピリHoapili(昨日ちょうど二周年パーティでした)、森北(八百屋)、上海阿福、李園、ロス・プエンテス、記事にはしたことないかものToastやふく西、そして生鮮食品関係で魚秀、肉のたかはし、肉のすぎやまなどです。

 このあたりのお店やもろもろに詳しいブログと言ったら、「よんなん」さんの
 元気バリバリ! 本牧・本郷町
に尽きます。この機会にリンクを貼らせていただきました。
 筆者が商店街の方なのか、それとも町おこし関係なのか、ちょっと地元のオフィシャルっぽい情報が載るところもおもしろいです。
 そのブログで何度か記事を拝見していた、「商店街うんちくツアー」。
 第五回にして、ようやく参加してきました!

120121a.jpg
 集合は中本牧コミュニティハウス。本牧二丁目バス停の近くです。
 1時受付開始、1時半開始。AとB、ふたつのグループごとに分けられて座りました。小さなお店にお邪魔するのでまずはAが出発し、Bはしばらく待って出かけました。参加人数は、合計25名というところかな。全体としてシニア世代が優勢で、顔見知り率も高いようでした。

120121f.jpg
 ガイドさんはメモあるいはファイルを持っているので、参加者からひとりが旗持ちになります。 
 昨日は寒くて雨模様だったのでコンデジで参加したためちょっとわかりにくいですが、「うんちくツアー」は三つの商店街が共催していることがわかります。
・本郷町商栄会
・本牧リボンファンストリート(22軒だけど、活発なウェブサイトを運営中)
・本牧一丁目東商友会
です。中区役所も後押しをしています。

 冷たい雨のなかを、さてスタート。
 まっすぐ本牧通りには出ずちょっと横道を行くと、ちいさな魚屋さんがありました。知る人ぞ知る、という感じ。店先で干物も作っています。本牧港でとれたものでしょうか? と案内人さんに聞いてみたら、さすがにそれはないそうです(三崎だったかな)。

〔うんちくツアー〕ももう五回目。今までに登場したお店にコメントしつつ進みます。
・本牧OZ:店先でちょっとあいさつ
 第四回に登場。本牧に米軍住宅があったころは多くの米国人が買い物をしていた。.

・参加予定だったタカハシガレーヂ:外から見る
 米軍ハウス住人のものはじめたくさんの外車を整備してきた経験から、今でも外車専門のスタッフがいる。
 表にある「ロータスクラブ」の看板は、自動車整備業者で作る団体のもの。ここの看板についてる絵は共通ではなく、社長の似顔絵。
 今回の辞退は数日前に起きた火事のため。

・細野植産(本牧ガーデン):外から見る
 第二回に登場。かつては外国人向けのクリスマスツリー(ちゃんと「木」の大きさ)が1シーズン千本も売れたそう。また、もともとは造園業者で、本牧山頂公園なども手がけた。参加者(といってもシティガイド協会の嶋田さん)より、アザレアを作った会社というコメントも。最近、店内にカフェスペースを設けた。

・I.G.:外から見てコメント
 I.G.というのは「イタリアンガーデン」のこと。四角い横浜ピザが味わえる。

・岩太屋:外から見てコメント
 第一回に登場。酒店でいまも角打ち(かくうち)スペースがある。
 こだわりの低温殺菌牛乳や有精卵も置いている。
 高齢者の連絡所ともなっていて、連絡が途絶えたら店から福祉関係に連絡をするシステムがある。

・森山時計店
 今回の店のひとつ。
 店主の父上が創業者。以前東京で勤務、戦争を経て横浜に。店と同時にデパートで働いていたこともある。
 現在の店主さんは特に修理の腕が評判で、東京などからも依頼客が来る。
「いい時計とは?」という質問には、
「人それぞれという前提で)技術面から言えば日本のメーカーのほうがいいが、ロレックスなどはデザインなども含めて人気がある」
というお答え。また、その例として、〔デパートで買ったばかりなのにすぐ遅れる、動かなくなる〕というロレックスが持ち込まれた話をしてくださいました。購入者は年配の方で、あまり活動が活発でないため、自動巻き時計は勝手が悪いとのことです。
 ちなみに、ご本人は腕時計はしないとのこと。

 大野屋、肉のたかはし、肉のすぎやま、魚秀、森北など、今までのうんちくツアーに参加したお店に適宜コメントしつつ進んで行きます。森北のときにすぐ隣のふく西(天ぷら)が「ミシュランで一つ星を取った」というお話がありました。

 また、上海阿福、Toast、Hoapiliなどに言及していたことから、わたしは
[きっとこの人が「よんなん」さんに違いない!]と思い、交流会で声をかけてみようと思ったのでした。

・金亀屋
 創業80年くらい。はじめは石川町に店があったらしいが、途中で移ってきたとのこと。
 はじめは布団店、途中から裁縫道具など細かいものを扱うようになった。
 このあたりは昔はにぎやかで、縁日が開かれ、ちんどん屋や馬車も通っていた。
 120121b.jpg
 
 ここのお店には三回くらい来たことがあります。昨年編み物にはまったときに〔中区の手芸店を探訪!〕と思って入ってみました。毛糸はアクリルのお手頃なものがちょっとあるくらいでした。
 歴史を感じるのはやっぱりボタンの入ったたくさんの箱や、写真に撮った年代物のミシンです。このごろはあまりスクールバッグなどの仕立ても入らないという話ですが、ミシン周辺の布や糸は〔生きている在庫〕という感じがします。
 また、わたしはちょうど昨年3月の地震のときにこのあたりにいたのですが、金亀屋さんはお店のガラスが割れ、ひょっとしてこれを機に閉じてしまわれたり…と案じてたりもしたので、きれいに直し元気に続けておられるのが嬉しかったな。

 さて、交流会が行われる上台集会所に移動する前に、本日のメインゲスト?、ボングー洋装店の位置も確認です。こちら、けっこう歩くあたりなのにわたしはぜんぜん記憶になくて、昔ながらの仕立屋さん(女性用)という趣にびっくりしたのですが、その謎(ささやかですが)はその(2)でお伝えしようと思います。
スポンサーサイト



Comment(4) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 記録

今年もよろしくお願いします。 

2012.01.11
Wed
23:34

 あけまして…と書くのもはばかられる、今日はもう鏡開きの日!
 この年末年始、元気ではありましたがいろいろと押し寄せてきてて、パソコンにはさわってましたがすっかりご無沙汰しておりました。ご挨拶をいただいたみなさま、見にきてくださったみなさま、ありがとうございます。

 今年は、大枠は動かないながらもいろいろと忙しいポイントがありそうです。今世紀になって(大袈裟)はじめて、アメリカ合衆国に行くかもしれません。仕事ベースだけどけっこう気軽に…のはずが、いろいろと変転しているところです。

 昨年の今頃ってベルギー・パリに行ってたのが嘘みたいです。というわけで、これはたしかアントワープ(寒かった雨だった)の街角。
201101ambers.jpg

 久しぶりに家でもわりと音楽を聴いています。いわゆる懐メロって感じでスタイル・カウンシル"My Ever Changing Mood"を大きな音で聴き、その音に驚いてみたり。すばらしい。
 今年は映画もすこしは映画館で見たいし、展覧会も行きたい。
 ごはんはきっと、先日の『散歩の達人』守備範囲(横浜~根岸)より狭いくらいのなかを行ったりきたりだと思います。

 さらにのろのろペースかもしれないですが、ときどきのぞいていただけると幸いです。
 今年一年が、みなさまにとって希望にあふれる年になりますように。
Comment(9) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 映画

2012年の映画 

2012.01.04
Wed
09:28

 こちらも備忘録。日付さかのぼり。

・『私が、生きる肌』(0607)
・『日本列島 いきものたちの物語』
・『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(ジャパンプレミア)
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 展覧会

2012年の展覧会&観光 

2012.01.04
Wed
09:13

・シャルダン展@三菱一号館美術館(0915)
・ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年展 @国立西洋美術館(0914)

・京都・細見美術館展Part2 @そごう美術館(日付忘れたけど見た)

・マックス・エルンスト フィギュア×スケープ 時代を超える像景@横浜美術館(0516)

・マチュピチュ「発見」100年 特別展 インカ帝国展@国立科学博物館(0427)
・東京国立博物館140周年 特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」@東京国立博物館(0427)
・近代洋画の開拓者 高橋由一展&春の所蔵品展@東京芸大付属美術館(0427)
・大エルミタージュ美術館展、内覧@国立新美術館(0424)
・KORIN展~国宝「燕子花図」とメトロポリタン美術館所蔵「八橋図」@根津美術館(0424)

・ジャクソン・ポロック展および常設@国立近代美術館(0326)
・京都・細見美術館展Part1 都の遊び・王朝の美 @そごう美術館(0306)

二月 サンフランシスコ
・アルカトラズ島とフィッシャーマンズワーフ、ケーブルカーに乗車(0228)
・De Young Museum常設展、サンフランシスコ交響楽団の室内楽、おわりかけのマーケットにちょっと寄る
・Mission地区(散歩&Mission San Francisco de Asis)、サンフランシスコバレエ団公演、Artfibersで毛糸(0205)
・"Maharaja:the Splendor of India's Royal Court"および常設展@Asian Art Museum
 "Rineke Dijkstra A Retrospective"、"Mark Bradford"、"Descriptive Arts"、"Fifty Years of Bay Area Art"&"2010 seca art award"、常設展@SFMOMA
・シティライツ書店
 Old St.Mary's CathedralにてAsh Wednesdayのミサ、途中まで
 中華街歩いて通り抜け
"The Cult of Beauty"および常設展@リージョン・オブ・オナー(0222)
・日本町とフィルモア地区(0220)
・グライド教会ミサ、フェリービルディングマーケットプレイス(0219)

一月
・松井冬子展『世界中の子と友達になれる』@横浜美術館
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: コンサート、演劇

2012年のコンサートなど 

2012.01.03
Tue
09:14

 3月に入ってから記事を作るというていたらく。まあ、2月に入ってからやっと行ったのでいいか。
 備忘録なので日付を早くします。

・SHINEE WORLD@代々木体育館(0603) 

・ル・ポエム・アルモニーク ヴェネツィア~謝肉祭の街のざわめき@県立音楽堂(0526)

・Il Divo@武道館(0316)
・ワーグナー『さまよえるオランダ人』@新国立劇場(0314)
 ぜんぶゼンタの妄想説もあるそうだけど、今回はオーソドックスに。
 
・サンフランシスコ交響楽団 室内楽 2月26日
 ・ヒナステラ「弦楽四重奏曲 第1番」
 ・モーツァルト「ピアノ四重奏曲第1番 ト短調」
 ・ドヴォルザーク「ピアノ四重奏曲第2番 変ホ長調 作品87」

・サンフランシスコバレエ団公演 2月25日
(2012年シーズンプログラム2)
 ・Chroma by Wayne McGregor 
 ・Beau(ワールドプレミア) by Mark Morris
 ・Number Nine by Christopher Wheeldon 
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード