03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05

* thread: 旅日記  * genre: 旅行

* category: マンホールなど

下も向いて歩こう@サンフランシスコ他・2 

2012.04.22
Sun
21:21

 マンホールに限らず、足元にいろいろあるのが楽しかったベイエリア地区。並べてみました。まずサンフランシスコです。

・Barbary Coast Trail
201202scenec1.jpg
 帰宅してたら調べてみたら、オーディオガイドツアーがあるとのことでした。このルートにしたがって歩くと、ゴールドラッシュの時代から20世紀初頭の大地震などサンフランシスコの歴史が俯瞰できるよ、とのこと。
 パウエル駅(ケーブルカーの始発&終着点のひとつ)やオールド・セント・メアリー教会のあたりで見たな。

・続いて、The Bay Trail
 こちらは、500マイルにおよぶサンフランシスコの海岸線をつないでいるそうです。わたしが見かけたのは、アルカトラズ島行きフェリーが発着するピア33~レストランや店が並ぶピア39の間だったかな。

20120228sf3.jpg

20120228sf5.jpg


20120228sf4.jpg

 お互い、こんなに近くにあるのだよ。
20120228sf6.jpg

・海岸の道を走る路面電車の停留所。フェリー・ビルディング前の風景です。ここからピア33行きの路面電車に乗りました。
201202sftr1.jpg

 けっこう待ち時間があったから横に歩いてみたら、またプレートが。詩の一節のようです。

201202sftr2.jpg

20120228sf1.jpg

20120228sf2.jpg
 
I arrange the mints alphabetically: ♥ All mine, ♥ Ask me, ♥ Be mine, ♥ Be true, ♥ Call me, ♥ Dear, ♥ For keeps, ♥ For you, ♥ Go away, ♥ Heart of my heart, ♥ Hug, ♥ I do, ♥ I hope, ♥ I'll tell, ♥ I'll wait, ♥ I will, ♥ It's love, ♥ Kiss, ♥ Kiss me, ♥ Love, ♥ Love me, ♥ Love you, ♥ Miss me, ♥ My girl, ♥ My love, ♥ My star, ♥ No way, ♥ On fire, ♥ Smile, ♥ Stay, ♥ Sure love, ♥ Why not, ♥ Yes.
と書いてあります。かわいいね。

 プレートとして美しいだけでなく、けっこう文学的なのもこのあたりの特徴かな?

 代表的なのはやはりこのあたり。
201202kerouac1.jpg
 サンフランシスコは20世紀中葉を代表するビート・ジェネレーションが生まれ展開した街。その聖地とも言えるシティライツ書店のすぐ近くに、「ケルアック通り」がありました。

201202kerouac2.jpg
 ケルアック通り(短い通りで、反対側はシティライツ書店の店頭につながります)にもプレート。
201202sfkerouacp.jpg

 サンフランシスコではいつにも増して上下左右きょろきょろしながら歩いていたように思います。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: 散歩

定点観測・リセンヌなどなど 

2012.04.18
Wed
23:39

 とうとうもとマラティヤ(トルコ料理)の後継店がオープン!
 の模様と丘の上のマダムから情報をいただいき、さっそく流して参りました。

〔リセンヌ〕
・大丸谷坂からのちいさな階段沿いにある薄い(というか)ビル二階はカフェ・リコ。で一階はBar Infernoというお店なのですが、昼間通りかかったら「紅茶専門」という看板が出ていました。昼は紅茶で夜はバー? 

・エリュシオン
 天然酵母のベーグルが売りになったようです。800円でランチ、ベーグルのテイクアウトも。時間が悪かったのか、外から見るとケース内にはぜんぜん食べ物が入ってるようには見えないのだが…。有機栽培コーヒーを出すとのことです。

・元町酒房
 店主さまも全快なさったのか、灯がついていました。よかったよかった。

・山手の雑貨店 Voyage
 やっぱり隅まで見たい場所。けっこう巻きもの持ってるんですが、ここに来ると春のストールほしいなあと思ってしまう。そのうち買うかも。 
 二階スペースは閉めたそうです。ひとりでやってらっしゃると、ちょっと難しいよね。

・もとマラティヤは、テイクアウトのピザ屋に!
 pizza first foodと書いてあったりします。店名は045 Pizza Myroかな。
検索したら、まさにわたしが通りかかった「昨日」・17日にオープンでした。Facebookのページもできていますが情報はまだの様子。テイクアウトは1ピース250円からでした。ホールで2000円だったかな。

 ピザと言えばもうちょっとだけ遠くに新しいお店ができて評判だったので行ってきました。悪くはないけど、「わー!」とも思わなかったのはわたしにピザ愛がそんなにないからかもしれません。同行の友人はシシリヤのほうがおいしいという意見でした。

・・・・・・
 今年はちゃんとした花見はしなかったけど、マダムと元町・中華街駅で待ち合わせて元町公園の桜を見、十番館でお茶したり、コンサート(『タンホイザー』)のため行った上野で満開に遭遇したり、雨に打たれてもう終わりかなと思ったら思いもかけないルートで山桜が見れたりでした。

 そしてうちのコンテナ植えチューリップも咲いてきました。
20120418a.jpg
 植えたあとはしばらく日陰に置く&なるべく水をやってた程度なので(しかも二週間の出張中は天水以外なかったと思う)よくわからないのですが、ほっとくとチューリップって一本の茎に何個も花が咲くのだろうか。そういう品種なのだろうか。

 ラナンキュラスもそろそろ咲きそうです。
20120418b.jpg
 
Comment(3) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 美術館・博物館 展示めぐり。  * genre: 学問・文化・芸術

* category: 展覧会

ブロガー特別内覧会「あなたに見せたい絵があります。」@ブリヂストン美術館 

2012.04.08
Sun
11:28

 今年で開館60周年となる東京・八重洲のブリヂストン美術館。記念展「あなたに見せたい絵があります。」の開幕にともない、「弐代目・青い日記帳」(こちらです)のtakさんとのコラボで、ブロガー特別内覧会が実現しました。ブリヂストン美術館のみなさま、takさん、ほんとうにありがとうございました。

201203brg2.jpg
 そうか、英語タイトルは"You've Got to See These Paintings"。「この絵見なよね」って感じ? 
 美術館サイトはこちらです。

 限定100名招待の最後のほうになんとかすべりこみ、3月30日(金)夕刻にブリヂストン美術館に行ってきました。
 当日、内覧会は18時スタート、18時30分からは学芸員によるトークだったそうです。仕事の都合&電車の遅れで、19時の終了ちょっと前にようやくすべりこみました。今回の展覧会の狙いや構成などについてスライド等使用して具体的に話しておられました。早く来れたらもっと楽しかったかなあ、惜しい。

 19時すぎ、2階にある展示室へと移動。あとはフリーに見てまわれます。また、美術館スタッフが各所にいるので質問などもどうぞ、という声かけがありました。
 写真もいくつかの制約がありましたが撮影可能でした。
 というわけで、今回掲載の写真は内覧会時に主催者の許可を得て撮影したものです。 

20120330a.jpg

 前掲の美術館サイトから、この展覧会の紹介部分を引用します。

 石橋財団ブリヂストン美術館は、2012年1月に開館60年を迎えました。これを機に、当館と石橋財団石橋美術館の両館が所蔵する絵画の代表作品109点を一堂に集め、石橋財団コレクションの粋を楽しんでいただく特別展を開催いたします。石橋正二郎コレクションから始まり、60年間積み重ねた収集活動の成果をじっくりとご堪能いただきたいと思います。


 テーマは「自画像」「肖像画」「ヌード」「モデル」「レジャー」「物語」「山」「川」「海」「静物」「現代美術」の11です。最後の「現代美術」以外は年代によるくくりを厳密に採用しているわけではなく、むしろ〔あこがれの画家の作品〕と〔あこがれた画家の作品〕が隣にかけられるなどの展示の妙もあったので、ここは混みそうな「自画像」からのまわりではなく通路左手の最後の部屋、「静物」「現代美術」から見ることにしました。

20120330f.jpg
 古賀春江「素朴な月夜」1929年作。
 素朴というにはいろんな要素が盛り込まれていて、なんとも賑やか。でもたたずむ人影がそこはかとない寂しさを醸しています。奥ではプロペラ機が墜落してってる…? 

 今回、ぜひご紹介しておきたいのは絵に添えられたキャプションです。
 新しく収集し本展で初公開された二点をのぞく絵には、
・150字以内
・小学校高学年のひとが読んで理解できる
というお約束のもとに作られたキャプションがついていました。これ、なかなかむずかしいですね! 頭がよさそうに見えるようにってなにやら専門用語を羅列し異様な深読みしなんていうのが珍しくないから(キャプションという媒介者のあやうさを笑うみたいな例と、「語りすぎ、しかも小難しく語りすぎ」な例をどちらも横浜美術館でこの一年くらいで見たことを思い出しました)。

 古賀春江さんの絵を例に、苦心のコメントを見てみましょう。

 静物画と風景画が混ざり合ったような、不思議な絵です。煙を吐きながら墜落する飛行機、体じゅうが水玉模様の少女、こちらをじっと見つめる犬の人形、テーブルの上にのっかっている家、標本のように羽をひろげたチョウやガ、テーブルの上にのっかっているのか宙に浮かんでいるのかよくわからない卵、赤いパイナップル。日常生活のなかでだれもが気づかないまま守っている約束事を、古賀春江は打ち破ろうとしています。

 せっかくだからカタログ(当日は二割引でした!)とくらべてみよう。残念ながら150字紹介はカタログには収録されていませんでした。会場でのキャプションと記述が重なる部分をピックアップして引用します(カタログp.184)。

 静物画的要素と風景画的要素を併せ持つ不思議な画面である。円いテーブルの上に載る果物や花、その下にのぞく果物の部分だけに注目すれば静物画といえるし、テーブルの先の建物や遠くの景色の部分は風景画ともいえる。しかし、古賀の意図するところは、静物画や風景画を描くというのとは別の次元にあるだろう。
 (中略)画家の立ち位置あるいは私たち見る者の視点をはぐらかすような画家の作為が隠されているという点で実験的な作品といえよう。


 どうですか?
 文体の違いはもちろんですが、150字のほうはていねいに〔描かれているもの〕をあげていくことで、たくさんある〔もの〕(やひと)のひとつひとつに目を向けて行けるように導いているのがわかりますね。

 半猫人的には、この部屋にある「猫のいる静物」(フジタ)も注目です。学芸員レクチャーでのお話ですが、〔卵の輪郭線に注目。どこから描き始めたのかわからないほどの技巧〕とのこと。たしかに、目をこらしてみてもわからなかった! 強いて言えば、というポイントはありましたが。また、〔肖像画〕コーナーにある「横たわる女と猫」も猫登場! です。毛のように細い輪郭線を使うフジタですが、猫の毛は主線なしでほわほわしているのを見てください。

 さて、最初からまわってみるか。

 20120330c.jpg
 こちらは第1室、「自画像」の部分です。
 右側は中村彝(つね)の「自画像」(1909年)。右側はレンブラント「帽子と襟巻をつけた暗い顔のレンブラント」(1633年)。最初の方に書いた〔あこがれ&あこがれた画家を隣に並べてみました〕の例です。がっつり隣じゃないところがなんとも奥ゆかしいではないですか。でも中村自画像は(目のあたりが暗いので定かではないけど)ちょっと流し目的にレンブラントさんを見てるようでもあるね。

 20120330b.jpg
 続く2章「肖像画」が見える第4室。

 第5室を抜けると左折なのですが、正面に見えるのは青木繁「海の幸」です。昨年開催の「没後100年 青木繁展~よみがえる神話と芸術」もよかったなあ(美術館による紹介ページはこちらです)。
 額縁に注目してみました。
20120330d.jpg
 魚ですね。
 あとで学芸員さんに質問する機会があったので、ちょっと額縁について聞いてみました。
・画家本人が選んだ・作ったものがあればそれを尊重する。
・所有者がかわると額縁もかわっていることがある。あまりに作品と合わないものの場合、美術館でかけかえる場合もある。

 額縁視点で他にもちょっとご紹介。ついでに猫(だよね)?
20120330i.jpg
 ゴーガン「乾草」(1889年)
 わりとよく見るタイプです。

 さらに美術館の方に聞いたのは、各展示室の色彩のこと。
 Bunkamuraのザ・ミュージアムも展覧会ごとにパネルやソファの布張りを変えて雰囲気出してるなあと思ってたんですが、この展覧会は壁そのものの色が違う。でも[物語]の部屋(「海の幸」がある)のような強い赤系もあるから、いつもこうだとは思いにくい。

 なんと、必要に応じて塗り替えるそうです。各部屋で中心になる作品を決め、その絵が引き立つように色を選び壁を塗る。色見本と実際の発色は違うし、見本の大きさと壁にしてみた大きさも違う。塗るときの養生もたいへんだし、お金もかかる。いろいろと苦労はつきないのですね。

 テーマ性のある展示室設定だったので、今回の塗り分けは見事に功を奏していると思います。
20120330h.jpg
 これは「川」をテーマにした第9室の眺めです。

 最後に、ちょっとだけ新収蔵作品をご紹介しておきましょう。
 青木の「海の幸」などがある第6室を出、ちいさな前室的空間(あえて絵は置いておらず、展覧会チラシなど)を抜けた第7室に、今回初公開された二作が置かれていました。

・ギュスターヴ・カイユボット Gustave Caillebotte (188-1894) 「ピアノを弾く若い男」(1876年)
20120330g.jpg

・岡鹿之助 (1898-1978) 「セーヌ河畔」1978年
20120330e.jpg

・・・・・・

 「あなたに見せたい」から、ほんとに楽しんでもらえるように部屋のしつらえや作品の順番など細部までこだわる。ブリヂストン美術館スタッフのみなさまの情熱と愛情の伝わるすてきな展覧会でした。

 収蔵品で構成されているので入場料も控えめな一般800円。中学生以下は無料です。
 東京駅から徒歩5分、交通の便もいい場所にあるので、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょう。
  
   
Comment(4) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード