07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: バーめぐり

On the Earth @山下町でめずらしく二杯  

2013.08.22
Thu
19:06

 8月17日~18日、友人たちと一緒にニューグランドで一泊して遊びました。
 ごく近くに住んでるんだからいつだって行けるはずなんだけど、実際は夜中から飲みにとか出ないよね。
 というわけで、夜11時半から外に!

 ニューグランド近くのバーと言ったら、大好きなスリーマティーニが最初に思い浮かびます。でも今回来た友人も連れていったお店だし、同じようにすぐ近くで、友人から推薦もらったオンジアース On the Earthに行くことにしました。

 ニューグランドから出ると、オンジアースのある通りはスリーマティーニの通り(水町通り、でいいかな?)の一本中華街側。かつ、もう少し海岸通り寄りでした。

20130817oe2.jpg
 入ると左手に幅広の木のカウンター。座席は7つだったかな? 袖のある座り心地のいい椅子で嬉しいね、と友人がつぶやきました。たしかに「とまり木」的なのはかっこいいけど、特に座ったり下りたりがちょっと面倒くさかったりするもんね。
 先客は奥に男性二名。常連さんの様子で、マスターと親しくお話しています。わたしたちは手前に三人並びました。

20130817oe1.jpg
 カウンター真ん中にフルーツ。フルーツカクテルもできますよと言われ桃に心が動かされたのですが、先日カサブランカでいただいたしな。  

 メニューを見るとけっこうおもしろいです。ベースごとに5種類~7種類程度載っているのですが、
・なにが入っているか書いてある(嬉しい)
・各項目に一種類ぐらい、「これってどんなのかな?」と思う珍しい名前のものがある(友人のうちひとりはけっこうカクテルも好きで飲み歩いています)。

 そのなかのひとつ、ヒプノティックHypnotiqを使ったカクテルをいただくことにしました。ヒプノティックって催眠とか、眠りに関する単語だよねえ、とか言いつつ。リキュールベースです。
201308oe9.jpg
 バックバーに並ぶボトルのうち、とろっとしたターコイズ+ミルクみたいな色のがヒプノティック。
 
・ヒプノ・クラッシュ
 Hypnotiq, Lemon, Grapefrit Juice
ヒプノティックはフランスのリキュールでウォッカベース、と説明をいただきました。
01308oe6.jpg
 きれいです。
 湖畔の夕焼け的じゃない? 技法はビルドですね。飲むときには混ぜます。そうするとグレープフルーツジュースの味が前に出る、かな。

 帰宅して調べました。
→ヒプノティック Hypnotiq

 ヒプノティックとはフランス語で「催眠」の意味。
 アクアブルーともターコイズブルーとも言える魅惑的でミステリアスな色合いと、甘味と酸味のバランスのとれた味わいが人気となっています。
 その中身はパイン、ブルーベリー、ブドウ、パッションフルーツなどの果物をブレンドしたトロピカル・フルーツジュース、フランス原産の穀物と湧水を使用し、銅製スチルで3回蒸留したプレミアム・ウォッカ、ヒプノティックの為だけにつくられたプレミアムコニャック。これらがバランスよくブレンドされた、フルーツカクテルのようなリキュールです。


 最近は動いてないようだけど、新しいリキュールだから販促サイトがありました。上記引用はここから。
 
 お供には友人が選んだコンテ・チーズと粒入りマスタード。 
201308oe8.jpg

 友人たちのも撮りました。
 手前がお店の名前を冠したオン・ディ・アース(Dark Rum + Coconut Rum)。奥はソフトドリンクです。
201308oe5.jpg

 わたしよりは強い友人が二杯目に行くので、珍しくつぎも頼んでみました。
 これまた見たことないなあと思って、トンガ・パンチ(ホワイトラム・オレンジジュース・レモンジュース・オレンジキュラソー・ライムジュース・グレナディンシロップ)です。技法はシェークでした。
201308oe10.jpg

201308oe11.jpg

 しばらくすると奥の常連さんはお帰りに。週末とはいえ12時半だもんね。
 四人がけテーブルもありました。
 On the Earth、ウェブサイトを拝見すると音楽にもこだわりがあるようです。お店のサイトにはMusicだけで一項目。
 ごちそうさまでした。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: 中国・台湾料理

隆蓮でたくさん食べました。 

2013.08.21
Wed
18:32

 17日~18日、一泊で横浜に来てくれた友人たちとのお昼ごはん。土曜日だから予約したほうが無難だなあと思い、そのちょっと前にお会いした中華街先達にお勧めいただいた隆蓮に行ってきました。比較的新しいお店だけどじつは雑誌の横浜特集には最近常連の趣だし、酔華さん(言わずとしれたこちらのサイト)も何度も記事にしてらっしゃるのですが、恥ずかしいことにノーマークでありました。今更ながらお勧めするよ!

 炎熱ぎらぎらの土曜日午後1時半の予約。すこし早めに着きました。一階奥の4人がけ席が用意されていましたが、他はカウンターも含め満席。二階からはグループっぽい賑やかな声が伝わってきます。3名だから席の予約だけで対応できますよということだったので、ゆっくりメニューを拝見しました。お茶はお店の名前にもある蓮の葉茶をポットで。 

 とりあえず、ひとり一品選ぼうね。
 わたしは評判の
・陳さんの蒸し鶏 葱生姜ソース
20130817rr1.jpg
 さすがおいしい! 特にこの葱生姜ソースがいいなあ。ランチでこれがごはんにかかってるのもあるんだっけ。

・エビのウェハース包み揚げ
20130817rr2.jpg
 友人eちゃんが注文。eちゃんはこちらが一番のお気に入りでした。

・季節野菜のシンプル炒め
20130817rr3.jpg
 湯、っていうんだっけ? スープがおいしい。強すぎずしっかり味がついています。

・エビチャーハン
20130817rr4.jpg
 ぷりぷりの海老がたくさん入っていました!

・不老長寿の海鮮麺
20130817rr5.jpg
 こちらの麺は古代小麦を使って特注したもの、と読みました。こだわりの一品。
 海鮮たっぷりなのはもちろん、しいたけが入っててスープもおいしいね。

・隆蓮オリジナル白雲どうふ
20130817rr6.jpg
 するっといけますね。冷たくておいしい。

・マンゴーまんじゅう
20130817rr7.jpg
20130817rr8.jpg
 ほんとうにマンゴー味!

 みんなおいしかったな。ご紹介くださったお友達に感謝!
 次はもっと大人数で行ってみたいです。

 ひとつ、驚いたことが。
 店内にはお店の紹介記事なども貼られていたのですが、それに混じって「ブクブク交換in横浜」のウェブ記事が。これって、わたしも参加したものじゃん! なにかのゆかりで貼ってあるのですか? と聞いたら、横浜についての記事だったから、とのことでした。
 
Comment(6) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

横浜かんこう 

2013.08.19
Mon
23:35

 8月17日・18日は、20年来の友人がこちらに来てくれたのでニューグランドに泊まってみました。
 けっこう観光? ポイント行ったよ! というわけで、ざっくり紹介してみます。

・17日
 ニューグランドのロビーで待ち合わせ、荷物だけあずけて中華街にごはんへ。
 ご紹介いただいた隆蓮(今度記事にします)でおいしく! たくさん! いただく。ごちそうさまでした。
 JRだと関内が最寄り(強いて言えば)だということで、すっごい日差しギラギラだけど横浜公園の日本庭園部分に猫またいないかなーとか言いながら横切る。なんと、友人たちと同じく広島から来たカープと、ベイスターズの試合で、けっこう人が出ていました。

 今回のメインはクラブチッタで開催される第3回ファンタジーロックフェス。友人たちが大好きな谷山浩子とRolly(元すかんち、現The 卍)のユニット「からくり人形楽団」がお目当てです。楽しかった! 谷山さんのコンサートは誘ってもらって一年に一回ぐらい行くのですが、からくりは9月に出るというニューアルバムも買うつもりだよ(一枚目はふたりにプレゼントしてもらった)。ロックでしたなあ。

 お昼をゆっくりめ&たらふく食べていたので、とにかくホテルに向かうことに。途中コンビニででもなのか買えばいいかな、と。
 関内から、今度は日本大通りを通って港郵便局の前で折れ、海岸教会の前を歩いて、水町通りのコンビニで飲み物やサンドイッチなどを買いました。

 ニューグランドではタワー15階の部屋。上層階になるので、キイを所定の場所に差し込まないとエレベータが停まってくれません。
201308ng2.jpg

201308yg1.jpg
 部屋はみなとみらい向き。夜景がきれいでした。すぐ近くのビルにちょっと邪魔されましたが。

201308ng5.jpg
 廊下に置かれた飾り皿といい、このリトグラフといいクッションといい、ニューグランドらしいインディゴブルー遣いがけっこう好き。

 買ってきたものをもそもそ食べながらテレビを見て、11時半から外へ。わくわく。
 大好きなスリーマティーニも近くにあるのですが、友人を連れて行ったこともあるし。
 もう一本中華街側の通りをまた海岸教会方向へすこし歩き、横浜在住の友人が推薦してくれたバー、On the Earthに入りました。こちらも記事書く予定です。
 部屋に帰ってきてからは持ち込んだDVDなど見ながらおしゃべり。夜更かししてしまった。

・8月18日(日)
 朝食は洋食ブッフェ、本館のたん熊で和定食、ルームサービス、そして中華街のお店(どこだっけ)での飲茶に振り替えも可能でした。もりだくさん。洋食にしてタワー5階のル・ノルマンディへ。 

 そして高層階宿泊者は16階にるサロン利用OKと聞いていたので、チェックアウトのしたくを済ませて16階へ。
 セルフサーヴィスでコーヒー、紅茶など。新聞や雑誌が置かれ、自由利用のパソコンも一台ありました。
201308ng8.jpg

 景色もいいよね。ギラギラ太陽と熱気にくらっとするけど。
201308ng9.jpg
201308ng4.jpg

 チェックアウト後、タクシーで横浜美術館へ。
 ねこてんさんからうかがってはいたのですが、11時着だとたっぷり行列していたよ。アドバイスに従い、友人たちはネットで前売りを買ってきました。わたしはあんまり混んでなかったらおつきあいするかなと思っていたのですが諦めて、約一時間半後に待ち合わせして一度解散。

 お向かいにできたマークイズに行ってみました。
20130818mk1.jpg
 マークイズ二階から横浜美術館方面を撮る。

 昨日の寝不足でちょっとふらふらしていたので、ここはいっそマッサージとかマニキュアとかいいんじゃね? と思ったのですが、マークイズはきっぱりそういう類はないみたいでした。一階はわりとアウトドア系ファッションやグッズが多い? 
 座れるところはわりとあったけどちょっと水分とろうかな。
 レストラン階はすごい人でした。結局、ある意味お馴染みではあるけどアフタヌーン・ティールームでちょっと冷たいものをいただきました。
20130818mk2.jpg

→待ち合わせ、強風にあおられながらみなとみらいグランドセントラルタワーに。ああっ、ここにマッサージあった。ここで待ち合わせにすればよかった。
 ランチはネット予約が可能だったリストランテ・ウミリアにて。

→そごう横浜に移動、美術館で「幽霊・妖怪画大全集」をさっと見ました。わりと入ってた。

 友人たちの新幹線は新横浜発5時すぎ。ということでここでお別れです。
 今度は9月に会おうね! 

Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

ゆるカフェめぐり、裏を返してるよ! (2)  

2013.08.16
Fri
21:10

 9月16日(月)まで開催中の横浜ゆるカフェめぐり。詳しくはよんふくcafeのこの記事をどうぞ。

 今年はスタートダッシュ、というほどではないですが初期にそれなりに詰めて訪問したのでめでたく参加8店舗をフルコンプリートできました。というわけで、特典を味わう&経験中です。

 その3軒目としてうかがったのが根岸のCAFE HANZ。ゆるカフェめぐり以外の時期にも何度かうかがったお店ですがどうしても夕方~夜だったので、一度ランチをいただきたいなあと思っていました。
 →ランチタイムにうかがいましたよ!

201308hz1.jpg
 ほどよく冷房のかかった店内ですが、暑い外から到着すると団扇! のサービスは嬉しいね。
 もちろん、週がわりメニューをいただきます。
 
201308hz3.jpg
 じゃがいもと玉ねぎのオープンオムレツ&エビのカクテルサラダ、春雨ときくらげのサラダ&レンズ豆のポタージュ
 バゲット&本日のコーヒー
 立ち上がって(笑)真上から摂ったのでわかりませんが、オープンオムレツはたっぷりとした厚み。レンズ豆のポタージュはあっさりと仕上げてあって、夏だなあ。

201308hz4.jpg
 そして! コーヒーはゆるカフェめぐり8店舗フルコンプリートした強者(とあえて言っておこう)のみが注文できる「ゆるカフェブレンド」をお願いしました。すっきりした飲み口。そして、お昼ごはんのあとだからなあと思ったけどやっぱり誘惑に勝てず、シャルロットリモーネをいただきました。ハーフポーションで。

 お昼をいただきながらおしゃべりしているとまんがの会でご一緒させていただいてる方が来場したりも。ものすごく暑い昼でしたが、おいしく楽しくいただきました。 
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

ゆるカフェめぐり、裏を返してるよ! (1) よんふくcafe&きぃ房茶 

2013.08.11
Sun
21:58

 昨年とは違い、8店舗コンプリート完了! の横浜ゆるカフェめぐり。
 くわしくはよんふくcafeのちーさんのこの記事をごらんください。

 毎日ものすごい暑さが続きますが、日ノ出町界隈に午後用事ができました。
 行くぜ! という気持ちになるためにもここは、コンプリートしたゆるカフェスタンプの出番だよね。

・よんふくcafeでおひるごはん!
2013084fuku3.jpg
 今週のごはんは「夏野菜と豚ひき肉の肉団子の黒酢あんかけ」。左上の緑(ピーマン)たっぷりの一品です。緑、黄色、赤と目にもごちそうのビタミンカラーでいっぱいのごはんセット、お味噌汁はなんと冷製でした。ありがたいね。
 食後にはルイボスティー。もちろんしるこサンドもついてます。
 ちーさん、ごちそうさまでした!

2013084fuku2.jpg

・きぃ房茶でかき氷!
 用事を済ませ、イベント中の黄金町をちょろっと歩き、この暑さの中で休憩なしじゃやってられないよ~と入ったのがきぃ房茶です。
 よんふくさんではごはんをいただこうと決めていたように、きぃ房茶ではかき氷に決めていました。店主きぃぼうさんのツイッターで、かき氷の練乳がすごくおいしいよーと読んでいたので。

 わたしが入店したときはちょうどお客さんが入れ代わるタイミングだったようです。テーブル配置の変わった二階に座りました。
201308jam4.jpg
 で、撮ってみたのがよんふくcafeのゆるカフェめぐり8店コンプリート特典の手作りジャムです。梅です。

 お茶はやっぱり冷たいものを。オリジナルハーブティースカッシュにしました。
201308kii1.jpg
 炭酸が強すぎず喉越しなめらか。

 かき氷は三種類でした。抹茶・ほうじ茶・そして8月末までの桃。桃好きだから、ここは桃で。もちろん練乳もつけていただきます。
201308kii2.jpg
 おいしかった!
 桃は上部の飾りだけじゃなくて、小振りで甘みがぎゅっと詰まった小片が中にも入っています。氷もふんわりしてていい。

 きぃ房茶さんの特典は値引きサービスです。浮いた分を使い、すこしお金を足して、ほうじ茶を買って帰りました。

 よんふくcafeさん、きぃ房茶さん、おいしいごはんとデザートとお茶をありがとうございました。なんとか暑い日を乗り切れました。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 漫画  * genre: アニメ・コミック

* category:

まんがとごはんのすてきな関係。 

2013.08.05
Mon
15:13

 ちーさんのよんふくCafeで開催の「まんがの回」は今回で四回目。わたしは前回から参加させていただいてますが、これまでのテーマは
1. 少女まんが・女性まんが
2. 動物
3. SF・ファンタジー
4. ごはん・食べもの(で、それにちなんだ一品を持ち寄る)
です。

 昨日はお昼に日本橋で友人と待ち合わせて三井記念美術館で『大妖怪展-鬼と妖怪そしてゲゲゲ-』を見、オーグードゥジュール メルヴェイユで楽しくおいしくお昼をいただき、まんがの会への持ち寄り品を地下で買ってお別れし、時間的余裕を見て日ノ出町へ。
 ato-rieよんふくに初めて行けて嬉しい。夏のブラウスを買いました。それでもやたらに時間があるのでうろつこうとして、おお! 美しい猫さんに遭遇しました。

201308mg.jpg
 こんな紫の寝床に寝そべって、優雅なものですなあ。
201308mg3.jpg
 どうも三毛猫ちゃんのお子さんみたい。あとでまた見たけど、おかあさん+こども3匹かな? ちーさんからはママチャリの籠にみんなでみっしり。みたいなかわいい写真も見せていただきました。

 アトリエのあとはアートブックバザールをゆっくり見て高階秀爾『世紀末の美神たち』を購入。さらにまだちょっと時間あるなあと思いながら外に出ると、あ、あちらこらもこちらからもメンバーが集まってきます。今回もお店みっしり満員御礼の10名です。

〔まんが&食べもの〕

201308mg4.jpg
 たこ焼き? すると清原なつの『三丁目のサテンドール』? と思ったのですが、こちらは大根餅を固めたもの。ちょっとだけ繊維を残した食感も楽しいおだんごは、
・小林ユミヲ『にがくてあまい。』(マッグガーデン)
から。持ってきてくださった1巻をぺら見みたらおもしろそうだったよ。巻数が進むと顔まんが傾向が解消されるかな?

201308mg5.jpg
 豚肉の紅茶煮は
・高尾じんぐ『くーねるまるた』(小学館)
より。他にもデザートに夏野菜のラタトゥイユ、桃のコンポートがお目見えしました。
 ポルトガルから来日した「くーねる・まるた」(つまり、クーネルが苗字でマルタが名前)のおいしい貧乏生活、かな? ポルトガル料理もおいしいよね。

 今回、写真はみなさまにおまかせしてごはん&メモに徹してしまったので他にめぼしい写真がありませぬ。失礼つかまつった。

 ほかに食卓に並んだのは
・羽海野チカ『3月のライオン』(白泉社)←買ってるよ!
から、オクラとブロッコリーのナムル風とポテトサラダ。

ラズウェル細木『ラズウェル細木のラ寿司開店!!』(ニチブンコミックス)
から、まぐろのヅケ。

坂戸佐兵衛原作・旅井とり画『めしばな刑事タチバナ』(トクマコミックス)および高瀬志帆『おとりよせ王子飯田好実』(ゼノンコミックス)より、オイスターのオイル漬け。缶つまと明治屋のだったかな?

吉田秋生『海街Diary』(小学館)←雑誌で読んでます。
よりしらすトースト。

青木光恵『小梅ちゃんが行く!!』(バンブーコミックス)よりダージリンファーストフラッシュ。

 わたしは、碧也ぴんく『天下一!』(3巻)よりニューヨークチーズケーキを持って参加しました。

・・・・・
 なんか、食べものと一緒にメモしそびれたものがあると思う。
 というわけで、名前が出たものを紹介しておきます。自分用メモ!

・泉昌之『食の軍師』
 うしろのほうにはシウマイ弁当の食し方もあったよ!
・吉田戦車『ぷりぷり県』
 ぷりぷり県から来たリーマンくんがいろんな県や街に対抗心を燃やす話(というのは、その一部。横浜にも来てたよ!)
・河内遥『縁側ごはん』
 でっぷりねずみいろ猫のロッタちゃんがキーキャットだよ(という電波を受信しました)。
・勝田文『かわたれの街』
 豆腐屋の娘さんは中年男に片思い中。
・佐野未央子『日日べんとう』
 わっぱにきちんとお弁当を持っていくよ。
・まつおかたかこ『年刊マツオカ』
 イラストレーターさんがウェブ上に発表した記事をまとめたもの(一般販売はないようです)。ミルクはぎゅうにゅうかちちか。あれ? ぎゅうにゅうはみるくかちちか。か?
・よしながふみ『愛がなくても喰っていけます』←持ってます
 これを読んでマルコリーニのカフェに行きたいと思ったけどまだ実現していない。
・ふくだ里香『まんがキッチン』
 単に〔作ってみた〕かと思ったらさにあらず。インタビューなどもあります。選ばれている漫画もいい感じだし、買うことにしました。来年2が出版予定とか!

・・・・・
 自分のチョイス&理由も書いておきます。

 一応勝手に縛りをかけて考えました。
・少女まんが、広義の女性むきで
・ごはんがメインになってない作品で
・ついでに、当日は別のところからまわっていくので持ち歩きのことも考えて

 これがけっこう難しかった。考えるのもおもしろかったけど。
 冗談も含めて一応考えたリストです。
・リンゴ(佐々木倫子『リンゴでダイエット』)
・石焼き芋(佐々木倫子『チャンネルはそのまま!』)
・ムギチョコ(河原泉『笑う大天使』)
・キャトルキャール(確認してないけど、花郁悠紀子『アナスタシアとおとなり』や萩尾望都「4/4カトルカース」に出ていたと思う)

 持って行ったのは4種類。
・碧也ぴんく『天下一!』
 現代の女子高生・虎(お父さんは古武道家)がタイムスリップした先は安土桃山時代。もちろん戻りたいよね。そこにあらわれた謎の兎頭は、日本史の教科書を虎に渡して「現代に帰るには、本能寺の変を阻止すること」と…。
 信長さまご寵愛のお小姓・仙千代とうりふたつだった虎はいろいろあって(すみません)信長さまの小姓のひとりとなります。キリシタン由来のふしぎな知識、ということにしてるんだけど、ときどき口をすべらして現代の話をしてしまい、ときに窮地に。ニューヨークチーズケーキはそんなエピソードのひとつで、3巻に登場です。
 
・戦車に捧げるりさたん。
 というわけで伊藤理佐『よりぬきピータン! 基本編』
 食とひとをめぐるオムニバス『おいピータン!』からのアンソロジー。
 りさたんだと『ハチの子リサちゃん』&ハチノコを持っていけたら最強だったかもしれぬ。

市川ジュン『ひまわり』
 市川さんのごはんものだと『懐古的洋食事情』シリーズが思い浮かぶのですが、今回は一冊完結のこれを。空襲で家を焼かれお父さんも亡くした主人公が、母やいとこ、知り合った人々の力添えも得て小さな洋食店を開店、がんばっていく話。

・遊知やよみ『福家堂本舗』
 老舗和菓子店の三姉妹それぞれの恋の話が軸。
 遊知さんはちょっと絵にくせがあって(かつ、このごろまたくせが激しくなって)ちょっととっつきにくいかなあと思う作家さんではあるけど、ストーリーがいい。繊細で、かつけっこうシビア。わたしは『雲雀町一丁目の事情』が一番好きです。

・・・・・
 次のテーマはけっこう得意なような気がする。
 ちーさん、みなさん、ごちそうさまでした&またよろしく!



 
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

ビルズ赤レンガで朝食ならぬ夕食 

2013.08.03
Sat
14:25

「世界一の朝ごはん」として有名だというビルズのお店が、七里ヶ浜に続き赤レンガ倉庫に出店したのはどのくらい前だったかな。パンケーキ、好きではあるけど並んでまでは…と思い、今回初めて行きました。

 ちょっと慰労したい若い人を連れて三人で。
 車はある。時間が遅め(8時半ぐらい開始)でもよい店。
 という条件で、最近けっこう利用しているOpen Tableで検索してみたら出てきた、というのが今回のチョイスの理由。メインとなる若い人も行ったことないけど関心はあるとのことだったので職場から同僚の車でGOです。
 8時半ちょっと前にお店に着いたのですが、それでも3組ぐらい待ってたのに驚いたなー。わたしたちもテーブルの用意で5分ほど待ち入店しました。

 壁際の席はわりとテーブル間のすペースも詰まってたけど、当日とはいえ予約して行ったおかげか大きめテーブルに2人がけベンチがふたつ向かい合う席で、わりとゆったりできました。もちろん、テラス席というわけにはいかないですが。

201307bb1.jpg
 店内はかなり照明おさえめでした。-0.3で撮って補正したけどちょっとノイズ入ります。すみません。

 さて、やっぱりパンケーキはせっかくだから頼もうかな。
 今回ごちそう(車を出してくれた同僚とワリカンで若いひとを招待)意欲にあふれていたこともあり、かつ3人だとコースのメニューを一通り味わえるということもあって思い切ってディナーセットをお願いしました。

・スターターはなんと三種類。
201307bb2.jpg
 枝豆、ひよこ豆のディップ w/フラットブレッド
 こちらは三人分一緒に来たのをシェアします。
 これ、好き。まめまめしくてちょっとコーシャミールっぽいね、と話ながらいただきました。フラットブレッドもすこし温めてあり、薄いなりにふんわりしていていい感じ。

201307bb3.jpg
 鮮魚のセビーチェ w/アヴォカド、グレープフルーツ
 …ん? セビーチェというとペルー料理ですが、なんかイメージ違うかな。もっとライムなどの効いたソースで締めてあるイメージです。
 そういえばさ、さっきチェックしたらここってオーストラリア料理だったよね。自分の乏しい体験だとオージーものとか西海岸ものとかちょっと…だったよね…?

201307bb4.jpg
 オリキエッテ w/トマト、ズッキーニ、リコッタ
 そんなにリコッタが好きか。こちらのパンケーキでも有名なのに使われてるという話だけど。
 なんつか、いよいよ暗雲たれこめ…?

201307bb5.jpg
 メインは三種類からチョイス。
 手前がローストポークベリー w/スイカ、ハーブサラダ
奥がパルメザンチキンシュニッツェル w/クリームコーン、フェンネルスロー
右が白身魚のスパイシーパンフライ w/アジアンサラダ

201307bb6.jpg
 ローストポークベリーのアップです。
 スイカ? なぜにスイカ? と思ったのですが、これけっこういけた。嬉しい。
 他二皿もメインはよかったです。ほっとしたよー。

 さて、お察しの方もおられるかと思いますが、ここまででもかなりのボリュームです。皿も白くて分厚くてどーん! だしね。
 ある意味メイン、のパンケーキ、果たしてちゃんと食べられるのか…?
 心配になりスタッフに聞いてみたら、ふつうの単体メニューの3分の1ぐらいで小振りだから大丈夫、とのことで。
 
201307bb7.jpg
 右がリコッタパンケーキ w/フレッシュバナナ、ハニーコームバター
奥がストベリーケーキ w/ホワイトチョコレートアイスクリーム
この二種はメニュー掲載のもの。三人で分けると言ったら、メニュー外ではあるけどこれも大丈夫ですよということで、左に写っているのがベリーベリーパンケーキ(横浜店限定だそうですね)。

201307bb8.jpg
 このままいただく、だと一番好きだったのがベリーベリーパンケーキ。ピンクのまるいのはベリーを練り込んであるバターで、塗り溶かしていただきます。リコッタパンケーキはそのままよりも、一緒に持ってきてくれたシロップをかけたほうが好み。

201307bb9.jpg
 メニューには「コーヒー、ダージリンティーのいずれかを」と書いてありますが、コーヒーはかなりチョイスがありました。
 フラットホワイトというのがあってお願いしてみました。カプチーノと成分は類似だけどあまり泡立てない、だったかな? コーヒー部分がきっちり濃くてこれもおいしかった。

 スタッフも感じがよかったし、連れももちろん楽しいひとたちだったし、いやーぱんぱんに食べました。ごちそうさまでした。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: フランス料理

Koba's Tableでアラカルトをいただく 

2013.08.02
Fri
22:13

 ここはリセンヌ、というわけではないよね。
 石川町駅からバス通りに至る道のひとつ、麦田寄りの道にいつのまにかKoba's Tableというビストロ? が開店していたのに気づいたのがこの春かな。たぶん焼鳥屋さんだった場所です。

 二週間くらい前のこと、ごはんの買い出しにつきあいついでにまず夕飯を。ということになり、なににしようかと歩いてるうちにこのお店のことが頭に浮かびました。ちょうど『散歩の達人』ムックにも掲載されていたから店内の感じもおぼろげながらわかってきたし。

 そうはいってもこぢんまりしたお店だからいっぱいかも。
 踏ん切りがつかずにお店の前に出ていたメニューを眺めようとしたら、なかから外国人の男性が出てきました。お客さんかな。「おいしいですよ」と勧められ、今なら席も大丈夫と教えてもらい、入ることにしました。

 入って右がお店。オープンキッチンに面したカウンターは6席かな。真ん中の2席だけ開いていたので座ります。さきほどの外国人男性も戻ってきて、すこし話したり。カナダからいらしたとのこと。テーブルは4人がけがひとつで、予約札が置かれていました。

 コース5000円にもひかれたけど、けっこうゆっくりスタート&このあと買い出しにいくお店の閉店時間を考え、アラカルトにしました。
 メニューおもしろい。小エビを使ったものがメインに二種類もあるってなんだか珍しいかも。飲み物はワイン中心、オーガニックが多いです。ワイン会も定期的に開催しているとか。

 うにほしいよね! →生うにトマトジュレのマスカルポーネ
201307kb1.jpg
 さわやか。ヴァン・ムスーと合うね。

 前菜いろいろ迷う。盛り合わせにしていただきました。
201307kb2.jpg
 水なすは夏の味覚。リエットはパンにつけておいしくいただきます。
201307kb3.jpg

 メインは二皿にしよう。まず連れが肉大好きで、豚肉の低温焼きを。
201307kb4.jpg
 食べやすい大きさに切ってありました。柔らかくておいしい。これ、きっとごはんにも合うね。

 本日の魚料理
201307kb5.jpg
 豚肉とは違う味付けにしていただきました。ぱりっと焼けた皮がいい。つけあわせの白っぽいのはトウモロコシ。

 デザートのクレープシュゼットやガトーショコラも気になったけどちょっと時間切れ。また今度いただきます。
 ひとりでまわしているお店なので、話が弾む相手とのんびり行くのにお勧め。おいしかったです。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

ゆるカフェめぐりを…コンプリートしたよ! @まったり家 

2013.08.01
Thu
10:41

 横浜ゆるカフェめぐりが開催中です。詳しくはちーさんのよんふくCafeの記事からどうぞ。

 さて、今年の参加店舗は8店。5店での「コンプリート」、8店全部だと「フルコンプリート」として特典を受けることができます。昨年は暑さに負けて途中で挫折したのですが、今年は会期半分ぐらいのところで達成いたしました!

 最後を飾るのが、伊勢佐木町から上大岡に移転し「屋」→「家」になった、まったり家(や)さんです。
 駅からちょっと歩くのですが、店主さんもお勧めのほんまさんブログの記事を事前に読み、念のため地下鉄出てすぐの地図を確認し(一応写真も撮り)住所と照らし合せて行ったので、迷うことなく到達することができました。助かりました、すっごい暑かったもん。

 いやー、本当に民家。民家というのがふさわしいおうち(店)だわ。
 
 じゃり道をちょっと行き、看板が出てるのを確認し、門扉を開けて&閉めて入ります。おもてなし犬・リッチーの脱走を防ぐためか門扉の合せをきちんとするための仕掛けがあり、こちらもきちんと確認してね。

 アプローチ(とあえて言っておく)の左側には家庭菜園が。↓店内から撮ってみました。
201307ma1.jpg

 おうちの引き戸がすこし開いてて、蚊とり線香が置いてあります。そしてその横にリッチーがのーんと。リッチーさんや、この匂い、いやじゃないの?
 靴を脱いであがりました。ちょうどお客さんの端境期だったようで店内は先客おらず(その後、男性ひとり客が続いてご来店でした)。お好きな場所にどうぞと言われ、ちゃぶ台いいなと陣取ってみました。

 201307ma4.jpg
 ちゃぶ台とメニューとリッチー。

 でもとにかくリッチーがおいやしさんということで、なにか食べたいなあと思っていたので結局は机に行ったのでした。
 お願いしたのはかき氷(今年二回目!)。
201307ma3.jpg
 冷たいっていいよね…!

 ゆっくりいただきました。
 その間も店内のいろいろなものに目を走らせたり。
 でも、詳細は載せないでおきますね。道案内に活用させていただいたほんま御大の顰みに倣い(そうか、「ひそみ」ってこういう漢字なのね)。

 さて、ブックカフェ機能を大いに利用させていただくことに。
 最初に読んだのは、座ってた机に並んでいた本のなかから浅野いにお『素晴らしい世界』。

 追加でシソジュース。
 201307ma2.jpg

 ジュースをいただきながら手にとってみたのは、吉野朔実『恋愛的瞬間』の1巻と、最終巻である5巻。連載時に『ぶーけ』で読んでいたので、思い出したりしながら。吉野さんの、ひとことで言うと「理屈っぽさ」はときに異彩を放ち魅了する力を持つ一方、ときに今で言う「うざい」ものであったなあと思いながら読みました。でもこの人には画力があるんだよなあ。特に、少女漫画ではほんとうに大切な、目が、はっとするほど美しいことがある。ちなみに吉野さんので手元にあるのは、ごく初期のもの&『PERIOD』、そして本や映画のエッセイなどです。今だったら「うざい」をものすごーく感じて「嫌い」の域にまで行っていた『少年は荒野をめざす』も楽しく読めるかもなあ。まったり家さんにあったらよかったけど。

 というわけで、横浜ゆるカフェめぐりコンプリートいたました!
 これから一カ月半ほどで「裏」を返して特典を味わいに行くのが楽しみです。

・・・・・・・
 最後の店舗さんのエントリだから書いておこうと思います。まとめとしてね。
 とあるお店にお邪魔したときのこと。店主さんはおなじみさんらしい方とお話してて、たしかにおなじみさんの方から出した話ではある様子だったけど、この〔ゆるカフェめぐり〕で来たお客さんの噂話になりました。ご存じの通り、今回のお店はみんな個人経営のこぶりのスペースで、聞く気はなくても話している内容はどうしてもこちらの耳に届きます。

 そのお話の中で、ある〔気になるお客さん〕というか、店主さんから見たら〔変〕なひとへの言及がありました。ご本人が名乗ったのかもしれませんがお名前や、ほかの店から聞いたということでその方の職業なども。
〔すてき〕な方についての話なら、そこまで気にならなかったかなとも思います。でも本人が言わなかったらしい仕事の話とかはNGだけどね。
 
 こういうのは、いけません。
 いつでも〔よくない〕とは思うけど、ゆるカフェめぐりスタンプラリーで通常は来ないようなお客も入っているときにこういう話をしてしまうのは、余りにも無防備ですらあると言えるのでは。だって、わたしがそのひとの知り合いとか友人だったらという可能性、決して却下できないでしょ?

 8店舗まわって、感触に濃淡はあるけどそれぞれに工夫をこらしがんばっておられるなあと思ったのですが、ここだけは残念でした。
 そして、自分も気をつけよう、と思いました。

 特典を味わっちゃったぜの巻もなるべく載せていきたいと思います。さっそく今日行けるかな、時間との相談ですね。
Comment(1) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード