08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 横浜!YOKOHAMA!  * genre: 地域情報

* category: フランス料理

元町にブラスリリパイユができたよ 

2013.09.28
Sat
14:14

 馬車道(正確には住吉町)のリパイユの二号店ができる、と知ったのは夏になってから。場所を決めました、内装をやっていますなどの状況は見守っていましたが、動き始めると早いですね。9月上旬に早くもオープンしていました。

 場所はウィスタリア元町というビルの2階奥。ポンパドゥルの斜め向かいぐらい。
201309brp9.jpg
 目印はドラッグストアのセイジョーです。
 二階に伸びる階段をのぼって奥まで行くとお店。エレベータもあります。

 気軽に立ち寄りそのときの腹具合によって楽しめるお店にということで、ドアがないのがおもしろいな。
 入り口が通路から斜めになっていて、外からの視線に客が過度に晒されないような配慮もきちんとできています。

201309brp1.jpg
 店内にはおよそ20席。壁際はずっとビニール貼りのソファが続いています。
 濃緑色のテーブルクロスはプロヴァンス風モチーフ。他、アイアンワークなども壁を飾ります。
201309brp7.jpg

 コースもありますが、母と一緒だったのでメインをシェア&デザートもいただくことを視野に選んでいきました。
201309brp2.jpg
 アミューズで出してくださったのはハチノス煮込み。おいしい。

201309brp3.jpg
 本家リパイユと同じくリヨン料理を意識。やっぱりセルヴェル・ド・カニュから行きましょう。

201309brp4.jpg
 まぐろのコンフィ。まぐろは三浦から仕入れているそうです。
 すっきりとした酸味があるトマト、ソースと一緒にいただくとさらにおいしいね。

201309brp5.jpg
 なにか野菜ものもいただこうと思い、オーナーさんに相談してアイオリ・コンプレ(魚と温野菜のサラダ)に。
 エビやイカもぷりっとしているよ。ジャガイモの適切な歯ごたえが好き。

201309brp6.jpg
 メインを最初に選びました。
 豚わき腹肉のコンフィ。
 骨からはらっと離れる肉おいしいね。 

201309brp8.jpg
 さて、デザートもいただきますか。
 本日のフルーツタルトは洋梨。
 クレーム・カラメル、ガトーショコラ、アイスクリームの盛り合わせがあります。

 馬車道近くのリパイユ本家、そして元町(石川町寄り)のブラスリ。
 ひとの流れもお店の使い方も違うので、お客さんのご意見など聞きながらすこしずつ変えていく予定だそうです。オードヴル+ワインだけという使い方もできる自由度の高いお店、これからの変化と成長を楽しみにしています。
スポンサーサイト
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 高級ホテル  * genre: 旅行

* category: 旅行

パークハイアットで一泊。 

2013.09.21
Sat
07:23

 前の記事(こちらです)ではごはんやお茶、酒について書きましたが、こちらはパークハイアットの客室などなどです。

 フロントは41階。ジランドールの前を通り
201309ph15.jpg
 突き当たりを左に折れて
201309php0.jpg
ライブラリーを抜け、
201309ph16.jpg
さらに右折です。

 久しぶりだけど強烈に覚えていたもの:バスルームの謎の絵。かつてベジャールの『ディオニュソス』で使われてた横尾忠則画と記憶の中では結びついてます。あれは健在なのかな?

 客室階(43階に宿泊)の廊下。すばらしい。
201309php2.jpg
201309php1.jpg
201309php3.jpg
 落ち着いた緑の壁もそうだけど、なんといってもライティング。
 客室の扉がそこはかとなく安っぽいのもなんかいいんだよ。

201309php4.jpg
 フロントから客室階へのエレベータ、そして廊下にはこういうちょっとユーモラスな絵が。

 今回は角部屋でした。入って右側に通路、左にはウォークインクローゼット、バスルーム。
201309php5.jpg
 バスルームから客室をのぞむ。夜景、綺麗でした。

201309php6.jpg
 わー、あの絵健在!
 右にはシャワーブース、左がトイレです。
201309php7.jpg
 絵を正面から撮ってみたぜ。
 なんというか、独特だよね。

201309php8.jpg
 ベッド。
 ホテル(特に外資系)にしてはちょっと低め。

201309php9.jpg
 dvdプレーヤの下にはお勧めcdが置いてありました。
 NIGOセレクトのオリジナルCDも。ホテル開業15周年を記念して作ったコンピレーションだそうです。一曲目はいとうせいこう&TINNIE PUNX。他にコーネリアス、近田春夫、リップスライムなどの名も。
 そうそう、テレビのch1はCNNだったよ。どこまで「外国」仕様のホテルなんじゃろ。

201309php10.jpg
 ミニバーが美しかった。

201309php11.jpg
 美しいのでもう一枚。
 ちょっとしたライブラリーも英語。一番右にはバルザックの『ウジェニー・グランデ』(部屋によって違うのかな)。Everyman's Libraryだから、英訳本でしょうかね。

・・・・・
 飲食(の一部)と部屋などを紹介してきましたが、この二年ほどで泊まってきた(いわゆる)高級ホテルでは、お堀端のパレスが好きだなあと思いました。
 パークハイアットは(これは特に飲食のエントリで書くべきかもしれないけど)ちょっと、スタッフのでき具合に溝があるように感じました。〔この人はここまで〕的な教育が、単にものをサーブするスタッフはあんまり高くないところで抑えられてるというか。時間がずれててあまり客がいない時間なのにコーヒーのおかわりをまるっと忘れたのもその延長かな。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 旅の思い出  * genre: 旅行

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

パークハイアットでアフタヌーンティーと一杯と朝食 

2013.09.20
Fri
18:13

 久しぶりにパークハイアットに泊まりました。今回のお目当て(というか口実?)は、9月恒例の猫森集会。友人はなんと5泊6日で4回参戦ですが、わたしは大槻ケンヂ君! がゲストの回に行くことにしました。

 今回はその1)として飲食関係をまとめます。
 調べたけどこのブログにはパークハイアットの記事ないですね。宿泊はともかく(たぶん今回で4回目くらい)、飲食もそれだけ久しぶりだったということで。

・待ち合わせはピークラウンジ。昼食を兼ねてのんびりアフタヌーンティー。

 2階の車寄せで下り、スタッフに大きめの荷物をあずけてエレベータに。
 201309ph1.jpg
 ゴルゴンを見て石化? と思わせる装飾。このエレベータの上方には頭部をかたどったものがセットされています。別のには動物の顔を面にしたもの? 異世界へようこそ、の趣です。

 下から直通のエレベータは41階止まり。下りると解放感のあるピークラウンジに着きます。
 201309ph3.jpg
 快晴。
 都庁や西新宿方向に面した座席に案内されました。それにしてもモード学園の建物はどこに行っても目立つな。

 ピークラウンジのメニューブック。
201309ph2.jpg
 アフタヌーンティーの他に、甘いものばかりのスイートハイティーの設定もあります。

 まずは三段。
201309ph5.jpg
 ・ショルダーハムと根セロリのマリネ、トマト
 ・ボイルドシュリンプとアボカド エッグサラダ
 ・スイートコーンのマリネとリコッタチーズ
 昼御飯を兼ねてるので、やっぱフォカッチャとか好きだなあ。
 
 二段目はうまく録れませんでした。スコーン。レーズンとプレーンで、レーズンは最初からトレイで提供されますが、プレーンはあとで温かいものを持ってきてくれます。ジャムとクロテッドクリームもたっぷり添えてあります。

 三段目が甘いもの。
201309ph4.jpg
 ・栗とカシスショコラのムース
 ・オレンジのタルト
 ・アップルシナモンのパウンドケーキ

 おもしろいな、と思ったのが、この他に自由に取れるちいさな皿が提供されること。
 201309ph6.jpg
 一巡目はキッシュ、かぼちゃのムース、マスカルポーネとトマトのピンチョ、フレンチトースト。

201309ph7.jpg
 二巡目ではギモーヴとパイナップルの組み合わせが好きだったな。食感といい。

 飲み物は各種お代わり自由です(ここからここまで、というのはあったけど)。
 最初はGivingというブレンドで、ハイビスカス・ローズヒップ・ステビア。赤い。ほんのり甘くておいしい。
 それから月ヶ瀬ファーストフラッシュという日本製の紅茶。
 さらにアッサム、〆は緑茶をベースにしオレンジピールとレモンが刻んであるものを。

 いやいや、お代わりも随時いただきつつたっぷりいただきました。満足。

 夕食もどきはライブのあとでうどんをさっといただき、のんびり歩いてホテルに帰ってきました。

 やっぱりホテルのバー行きたいよね。
 ニューヨークグリルには開業当初二回ばかり行って(一回はこの友人とも一緒)
〔やっぱさ…にしかいがんりょーりとかいうのはちょっと、まあいっか〕
という気持ちになったのでとても久しぶり。

 夜はバーになるようです。

・ニューヨークバーにてDark & Stormy

 41階の奥に進み、こういう不思議なカーペットが前面に敷かれたエレベータに乗ってトップへ。←まったくいい加減な感想ですが、コプト美術? とか思っちゃっただ。
201309ph8.jpg

 下りて右に曲がるとレセプションで、宿泊客かを聞かれました(おそらく宿泊客はチャージがないんだと思う。翌日の請求を見るに)。フロアからは生演奏のジャズが聞こえてきます。それと、かなりのざわめき。
「カウンターしか空いてないのですが」
と言われて、望むところだとお返事したのですが(バーテンダーの所作を見るのが好き)、ちょっとイメージと違っていました。

 頼んだのは、〔クラシックカクテル〕のトップに置かれていたDark & Stormy。寡聞にして知らずでした。飲みかけですみません。レシピを検索するとダークラム主体のようですが、メニューにはダークだけでなくホワイトラムも使うと書いてありました。友人はカイピリーニャ。 
201309ph9.jpg
 カウンターと言ってもじつは細長いテーブルで、これにとりつくようにして高めの椅子に座るというもので。お向かいさんもいたこと、かなり照明が暗かったことで、写真はやめておこうと思ったのです。でも一度正面が空席になって(この時はまだ飲み物が来てなかった)次に座ったカップルの女性がスマホで撮っていたので、お互いさまということでいいかな、と。

 そうですね、「おいしいお酒をゆったりと」という目的だったらここはぜんぜんお勧めできない。
 まあ、人気のスポットだから完全にわたしたちの読み違いだったというのが正解かな。
 なにしろ箱が大きくてかつ満席だったからかなり待たされたし、そしてぎゅぎゅっと狭い空間で4人ほどのスタッフが飲み物を作って送り出すのが運良く、というか今回は運悪くよく見える席だったのでこれも〔間違えた〕感をかきたてました。

 外国人率が高かったのと窓際なら夜景が綺麗なので、〔別世界〕感を味わうならいいよ!
『ロスト・イン・トランスレーション』をごらんの方ならとっくにご存じだったでしょうが。

・朝食はジランドールで
 ルームサービスでもOKですが、ジランドールも久しぶりだったからこちらに。

201309ph12.jpg
 写真は夜、ライブに行く時に前を通った際のもの。
 壁面上方にカフェに集う人々のモノクロ写真が並んでいるの、やっぱり好きです。
 こちらは宿泊時以外にも何度か来たことがあります。

 コース的にサーヴィスされる朝食、あるいはバッフェ(こういう発音だった)で。平日だからか? 和定食はなし、とのことでした。

 バッフェにしました。
 スクランブルエッグはフロアに置いてあるけど、別に頼むこともできます。大阪に続いてポーチドエッグにしてみました。卵は一個か二個かでチョイスできると嬉しいよね。いろいろちょこちょこ試したいので。
201309ph13.jpg

 景色のいい窓際席はふつうのテーブルですが、こういうちょっと隠れ家っぽい席があるのがいい。
201309ph14.jpg
 今回、わたしたちも運良くこのタイプに座れました。居心地いいよね。出入りは面倒くさいからバッフェ向きじゃないかもしれないけど。

 写真は撮りませんでしたが、気づいたこと。
・シリアルの類がたくさん。ナッツもいろいろ。
・和、っぽいものはおかゆだけ置かれてた。
・チーズが四種類。山羊かな? の強いタイプもあるのはよい。
・カットフルーツの種類が多いのはいいね。イチゴがあるのは珍しいと思う。
・ミルク的なものもさまざま。豆乳はもちろん、低脂肪とかあったんでしょうね。

 ごちそうさまでした。

 またもやたらふく食べたので食後は一時間ほど部屋でうだうだとdvdなど見、昼前に出て新国立美術館へ。
 アメリカンポップアートを見、遅いお昼を軽く取って解散しました。
 友人はそして二日連続で猫森集会、大槻ケンヂ君ゲストに! どうだったかな。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 旅の思い出  * genre: 旅行

* category: マンホールなど

会津・福島のマンホールなど 

2013.09.14
Sat
20:00

 今回の猪苗代・会津若松・福島(駅前)に行きました。マンホールもご当地ものを捕獲できたりできなかったり。

猪苗代-駅前ではめぼしいものを見つけられず&そのままタクシーで会津若松に行ってしまいました。しまった。
天鏡閣でご当地スペシャルとかあったらいいのになあと思ったのですがこれも空振り。
201309mhf1.jpg

・会津若松
 やっぱり名前由来の松を使ってくるよね。
201309mfh3.jpg

 反転パターンだと模様がよりよくわかります。
201309mhf2.jpg

 七日町通りで見たもの。小振り。
201309mhf5.jpg
 
 こちらも七日町通りで。「市花・たちあおい」です。夏の花ですね。今回もいろいろなところで見ました。 
201309mhf4.jpg

・福島(駅前)
201309mhf9.jpg
 なにこれ? なんかお祭?
→「わらじまつり」の光景らしいです。

201309mhf8.jpg
 わらじモチーフのマンホールすぐのところにありました。食べそびれたからさ、一応絵ね。ぎょうざの。

201309mhf6.jpg
 この消火栓はよく見るタイプ。

201309mhfbis2.jpg
 駅前の銅像。
 芭蕉と曽良ですね。『奥の細道』。

201309mhfbis1.jpg
 より駅に近かったこのピアノおじさんは?
「古関裕而生誕100年記念モニュメント」だそうです。定時に古関メロディが流れるとか。 

 わらじマンホールも反転タイプあったらよかったな。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

福島に行ってきました。 

2013.09.12
Thu
09:50

 三年連続で夏は東北。今年は郡山在住の友人にすっかりおまかせして、のんびり観光してきました。

・郡山駅で合流→会津へ。
201309fu1.jpg
 郡山駅の磐越西線ホームで迎えてくれた「赤べこ」。
『八重の桜』の画像やポスター、マスコットキャラ「八重たん」も随所で見ました。

201309fu8.jpg
201309fu6 (2)

 まずは猪苗代で降車しました。
201309fu2.jpg
201309fu3.jpg

 お昼だよねー。腹ごしらえしよう。と駅前からタクシーで、ガイドブック掲載のお店へ。
 またタクシーを呼んでいただき、次は天鏡閣へ。旧有栖川宮別邸として建てられた洋風建築です。
 その後、今回は四人だから思い切ってタクシーで会津若松は東山温泉まで行くことにしました。

 その日はこれでおしまい。積もる話をしたり、温泉にゆっくりつかったり。
 じつはわたしは木曜日から体調が悪く、土曜日はほぼ死んでた(冷房病? から来た肩こり→首こり→頭痛→歯も痛い)ところからの回復期だったのでありがたいゆるゆるスケでした。

・二日目・月曜日は会津若松歩き。
 会津武家屋敷→飯森山→鶴ヶ城→古い町並みの七日町通りを歩く(月曜日ってお休みが多くていろいろままならず)→宿に帰る

・三日目はゆっくり出て福島へ。

201309fu4.jpg

 目的はあの『若冲が来てくれました』だったのですが…。
 平日だというのに美術館前につらなる人、人、人。これじゃ並んでる間に時間がつきてしまうかもしれないし、中も大混雑に決まってる。というわけで諦めました。

 ごはんどうしようね? と、タクシーの運転手さんに聞いてみました。
 福島もぎょうざの町なんですよとパウチしたお店案内を取り出し、駅に近いお店で昼も営業してるところ…と連れて行ってくれた中華料理屋さんでお昼。が、落とし穴? が。
 昼はぎょうざは出してないとのこと!
 お店の方は、「案内にも書いてあるんですけどね」と申し訳なさそうでした。 

 その後は周辺をふらふらし、デパート一階に入ってたフルーツパーラーでお茶とおしゃべり。
 5時過ぎの新幹線で福島を発ちました。ゆるりと楽しかったね!

201309fu5.jpg

/////
〔福島なんとなくメモ〕

 小学生ぐらいのときに〔白虎隊の所〕に行ったという記憶がうっすらあるだけだった福島。その後、郡山に住む友人ができて、秋になると会津みしらず柿(今年は桃も)を送ってくれるようになりました。あとは猪苗代のイメージ、常磐ハワイアンセンターのイメージ(『フラガール』で補強)、そしてときどき見てる大河ドラマ『八重の桜』。

 四人だとお得感があるので現地ではタクシーを活用しました。いろいろと話してくださる随所から会津愛がほとばしるね。

・ロンドンタクシー利用の広田タクシー運転手さんが話してくれたこと。
201309fu7.jpg
 ・山本覚馬さんはいまの京都を作ったえらい人というのは知っていたけど、八重さんはまあふつうにいた男勝りの女の子でしょう。それに、あのひとはすぐに会津を出たからたいした苦労はしていない。
 ・戊辰戦争の「錦の御旗」は岩倉具視が作らせた偽物、というのが『八重の桜』で流れて、年配の方たちはすこし溜飲が下がった。
 ・このタクシーは会社に三台。天ぷら油で動く。ドライバーはみんな「おばちゃん」。残り二台は東京に出張中。

 広田タクシー、楽しかった! 他のタクシーと料金は同じ。運転手さんの人柄もすてきでした。
 会津であったみなさんはそれぞれに親切で笑顔いっぱい。

・・・・・・・
 でもたまに…

・なぜか激烈にまずいものがあった。
1)宿の朝食ブッフェで出たコーヒー(私をのぞく三人がみんな「こんなにすごいの飲んだことない」と言う。試しに次の日も飲んでみたらやっぱり同じくすごかったそうな)
2)売店で買ったヨーグルトアイス、福島産

 他の運転手さんはみんな会津LOVE福島LOVEだったのですが、ぎょうざ運転手さん(と言っておく)は、私たちが観光客だと知ると急に
「福島の人間はよそ者を受け入れない」「車の運転だって、たとえば一方通行も無視するひどさ」
とダークな発言を…。大阪出身で、あちらで知り合い結婚した女性の里である福島に来て20年とのことでしたが。

・・・・・・

 100分の2ぐらいぴりぴりッと辛味があるみたいな感じで、メリハリ効いておもしろかったです。まる。


Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。