11« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»01

* category:

「新しい」をテーマによんふくおたのしみ会 ←わりと力作  

2015.12.13
Sun
21:55

 久し振りに参加できました、よんふくおたのしみ会。前回ぐらいから「まんがの会」「映画の会」が合体し、本(まんが含む)&映画のおすすめを持ち寄り紹介する、というスタイルになりました。
 今回のテーマは「あたらしい」。
 映画でも、まんが以外の本でも…ということですが、わたしはまんがに絞って考えてみました。

 でもまずはおいしいものだー!
 参加10人が持ち寄り、さらにちーさんがあったかいもの作ってくださったりするので、いつもこのテーブルはあふれあふれ状態になります。目移りもハンパない。
DSC_1839.jpg

DSC_1836.jpg

 ほんの一部ですが、テーブルに並んだものです。クラッカー+チーズがあると一気にぱーりー感が増すよね!
 わたしは先日からチョコ(的なもの)がすごく食べたくて(今年食べたもので「うっ」とくるほどおいしかったののひとつが、バレンタイン催事で買ったブノアニアンのチョコだった。また食べたいけど常設の店舗や通販サイトはないので、1月下旬を待ちます)、ベルアメールのチョコを持っていきました。


・Yさん
 嵐とましゃ(福山さま)の次に濱田岳が好きというYさんがスケッチブック(なんとご自分で描いたハマちゃん絵とか!)片手に紹介してくださったのは、
『釣りバカ日誌』(作・やまさき十三、画・北見けんいち)です。
 マンガにはじまり、アニメ、ドラマ、映画などメディアミックス展開している作品ですが、今年放映されたテレビシリーズでは、かつてハマちゃんを演じた西田敏行がスーさんに、そして濱田岳が二代目ハマちゃんになったというわけで、「新しいスタート」。


・Tさん
 我が師Tさんも、「新しさとはなにか?」とずいぶん頭を悩ませたそうです。そして最終的には、
〔登場したときのインパクト、そして現在に至る影響〕
を重視し、三本のSF映画を選んできたとのこと。

1)『スター・ウォーズ』は西部劇のイノベーションだ!
 ノイジーな映像が新しいし、宇宙船の汚し塗装も新鮮(『ガンダム』で、ホワイトベースのことをジオン側は「木馬」と呼んでたことを思い出しました。敵に艦名が筒抜けみたいなほうがおかしい、というリアリティを感じたな)。また、冒頭の果てしなく長く巨大な宇宙船…予測を超える大きさは感動を呼ぶ!
『スター・ウォーズ』はパロディ作品の多さでも随一、と、
⇒石ノ森章太郎『スターボウ』
⇒藤子不二雄『SFシアター』所収の「裏町裏通り名画館」に登場する映画『ヌターウォーズ』
⇒映画では『スペースボール』などなど。
 そして、あの『コブラ』は77年に初版だけどSWの日本封切りは78年、などのお話も…。
 そこから、新エピソード公開を控えて、これまで見たことがないひとはどのような準備をしておくべきか? 前6作はみんな見るべきか? 順番は? などの話もひろがりました。
 わたしは現在の4~6がどんぴしゃ世代でハン・ソロにちょこっと恋をし、『ハノーヴァーストリート』なんてメロドラマや『イウォーク・アドベンチャー』まで見に行っちゃったので思い入れが違うかもですが、極論を言えば現在の4(『新たなる希望』って名前に)見ておけばいいよって思います。世界観知っておいたらいいのでは。

2)『2001年 宇宙の旅』1968年、サイレント映画のイノベーション。
 スターゲートコリドーを初めて使ったと言われる(わたしはこの名称知りませんでしたが、ワープとか超加速に入るときのビュッて効果で、マンガの集中線にインスパイアされたという説もあるとか)。
 そこで紹介されたマンガは星野之宣『2001夜物語』でした。

3)『エイリアン』1979年 ゴシックホラーのリバイバル。
 閉鎖空間、逃げられない!
 映画業界人じゃない絵描きを美術に据えたという新しさ(ギーガーは一世を風靡しましたね。カフェとかあったもんね)。
 紹介されたマンガは萩尾さんの『11人いる!』、 岡崎二郎『アフター0』。
 そして、ほんとうは『バーバレラ』(ジェーン・フォンダが出てる映画)がいいよーって!

・Mさん
・映画『はじまりのうた』Begin Again (2013)
 ニューヨークを舞台にした、音楽の話。いやなひとが出てこない。
・日本語・ヘブライ語で書かれた『日本の手 日本の心』
 イスラエル在住のMさんのお友達が書いた本。日本の歳時記などを紹介、なかにはMさんが撮った写真も。

・Pさん
 今回はヌーヴェルバーグ(「新しい波」)で。
・まずはゴダールの『映画史』。
・そして実相寺昭雄監督の「第四惑星の悪夢」(@『ウルトラ7)、「死神の子守歌」「京都買います」「呪いの壺」(@『怪奇大作戦』)
 また、アラン・ドロンやジェーン・フォンダが出ている『世にも怪奇な物語』など。

・Sさん
・辰巳浜子『料理歳時記』
 いのちのスープでも知られる辰巳芳子さんのお母様。とても細やか。

・Aさん
・星野源『蘇る変態』
 雑誌GINZAに三年間連載されたエッセイをまとめたもの。脳梗塞からの復活も。ぱらぱら見せていただいたのですが、痛い痛い痛い痛い(×∞)のような、キリキリこちらも削られるページあり、おっぱいの話? あり。現在も連載は続いてるそうです。ところで、金狼との関係文中に書いてあるのかな? 聞きそびれました。
・大林宣彦の映画第一作『HOUSE』。
 公開時、ビジュアル含めて話題になったよね。

・Kさん
 やはり悩んだということで、〔ハリウッド映画の脚本家不足⇒アメコミ原作の既存映画をイチからシリーズやり直し的新作〕でまとめて紹介。
・『バットマン』シリーズ
・『スパイダーマン』シリーズ
・『スーパーマン』から"Man of Steel"へ
・『レッド・オクトーバーを追え』⇒『エージェント・ライアン』  (後者は見てなかったこともあり、気づいてませんでした!)

・Uさん
 新しく買った・読んだものから。
・The OvertonesのCD
 英国のコーラスグループ。
・村山早紀『花咲家の人々』(徳間文庫)
 ブクブク交換で手元に来た本。ほかに、榎田ユウリ『カブキブ!』も。
・マキヒロチ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』

・Chさん
・ゆうきまさみ×カサハラテツロー『アトム ザ・ビギニング』
 天馬博士とお茶の水博士の青春まんが。〔自我を持ったロボットを作りたい〕と考え、奮闘する若き科学者たち。
 ゆうきさんはコンセプトワークス担当として、企画原案などを担当。作画がカサハラさん。
・有川浩『だれもが知ってる小さな国』
 あの佐藤さとるのコロボックルシリーズの〔続編〕。そんな本が出てたんだ!

 というわけで、おいしく食べて、ちょっと飲んで、そして新しい本や映画を知ってワクワクする夜でした。
 最後にわたしが持ってったまんが(わたしはまんが縛りを自分に課しております。とりあえず今回は)を。

 今年はけっこう電子書籍も読みました。ヒット作やロングランはときどき1巻が0円で読めるようになってて、そのなかから気に入ったものを。できれば今年の新人(今年デビューコミックスが出たひと)にしたかったけどそこまでは絞れず、自分にとって〔新しい〕ひとになりました。
・ムサヲ『恋と嘘』(既刊三巻)
 少子化対策のため、政府が決めた相手と結婚することになっている日本が舞台。主人公のユカリくんにもその日が来たのだけれど、かれには片思いの相手が。Webを媒体とするマンガボックス連載作。

・ぢゅん子『私がモテてどうすんだ』(既刊七巻)
 とにかくBLに生きてる花依は、熱愛するアニメキャラが亡くなったショックでものも食べずに泣き暮らし、ふらふらになって部屋から出てきたときには…なんと! おでぶちゃんからスーパー美少女になってた…! そしていろんなイケメンにモテモテになっちゃうんだけど。紹介ページはこちら

・野田サトル『ゴールデンカムイ』(既刊四巻、今週五巻が出る)
 日露戦争で鬼神のごとき働きをした「不死身の杉元」は、亡くなった幼なじみの妻(かつて杉元自身が淡い想いを交わしていた相手でもある)子を困窮から救うために北海道で金(きん)を探すことに。めぐりあったのはちょっと変わりもののアイヌの少女・アシリパさん(「リ」は小文字)。杉元は金を求めて、アシリパは金探しに利用され殺されたという父の仇を求めて共闘することになる。そこにやってきたのは幕末の亡霊・土方利三や日本軍、三つ巴? 四つ? の探求が始まる。
 公式サイトはこちらです。

 本屋の店頭で見かけて興味を持って買った、いわばジャケ買いから二冊。
・青井秋『いとめぐりの素描』
 日本刺繍の工房の跡取りである女子高生の繍子は、ある日、亡き祖母が遺した刺繍の教習布のかずかずを見つける。繍子と高校の同級生ふたりの友情や日々のとまどいと、さまざまな刺繍が導く時代も場所も違うひとびとの姿。

・犬童千絵『碧いホルスの瞳-男装の女王の物語』(既刊一巻)
 実在のエジプト女王・ハトシェプストの生涯を描く物語。コミックナタリーの紹介ページはこちら

・竹良実『辺獄のシュヴェスタ』(既刊二巻)
*今回、唯一の「今年コミックスデビュー」の新人さん。
 紹介サイトがあるのでリンクを貼っておきます。第一話、そして投稿作「地の底の天上」(傑作だよ!)も読めますよ。 

 なんか自分でずらずら書くのも、という感じで紹介ページがあったらそちらをご案内。
 わたし自身はおたのしみ会の前日に2~4巻を読んで「これは、これは面白いぞー!」と叫びをあげた『ゴールデンカムイ』が一番のおすすめですが、会では意外なことに?(腐女子の生態とか、想像もつかないようなひとけっこういるかなと思って)『私がモテてどーすんだ』のヒキが強かったようです。

 というわけで、今年のおたのしみ会はおしまい。
 来年第一回は冬のうちで、テーマは「魔法」「魔法使い」とのこと。
 ファンタジー属性が薄いわたしにはちょっと難しいなー。でも新しいの読むのも面白いから気に留めていろいろ読んだり見たりしてみよう。


 

 



 
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 散歩

定点観測 元町・リセンヌetc. ←力作(自画自賛) *12月13日&15日追記 

2015.12.12
Sat
18:01

 ツイッターではちまちまつぶやいてるんですが、なんとこのカテゴリでの記事は今年一月が最新でした。というわけで一年を振り返…れるのか?

ひらがな商店街あたり
・去年10月に第一回が開催された「裏フェス」、すっかり定着&拡大の趣です。今年の10月には第三回だったから、おおまかに半年に一回ペースかな? 7月25日~8月1日には〔石川町ちょうちん祭り〕という催しもスピンオフで開催。
・石川町の…3丁目になるかな? 石川町駅を背にして地蔵坂下をわたってじき、のところにあったアルプス洋菓子店が閉店。10月のことだったようです。
・4月にオーセンティックバーが新しくお目見え。〔日暮らし〕です。場所は石川町2丁目。川岸の二本の通りをつなぐ小さな道に面しています。一度入り、ハイボールをいただきました。白木のカウンターがどっしり。
・3月には石川町駅元町口(南口)改札を出て川沿いすぐ左手の二階に、〔ハレとケ〕がオープンしました。オーガニックフードを揃えたお店でなかなか居心地がよく、夕方に母を鍼灸に送り届けてからの待ち時間を何回か過ごしました。独立した記事も書きました⇒こちら。 

石川商店街
・女性用〔Lサイズショップほりもと〕が閉店。先日通りかかった際、内装工事をしてるのを見ましたから、別のお店になるかな。お知らせはまだ。
・〔鳥貴族〕がオープンしたの今年だよね?
・〔韓流ガーデン〕の二階はたしかエスニック系のレストランでした(カレーとか)。一階の外でびらを配ったり営業努力はしていたんだけど、今日通りかかったら空き店舗になっていました。
・むかーしラーメン屋(たしか〔坦々〕?)があった建物がそのまま閉まってかなりの年月が経ってたのですが、とうとう取り壊し⇒新しい建物が立ちました。今日通ったかぎりでは、まさか住宅? って感じでしたが、こんなに通りに面した全面窓のある住宅ないよね…どうなるかな。

リセンヌ
・〔美松〕のシェフが腕を痛めしばらくお休みだったのですが、つい最近、のんびり夜だけ営業、という張り紙が出ました。営業時間にはまだ通りかかっていないのですが…。「お休みします」の張り紙にいろんなひとが「待ってます」とメッセージを書き込んでたのが、とても「らしい」なと思いました。
・今年一月の定点観測記事で「閉店」と紹介した場所(かつての菊屋写真館)に、〔焼き鳥 石川町バル〕がオープンしました。
・〔グランドゥーカ〕の下のスペース、しばらくの間ちょっとよくわからないインテリア雑貨の店? だったのですが閉店し、〔Quatre-Vents〕というフランスもののヴィンテージブティックがオープン。横浜駅あたりと桜木町にあったお店を統合・移転してきたそうです。オープンは11月15日。
・かつて〔メガネのオプト〕が(もともと)あった場所で営業中のマダム向けのお店〔キャナル〕が年内で閉店予定です。たまに母の服を買っていたので先日さよならを兼ねて買い物に。5年でテナント契約が切れ、更新はしないことにしたとのこと。もともと南太田のお店で、そちらに専念するとか。
・〔元町酒房〕が閉店し、〔みよし〕に。40年以上やってらしたんですね。
・4月16日、〔ジェラテリア&カフェ・アレッタAletta〕がオープン。春~夏にはお世話になりました。甘いフレーバーばっかりじゃないし、季節でいろいろ変わっていきます。こないだ通りかかったときに見たらコーヒーなども出すようになったかな? 店内には座席もちょっとですがあるし、冬はあったかいものも選べると嬉しいよね。
・かつて〔Peace Flower Market〕(元町仲通りに移転済み)があったスペース、半分はラーメン屋さんになってたけどだいぶ長いこと空きだった場所に〔廣東厨房 鴻〕がオープン。あっ、ナマケモノで記事書いてない。でもけっこう行ってます。ランチコースは三種類なんだけど、だいたい一種類はちょっと珍しいものがあってそれを頼むことが多いな。海鮮の紅麹炒めおいしかった…。
*一応リセンヌ…なのかな? 
 かなーり麦田トンネル寄りのビル、二階に短期間だけあった〔T's Bar〕が閉店してしばらく経ちます。テナントがとうとう入ってました。…って、10月にはもうあったの!? 気にかけてたつもりでしたが…やっぱり店頭にチラシ置くのとか大切ですよと思うのでした。[築地和光 横浜元町店]という貝の店で、前日までの完全予約制だそうです。11月には予約不要のイベントもあったようだから、一度そういうときを狙って行ってみようかな。もう今度は見逃さないぞ。

元町仲通り…は、たぶん変わってはいるんだけど…*15日追記あり。
・代官坂下で仲通りと元町通りの間の地下に〔蕎麦処 酒処 朱音〕がオープン。香炉庵の斜向かいになります。一階はイタリアンの〔セリシールCerisier〕←えっこれ、イタリア語じゃないよね。そういうこともあるか…。
・仲通りとは言えないけど(相当元町プール寄り)、4月に〔元町一丁目食堂 クリュ〕がオープン。二回ぐらい行ってみたけど二回ともおやすみという…でもたしかねこてんさんが褒めてた! FBを見たらランチに猪が出たりもしたとのことで、俄然興味がわきました。近いうちに行かねば。
・年の瀬の12月11日、2丁目に〔ミ・カフェートMi Cafeto〕(本拠地は元麻布)がオープンしました。一階はショップ(コーヒーとケーキ)、二階がカフェ。ケーキとコーヒーのマリアージュを考えたおすすめセットなど楽しそう(15日追記)。

河岸通り(15日追記)
・ポップコーン専門店の〔テンガロンハット〕が13日で閉店していました。6月には静岡で移転オープンとのこと。

元町通り
 けっこう変わってます。5丁目から思いつくままに。
・5丁目(かつては着物やさん、たしかポンパドゥルが買った)の新しいビル、ラ・セルコート元町に〔プレミアムコスチュームサロン フレア〕がオープン。ブライダル衣裳が飾ってあります。
・このラ・セルコート2階には、5月末に〔パウダールーム 元町OASIS〕がオープン。親子連れやからだの不自由な方にも安心して入れるトイレやパウダールームがあるとのこと。母を連れて歩いてるときに寄ってみる?
・4丁目の〔竹中〕はすぐ裏の河岸通りに店舗を構え、今はそちらがメインかな?
・4丁目に〔アキレス・ソルボ〕ができてた。調べたら昨日(11日)オープンで、初めての直営店だそうです。
・4丁目のウィスタリア元町(一階にセイジョー)2階、かつてリパイユのビストロがあったところに、夏に〔Economy Gastronomy IL NESSO〕がオープン。二俣川からの移転だそうです。11月にランチ、12月初頭にディナーに行ってきました。メニューは月替わり。
・同じビルの地下に十割そばの店〔庵〕ができました。11月か10月。うちにチラシも入ってたのにうろ覚えですみません。立ち食いもできるけど、学食的な座席やカウンターもあります。食券を買う方式。一度行きました。
・4丁目の〔キャラバンコーヒー〕が改装を経て昨日(11日)リニューアルオープン。おしゃれに生まれ変わってました(さっそく今日行った)。出入りがちょっと面倒な席もありますが座席も増えてます。
・4丁目、バー〔En〕の入ったビルがなくなってる!? と遅ればせながら気づいたのは夏。でもよかった、そのまま河岸通りを山下町方面に歩いていくと新店舗が。こんどは3丁目です。
・1丁目にヘアアクセサリーブランド〔acca〕が4月にオープン。
・そのお向かい(かつてカヨの店があった場所)にメガネの[金明堂]が1月に移転オープン。
・で、〔金明堂〕のあとには11月に〔ZWILLING J.A. HENCKELS横浜元町店〕、おなじビルの並びスペースには〔ENOTECA〕がオープン。ヘンケルスの二階にはクッキングスタジオもできました。
・1丁目の老舗〔イースタン帽子店〕が今月いっぱいで閉店、閉店セール中です(15日追記)。テナントとして入っていたとのこと。わたしは4~5年前からちょこちょこ行ってて、Lサイズの頭にも似合う帽子を選んでいただいてました。今回はぜひオリジナル帽子を買いたいと思ったのですが、もうセールだいぶ進んでてサイズがない…結局、顔なじみの店員さんが勧めてくださったベレー帽的なものを買いました。ボルドー色。
・1丁目の元町プラザ2階に〔Ecomo Bakery〕が8月15日オープン。わたしはようやく先月初めて行きました。栗の焼きタルトおいしかった…モンブランがあるうちに行きたい…(この秋冬はモンブランがぷちマイブームです)。
・1丁目、ほぼ谷戸坂のところに〔テンピュール〕のサロンがオープン。

 はー、疲れた。
 なんかすんごい力作をものにした気がしてきました! 好きな店は赤にしてみただ。
 ジムに通いはじめてもうじき二年、体重と体脂肪に気をつけながらも基本的にはなんでも食べる生活に戻ってきて、今年はそれなりに食べ歩きもしました。でももっと行ってみたいね。来年は1月&12月なんて極端なことにならないように、せめて半年に一回は記事にしたいものです。

*12月13日追記
 そうでした、バーENの移転情報! を、書き加えました。
 そしてケンタが閉店してたことを教えていただきました。なんと10月。まあまあ通る道なのに気づいてなかった…。かなり長いこと営業してたお店ですね。かつては元町の入り口(石川町側)の角に大きなマックがあったり、堀川すぐのとこにサーティワンがあったりしたな…。石川商店街の吉野屋も閉店し、ファストフードが姿を消した、というコメントもいただきました。Tさん、ありがとうございました。
*12月15日追記
 何軒か情報追加しました。それにしてもイースタン帽子店の閉店(31日)は痛い。
 ついでにちょっと離れたとこだけど麦田の情報。

〔麦田〕(元町から本牧方面へ向ってトンネル抜けたあたり)
・かつてワインバー〔ランジュヴァン〕があった場所に、10月4日に花屋さんが誕生。〔Flower Shop Sauce〕です。切り花がたくさん、というより、教室なども含めての提案ぽい。今はカラフルなしめ縄なども置いてあるとのことで、のぞいてみようかな?
・かつて〔水蓮〕が入っていたところは年明けオープンを目指してイタリアンの店に、と聞いてはいたのですが、先日通ったら掲示が出てました。〔伊太利亜食堂 長靴をはいた猫〕、来年1月21日開店予定だって。ご近所の友よ、ご一緒しましょうず。
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード