12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

* category: 展覧会

ゆかいな若冲・めでたい大観 -HAPPYな日本美術展@山種美術館のブロガー内覧会に参加しました(2) 

2016.01.30
Sat
17:57

 古今東西の美術への深い愛に溢れるブログ「弐代目 青い日記帳」(リンクはこちら)のtakさんが山種美術館(こちらです)と組んで企画してくださった『ゆかいな若冲・めでたい大観 -HAPPYな日本美術』展ブロガー内覧会に参加してきました。の、その2です。

 このエントリでは、展覧会の構成にしたがって作品をピックアップして紹介していこうと思います。ただし、撮影一切不可のものや、〔展示光景としてのみ撮影可〕の作品もあったことをお知らせしておきます。

第1章 めでたい、HAPPY日本美術

・「長寿のシンボル -鶴と亀」
*1つ前のエントリでご紹介した<<亀図>>はこちらのカテゴリ。
 撮影不可でしたが、川端龍子<<鶴鼎図>>がとくに好きでした。三羽の鶴がつどって、まさに鼎談しているような寄り添い方。よく見ると一話の鶴が片足をそっとあげていたり。デフォルメされているかな? と思うほどにながーい鶴のフォルムに、いまふと、エル・グレコの聖人像みたいだなと思ったり。
 川端龍子、他にも大観・玉堂と松竹梅そろえたなかで描いた梅の絵<<,紫昏図>>があり、なんだか気になる画家になりました。 …と思ったら、足立美術館で<<愛染>>など見てたか! ⇒こちら

・「縁起物のマルチプレーヤー -松竹梅」

hap20163.jpg
・横山大観(1868-1957) <<寿>> 昭和時代 山種美術館蔵
 これで「寿」の字なんですね。文字を書いたあとで金泥で松竹梅を描いてるのですが、ちゃんと文字の部分を避けてます。めでたい。

hap201618.jpg
・横山大観 <<竹>> 1918 山種美術館蔵
 <<群鶏図>>と並んで展示されていました。端正で静謐な雰囲気。 

hap201613.jpg
・小林古径<<松竹梅>> 1933年頃 山種美術館蔵
 扇面の絵ですよね。紅梅のあかとその枝振りの金が鮮やかで美しい。お正月用のランチョンマット(毎年、和紙のを購入するのですが)にあったらいいな。

・「幸運をもたらす神 -七福神」

hap201614a.jpg
・下村観山<<寿老>> 1920年頃 山種美術館蔵

hap201614b.jpg
<<寿老>> 山種美術館蔵 部分
 館長のトークで、「鹿を撫でてるんですよ」と教えていただいたので。鹿が目を細めてるのがかわいい。

・「聖なる山 -蓬莱山と富士山」

hap201615b.jpg
 左から、
 小林古径<<不尽>> 1926年 山種美術館蔵
 荒井洞厳<<蓬莱仙境図>> 1942年 山種美術館蔵
 横山大観<<蓬莱山>> 1939年頃 山種美術館蔵
 
hap201615.jpg
・小林古径<<不尽>> 1926年 山種美術館 部分
「カヌレみたい」というコメントがあったそうです。
   
hap201624.jpg
 小松均<<赤富士図>>> 1977年山種美術館蔵
 右に部分的に見えているのは、横山大観<<心神>> 1952年 山種美術館蔵  
 
 富士山の神々しさはどこから来るのかな。大きさはもちろん、そして形もですが、図録に掲載されていた横山大観のことばにも「あっ」と思ったので引いておきます。

(エベレストを毎日眺め暮らしていた日々を回想し、続いて)
「(エベレストは)高山の連続で、富士のようにたった一つ、ぽつんとそびえているのではない」
 *図録p.32より。

・「くらしに息づく吉祥」

hap201620a.jpg
 河鍋暁斎 <<五月幟図>> 19世紀
 今回気づいたのですが、わたしは暁斎が好きみたいです。昨年見た肉筆浮世絵展(上野の森美術館)でも記憶に残ったうちの一枚が暁斎でした(がいこつが浮かんでて美女がいた)。 こんどまとめて見てみたいな。

hap201620b.jpg
 河鍋暁斎 <<五月幟図>> 19世紀 部分

・「生きものにこめられた吉祥」
hap201625.jpg
 児玉希望<<鯛>> 昭和時代 山種美術館蔵
 赤はめでたいな。この絵は、さきほどの赤い富士と向かい合うように展示されていました。まんなかに立ってきょろきょろしてみるとなんとなくめでたい気分に。

・「新春を寿ぐ -愛されキャラクター・干支の動物」

hap201627.jpg
 川合玉堂<<猿>> 1955-56 山種美術館蔵
 第二展示室は猿特集。


第2章 HAPPYになる絵画

・「笑い・ユーモア」

 前の記事に載せた<<河豚と蛙の相撲図>>、<<大根図>>などはこのコーナーに入ります。

・「幸福な情景」
 山口華楊<<生>>がとくに好きです。

hap2016ex2.jpg
 そして山種美術館といえば、展覧会の出品作をモチーフにしたオリジナル和菓子もいつも楽しみ! 今回はこの五種類でした。

hap2016ex3.jpg
 わたしは横山大観<<心神>>(つまり富士の異名とのこと)からのこのお菓子をいただきました。

 心はずむ絶好の機会でした。
 最後に、このブロガー内覧会実施にご尽力いただいたみなさまにもう一度お礼申し上げます。

・・・・・・
・・・・・・・
会期: 2016年1月3日(日)~3月6日(日)
※ 会期中、一部展示替えを行います。
開館時間: 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(但し、1/4・1/11は開館、1/12は休館)
入館料: 一般1200円(1000円)・大高生900円(800円)・中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金および前売料金。
※障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。
[お得な割引サービス]
きもの割引:会期中、きものでご来館のお客様は、団体割引料金となります。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 展覧会

ゆかいな若冲・めでたい大観 -HAPPYな日本美術展@山種美術館のブロガー内覧会に参加しました(1) 

2016.01.16
Sat
17:17

 こいつぁ春から縁起がいいわい。
 古今東西の美術への深い愛に溢れるブログ「弐代目 青い日記帳」(リンクはこちら)のtakさんが山種美術館(こちらです)と組んで企画してくださった『ゆかいな若冲・めでたい大観 -HAPPYな日本美術』展ブロガー内覧会に参加してきました。

hap20160.jpg

 チラシおよびウェブサイトに掲載されている〔みどころ〕を引用します。*は山種美術館所蔵の作品です。

①新春にふさわしい吉祥の絵画が大集合!
伊藤若冲《伏見人形図》*をはじめ、河鍋暁斎《五月幟図》、横山大観《心神》*、小林古径《鶴》*、奥村土牛《庚申春》*まで、鶴亀、松竹梅、七福神、干支動物など近世から近代・現代の吉祥画題の作品が勢ぞろい。
②魅惑の若冲、大胆・洒脱な墨画の世界!
押絵貼屏風《群鶏図》、《河豚と蛙の相撲図》、《布袋図》など、初公開作品を含む墨画9点を中心に、若冲の画技と表情豊かに描かれた福神や動物をご紹介。
③笑う門には福来る!ユーモアあふれる作品で初笑い♪
伊藤若冲《仔犬に箒図》、歌川国芳の《きん魚づくし ぼんぼん》〔2/9~3/6展示〕や《其まゝ地口猫飼好五十三疋》〔2/9~3/6展示〕、柴田是真《墨林筆哥》*など、思わずにっこり、笑みがこぼれるHAPPY感満載の作品にご注目。


 そして今回のブロガー内覧会は、
 ・館長によるギャラリートーク
 ・takさんトーク
 ・展覧会に合わせた上生菓子をひとつ
 ・写真撮影OK(一部をのぞく)、展覧会の紹介を目的とした記事内ならばウェブでのアップOK。
 このタッグマッチで開催されたイベントへの参加は、『竹内栖鳳-京都画壇の画家たち』展、『川合玉堂-日本のふるさと、日本のこころ』展に次いで三回目です。
 今年は若冲生誕300年ということで、主に個人が所有するもので完全に初公開の作品も並んでいました。さらに、<<群鶏図>>と<<伏見人形図>>は15秒以内の動画撮影もOKという太っ腹な企画です。(1)では若冲の作品を主体にご紹介します。

*このブログ記事に掲載した写真は、展覧会紹介記事に掲載するため特別の許可を得て撮影したものです。

 展示室1に入って正面。最初に観覧者を迎える位置にあるのは、この異種格闘技。
hap20161.jpg
・伊藤若冲(1716~1800) <<河豚と蛙の相撲図>> 18世紀

 河豚のまんまるいフォルム(に隠されてるけど、蛙のぽんぽこりんもたぶんそんな様子)、ふんばる蛙の足と、あんまりふんばってるように見えない河豚の尾びれ(ということは蛙優勢?)など、がんばり要素も加わってたしかにユーモラスだし、見るだけで眼幅ではありますが、山崎館長のギャラリートークでは、
〔珍しい題材。この蛙にはイボがあり、つまりヒキガエルまたはガマガエルで、どちらも毒がある。河豚はもちろん。現実の争いに見立てているのでは?〕というコメントあり。
 京都・錦小路の青物問屋の長男に生まれ、家督は弟に譲って隠居し自分は高価な絵の具も使い放題…という若冲像がじつはかれの一面に過ぎず、市場の権益を守るために戦った「社会的」な面も近年はすこしずつ明らかになってきたことを考えると(もちろん、これは主にMIHOに行ったときに見た展示の受け売り(記事はこちら)ですが)うなずけるし、解釈の豊かさも味わえますね。

 今回、若冲作品は全部で11点。うち墨画が9点です。個人蔵の作品が多く、まさに初公開のものもあり、親切にも「初」マークが♡
  かつては豊かな財力で高価な絵の具使いまくりだった若冲も、大火で焼け出されたあとは生活のため墨絵をいろいろ描いて生活費にしたと考えられているそうです。

hap20165a.jpg
・伊藤若冲(1716~1800) <<亀図>> 18世紀

hap20165b.jpg
 ぽっちりした目が素朴かわいいよね。京都のお寺(たぶん東寺)の池で石によじのぼってひなたぼっこしてた亀ズを思い出しました。
 takさんのトークでも注目されてて、甲羅は筋目描きだろうとか、手足がかわいいし尻尾はミモザのつぼみ(でよかったかな)みたいだ、と、ほほえましいですね。
 
hap20164d.jpg
・伊藤若冲<<群鶏図>> 1795年頃制作
 六曲一双の作品ですから、屏風として展示しても(つまり平らにならさなくても)かなりの長さ。こちら、15秒間のビデオ撮影OKでした。わたしは動画センス壊滅的なのでやめておきましたが…。

hap20154a.jpg
<<群鶏図>>部分
 展示ケースすぐに立ってわざと横向きに撮影。しなやかな鞭のような尾がリズミカルに並んでて、ちょっと鏡張りの部屋みたいじゃない? 尾の墨がいちばん濃くて黒いのも生命の躍動を感じます。

hap20164c.jpg
<<群鶏図>>部分

hap20164b.jpg
<<群鶏図>>部分
 番いで描かれてる率が高いのも「おめでたい」と、カタログに。長い尾をゆらめかせ、ちょっとひねりのあるポージングで画面に君臨する雄鳥の視線の先には、まるっとなってる雌鳥がいて、ちょっと歌舞伎や日本舞踊の男女(役柄上)かけあいのような。

 展示室1の奥には墨で描かれた七福神が並びます。

hap20167.jpg
・伊藤若冲<<布袋図>> 18世紀制作 部分
 別の布袋さん。えっこらさと袋しょってるこのポーズってあんまり見ない気がします。そして、たしかにお腹はぼてんと出てますが、ちいさいおっさんデフォルメされててかわいらしいし福々しいな。

hap201616.jpg
・伊藤若冲<<大黒図>> (左)、<<恵比寿図>>ともに18世紀制作
 キャプションの上に貼られてる黄色っぽいしるしは「初」(初公開)マークです。
 カタログで大黒さんが「恵比寿とセットで描かれることもあるのじゃ」と言ってるので(ちょこちょこ吹き出し+台詞とかあってかわいいカタログなのです)、こちらでも並べて撮りました。

hap201610a.jpg
・伊藤若冲<<恵比寿図>> 18世紀制作
 めでたいたいでかい。

hap20169a.jpg
・伊藤若冲<<大根図>> 18世紀制作
 このはみで具合が。takさんのトークをうかがってたおかげで、じつはこの大根ふたまたに割れてるとか、うえのほうに蝶が二匹舞ってるとかに注目して見れました。

hap20168a.jpg
・伊藤若冲<<海老図>> 部分
 カタログによると、海老は「人が年をとり腰が曲がるほど長生きをした」ことに通じる長寿のシンボルとのこと。ぼんやりと、赤いからかめでたいのかなあとか思ってました。勉強した。ひげがほそくてしなやかで優雅。

hap201617.jpg
 大根の両側が彩画です。左から、
・伊藤若冲<<仔犬と箒図>>、<<大根図>>(いずれも18世紀)、<<伏見人形図>> 1799年 山種美術館蔵 

hap201611c.jpg
・伊藤若冲<<仔犬と箒図>> 18世紀

hap201611b.jpg
・伊藤若冲<<仔犬と箒図>> 部分
 むっちりまるまるした形にほっこりするよ。というわけでアップ。 

hap201612a.jpg
・伊藤若冲<<伏見人形図>> 1799年制作 山種美術館蔵
 今回動画撮影OKだったもう一作がこちら。お人形さんがとことここちらにやってくる、みたいに流していったら楽しそうです。
岩絵具を使い、ざらっとした土人形の質感も出している、という指摘あり。

hap201612b.jpg
・伊藤若冲<<伏見人形図>> 山種美術館蔵 (部分)

 ぜいたくにも、 若冲網羅してしまいました。
次の記事で他の画家たちの作品を紹介します。

・・・・・・・
会期: 2016年1月3日(日)~3月6日(日)
※ 会期中、一部展示替えを行います。
開館時間: 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(但し、1/4・1/11は開館、1/12は休館)
入館料: 一般1200円(1000円)・大高生900円(800円)・中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金および前売料金。
※障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。
[お得な割引サービス]
きもの割引:会期中、きものでご来館のお客様は、団体割引料金となります。
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 展覧会

2016年の展覧会 

2016.01.09
Sat
12:07

・(岡崎城と岡崎公園→)『長谷川潾二郎展』@岡崎美術博物館(1217) 東岡崎から急行バスでも35分ぐらいかかったかな。でもいく価値はたっぷりありました! 藤井さんという大コレクターが岡崎にいらして、愛情こめて(りんじろうが使わなかった断片なんかも拾い上げて額装したり)集めてた。見たことのない絵がたくさんあったよ。図録買いました。
・『日本で洋画、どこまで洋画? -高橋由一から現代画家まで-』@愛知県美術館 収蔵品からの企画。安井曽太郎気になるな。セザンヌの影響、わかる。
・『アルバレス・ブラボ写真展-メキシコ、静かなる光と時』@名古屋市美術館(1216) 世田谷で見逃してたので。よかった! 行って! ポスターに使われてる写真だと「たくらみ」とかわからないよね。ギャラリートークもとても参考になりました。その後、常設も。名古屋市美術館の収集の柱のひとつがメキシコ・ルネサンスなんだって。だからアルバレス・ブラボの作品などももともと持ってました。

・『ゴッホとゴーギャン』@東京都美術館(1118)びっくりしたー、ゴーギャン好きだった! タヒチはそうでもない。人物がどどーんよりも風景のなかの構図。それと色彩。
・『禅 心をかたちに』@東京国立博物館(1118) 最初に迎えてくれるのは白隠描く巨大な達磨。やっぱりお坊さんの肖像画的なものが続くコーナーはどうしても飛ばしてしまう……最後のほうの屏風絵などをじっくり見る。
・『平安の秘仏 滋賀 櫟野寺(らくやじ)の大観音とみほとけたち』@東京国立博物館(1118)

・『速見御舟の全貌 日本画の破壊と創造』@山種美術館(1117) 池上さんと。破壊と創造というのは速見が亡くなったときの大観のことばからか。職場からタクシーで1300円ぐらいだっけ? あと、椿でお抹茶&生菓子。ありがとうございました。

・『クラーナハ展 500年後の誘惑』@国立西洋美術館(たぶん1026)
・『デトロイト美術館展 大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち』@上野の森美術館(たぶん1026) 表現主義が一室あって嬉しい。パウラ・モーダーゾーン・ベッカーなど。

・『ベアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展』@Bunkamuraザ・ミュージアム(0918)
・『エッシャー展~視覚の魔術師』@そごう美術館(0916)
・『ダリ展』(開会式&内覧)@国立新美術館(0913)
・『鈴木其一 江戸琳派の旗手』(メンバー内覧)@サントリー美術館(0913)
・『トーマス・ルフ展』および常設展示@国立近代美術館(0909)
・国立中央博物館@ソウル(0904)
・景福宮(キョンボックン)の国立古宮博物館@ソウル(0902)

・七飯(なない)ロープウェイ、大沼遊覧船(30分)(0831)
・北海道立函館美術館(函館)にて、『開館30周年 ハコビ・グランドコレクション 【道南の美術】セレクション』(りんじろうは函館出身!)および『新収蔵記念 蠣崎波響展』(常設展示にて。ほか、金子鴎亭の書なども)(0830)
・五稜郭タワー(函館)(0830)
・土方・啄木記念館展示、箱館奉行所、函館は元町の教会などは車中見学(函館)(829)
・『レンブラント リ・クリエイト展』@そごう横浜(0819)
・『ふるさとのねこ 岩合光昭写真展』@そごう横浜(0819)

・『ポール・スミス展 Hello My Name Is Paul Smith』@上野の森美術館(0805)
・『12 Rooms 12 Artists』@東京ステーションギャラリー(0805)
・『日本・フランス現代美術世界展』(公募展、無料)および『アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち』@国立新美術館(0805)

・『宇宙と芸術展 かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ』内覧会&レセプション(0729)
・アートアクアリウム@コレド室町1(0729)
・『大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで』@江戸東京博物館(0728)
・『ジュリア・マーガレット・キャメロン展』ブロガー内覧会@三菱一号館美術館(0727)
・『声ノマ 全身詩人、吉増剛造展』および常設、「近代風景~人と景色、そのまにまに~奈良美智がえらぶMOMATコレクション」@東京国立近代美術館(0727)
・『ポンピドゥーセンター展―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで― Masterpieces from the Centre Pompidou: Timeline 1906-1977』@東京都美術館(0713)
・『メアリー・カサット展』(夜間特別鑑賞会)@横浜美術館(0702)

・『ピカソ、天才の秘密』@あべのハルカス美術館(0618)

・『オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展』@国立新美術館(0528)
・『MIYAKE ISSEY展 三宅一生の仕事』@国立新美術館(0528)
・『原安三郎コレクション 広重ビビット』@サントリー美術館(0517)
・『ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞』@Bunkamuraザ・ミュージアム(0509)

・『生誕300年記念 若冲展』@東京都美術館(0422)
・特別展『生誕150年 黒田清輝─日本近代絵画の巨匠』@東京国立博物館(0422)
・『萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく』@武蔵野市立吉祥寺美術館(0420)
・『あそぶ浮世絵 ねこづくし』@そごう美術館(0411)

・『奥村土牛-画業ひとすじ100年のあゆみ-』@山種美術館(0327) ブロガー内覧会
・『日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展』@国立西洋美術館(0318)
・『リナ・ボ・バルディ展 ブラジルが最も愛した建築家』@ワタリウム美術館(0318)
・『PARISオートクチュール 世界に一つだけの服』@三菱一号館美術館(0311)
・『ジョルジョ・モランディ 果てし無き変奏』@東京ステーションギャラリー(0311)
・『自然と都市 印象派からエコール・ド・パリまで』@ポーラ美術館(0308)
・箱根美術館 常設(0307)
・『琳派400年記念 箱根で琳派大公開 岡田美術館のRIMPAすべて見せます~』第二部@岡田美術館(0307)
・『リヴァプール国立美術館所蔵 英国の夢 ラファエル前派展』@Bunkamuraザ・ミュージアム
・『没後100年 宮川香山』@サントリー美術館(0301。友の会の鑑賞日。学芸員トークも聴いた)

・『村上隆のスーパーフラットコレクション-蕭白、魯山人からキーファーまで-』@横浜美術館(20160216)

・『フェルメールとレンブラント 17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち』@森アーツセンターギャラリー(20160129)
・『村上隆の五百羅漢図展』@森美術館(20160129)
・『君が叫んだその場所こそが ほんとの世界の真ん中なのだ。パリ・リトグラフ工房idemから』―現代アーティスト20人の叫びと囁き@東京ステーションギャラリー(20160119)
・『伊藤若冲 生誕300年記念 ゆかいな若冲・めでたい大観 -HAPPYな日本美術-』ブロガー内覧会@山種美術館(20160111)
・『水-神秘のかたち』@サントリー美術館(20160109) 「宇賀神」、そして宇賀神+弁財天に衝撃を受ける。今年は続いて宮川香山、秋には鈴木其一の展覧会があるし、年会費5000円で何度でも入れる(同行者一名OK)、特別内覧会あり(同行者一名OK)など特典いろいろあるので、思い切って友の会に入ってみた。そしたら入会前に見た分の入場券代、返金してくれたよ。いいね!
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード