12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

ミカフェート Mi Cafeto 横浜元町店 

2017.01.27
Fri
21:52

 元町界隈にも好きなカフェが増えてきました。今回はミ・カフェートMi Cafeto横浜元町店の紹介です。2015年12月開店、かな? 元町仲通り、先日記事を上げたスタージュエリーカフェ&ショコラティエの斜め前になります。

 開店時の様子。
DSC_1885.jpg

 一階はショップです。こちらも開店翌日かな? 初めて行った時に撮らせていただいたもの。
DSC_1898.jpg

DSC_1900.jpg
 puenteというのはスペイン語で「橋」を意味します。イラストもそれを意識してるね。それから、おいしいコーヒーを届けるというに留まらないコーヒーハンター・ 川島良彰さん(Mi Cafeto設立者)の考えが反映されているのだと思います。

 こちらのお店、開店してまだ一年ちょっとですが、フットワーク軽くかなりこまめにメニューに手を入れています。
 これは最初期のもの。
DSC_1889.jpg

DSC_1895.jpg
 最初期はランチもあったの。たしかコロンビアの具だくさんスープ。←サンコーチョ sancocho でした。
DSC_1896.jpg
 パンといっしょにいただきます。
 おいしかったけど、けっこう強気なお値段だった記憶。そしてかなり早い段階で消えたなーと。

 こちら、コーヒー単体でももちろんいただけるんだけど、コーヒー+タルトの提案に乗ってみるのが楽しいお店です。8種類のタルトと8種類のコーヒーの組み合わせ……から、先日ちょっと久しぶりにうかがったときにはタルトが二種類増えてました。また、タルトごとに合うコーヒーの提案も、高級なグラン・クリュも視野に入ってたりして。

 新顔の「木の実のタルト」+プーロ・フラグアPuro Fraguaにしてみました。
DSC_4756.jpg
 ひとつのトレイに並んできて、タルトは手でいただくのがこちらのスタイル。
 そして、コーヒーについてのリーフレットを読むのも楽しいです。豆の特徴だけでなく、農園との出会いとか、作っているひとたちとのエピソードなど。

 バレンタインが近いからか、期間限定で明治のザ・チョコレート(好き)の提供もありました。店内でお召し上がりくださいとのことでした。
DSC_4758.jpg

 モーニングも10時~11時30分にあるそうなので、一度行ってみたいな。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

スタージュエリー・カフェ&ショコラティエ 

2017.01.22
Sun
09:47

 この数年チョコがどんどん好きになるわたしにとって嬉しいお店です。

 代官坂下の角にある白い館。レストランとして営業していた頃、一度ランチに行ったことがありました。しばらく改装閉店してて(けっこう長かったので「そのまましまってしまうのでは……」とか思ってたごめんなさい)、8月にカフェ&ショコラティエとしてリニューアルオープンしました。

DSC_3723.jpg
 カフェなだけじゃなくて、ショコラティエなのだよ!

DSC_3731.jpg
 白を基調にしたスタイリッシュな内装です。

 サンドイッチなど軽食もあるんだけど、わたしは今のところもっぱらカフェ利用です。
 DSC_3729.jpg
 しまった、メモ忘れた。
 一見まったくわからないんだけど、こちらにもチョコレートが使われていました。ホワイト。
 
DSC_4280.jpg
 気に入っているのはボンボンショコラ+コーヒーのとりあわせです。
 店内では二粒から注文可能。+コーヒーで900円+税なのはお値打ち感ある。

DSC_4746.jpg
 チョコレートドリンクも各種あるので、このあいだうかがったときに頼んでみました。
「赤い果実とホワイトチョコレート」とか気になるけどアイスだけ。さすがに冬の夕方には……ということで、ミルクチョコレートをホットでいただきました。
 うーん、濃厚。でも飲みやすいよ。

 ボンボンショコラはすこしずつ変わるので、いろんなとりあわせでいただくのが楽しみです。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

王様のガレット! 

2017.01.21
Sat
16:33

 11月に大丸谷坂にオープンしたパティスリー・レ・ビアン・エメ。
 予約制のガレット・デ・ロワを食べてみよう! とお願いし、仲間を誘ってごはん&お菓子の会となりました。

 ガレット・デ・ロワgalette des rois 1月6日のエピファニー(公現日)に食べるお菓子で、レ・ビアン・エメでは1月いっぱい、予約制で購入することができます。3営業日前までに予約してください、ということだから、今日~月曜日にお願いすれば月末に間に合うかな? 
 
 .ホールでしか購入できないからうちで食べるのはねー……と、桃饅頭ちゃんたちもいっしょに! とねこてんさんに持ちかけたところ、丘の上のマダムや近くに住むSみさんも誘って、
・まずはジェイハンのランチをテイクアウトしていただこう
・そしてガレット・デ・ロワを!
となりました。

 ジェイハン(石川町のトルコ料理店)のランチは、テイクアウトをお願いしたら容器に詰めてくれたそうです。予約したものをねこてんさん母子とSみさんが取りにいってくださいました。
 L1022128.jpg
 おお、豪華!
 これで一人分です。ピラフおいしい。ムサカみたいなグラタンも。桃まんちゃんはマトンのにおいがちょっと苦手のようすでしたが、おばちゃん的には問題なし。
 Sみさんが持ってきてくれた泡(アスティの甘口寄りスプマンテ)や、お茶といっしょにいただきました。

 そしてガレット・デ・ロワ。
L1022120.jpg
 焼き入れてあるフェーヴにあたったひとが一日王様/女王様になるということで王冠つき。
 でもフェーヴかな? ってちいさなお人形もガレットにではなく外に出てたのであれ? と思って聞いてみたら、噛んだりしたらという危険防止のため、実際に入れてあるのはアーモンドというお話でした。

 フェーヴにせよ、アーモンドにせよ、ナイフに当たったらどうしよう? って思いましたが、この線に沿って切ってみたらいいんじゃない? ということになり、8分割しました。よし、切り口からもどこにアーモンド入ってるかわからないぞ。
L1022125.jpg

 切り分けるとこんな感じ。
L1022130.jpg
 切り口からも見えないのでまさにあてずっぽうにチョイス。そしたらめでたく桃饅頭ちゃんがアーモンド入りのピースを選んでました! ぱちぱちぱち。今年宝くじとか買うときには桃饅頭ちゃんにお金あずけて買ってきてもらうのがよいであろうか?

 パイ部分はさくっとした焼き上がりでバター風味も豊か、中身のアーモンド生地も濃厚。おいしくいただきました。

 ガレット・デ・ロワについては、アルティザン・テラのこのページ楽しいですね。パイ部分の模様パターンとその意味なども載ってます。

 わたしが住んでたことのあるスペインでも公現祭特有のお菓子がありました。
 それはロスコン・デ・レジェス roscón de Reyes. (王さまたちのロスコン。「ロスコン」というのは、ドーナツ型の大きなパン)というものです。中には豆とちいさな人形がひとつずつ入ってて、人形の入ったピースを当てたひとはいわゆる「王さま」に。これはガレット・デ・ロワといっしょです。でも豆入りを当てちゃったひとは逆に運のない人(説明によっては、「豆を引いたひとがこのロスコンの代金を払う」とも)。
 ロスコン・デ・レジェスは、楕円形の甘いパンの間にたっぷり生クリームがはさまれてるイメージが強いなあ。写真なども含めて、『地球の歩き方』の特派員ブログのこの記事とか、どうでしょう。
 ふと思いついて検索してみました。ポルトガルはスペインと似てる感じかな? →「マカオのボーロ・レイ」の紹介ページ
 イタリアでも当然なにか。と思ったんだけど、……すぐには見つからない? 
 
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

札幌で食い倒れ3・11月13日 

2017.01.19
Thu
00:18

 さて、今日は横浜に帰る日。フライトは夕方です。
 まずは腹ごしらえだーっと、タクシーで中央市場場外に乗り付けます。
DSC_4358.jpg

 朝食はかつて札幌に住んでたことがある友人のお薦めの店、「まる」で。
 〇のまるかと思ったらMar=スペイン語で「海」を意識してるよね? でした! メルカド・キッチンて書いてあるもんね。メルカドはmercadoで「市場」の意味があるし。
DSC_4346.jpg

 やっぱうにいくらでしょう。
DSC_4348.jpg

 全体をぱちり。
 肉団子とか煮物などあったかいものもあるのやっぱり嬉しいよね。
DSC_4350.jpg

 デザートもついてます。夕張メロンなつかしい♪ 常温だったのでゼリーの食感でした。
DSC_4354.jpg

 朝ごはんのあとはまる一階のおみやげ屋さんでいろいろ買い物。
 ホテルに帰り荷造りして宅急便送ってチェックアウト。それなりに時間があったのですが、今回展覧会などもあまりこれといったものがなく、思い切って早めに新千歳空港に行ってしまいました。温泉や映画館もあるというし……。

 まずはLe Tao(ルタオ)でソフトクリーム。だけに留まらず、カフェ限定のドゥーブルフロマージュ乗せをいただきました。
 レジ裏になるからちょっとわかりにくいみたいだけど、ちゃんと座って食べられるスペースがあるので便利。
IMG_20161113_130624.jpg

 映画は友人の希望(&時間の都合)で『インフェルノ』を見ました。フィレンツェ、ヴェネツィア、イスタンブールなど旅情もたっぷり。見てるときには楽しんだけど、終わってみたら「あそこはどうなん?」とけっこう納得がいかない(笑)。

 出発前に友人はフードコートでラーメンを。わたしはそこまでお腹すいてなかったのと、おみやげを買う時間がほしかったのでしばし自由行動。さっさと買って(市場の店でもだいぶ買ってあったし)、鮭乃丸亀でおにぎり&昆布スープをイートイン。このスープがおいしかった!
DSC_4367.jpg

 というわけで二泊三日食い倒れツアーもこれにておしまい。
 また来ましょう!
 今度は小樽にも行ってみたいな。

Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

札幌で食い倒れ2・11月12日 

2017.01.18
Wed
09:32

(途中まで書いて放置してた。今更ですがアップしておきます)

・12日(土)

 前夜たらふく食べたのでブランチにしようということで(素泊まりプランにしてありました)、他の友人とも待ち合わせておしゃれカフェへ。ぐーぐるさんによると徒歩20分程度だというので朝のお散歩を兼ねて歩いていくことにしました。

 お、よさげなお店が。1930年創業という老舗、モンジェリ。入ってみましょう。
DSC_4317.jpg

 おいしかったらお土産に使ってもいいなと思ったのですが、日曜日がおやすみか。でもまた札幌来ることあるかもだし、名代のカヌレをいただいてみよう! 独特のねばりけある食感が楽しいですね。
DSC_4318.jpg
 友人はスイートポテトを購入。皮もうまく活かしててずっしりおいしい。

 待ち合わせはファビュラスFAbULOUSというおしゃれカフェ。有名なのはガレットだそうです。総勢五人で入りました。

DSC_4328.jpg

 アイアンだー(好き)。
DSC_4327.jpg

DSC_4320.jpg

 きのこのフリカッセをいただきました。
DSC_4321.jpg

 やっぱり朝昼兼用だともうちょっと欲しい……というわけで、「煮詰めリンゴとくるみのパルフェ」も頼んでしまった。
DSC_4324.jpg

 友人のひとりが冬季限定の「生ブルーチーズケーキ」を頼んだのでぱちり。半分こしていただきました。
DSC_4326.jpg

 解散し、いっしょに泊まった友人とふたりに戻ります。名物食べ尽くしを狙う友人は、デザートなんかよりスープカレーを狙っていたとのこと! ごはん軽めにしてもらえばいいかなと、お店いっしょに探しました。
 最初に並んでみたところは(二番目ぐらいだったから)、なんと直前でカレーがなくなって店じまい。
 けっこううろうろして、結局ビルの地下の店に。ちいさな広場があって共通の待合として使えるのが嬉しいね。
 
 おいしかった! のですが、お店の名前とか忘れた……。メモも取ってませんでした。友人も、何店かに振られていろいろ検索した末にたどりついたのでよくわからないとのこと。

DSC_4334.jpg

DSC_4335.jpg

夜はジンギスカン。
「ひげのうし」というお店で、ここは友人が予約してくれました。ちゃんと食べるの初めてかも。
DSC_4345.jpg

 二重扉になってて、店内に入るまえにロッカーに服や荷物を入れます。これは便利。
 で、なかはオープンキッチン式カウンターをぐるりと囲むように座席が。大きな荷物はロッカーに入れるので、まるでバーみたいな感じです。
DSC_4339.jpg

DSC_4344.jpg

DSC_4340.jpg

 次の予約が入っているということで、さっといただいてごちそうさま。
 いやー、今日もよく食べました!
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

福岡に行ってきました(2) 

2017.01.16
Mon
00:01

〔1月9日〕
 
 お昼は天神近くのジビエのお店に行こうか、と、福岡在住の友人と話してました。
 午前中はひとりだしどこに行こうかな‥‥‥。福岡市博物館というところでフィンランド・デザイン展やってるらしい。それにしても大阪で4年前の夏に見て以来、たぶん内容は違う部分多いと思うんだけど、札幌行ったときにも同じタイトルの展覧会やってたりして、ふしぎな縁を感じるなー。

 ホテルはバスターミナルからも近いので便利。近距離バスは一階で並びます。
 30分弱で博物館最寄りの停留所に着きました。おお、ここはシーサイドももち‥‥‥!  (すんごい前、まだ「建設予定地」だったころ仕事で来たことがある)。
 ビルがたくさんたってて、それもあって風が強いなあ、ひとはほとんど歩いてないなあという地域だったのですが、なぜかバスを下りて走ってく女性が数人。博物館に行くわけでもないみたいだし‥‥‥?
 でも入場してみたら、お、この行列は?
DSC_4677.jpg
 とうらぶだったー!
 階段下左の行列は、等身大パネル撮影かな‥‥‥? 帰りには行列は解消してました。
  
 この「本日の企画展示室」ではわからないのですが、第二室でとり尽くしの展示のほかに、黒田家伝来の名刀が展示されていたのです。 
DSC_4707.jpg
ウェブサイトから引用)
 黒田家資料を中心に紹介する企画展示室2「黒田記念室」の「黒田家名宝展示」のコーナーでは、
 国宝・刀「圧切長谷部」、国宝・太刀「日光一文字」も展示します。
(引用ここまで)

 2月5日まで展示の「圧切り長谷部」(へしきりはせべ)が目当てのひとたちだったのだね!

 さて、展示室に行く前にとりあえず一服。寒いしおなかすいたし。
 博物館喫茶室に入ってみました。これは座席から見たお外です。
DSC_4674.jpg

 入って奥には外に面したおひとりさま席もあって工夫してるね。
DSC_4672.jpg

 早い時間だったのでモーニングセット(たしかたまごかけごはんとか、トーストとか)およびケーキしかなかったので、ケーキをお願いしました。
DSC_4676.jpg

 ちょっとあったまったし、さて展示室へ行こう。
 ちなみに、フィンランド・デザイン展はね、14日からでした‥‥‥(疲れてたから!)。 

 こちらになにがあるかぜんぜん調べずに来てしまったのですが、常設にかの国宝、金印「漢委奴国王」(「漢ノ委ノ奴ノ国王(かんのわのなのこくおう)」がありました。本物を見たのは初めてです。
DSC_4680.jpg
 暗い展示室に浮かび上がるようにピンスポが当たってました。スマホでは納得いくものが撮れなかったのでほかの展示品を。

 はんこだからあたりまえといえばあたりまえですが、実物は小さい。一辺2.3センチ、重さ108グラムですが、同じ大きさ重さのレプリカを持ってみようコーナーがあり、けっこうずしりと持ち重りがしました。108グラムというのは十円玉24枚ぶんの重さだそうな。

 この金印は、常設展示「FUKUOKA アジアに生きた都市と人びと」(紹介はこのページに)に組みこまれていました。

 体験コーナーのキャプション。手書きってぱっと目を引くね。工夫してる。 
DSC_4684.jpg

 ほんとうに福岡って大陸に近いことがようやく実感できました。
DSC_4686.jpg
 また、貿易都市として発展した、いわば日本のヴェネツィアみたいな町だったんだなあと。 

 展示室1の「見えないものを見る」には伊藤若冲の「付喪神図」も。
DSC_4700.jpg

 刀剣を近くでじっくり見たいひとは行列必至でしたが、それはまあすこし離れてでもいいや、ほかをふつうに見たいという場合はフリーパスな感じで展示室に行けました。よかった。

 さて、天神近くのレストランを目指してバスに。
 なんと待ち合わせしていた友が途中から同じバスに乗ってきてラッキーでした。
 でもお目当てにしてたレストランはやってない様子‥‥‥?

 お向かいにホテルニューオータニ小倉があり、渡ってはみたんですけど、やっぱり福岡らしいもの食べたいなあと、ホテルにも接続してるショッピングセンター・サンセルコの地下飲食店街に入ってみました。
 えーと、祭日だから閉まってるお店が多いのかな。13時過ぎてるからピークアウトもしてるはず。でももともとテナント募集になってるっぽい場所もいくつも。
 やっぱりニューオータニに行く‥‥‥?

 と、連絡口目指して歩いてるときに目についたお店。
 壁がないのです。カウンター&テーブルで、テーブルには家族連れっぽい四人、カウンターにも一人客がいました。

DSC_4711.jpg
 ご家族連れが帰ったので撮ってみた。こんな感じで壁いっぱいに張り紙や写真が。
 お店の名前は
〔ビック鯛はのぼる〕
です。
 鯛? なぜ鯛? ←あとで調べてみたら、もともとはたい焼きのお店だったらしい。

DSC_4708.jpg
 もともとジビエ食べようかななんて言ってたので肉モード。牛バラ焼肉丼お願いしたかったのですが、
「もう30食みんな出ちゃった!」
というお返事。

 豚ロース味噌炒め丼にしました。
 ごはん・味噌汁はセルフサービスです。
DSC_4709.jpg

 お茶は別の場所にしよっかということで単品でお願いしたつもりが、デザートもついてきた。
DSC_4712.jpg

 コーヒーも飲めるらしいので、ランチセットとの違いはなんだかわかんないのですが、代金はちゃんと単品でした。
 ごちそうさまでした。
 お箸は足元のごみ箱に。食器はカウンターに返却です。
 おもしろかったー!

 で、バスにちょこっと乗って(停留所三つぐらい)天神に戻ってきました。
 うろうろしてたんだけど、前日に見かけて気になっていたお店に入ってみました。
 Frau Atsuko Kayashina という店。バームクーヘン、ケーキなどといっしょに、ひよ子も並んでいます。系列店かな。

 二階のカフェに入りました。
 お茶もしくはコーヒーだけのつもりが、やっぱり甘いもの食べてしまうよ。
 
DSC_4716.jpg
 おいしかった。生クリームもふわっと軽くてしつこくないの。

 おしゃべりしているとあっという間に時間が過ぎていきます。
 フライトの時間が迫ってきたのでいっしょに地下鉄に乗り、友人は博多で降車。会えて嬉しかった、どうもありがとう!

 福岡はごはんおいしいしすごく安いし、いいですねー。
 また行くよ!
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

福岡に行ってきました(1) 

2017.01.15
Sun
11:59

 今年最初の旅は福岡一泊でした。ざーっと行くよ!

〔1月8日〕
 フライトは7時10分なので支度など逆算して3時半起床。羽田でなにか食べようかなと思っていたけど、さすがに6時台ではあんまり開いてるお店もなく、「よーし福岡で遅め朝ごはんにしちゃうぞ」と決意。

 朝ごはん代わりに空港からジャックへ直行しました。イートインも9時半~だからいいよね! と思ったんですが、Google Mapsの情報が古くて移転前の場所が登録されてて、
〔いくら前回は福岡在住の友だちに連れてきてもらったとはいえ、近くにいるはずなのにまったく見覚えないのはおかしいよ‥‥?〕と思いつつもうろうろ。すこし雨も降ってました(この日、福岡は朝けっこうな雨だったそうです)。 
 あきらめてタクシーに乗ったら920円になりました。早くあきらめてよかったじゃん。

DSC_4663.jpg
 ジャック外観。迷ったのも結果オーライ。今年から開店が10時になったそうです。ショップカードはまだ9時半からになっててまだまだ浸透するには時間がかかるかな。

 一昨年来たときにもいただいたのですが、やっぱり好きだよね‥‥。
 落ち着いた喫茶スペースにはシャーデーSADEが流れていて、居心地もいい空間です。一杯立てコーヒーをおともに、まずはピスタアンタンス。
DSC_4660.jpg

 今回はふたつにしておくことにして選んだのはタルトレットシトロン。
DSC_4662.jpg

 夕方会うことになっていた友人たちへの手土産とか、自分用などのお菓子を買いました。
 ガレット・ド・ロワもあったから〔持ち帰って(または送って)レ・ビアン・エメのと並べて東西対決しちゃう?〕と思ったりもしたのですが、常温品ではあるけど当日が消費期限だったのであきらめました。

 ホテルに荷物を置きに。その前に駅あたりをふらふらし、お昼はどうしよう‥‥‥うどんとか? と考えた末に、居酒屋さんでゴマサバ定食を見つけてそれに。前回知った福岡名物です。

DSC_4666.jpg
 夕食は実家が福岡の友人が予約してくれた水炊きのお店・濱田屋へ。
 おいしいよ! しかも安いよ!

56142.jpg

56144.jpg

 奥の挽き肉はその場でねるねるしてつくねにしてくれます。ふわふわのなかに軟骨が入ってて食感も絶妙だ。
56145.jpg


 追加でから揚げー。
56146.jpg

 友人たちはこの後屋台に繰り出したのですが(ラーメンも食べたそうな)、わたしは三時半起きだからもう眠い感じに‥‥。博多駅すぐだと比較的遅い時間でもバスもどんどん行くので便利。しかも終点でおりたらほんとにホテルすぐでした!

Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

麦田にクラフトバル・ココペリがオープン 

2017.01.14
Sat
08:19

 麦田と元町をつなぐトンネルは二本が平行してて、麦田→元町のもとからあるほうが「第一山手隧道」、あとからできた元町→麦田の細いほうが「第二山手隧道」と言います。第二のほうを麦田に抜けてすぐのところ、トリミングサロンのすぐ近くに、窓~ドアがお店っぽい建物ができたのはいつだったかな。
 しばらく気にしてたけど特にお店にはならない感じ‥‥‥? でチェックを外してしまいました。  
 というわけで、お店ができてる! と気づいたのはもう師走のことでした。開店は11月中旬とのこと。

 ニューカマーのお店は、クラフトビールを出すお店、ココペリです。麦田では初めてかな?
 DSC_4656.jpg
 お店のシンボルマークにもなってる「ココペリ」Kokopelliは、ネイティブ・アメリカンに広く愛されている精霊だそうです。笛吹いて楽しそうだよね。

 クラフトビールは顔ぶれを変えて三種類、ほかにワインや日本酒も出すとか。
 まずはランチに行ってきました。これは1月13日のランチメニュー。単品でも注文できそうです。
DSC_4655.jpg

DSC_4642.jpg

 入ると右手奥がカウンター席。
 左手には2・4・2のテーブル席があります。このうち、奥の2人席は椅子がスツール。
 白壁と明るい木のインテリア、居心地いいね。
DSC_4641.jpg

DSC_4644.jpg

 母とふたりで行きました。
 これは共通の前菜盛り合わせ。横浜野菜のサラダ、欧州ニシンのエスカベシュ(あったかいのがいいね。ニシンの皮もぱりっとしてます)、シューにはさんだポテトサラダにはたしかフグも入ってたかと。
DSC_4646.jpg
 
 こちらはわたし。メインはリブロースステーキにしました。スキレットに入ったままサーブされ、あつあつをいただきます。付け合わせのヒヨコマメのピラウとの相性がいいよ!
DSC_4648.jpg

 母は煮込みハンバーグです。
DSC_4652.jpg

 どちらにもパンがついてきます。
DSC_4651.jpg

 食後にはコーヒーまたは紅茶。
DSC_4654.jpg

 今日13日、こんどはひとりで行ってみました。
 日差しがまぶしいぐらいだったけど、ごはんもっとおいしく見えるし、前回とは見えるものも違うしで窓辺の席を選びました。座布団(というべきか)はギャッベかな?

 今日の前菜。サラダとエスカベシュは同じ。シューのなかのポテトサラダには、フグではなく挽き肉が入っていました。シューもあったかくて軽くて気持ちいいよ。 
DSC_4722.jpg

 今回はビスク風ヌードルをお願いしました。
DSC_4724.jpg
 ビスクおいしかった! スープとしていただくのもいい。濃厚なビスクとよくからむということで、中華の細麺を選んだそうです。パンで最後までぬぐいました。

 お店(二階が住居)にいるのは若いおふたり。お店を持ちたくて探していたところ、蒔田あたりとここが候補にあがったそうです。こっちを選んでくれてありがとう。また行きます。

 ところで一枚目にあげたお店の写真。ねこ的なものが描かれているのに気づきましたか?
 お店のFacebookページを掘ってくとその謎? が解けるよ!
 
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 展覧会

2017年の展覧会(&観光) 

2017.01.09
Mon
19:58

・『アルチンボルド展』@国立西洋美術館(0818)
・『タイ~仏の国の輝き』@東京国立博物館(0818)
・『没後500年 レオナルド・ダ・ヴィンチ展』@そごう美術館(0814)
・『ねこの京都』岩合光昭写真展@そごう横浜(0814)
・『ベルギ―奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで』@ザ・ミュージアム(0810)
・『杉戸洋 とんぼとのりしろ』@東京都美術館(0810)
・『ボストン美術館の至宝』展@東京都美術館(0810)

・ヒュー・レーン美術館Dublin City Gallery the Hugh Lane 常設展示(フランシス・ベーコンのアトリエ含む)および企画展Anne Madden: Colours of the Wind - Ariadne’s Thread(0729)
・国立装飾美術・歴史博物館(0729)
・ケルズの書およびオールドライブラリー(トリニティ・カレッジ)、聖パトリック大聖堂(0729)
・ニューグレンジ、モナスターボイス(ハイクロス)、タラの丘(0728)
・ダークヘッジズ、キャリック・ア・アリード吊り橋、ジャイアンツ・コーズウェイ、ベルファストに立ち寄り(0727)
・ダンガイアー城、「巨人のテーブル」、モハーの断崖、キルフェノーラのハイクロスなど(0726)
・常設展および特別展"Vermeer and the Masters of Genre Painting" @National Gellery of Ireland (0725)

・『没後50年記念 川端龍子 -超ド級の日本画』@山種美術館(0721)
・没後40年 幻の画家 不染鉄 暮らしを愛し、宇宙(コスモス)を描いた@東京ステーションギャラリー(0714)
・レオナルドXミケランジェロ@三菱一号館美術館(0714)
・神の宝の玉手箱@サントリー美術館(0707)
・ジャコメッティ展@国立新美術館(0707)
・サンシャワー 東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで@国立新美術館(0707)

・カサ・アマトリェール 映像ガイドツアー(0628)、その後ごはんのためVilla Olimpicaへ。最後はボルン。
・カサ・ミラ見学(0627)
・常設展および企画展"Torné Esquius. Poètica quotidiana"(すごく好き)&"Ismael Smith, la belleza y los monstruos"(これも面白かった)@カタルーニャ美術館(0627)
・MACBA(疲れてたのもあり企画展ちょっと頭に入りにくかった)"AKRAM ZAATARI
CONTRA LA FOTOGRAFÍA. HISTORIA ANOTADA DE LA ARAB IMAGE FOUNDATION"、"FORENSIC ARCHITECTURE. HACIA UNA ESTÉTICA INVESTIGATIVA"など(0626)
・サグラダファミリア(生誕の門にも登る)、カテドラル
・カタルーニャ音楽堂ガイドツアー(0625)
・常設展(カルメン部分以外)および企画展"El Renacimiento en Venezia"@ティッセン(0624)
・トレド遠足。カテドラル、サント・トメ教会(「オルガス伯の埋葬」)、サンタ・クルス美術館(常設および企画展"ELLAS, NOSOTRAS, VOSOTRAS" de Adriana Lestido(アルゼンチンの写真家)&"neosurrealismo o abstraccion surrealista?"de Paco Rojas(1942年トレド生れ)。企画展も両方よかった(0624)
・スペイン王宮見学、マヨール広場など(0623)
・常設展および特別展"Piedad y terror en Picasso-El camino a Guernica"@ソフィア王妃芸術センター(0623)
・常設展および特別展"Tesoros de la Hipanic Society of America"展@プラド美術館(0623)
・ロマン派美術館@マドリッド 常設展(0622)

・『ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展』Bunkamura ザ・ミュージアム(0619)
・『没後70年 北野恒富 なにわの美人図鑑』@あべのハルカス美術館(0617)
・『ライアン・ガンダー この翼は飛ぶためのものではない』および美術館の所蔵作品展(ガンダーがキュレーションした「かつてない素晴らしい物語」@国立国際美術館(0617)

・『19世紀パリ時間旅行』@練馬区美術館(0526)
・『ランス美術館展』@損保ジャパン日本興亜美術館(0526)
・『アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国』@東京ステーションギャラリー(0509)
・『オルセーのナビ派』@三菱一号館美術館(0509) 再訪。こんどはイヤホンガイドも借りてゆっくり。この前にギンザシックスに行き、やよいちゃんのオブジェとかも見た。
・『YCC Temporary 大巻伸嗣』@YCC(0508)

・『大英自然史博物館展』@国立自然博物館(0430)
・『ファッションとアート 麗しき東西交流』ブロガー内覧会@横浜美術館(0422)
・『ミュシャ展』@国立新美術館(0421)
・『草間彌生展「わが永遠の魂」』@国立新美術館(0421)
・『絵巻マニア列伝』@サントリー美術館(0421)

・Chiesa dei Santi Giovanni e Paolo
・とにかくムラーノ島。教会ひとつだけ見る。
・常設およびWilliam Merritt Chase: a Painter between New York and Venice@Ca' Pesaro
・常設およびSERENISSIME TRAME – TAPPETI DALLA COLLEZIONE ZALESKI E DIPINTI DEL RINASCIMENTO@Galleria Georgio Franchetti alla Ca'D'oro
・ウォーキングツアーの途中でジェズイーティ教会Chiesa di Santa Maria Assunta detta I Gesuiti
・ゲットーあたり散歩、その後Domingo de Ramosの祭礼を見る
・(バーカロツアー)(0408)
・カ・レッツォーニコ宮(ヴェネツィア18世紀博物館) (Ca'Rezzonico (Museo del Settecento Veneziano))
・カルミニ大信徒会 (Scuola Grande dei Carmini) Tiepoloたくさん
・Basilica di Santa Maria Gloriosa dei Frari (ティツィアーノの聖母被昇天など)
・San Rocco大信徒会 (ティントレットたくさん)
・Il paradiso riconquistato. Trame d’oro e colore nella pittura di Michele Giambonoおよび常設。Bellini特集もあった@Gallerie dell'Accademia(0408)
・あいのりでゴンドラ(0407)
・常設および Rita Kernn-Larsen. Surrealist Paintings@Pggy Guggenheim Colletcion (0407)
・Itinerari Segreti@Palazzo Ducale (0407)
・JHERONIMUS BOSCH E VENEZIA@Palazzo Ducale(0407)

・特別展『雪村-奇想の誕生-』東京藝術大学大学美術館(0327) 開会式および内覧、レセプション
・『エール蔵王 島川記念館所蔵 秘蔵の名品 明治から昭和の日本画と洋画 絵画の潮流』@そごう美術館(0324)
・『これぞ暁斎!世界が認めたその画力』@Bunkamuraザ・ミュージアム(0323) ブロガー内覧会
・『N.S.ハルシャ展-チャーミングな旅』@森美術館(0323)
・『大エルミタージュ展』@森アーツセンターギャラリー(0323)
・『DAVID BOWIE is /デヴィッド・ボウイ大回顧展』@寺田倉庫G1ビル(天王洲)(0317)
・『日本画の教科書 東京編』@山種美術館(0317) 
・『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術』、および常設@国立近代美術館(0317)
・『ティツィアーノとヴェネツィア派展』@東京都美術館(0310)
・『パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右』@東京ステーションギャラリー(0310)
*その前にKITTE東京をけっこうちゃんと歩く。

・バスでだらだら京都駅へ行き、すこし買い物して帰途に。3月5日
・歩いて岡崎へ(途中、直ちゃんへの漬け物なんかも買う)。京都国立近代美術館で、金曜日に見そびれた『endless 山田正亮の絵画』を鑑賞。すごい。ついでに常設もちょっとだけまた再訪。
・タクシーで920円? 二条のリッツカールトン京都へ。2時にバーショコラ予約。すこし早く着いた。お昼食べてなかったのでまずニース風サラダ。おいしい。まぐろも入ってる。お茶はダージリン。それからバーショコラでチュアオ。おなかがいっぱいで死にそうになる。
・ホテルから散歩がてら松原商店街に行き、まるきや製パン所に買い出し。帰って送る荷物とチェックアウトの支度、9時に出る。移動、セミナー。その後バスで下鴨神社の旧三井家下鴨別邸へ。二階で「京都伝統産業青年会展」200円もつけて、640円だったかな?

・シンポジウム後バス(延々と)で京都国立博物館へ。3月のみ土曜日も8時まで開館。常設展示を見学(ただし第一室彫刻はほぼ閉鎖)。お雛さまの展示など特集。
・ホテルから歩いてマリベル(カフェはまさにこの日から休止)で買い物、すぐ目の前のベルアメール京都別院の二階カフェでフルーツショコラパフェ、すぐ近くの大極殿本舗六角店栖園で琥珀流し、京都文化博物館別館の前田珈琲でロールサンドとコーヒー →シンポジウム

・京都東山花灯路(とうろ) 初日を歩く。知恩院で入場(0303)
・京都国立近代美術館 常設展示(特集展示:長谷川潔(0303)
・『ヨーロッパ名窯美麗革命!アール・ヌーヴォーの装飾磁器』@細見美術館(0303)
・聖護院(京の冬の旅 特別公開)(0303)
・金戒光明寺 西翁院(京の冬の旅 特別公開)(0303)
・紫雲山・くろ谷 金戒光明寺(京の冬の旅 特別公開)(0303)
・生誕300年記念 『伊藤若冲展 後期 』(本邦初公開 「鸚鵡牡丹図」他)@相国寺承天閣美術館(0303)
『ロベール・クートラス展 僕は小さな黄金の手を探す』および常設@アサヒビール大山崎山荘 (0303)

・杵築をちょっと走る。時間が足りない&雨降り出したのでだいたい車内から古い街並みを見る@杵築(0222)
・かまど地獄、血の池地獄@別府(0222)
・artegio(アルテジオ)、湯布院ちょっと歩き(0221)
・OPAM常設展示&企画展『東西風景版画の出会い』・コレクション展『春を言祝ぐ』@大分県立美術館(0220)
・『河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性』@東京都庭園美術館(0215)
『オルセーのナビ派』ブロガー内覧会@三菱一号館美術館(0209)
・『マリメッコ展』@Bunkamura (0203)

・『篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN』および「横浜美術館コレクション展 2016年度第3期」(写真尽くし)@横浜美術館(0125)
・LaLa40周年記念原画展@そごう美術館(0113)
・常設展(「FUKUOKA アジアに生きた都市と人びと」。国宝の金印「漢委奴国王」含む)および企画展(1・見えないものを見る、2・鳥・酉・鶏、3・時代を映す銅鏡、4・異国と福岡)@福岡市博物館(0109)
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: コンサート、演劇

2017年の舞台関係 

2017.01.05
Thu
11:29

・谷山浩子コンサート~デビュー45周年大収穫祭~@東京フォーラムC(0429)
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード