02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»04

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

京都でガンガン歩きました。3月3日~5日 

2017.03.07
Tue
11:11

 3月4・5日に出張が入ったので、3日は前乗り。京都に行ってきました。ブログ記事を見ると、2015年6月以来です。まだ大分の記事も終わってないし、元町カフェ温故知新シリーズ(と勝手に思ってる)もアップしたいのですが、とにかくメモだけアップしておきます。

〔3月3日・金〕
・7時過ぎの新幹線で京都へ。9時ちょっと前着。駅→ホテルの当日着配達に大きなほうのバッグをあずける。
・山崎に行き、『ロベール・クートラス展 僕は小さな黄金の手を探す』および常設をアサヒビール大山崎山荘で鑑賞。カフェで一服。
・京都駅に戻り、料亭の支店でおばんざい的な……と思ってsuvacoに行くけど長蛇の列であっさり諦め、同じとこにあったイタリアンで昼食。
・地下鉄+徒歩で相国寺承天閣美術館へ。生誕300年記念 『伊藤若冲展 後期 』を鑑賞。
本邦初公開 「鸚鵡牡丹図」他、とチラシにもありましたが、五点かな? 初公開の。まだまだ隠し玉があるってことですかね……?
・予定より早めに動けてるので、京の冬の旅のチラシを見て、岡崎に近いからと紫雲山・くろ谷 金戒光明寺へ。
・続いて京の冬の旅で公開中の金戒光明寺 西翁院。
・さらに聖護院。
・一服しようと、西尾八ツ橋の里に入り「西尾のおしるこ」をいただく。
・徒歩で岡崎へ。まず細見美術館で『ヨーロッパ名窯美麗革命!アール・ヌーヴォーの装飾磁器』を鑑賞。意外に(すみません)よかった。参考出品で宮川香山もいくつか。
・そんなこんなで企画展のクローズに間にあわず、京都国立近代美術館の常設展示だけを見る。展示室にひとりだったりもする、とても贅沢。特集展示は長谷川潔だった。嬉しい。
・帰り際、3日スタートのイベント・京都東山花灯路(とうろ) を歩く。知恩院でライトアップに入場しました。
・さすがに力尽きてタクシーを拾い、ホテルのほぼ正面まで。ちゃんとした栄養摂ってなかったけどそこまでお腹も空いてなかったし、一人旅の気ままさで、コンビニでローストビーフ&サラダを購入して部屋で食べました。
*歩数は24000歩ぐらい。がんばったな。

〔3月4日・土〕
・出張一日目は13時からのセミナー参加。おおまかに言って、午前中はフリー。
・ホテルは五条駅のすぐそば。セミナーに行ってしまうと歩くこともないし、時間的に余裕もあったので、烏丸御池近くを目指して歩くことに。
・友達に教えてもらったマリベル(チョコレートで有名、カフェも10時~)には9時45分ぐらい着。とても気合の入った三人連れが並んでいたので、一休みがてら行列。→10時入場。でもでも、まさにこの日からホワイトデー対応でカフェおやすみ……。
・マリベルでお土産にチョコ買って、さてどうしようと外に出て京都文化博物館の寺田珈琲目指そうと思ったら、ほんとにすぐのところにベルアメール(これもチョコ)京都別院があり、こちらはカフェ営業も! 入って朝ごはん代わりに(!)フルーツショコラパフェとコーヒーとセットで。
・もうちょいなにか……と思って、今回ガイドブックとして買った『京都おやつガイド』で紹介されてた大極殿本舗六角店栖園で琥珀流しをいただく。
・甘いものだけじゃ駄目なのでは……と思って、京都文化博物館別館の寺田珈琲に入り、ロールパンのサンドを食す。おなかぱんぱん。
→北上してセミナー参加。
→今回はひとり出張で、レセプション的なものにも申し込んでなかったので、5時半にはフリーに。3月だけは土曜日も国立博物館の常設が8時までなので、バスにえんえん乗って行く。
・京都国立博物館 常設展示 これもまた贅沢な時間。特別展示はお雛さま。工芸は香道。気に入ったらすこし写真もと思っていたけど、常設も写真NGでした。著作権など書いてあったけど、ここに展示されてるようなものはもっと古いよね。寄託品が多いのかも。昔はフラッシュなしならOKだったような気がするのですがそうじゃなかったかな。おとなしく、『美の壺』の香道特集ムックを買うことにします。
・昼あたりに食べたものがまだまだ残ってる感じだったので、コンビニでちょっとだけ買い出ししてホテルに。

〔3月5日・日〕
・9時にチェックアウトして仕事に向かえばよいスケジュール。
 ホテル近くにあるはずの町のパン屋さん・まるき製パン所を求めて、軽装で7時前に出る。なんと平日は6時半、日曜・祝日は7時から営業とのこと。案外遠く、ちょっとした町歩きになりました。
・ホテルに帰ってパンで朝食。たくさん食べた。また苦しくなっただ。
・荷物を出し、仕事に。
・お昼過ぎに終えて、まずは下鴨神社構内にある旧三井家下鴨別邸へ。昨年秋に公開開始した重要文化財です。特別に二階も追加料金で見れたのでセット券を購入し、「京都伝統産業青年会展」も見ました。
・二条のかわっぺりにあるリッツカールトン京都へ。昨晩急に思い立って、エルメのバー・ショコラを予約しておきました。朝あんなに食べたのにちゃんとお腹がすいてて、チョコのデザートだけ食べるのはちょっととか自分に言い訳し、まずニース風サラダ、それからバーショコラ。また死ぬほど苦しくなる。
・歩いて岡崎へ。金曜日に見れなかった『endless 山田正亮の絵画』を鑑賞。竹橋でも開催されていたのを見逃してました。来てよかった。凄かった。
・しかし京都っていつも混んでるなあと思いながらぎうぎうのバスに延々と揺られて京都駅へ。ちょっとだけ買い物して帰宅。京の冬の旅でスタンプ三つ集めたので観光案内所に寄って記念品をもらいました(カフェでお茶一杯、なんていうのも可能)。期待してなかったけどチケットホルダー的な大きさのファイルで、これはよかった。   

*なか十日ぐらいで旅はなかなか気ぜわしいですね。でも国内二泊三日ぐらいだと当日支度でも十分だから助かる。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

大分に行ってきました(3) 地獄めぐりと杵築でごはん 

2017.03.07
Tue
10:31

 二泊三日の大分旅行ももう最終日。
 温泉が最大のお目当てなので、お宿でのんびりです。今回宿泊した「潮騒の宿 晴海」は上人が浜に面した大規模旅館でありながら、朝食のみのプランも選択できたのが最大のポイントでした。母は年齢のわりにはよく食べますが、やっぱり旅館の大盤振る舞いのごはんを夜・朝続けていただくのはちょっと、もったいないことになってしまうので……。

IMG_5028.jpg
 部屋で迎えてくれたのはこの「牛蒡せんべい」。

IMG_5040.jpg
 和室が手前、そしてすこし下がってリビングというお部屋です。ピクチャーウィンドウみたいに全面窓になってて海が見え、日没も日の出もとても美しかった。リビングと並ぶ形で部屋つきの露天風呂もあります。このお湯、すごくよかったな。大浴場も一階と最上階にあり、夕方-夜-朝とかわるがわる入りました。

IMG_5052.jpg

IMG_5054.jpg
 ロビーからすぐにプライベートビーチ。

IMG_5055.jpg
 ロビーにかかってたアートです。
 施設はところどころ年代物だなっていうのもありましたが、スタッフがにこやかで押しつけがましくなく親切でした。お世話になりました。また、売店でおみやげいろいろ買って箱をお願いしたところ、販売物が入ってた箱を見繕って出してくれました。このごろは宅配業者の段ボールを買わねばというのが常識になってましたが、こういうの嬉しいですよね。ガムテープも「どうぞお部屋で」と貸してくれました。

 別府には有名な「地獄」があり、その「地獄めぐり」も観光の楽しみだとか。なんで地獄かというのは、別府地獄めぐり公式サイトから引用します。

ここ鉄輪・亀川の地獄地帯は、千年以上も昔より噴気・熱泥・熱湯などが噴出していたことが「豊後風土記」に記せられ、近寄ることもできない忌み嫌われた土地であったといわれています。
そんなところから、人々より、「地獄」と称せられるようになりました。今も鉄輪では温泉噴出口を「地獄」とよんでいます。


 とのこと。お風呂廻りかと思ってた……! 
 全部行かなくてもいいよねということで、 「地獄」が集まる箇所のうちまずかまど地獄に行きました。 
IMG_5059.jpg
 こんなオブジェもあるよー。

IMG_5065.jpg
 このようにもうもうと湯気が。

IMG_5064.jpg
 これこそ血の池? 赤いのも。
 売店なんかもかなり古びてて、しかしわいわい人はいて(たぶん外国人観光客)、ふしぎな活気のある場所でした。足湯は芋の子を洗うようで近づくのも困難だったし、休憩所もお尻をくっつけあってぎうぎうに座っています。 

 そこからちょっと離れたところにある血の池地獄はけっこうおしゃれな感じ。
IMG_5070.jpg
 国指定の名勝でもあり、個別のウェブサイトも。

IMG_5078.jpg
 寒かったからさすがにこのベンチに座るのはやめといたけど、

IMG_5077.jpg
 なんとなくアイスキャンデーを買ってしまいました。これは柳川、つまり福岡から持ってくるものだけど。よーく凍っててけっこう苦戦しましたがおいしかった。

IMG_5081.jpg
 血の池地獄はちょっと離れているためかゆったり。駐車場も広いし、売店も広くて品揃えがいいので、観光ついでに買い物にはいい場所でした。弟たちのおみやげに「血の池ラーメン」を買いました。
 
 天気予報は下り坂。ぽつぽつしてきたので車に戻り、空港方面に向かうことにしました。
 今回、歴史的なものはぜんぜん見てなかったから、別府-大分空港のあいだにある城下町・杵築(きつき)に寄ってみることに。

 ちょっと遅めのお昼を、鯛茶漬けで有名だという若栄屋(わかえや)でいただくことにしました。おいしかったよ!
 あとめ雨に祟られ(激しくはならなかったのが救いですが)、ぐるぐる車でまわってみることに。
 
IMG_5101.jpg
 大分県杵築市観光協会によると、

南北の高台に武家。真ん中に商人が暮らしていた日本唯一の城下町。

 だそうです。

IMG_5098.jpg
 二月下旬だったので、いろいろな場所にお雛さま展示を展開中でした。
 これは、きつき城下町資料館のなかの建物です。

IMG_5096.jpg

 なんとか激しい雨につかまらずに空港に戻ってくることができました。
 帰りの飛行機は小さめでClass-J(前に席があるので、足がちょっとつらい母にもいいなと行きは取りました)が予約時点ですでに満席。チェックインのときに相談したら、「杖をついてらっしゃる方なら」といろいろお気遣いいただきました。
 なかでも、「羽田は広いですから」と強くすすめていただいたので車椅子の手配をお願いしたところ、ほんとうに楽でした。杖を使えばそこまで苦労もせず歩けるのですけど、それでもまずかなりスローだしつかれやすいことも確かで、本人もとても喜んでいました。

 三日目も母はにこにこ楽しそうで、よく食べてよく笑っていました。
 初日はどうなることかと思ったけど、終わりよければすべてよし。
 一緒に出られるうちにまたどこかに行きましょう。 
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。