FC2ブログ
06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

* category: 旅行

マドリッドとバルセロナに行ってきました。ざっと旅程のまき・バルセロナ編(4) 

2017.07.13
Thu
01:39

・6月28日(水)

 帰国便に乗る日です。でも夜10時の便なので、ほぼ一日使えるわけです。
 しかしさすがに疲れがたまってきた……。

 ゆっくり朝食をいただき、近くのワインショップにあった山羊のチーズに目をつけてたからそれだけ買いに出て、ゆっくり荷造りを終えチェックアウト。荷物をフロントに預けて出発です。

IMG_1670.jpg
 最初に行ってみたのはカサ・アマトリェールCasa Amatller。
 ガイドツアーは1時間のタイプ(ガイドさんつき)と30分タイプ(自分でビデオを見ながら)とありました。開始時間も決まってるから、時間的にうまくはまる30分のをチョイス。待ち時間にまた奥のチョコレートショップに行って、友人がばらまき用のお土産、わたしもチョコ大好きな友人へのお土産を買いました。
 ↑アマトリェールまだ行ったひとあんまりいなそうだし、美しかったので記事別に書きます!

 30分予定だったのにふたり貸し切りだったからのんびり歩き、たんまり質問もし、受付に戻ってきたら一時間経過していました。おつきあいありがとう!

 次は前々日にネットで予約を入れたシーフードの店・エル・カングレホ・ロコEl Cangrejo Loco(「狂った蟹」)を目指します。友人の「絶対パエリャ食べたい」「マテ貝も食べたい」という希望があったので。

L1041302.jpg
 バルセロナは海辺の町なんだな。こちらはVilla Olimpica地区、つまり(バルセロナ)オリンピックのときに開発されたあたりです。
 暑い、まぶしい……!
 こちらでバルセロナで初めてセグウェイツアーを目撃しました。セグウェイ大好き、でもこの炎天下にヘルメットかぶって、はちょっとわたしは無理だなあ。

 エル・カングレホ・ロコはガイドブックにももれなく載ってる有名店。
 仕事仲間と思われるスーツの日本人男性の一団もやってきました。
 サラダ、マテ貝、パエリャでもうお腹ぱんぱん。
 デザートも勧められたけど狙ってる店があったので、さっと御会計して出ました。ごちそうさま。


 また地下鉄のジャウマ一世駅で下りて、今度はブボ・バルセロナへ。
 今年のバレンタインでチョコ買っておいしかったし、近くにバルもあるということでボルン地区の店にやってきました。
 まずチョコレートショップに入り、日本の店で売ってないのはどれ? と質問しそのなかから選んで買い物。同じシリーズでもひとつだけ出てないパターンがあって、それが二種ともしょうが味だったの面白い。

L1041312.jpg
 *黒Tシャツの男性たちが立っているのがブボ・バル。この写真ではわかりにくいですが、そのまた三軒ぐらい奥にチョコレートショップがありました。
 バルではケーキとお茶をいただいたよ。

L1041311.jpg
 ショップとバルに行く前に見かけたお茶の店、Sans & Sans。
 世界から茶葉をセレクトして売っているそうです。マリアージュ・フレールやTWGと似たものを感じます。
 チョコレートとブレンドしたお茶を100g買ってみました。

 バルでのんびりしてる間にちょっと通り雨もありました。
 
 さて、タイムアップ!
 ホテルに帰り、買ったものをスーツケースに詰めて、出発3時間前に着くようにプラット空港に向けタクシーに乗りました。着いたらちょうどバゲージドロップが始まってて、さっさとあずけてなかに入り、シャワーを求めてVIPラウンジに行ってみました。
 たしかにシャワーはあった(10ユーロ)けど男女各一室しかなくて順番待ちするし、タオルは一式貸してくれるけど中にドライヤーとかないしとにかく暑くてせっかく汗を流してもまた汗が……。でも一度はさっぱりしたよ!

L1041330.jpg
 出発ゲート近くから下の階を見下ろす。
 ドルチェ&ガッバーナのイケ(推定)カップルのポスターはいろんなとこにありました。

 さて、帰りはもともとトランジットの時間が短めで、スーツケースにもそういう特別なタグがつきました。
 そして遅れたので、結局帰りのドーハでは小走りでとにかく搭乗口を目指すことになりました。
 呑気なもので、下りるときにアナウンスなかったし、またもやフライト案内にわたしたちの飛行機表示されてない。大丈夫か。
 保安検査が長蛇の列で危機感を覚えたので係員さんに声をかけ、ファーストトラックに案内してもらい、なんとか間にあいました!

 日本には予定通り帰国。スーツケースも無事に帰ってきてました。
 楽しかった! たらふく食べた(2キロ太ってました)。また遊びましょう。 
 
スポンサーサイト



Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

マドリッドとバルセロナに行ってきました。ざっと旅程のまき・バルセロナ編(3) 

2017.07.12
Wed
00:20

・6月27日(火)
 今日のハイライトは日本から予約しておいたロカ・モーRoca Mooでのランチ。13時30分~なので、その5分位前に待ち合わせることにして、朝は個人行動にしました。友人はサン・ジョセップ市場に行ってお店を見たり、そのうちの一軒で休んでガスパチョ飲んだりしたそうな。

 わたしはカタルーニャ美術館まで歩いてみることにしました。ぐーぐる先生によると徒歩35分ぐらいです。10時開館だから9時半前に出たと思う。

L1040943.jpg
 ミロ広場は工事中。

L1040959.jpg
 カタルーニャ美術館はモンジュイックの丘の上にあります。見上げてショット。
 
L1041092.jpg
 丘を登りきり、美術館を背にして下をみおろして一枚。オープンエアのカフェや、美術館の売店の出店もできてました。

L1040968.jpg
 カタルーニャ美術館は大好きな場所。
 なかでも、カタルーニャのロマネスク教会から壁画などを移築し展示しているコーナーがいい。
"L'Absis de Santa Maria d'Àneu"〔アネウの聖母教会の後陣〕
 11世紀末~12世紀初頭の作品。イザヤがエルサレムの神殿で見たヴィジョンに現れたセラピム(セラフィムとも。熾天使)の姿が見えます。

→イザヤ書6章の冒頭
「1 ウジヤ王の死んだ年、わたしは主が高くあげられたみくらに座し、その衣のすそが神殿に満ちているのを見た。
2 その上にセラピムが立ち、おのおの六つの翼をもっていた。その二つをもって顔をおおい、二つをもって足をおおい、二つをもって飛びかけり、
3 互に呼びかわして言った。「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、万軍の主、その栄光は全地に満つ」。
4 その呼ばわっている者の声によって敷居の基が震い動き、神殿の中に煙が満ちた。
5 その時わたしは言った、「わざわいなるかな、わたしは滅びるばかりだ。わたしは汚れたくちびるの者で、汚れたくちびるの民の中に住む者であるのに、わたしの目が万軍の主なる王を見たのだから」。
6 この時セラピムのひとりが火ばしをもって、祭壇の上から取った燃えている炭を手に携え、わたしのところに飛んできて、
7 わたしの口に触れて言った、「見よ、これがあなたのくちびるに触れたので、あなたの悪は除かれ、あなたの罪はゆるされた」。

L1040969.jpg
 もちろん、本来あった祈りの場から引き剥がされて、信仰とは関係のない場所で「展示」するということの皮肉もありますが……高校生(推定)10名ほどを引き連れて展示室をまわっていた先生が、そのような問いを投げかけていました(写真の人物は無関係です)。
 
 もちろん時代も下り、20世紀初頭までの収蔵品があります。ガウディなどモデルニスモの家具なども見るのは楽しい。

L1040961.jpg
 企画展はふたつ。
 トゥルネ・エスキウス『日常の詩学』展
 Torné Esquiusはバルセロナで1879年に生れ、フランスで1936年に没した画家だそうです。 「誰もいない部屋・場所」が印象的だったけど、色彩はむしろ明るく温かい。それから暖炉の前に黒猫ちゃんがいる絵もあったのでポイントアップでした!
 もうひとつは、やはり19~20世紀をまたいで活躍したアーティスト(彫刻&絵画が主)のイスマエル・スミスIsmael Smith(1886-1972)の『美と怪物たち』La Bellesa i els monstres でした。

 ほんとは今度こそアントニ・タピエス美術館にも行こうと思ってたんだけど、カタルーニャ美術館が豊作すぎて。
 途中からはタクシーを使い、なんとか約束の時間に待ち合わせ場所にいきました。

ロカ・モーでランチ。
カサ・ミラ訪問。
L1041157.jpg
 *展示室にあった模型をモノクロで撮ってみた。

L1041137.jpg
 この屋上を見てみたい! ということでの友人のリクエストでした。

 美しいグラシア通りをちょっと南下し、反対側を見ると、やはりガウディ設定のカサ・バトリョが現れます。やはり人気でけっこう並んでました。
L1041250.jpg
 *奥の骨っぽいのがカサ・バトリョ。
 手前のピンクっぽいのが、同時代のプッチ・イ・カダファルクJosep Puig i Cadafalch が改装したカサ・アマトリェールです。
 こちらもひっそりとガイドツアー実施中! 2015年に改装オープンしたとのこと。翌日行ったので写真載せますね。おすすめです。

 奥にはチョコレートショップがあるのでのぞいてみて、カフェでビタミン系の飲み物を買って一休み。
L1041256.jpg

 夜はグルメで飲み助の友人のリクエストでバル二軒に行きました。楽しかったよ!


  
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

マドリッドとバルセロナに行ってきました。ざっと旅程のまき・バルセロナ編(2) 

2017.07.11
Tue
00:14

・6月26日(月)
 バルセロナ二日目。
 ホテルで朝食をたんまりいただき、10時半の予約に間にあうように9時過ぎに出かけました。
 地下鉄でサグラダ・ファミリア駅下車。
L1040700.jpg
 駅のアート。

L1040714.jpg
 2008年以来のサグラダファミリア訪問。たぶん四回目。一番大きな違いは、2010年にときの教皇べネディクト16世がこの建物を正式に「教会」として認定したことでしょう。
 そして、ずーっと建設中に見えるこの教会、ウェブサイトによれば「今世紀の最初の三分の一期中の完成も期待される」そうです(ガウディ没後100年の2026年完成という記述もよそではみた事あるけど、ここは公式サイトに従います)。

 すごい人出でした!
 そして予約しておいてよかった。訪問時間が電光掲示板に出てるのですが、どの時間もソールドアウトでした。
 かなり早く着いてしまったので裏にまわって池越しに見たり、ちょっとベンチに座って眺めたり。そうだ、今回の旅では基本的に雨には降られなかったけど、ここでちょっと天気雨降ったよ。

L1040746.jpg
 二年ほど前についた「愛徳の門」の扉は、外尾悦郎さんの手によるもの。ひっそりと生き物がとまってたりする、ガウディの世界観を継ぐ美しい門でした。→関連記事、外部サイトです。

 いろんな訪問プランがありますが、わたしたちが選んだのはエレベータで塔に登れるタイプ。古い方の「生誕のファサード」をチョイスしました。

IMG_1618.jpg
 なつかしい。最後はちょっと目が回りそうになる螺旋階段。

L1040753.jpg
 礼拝堂に立ち、天井にカメラを向けて。柱はすなわち樹木。ここはひとつの森だそうです。

IMG_1627.jpg
 ステンドグラスを通した光の表情。床の色は、全部の窓が完成してから決める、とオーディオガイド(入場料に含まれます。日本語あり)で聞きました。

 お昼の予約には時間があるから、ちょっとまずは一休み。
 別の路線の地下鉄駅まで歩く途中で見つけたちいさなカフェで水などいただき、涼みました。
 あ、こちらのお兄さんたち二人(20~30代?)はスペイン語がイマイチわからないみたいだった! 地下鉄駅はあっちの方向でいい? と聞いただけなんだけど。お客さんが代わりに応えてくれました。

 地下鉄でJaume I ジャウマ一世駅へ移動。

L1040638.jpg
 カテドラルにもちょこっと寄って、

L1040838.jpg
 サンタ・カタリナ市場のオリーブオイル屋でさっとお土産を買い、
 予約しておいたカサ・ロレアに14時に到着しました。おいしかったし楽しかった! デザートまでたんまり食べました。

 その後は、友人が疲れたからホテルでひとやすみというのでバス停まで送って別れ、わたしは月曜日でも開いてる(休館日は火曜日)カタルーニャ現代美術館(MACBA)へ。

L1040690.jpg
 *日差しギラギラだった。影も濃い。 

L1040883.jpg
 MACBAの前の広場では若い衆がたくさん集まってスケボの練習中でした。

L1040884.jpg
 入場してからの吹き抜け。疲れてたのでまずはこちらで座って一休み、鑑賞後もまた一休み。

IMG_1629.jpg
 収蔵品展でフィーチャーされていた、ブラジルのCildo Meireles (1948ー)(「シルド・メイルルス」かな?)のインスタレーション、"Entrevendo"(英語では"Glimpsing")。 の写真。
 すぐそばにある冷凍庫を開け、一袋取って、なかにあるふたつの氷を口に含んで、スイッチ押してこのなかをゆっくり歩いてみて。奥行き9メートル。スイッチ押すと温風が奥から吹きます。……というものだったんだけど、当日分の氷は品切れで、アーティストが期待していた体験はできませんでした。残念。 

IMG_1641.jpg
 ドイツのHans-Peter Felmann (1941-) (ハンス=ペーター・フェルドマン)「100年」展示風景。0歳から100歳まで、さまざまなひとの101枚の写真をぐるりと並べています。

IMG_1639.jpg
 0~2歳。最初の3枚。

IMG_1648.jpg
 アルゼンチンのLeo'n Ferrari (1920-2013) (レオン・フェラーリ)の作品、"L'Osservatore Romano" ([オッセルヴァトーレ・ロマーノ])。ローマ教皇庁の「半」公式新聞記事に、その見出しとは相反するような地獄的な絵画をコラージュ。

IMG_1650.jpg
 見出しには「キリストはわれわれに平和をもたらすためおいでになった」とありますが、マッチングされてる絵はボス〔快楽の園〕の地獄から切り出してきたもの。

 ちょっと疲れていたので、上のような「わかりやすい」、絵的にも楽しめるものだけちゃんと見ておしまい。

 でも書店には行きたいなと思い、場所だけ確認して適当に歩いていきました。
 途中で毛糸屋さん見つけて入ってみたけどまさに編み物教室&他のスタッフも接客中で、のんびり対応してくれる余裕はなさそうだったので挨拶してぐるっと見回って出てみたり。
 子どもにチョコレート工房体験してるみたい! なチョコ屋さんに入り、お土産買って、ちっちゃなボンボンショコラひとつ&水で休憩したり。

 書店で三冊購入。一冊ずつは重いけど、これならスーツケースに入れてもいいや。
 というわけでさすがに力尽きてタクシーでホテルに。
 夕飯もたくさんは食べられないので、なんとかもう一度外に出、近くのスーパーなどで買い物しました。わたしはカフェのお持ち帰りサラダを購入。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

マドリッドとバルセロナに行ってきました。ざっと旅程のまき・バルセロナ編(1) 

2017.07.10
Mon
14:12

 6月21日(22日になってからのフライトですが)~29日の6泊9日、マドリッド(+トレド遠足)とバルセロナに行ってきました。ざっと旅程です。マドリッドはおそらく一年以内にまた行くのでまとめちゃいましたが、バルセロナはもうすこしていねいに。

・6月25日(日)
 アトーチャ駅からバルセロナに移動。3時間ちょっとの旅ですが、食堂車はありません。カフェテリア車に行って飲み物だけ買い、ドーハの空港で買ったアラブ菓子をつまみました。
 希望者にはイヤホンが配布され、天井から吊ってあるモニターで映画を見ました。『メッセージ』。おお、テッド・チャン。

 バルセロナ・サンツ駅に到着。
L1040566.jpg
 ピカピカです。
 ホテルまではタクシー移動だったけど、バス・地下鉄共通の10回チケットはこちらで買っておきました。

 宿泊したのは新市街のDerbyという新しいホテル。サンツ駅も徒歩圏内です(後日カタルーニャ美術館まで歩いてみましたが、35分~40分程度)。
 こちらはとっても綺麗だったな! 部屋のサイズはふつうで、洗面台もバスルームのなかにあったから利便性はマドリッドのホテルのほうが上でしたが、朝食もバラエティ豊かだったし、こっちが「後」でよかったです。スタッフも、お掃除の方も含めてにこやか。そしてオシャレホテルなので制服は黒一色だったよ。

 チェックイン→荷物を置き、ちょっと休んでから出発。
 6時にカタルーニャ音楽堂ガイドツアーの予約をしてありました。
 ホテルのすぐ近くのバス停から、わたしがわかるあたり(ランブラス)まで直行できたのも嬉しい。

・一休みする? で、ランブラスに面した老舗チョコレート屋エスクリバEscribaで一服。 

・時間に余裕があるのである程度ぷらぷらしながらカタルーニャ音楽堂を目指す。
 ペトリチョルPetrithol通りというちいさな通りを探します。
L1040621.jpg
 狭いけどチョトレートショップが何軒も並んでるよ、ということで、友人の希望でした。
 チョコも置いてるトゥロンのお店ビセンスVicens、通りの名前を冠したペトリチョル・チョコアでお土産&自分用チョコを買いました。

L1040623.jpg
 *ペトリチョル・チョコア。値札がないのはちょっと不便(スタッフに質問しないと)。お話できるのは楽しい。

L1040615.jpg
 *ペトリチョル通りに入るちょい前、教会前の広場に出てたマーケット。カタルーニャの伝統産品が並びます。

L1040607.jpg
 *日差しも避けられるし、わざと細い道をたどっていきます。

L1040606.jpg


〔カタルーニャ音楽堂 Palau de la Música Catalana〕
 こちらには16年ぶりぐらい。たぶん昔、弟たちと一緒に来ました。

L1040644.jpg
 *今はたぶん使われてない、開堂当時のチケットブース(推定)

 参加者は30名ぐらいだったかな? 
 まず舞台下のスペースでカタルーニャ音楽堂紹介ビデオを見、それから建物のなかを歩きます。
 前に来たときには写真NGだったと思うけど、今はフラッシュなしならOKでした。

 IMG_1542.jpg
 設計者はリュイス・ドメニク・イ・ムンタネー(Lluís Domènech i Montaner スペイン語発音に近いのは「ドメネク・モンタネール」)。アントニ・ガウディと同時代の建築家です。名家の生まれで早くから建築家として成功し、ガウディがバルセロナ建築学校で学んだときにはすでに同校で教鞭をとっていました。1852年生れのガウディよりたった二年年長だっただけなのですが。

IMG_1583.jpg
 合唱が盛んなカタルーニャ地方を代表するオルフェオ・カタラ合唱団の常設劇場として建築されたのが、ここカタルーニャ音楽堂です。建築、そして最近の補修と拡張を支えたのは一般からの寄付で、いまは合唱団以外のアーティストの公演も行われます。

IMG_1579.jpg
 ステージのうしろには東西の神話・伝説の「音楽の女神」が並び、演者を見守ります。

IMG_1589.jpg
 天井を彩る印象的なガラスは太陽を象徴。だから、カタルーニャの花である薔薇をはじめ、さまざまな花や草が咲き乱れる花園のようなホールになっているのだそうです。

IMG_1587.jpg
 二階客席から外向きのガラスを写す。

 ガイドをつとめてくれた女性は、「バルセロナの建築というとガウディガウディと言われるけど、ガウディが通った学校の先生でもあるムンタネー(モンタネール)を忘れないで!」と熱く語ってくれました。
 今回は行けなかったけど、サンパウ病院なんかも一度行ってみたいな。

 音楽堂前の通りをそのまま3分ぐらい歩いて行けるカサ・ロレアCasa Loleaも、友人が「食べに行きたい」と言っていたお店でした。早めの時間だから大丈夫かな? と行ってみたけどあいにく満席。翌日のお昼にテーブルを予約して出ました。
 夕食は、音楽堂近くのミシュラン掲載店(タパス中心)からメモっておいた店のうちのひとつ、Tapas 24(タパス24)にて。すごく活気があったしおいしく楽しかった! あとで記事読んでみたら、2008年にバルセロナに来たときに食事したレストラン・コメルス24の支店とのこと。奇遇。

 来たときと同じバスに乗ってみたのですが、一方通行が多いせいかちょっと違う通りで降りることになりました(運転手さんには確認した)。
 お散歩なさってた老夫婦に聞いてみたところすぐ解決したのですが、ナチュラルにスペイン語だったなあ。
 じつはこの旅行に備えてちょっとだけカタルーニャ語(すごくスペイン語と似てるけど)を勉強して行ったのですが、まちなかの表記はともかく、お店のひとや歩いてるひとはそこまでカタルーニャ語じゃなかったです。バルセロナはスペイン第二の大都会だからさまざまな地方出身のひとが働いてるし住んでるからかな。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

トレドに足を伸ばしました 

2017.07.08
Sat
15:34

 6月24日(土)、マドリッドから足を伸ばしてトレド観光に行きました。

L1040288.jpg
 9時台のに乗ろうと思って40分ぐらい前に駅に着いたのですが、なんとその時間のはソールドアウト。前の日とかに買っておけばよかった。駅のカフェテリアでのんびりしました。しかも夕方はジャストのが設定すらなく(5時前にマドリッドに帰ってきたいと思っていた)、結果として4時間程度の短い滞在になりました。
 トレドにいくのは連れの希望。街並みを見てみたい&歩きたいというのと、カテドラルは行きたい。程度だったので、あとは任せてもらうことにして、とにかく〔オルガス伯の埋葬〕だけは見ようと思ってでかけました。

L1040277.jpg
 アトーチャ駅の有料トイレ。きれいです。昔は入り口に掃除係の女性が座ってて、チップを渡して入ったりしてたなあ。
 
L1040281.jpg
 マドリッド-トレド直通の32分だけの短距離列車だけど、高速列車AVANTだからセキュリティチェックあり。改札&荷物検査です。プラットフォームは違うけど、翌日日曜日バルセロナ行きの高速列車AVEのときもこのチェックを通過しました。

L1040282.jpg
 ホームに停車してるAVANT。なんか王蟲味(み)ある。

L1040413.jpg
 トレドの駅。アラブ+キリスト教様式のムデハル様式の新しい駅です。
 ちなみに、帰りもこの荷物チェックあるのですが、「危険物の持ち込みは禁止ですが、トレド名物の刀剣みやげにかぎり、適切に梱包されていれば持ち込みOK」という掲示もありました。
 それから、降りるとすぐホームに地図売り込みのひとがいたんだけど(ホームに入るの前には改札がないタイプの駅)、それを無視してちょっとだけホームの奥まで行くと無料の地図がもらえる観光案内所がちゃんとあります。英語も通じるはず。

L1040415.jpg

L1040410.jpg
 街の中心までは歩いてもいいけど、登り坂だしとにかくギラギラ陽気だしでバスにしました。
 これは帰りのバスが来たところ。〔このバスは天然ガスで動いてます〕、と書いてあります。

L1040350.jpg
 バスがやってくるのは旧市街のはじっこ的ソコドベール広場です。これは広場に面したお役所のファサード。

L1040293.jpg
 まち歩き開始。土曜日の11時過ぎだからひとがたくさん。奥にカテドラルの尖塔が見えます。

L1040291.jpg
 トレド行ったのは何年ぶりかな? 10年ぶりぐらいでしょうか……。少なくともこのブログ(2006年~)には記述ないのでいつからこうなってたかわかるよしもないのですが、ナイスな日除けができてた! ありがたやありがたや。

L1040305.jpg
 比較的狭い道にも設置してくれてる。カテドラルまわりの道に限るようではありますが。

L1040310.jpg
 ソコドベール広場から行くと最短の門は〔信徒専用〕。近くまで行って見上げて写真を一枚。

L1040311.jpg
 カテドラルのなかは天井が高く壮麗。オーディオガイドつきの入場券はひとり10ユーロです。
 この写真、かなり明るさを引き上げました。聖クリストバル(クリストフォロス)とキリストです。同じ画題で、つい先日ボスの絵見たよね(『ブリューゲル 〔バベルの塔〕展』にボスが二枚来てました)。

L1040314.jpg

L1040315.jpg
 聖具室にはエル・グレコ〔聖衣剥奪〕をはじめとした絵画がたくさん。ゴヤ、ベラスケス、ティツィアーノやカラヴァッジョの作品もあります。

 カテドラルの見学を終え、位置的にもよかったしちょっと早めのお昼をミシュランで見つけたお店で。
 観光地だけの現象かもしれないけど、全体的にお昼の営業開始が早まってると思う。昔は13時にはまず開いてなかった。
 鹿肉のカルパッチョがおいしかったです! 今回のベスト3には入る。

 あとは特に希望はないとのことなので、サント・トメ教会を目指してぷらぷら。
L1040342.jpg
 かわいい色のベスパを撮ってみた。

 サント・トメ教会はエル・グレコの〔オルガス伯の埋葬〕一枚が最大にして唯一の目玉です。初めて見たときには感動したなあ。
 時間があったら近くのエル・グレコの家とか、シナゴーグとか見せたかったのですが、もう満足ということでした。暑いしね……。
 サント・トメ教会すぐのお店でアイスクリームを買って一休みしてからソコドベール広場に戻り、残りの一時間ほどはそれぞれに過ごすことに。友人はカフェで一服、わたしはすぐ近くのサンタ・クルス美術館に行きました。

L1040351.jpg
 ファサード。15世紀後半に建てられた病院を美術館として使っています。

L1040353.jpg
「オーストリア(ハプスブルク)朝スペイン」がテーマの展示中。 

IMG_1343.jpg

IMG_1374.jpg
 一階展示室奥にはエル・グレコ(およびその工房)作品が並んでいました。これはエル・グレコ作、左から〔聖アグスティン(アウグスティヌス)〕、〔巡礼姿の大サンティアーゴ(聖大ヤコブ)〕、〔聖フランシスコ〕です。別バージョンの〔聖衣剥奪〕もありました。

 二階展示室でやっていた特別展、どちらも好きでした。
L1040395.jpg
 トレド出身の画家パコ・ロハスPaco Rojasの『ネオシュルレアリスム、それともシュルレアリスト的抽象』

L1040355.jpg
 展示室1全景(全部で三室だったかな)

L1040356.jpg
[ネポン]
 
L1040371.jpg
 アルゼンチンの写真家アドリアナ・レスティードAdriana Lestido (ウェブサイトはこちら)『彼女たち、わたしたち、あんたたち』(全部女性形) Ellas, nosotras, vosotras は、毎年マドリッドで約3カ月に渡って開催されるイベント、フォトエスパーニャ(スペインフォト)の企画のひとつでした。

L1040384.jpg
〔母と娘〕Madres e hijas シリーズより。ちょうど7月7日(昨日)、新国立美術館で共鳴する写真連作を見たばかりです(シンガポールのアマンダ・ヘン作)。 

L1040373.jpg
 写真展示会場の窓から見る外の風景1。

L1040374.jpg
 風景2。

L1040405.jpg
 二階展示室は時間切れで行けませんでした。たぶん陶器の展示。
 ちょっとだけ中庭に出てみました。

L1040401.jpg
 展示されていた石碑(墓石)1。

L1040399.jpg
 石碑(墓石)2。

L1040409.jpg
 ソコトベール広場を背に立っているセルバンテス像の横を抜けてバス停へ。なかなかバスが来なくてちょっとやきもきしたけど、無事に駅に戻りました。
 さあ、またマドリッドだ。



Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 旅行

マドリッドとバルセロナに行ってきました。ざっと旅程のまき・マドリッド編 

2017.07.07
Fri
10:57

 6月21日(といっても出発は22日になってました)~29日、マドリッド&バルセロナに行ってきました。わたしにしては間が空いて、4年4カ月振り。今回は純粋な旅行で、バルセロナで書店に寄ったぐらいでした。今年度中にたぶんもう一度仕事で行く見通しです。同行してくれたのは、二年前ヘルシンキ&プラハに一緒に行ったグルメな友人。おかげでたくさんうまいもの食べただ!

・21日(水) 
 羽田22時集合。今回、初めてカタール航空に乗ってみました。オンラインチェックインは48時間前からで便利。長時間なので、羽田→ドーハ、ドーハ→マドリッドともに通路をはさんだお隣を取っておきました。 機内は快適。ごはんも悪くなかったし、カタール航空利用によってフライト時間は伸びるけど(行きは10時間+7時間程度。トランジットの待ち時間もちょっと長めだった。スペインの場合北まわりに+5時間ってとこかな)そのぶん代金も節約できるし、羽田深夜発で夜着、現地での滞在が長くなるという利点があるのでよかったと思います。直前に、カタールに対する周辺諸国断交(で、領空上を飛行禁止になったり)が伝えられたのですこし心配でしたが、そこまでの影響はないようでした。よく遅れたけどね! それと、ちょっと掃除は甘いかな。行きのフライトでは、友人の席にミールサービスのリーフレットが残ったままだったし、機内誌と免税品紹介のセットが乱れていたりも。それから、これはヴェネツィアに行ったときのモスクワ空港でも経験したことなんですが、トランジット案内の画面にわたしたちが乗る飛行機が表示されておらず、係員をつかまえて確認しなきゃでした。

IMG_1233.jpg
 *ピネレー山脈上空あたりを飛行中に撮ってみた。マッカ(メッカ)の方角と距離が示されるのはさすが。「お祈りは座席についたままで」という表示もありました。

L1040066.jpg
 ドーハの空港にあったアディダスショップ。機内の航空安全アナウンスビデオはピケをはじめとするバルサ選手がたくさん出演、ユーモアたっぷりで楽しかった。

L1040067.jpg
 じつは来シーズンからはメインスポンサーが楽天になるんですよね。ドーハではこんな感じでちょこっと畳んで置いてあっただけ。さすがにバルセロナでは新ユニばんばん売ってて、もう身につけてる小さい子たちも見ました。
 
 L1040033.jpg
 きれいな空港でした。このおむつかえスペース案内ナイス。

 行きはトランジットの空き時間がけっこうあったので(しかも一時間遅れた)、お店などてれてれ見ました。チョコ好きの友人のためにカタールのチョコ……と思ったけど、ほんとにないの。

L1040049.jpg
 はっきりカタール製品とわかったのはこのお菓子ぐらい。バナナカップケーキを買って、待ってる間にひとつずつ食べました。

L1040060.jpg
 甘いものたくさん売ってました。ピスタチオを使ったアラブ菓子をおみやげに買ってみたよ。


・22日(木) 
 バラハス空港のT4到着。きれいです。
L1040072.jpg

L1040080.jpg

L1040081.jpg
 前にT1出発ロビーにあったと記憶している大好きなパネルが、移動用チューブのプラットフォームに移動してたよ。

 入国はT4ですが、バゲージはT1で引き取ります。待っている間にお金をおろしたり、トイレに行ったり。観光案内所もあったから便利でした。
 バラハスからマドリッド市内のタクシーは一律料金が設定されてました。安心じゃん! 荷物も込みで30ユーロで、予約やチケット購入なども必要ないそうです。

→タクシーでホテルへ
 宿泊したのはユーロビルディング(Eurobuilding) 2。
 最寄り駅は1番線テトゥアン、反対側に歩くとナスカだから市街地のかなり北のほうに位置しています。新市街って感じかな。
 ユーロビルディング2はアパートホテルで、キッチンやリビング別、洗面台もふたつだしバスルームとは別で便利。広々と使えました。さすがに設備の古さは否めませんでしたが……せっかくバスタブあったのに栓がなくて、お風呂にできなかったし。

 ごく簡単に荷ほどきし、すこしだけ体を安め、6時に部屋を出ました。それでもすごい日差しです。いまごろのマドリッド、9時でも明るいもんね。さすがに日傘は悪目立ちするので、滅多にかぶらない帽子(と涼感カーディガン、首を守るストール)を身につけて出発。

L1040517.jpg
 地下鉄1号線テトゥアン駅入り口。日曜日朝に撮ったので無人。

L1040512.jpg
 今回、メインにライカX2を持っていきました(コンデジのCanon G9Xと併用)。今まで旅行に使ってたCanon EOS 60D +単焦点レンズ50mmと比べると、こういう画像にかなり違和感(肉眼で見える景色よりかなり奥まって映る)があります。駅に至る道、ちょっと裏を通ってみたときに撮影。

L1040521.jpg
 テトゥアン駅のホーム。

〔ロマン派美術館〕
L1040105.jpg
 友人のリクエストで、わたしも初めて行きました。宝塚が好きなひとで、衣裳とかその時代の肖像画を見たかったそうです。

IMG_1243.jpg
 ちいさいけどキラリと光る場所。礼拝堂にはゴヤの作品もあります。
 今回行った美術館のなかで、スタッフの質が一番高かったよ! 展示品を守ろうという気持ちと、質問があったら快くていねいに応える姿勢と(残念ながら、おしゃべりしてたり、ひとりだとしてもスマホいじってるひとが多いのです)。みんな誇りと愛着を持ってると感じました。

 かわいいカフェもあるのですが(一応のぞいた)、閉館時間近くに入ったのでタイムアウト。

〔サン・アントン市場で夕食〕
 昔と比べ、市場のリニューアルと活性化が進んでるのは嬉しい。わたしが住んでるとき(最後は2010年度)にはスーパー全盛で、昔ながらの市場は一部をのぞいてどんどん寂れていってました。

IMG_1271.jpg

 途中で見つけた料理関係の書店でミシュランを買ったついでに、どこのお店がいい? って聞いて教えてもらった場所のカウンターで。←ごはんは記事をおこしたい……。

 
・23日(金)
 朝ごはんつきのプランだったので、一階カフェテリアで軽く済ませてから9時に出発。地図を確認し、カステリャーナ大通り(Paseo de la Castellana)をずっと南下する27番バスに乗りました。昔もよくお世話になった路線です。

L1040422.jpg
 27じゃないけどバス内部。

〔プラド美術館〕
L1040136.jpg
 *バスを降りて一番近くにあるゴヤ門。予約なしのひとはこちらに並びます。暑い日で、もうアイスの屋台とか出てたよ。

 10時開館のところ、9時40分過ぎに到着。前もってウェブ予約しておいたのでヘロニモス門に向かいます。えっもうけっこう並んでる! と思ったけど、そちらは団体さん。個人の予約客はわたしたちで4&5人目で、すぐ前の若い男性がちょっと詰めてくれたので直射日光を避けて建物の蔭で待つことができました。
 入場はスムース。荷物検査を経て、とにかく見逃せない絵だけまず混雑の前に!
 ・ボス「悦楽の園」7分ぐらいふたりきりで鑑賞。部屋は同じだけど配置がちょっと変わってた。そして、前はパティニールやブリューゲル(父)も同じ部屋にあったように記憶してるけど、ボスだけになってた。
 ・ベラスケス「ラス・メニーナス」
 ・ゴヤ「黒い絵」連作
 ほか、わたしが絶対見るのはファン・デル・ワイデン「十字架降下」、ティエポロ「無原罪の御宿り」。もちろんその後ゴヤの他作品、エル・グレコ、ムリーリョ、イタリア絵画なども見てちょっと休憩。オレンジジュースをいただきました。

→特別展「ヒスパニック・ソサエティ(アメリカ)の至宝
 入場料に含まれているのですが、この展示のみチケット予約の際に時間指定をしなければなりません。12時にしました。
 ローマ時代の遺物から現代美術まで、なかなか面白かった。ゴヤの「黒衣のアルバ女公爵」(指さした地面に「ゴヤだけ」とある)も来ていたし、ソローリャやスロアガのいい絵もありました。

〔昼食・ミシュランで見つけたEstado Puroで〕

〔ソフィア王妃芸術センター〕
L1040141.jpg
 歩いて移動(近いです)。
 常設を見、「ゲルニカ」へと至る部分を特別展仕様にした「ピカソにおける慈悲と恐怖-ゲルニカへの道」Piedad y terror en Picasso : El camino a Guernicaを歩きました。
 ロスコーを見つけて嬉しかったけど、これはほんとうに写真泣かせ。照明おさえめの展示室だったこともあり、ぜんぜんうまく撮れません(ソフィア王妃芸術センターは常設の撮影OK)。実際に前に立ってみないとわからない作品の代表例だと思う。ロスコー。
 なにしろ暑い日だし、美術鑑賞はけっこう疲れるので、新館(ヌーヴェル館)の常設パート3は次回まわしにしてとにかく休もう……。

L1040222.jpg
 サバティーニ館(もと病院)とヌーヴェル館をつなぐテラス。

L1040224.jpg
 テラスから美術館の「裏」の景色を撮ってみました。

L1040226.jpg
 ヌーヴェル館一階のおしゃれカフェNuBel。スムージーにすっか! と思ったらソールドアウトであった……。ハーブティにしました。 

L1040238.jpg


・タクシーで〔王宮〕へ。
L1040249.jpg

 夕食は旧市街を歩いて(前にも歩いたことがあるから記憶任せに歩いて結果遠回りしてしまいました、ごめん)マヨール広場を通り抜け、友人リクエストのカサ・デ・ロス・チャンピニョネスへ。
 そこからまたタクシーに乗り、友人リクエストのアイスクリームショップ、ロカンボレスクRocambolescへ。最後はバスに乗って帰り、近くのスーパー(カルフール系列、大きい)に寄ってちょっと買い物。友人はビールなど買おうとして、「夜10時まででおしまい」と言われてがっくりしていました。

・24日(土)
 友人リクエストでトレドへ。これは別エントリにしようかな。

→マドリッドに4時過ぎに戻ってきました。バスでティッセン=ボルミネッサ美術館へ。余りに暑かったのでまずはカフェで一服。それから常設&企画展を見ました。企画展は〔ヴェネツィアのルネサンス〕El Renacimiento en Venezia。綺麗な女性の絵も多かったので、友人も楽しんでくれてよかった。

 その後はバルめぐりしたい! とのことで、バルの本場? サンタ・アナ広場を目指すことに。でもその前に、わたしでも知ってる昔からのお店がティッセンの近くにあるので寄ってみることにしました。結局全部で三軒回り、ホテルに帰りました。

・25日(日)
 バルセローナに向かうAVE(超特急)は11時20分発。どうせならもっと早く取ってもよかったかな? と思う、すぐ近くには特に見るべきものはないし……というわけで、24時間! 営業だというチュロス&チョコラテの名店・サンヒネスまで足を伸ばしました。食べたらすぐホテルに帰り、甘いものだけだとちょっと物足りないのでホテルの朝食でハムとかくだものをいただき、ちょっとだけ部屋で休んで出発。

 マドリッドには特急列車の発着駅が南北にふたつあります。ホテルは北駅にあたるチャマルティンまですぐの場所。バルセロナはマドリッドから見て北寄りだからてっきりここから出発、せめて停車するだろうとたかをくくっていたら、なんと南のアトーチャ駅発でチャマルティンには停まらないのだった!

 マドリッド-バルセロナの高速列車AVEには初めて乗りました。所要時間は3時間ちょっと。希望者にはイヤホンが配布され、車内で映画を見ることができます。といっても天井に吊るしたモニターで見るのですが。今回は『メッセージ』でした。おお、テッド・チャン。

食堂車はなくカフェテリアのみなので、カフェテリアで飲み物だけ買ってきて、ドーハの空港で買ったピスタチオ入りアラブ菓子を食べました。思っていたほど甘くなくておいしかったよ。

   

  
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

元町ecomoベーカリー→えの木ていの個室でアフタヌーン・ティー 

2017.07.06
Thu
11:45

 6月上旬の土曜日(だいぶ時間が経ってしまった……)一泊で友人ふたりが横浜に来てくれました。といっても千葉と府中からなので、がんばって「観光」する必要は、なし。
 まず土曜日夜に合流し、ホテル(わたしも泊まりました)近くのスリーマティーニにお連れしました。カウンターがいいなと思ってたけど、三人だったからソファ席もまたよし。ゆっくりお話できるしね。久しぶりに宮城峡を使ったハイボールと、サイドカーをいただきました。つまみのベトナム風レモンキュウリもさっぱりしてておいしかった! しかもこちら、けっこう量もあるんですよ。

 趣味の友人たちなので、部屋に帰ってきてからはちょっと映像鑑賞など。おしゃべりしながらだから結局オヤスミナサイしたのは深夜2時。チェックアウトは11時までで、朝食も予約せずとにかくうだうだして適当に出ようか……という感じです。
 やっぱりお腹は空くよねー。日曜日の朝ごはんどうしましょう? 中華街でおかゆでもと思いましたが、ひとりはおかゆが苦手。並んでまでパンケーキもたいへんかな。2時半にアフタヌーンティーも予約してあったし。

 いくつか候補をあげ、「とにかくパンが好きなんです」というひとのリクエストに沿って、元町プラザ二階のecomo カフェ&ベーカリーに行きました。
 おお、11時まではモーニングセットにもできるとな? コーヒー紅茶類を注文すると、パンとゆで卵がついてくるというものです。

CIG_IMG002.jpg
 パンは左から、ハニーブレッド・かくかく・ルヴァン。〔かくかく〕は本来はもっと角張ったものとのこと。有機えごま葉茶と一緒にいただきました。

 プラス、じつは前日(も)アフタヌーンティーのあとはカクテル二杯&ベトナム風レモンキュウリしか食べなかったのでやっぱりもっと食べたくなり、せめて調理パンにすりゃいいのにイートイン限定のを頼んでしまったよ。
CIG_IMG004.jpg
 クッキーサンドだったかな? 名称を忘れてしまいました。はさんであるのはミントのアイス。色はそれらしくないですが、味はばっちりでした! 思いがけないほど食べでがありました。

 その後あたりをふらふらして(GAPあとにファミリア開店してました! たくさんお客さん入ってた)、のんびり代官坂を登って山手の通りへ。途中、ブラフベーカリーにも寄りました。なんと6月初旬、日本大通りに支店をオープンしたんだって。
 
 えの木てい二階に個室がある、というのは、今回府中から遊びに来てくれた友人(チョコとスイーツの師匠)がネットから見つけてきてくれた情報です。利用は2時間、室料2000円。アフタヌーンティーセットとロールキャベツセットが個室限定メニューとのこと。日曜日の午後、アフタヌーンティーセットをお願いしました。

CIG_IMG005.jpg
 暖炉もあるくつろぎの空間。

CIG_IMG009.jpg
 山手本通り側に面した窓があります。見下ろすとガーデンテラスが視界に。けっこう日差しがきつかったのですが、外国の方はむしろそれを喜んでいるようすでアウトドア。

CIG_IMG008.jpg
 テーブルセット。薔薇で統一ですね。

CIG_IMG011.jpg

CIG_IMG013.jpg

CIG_IMG015.jpg
 お茶はポットサービス。

CIG_IMG016.jpg
 ひとり一台、こんな感じで出てきます。

CIG_IMG017.jpg
 上から見るとこんな感じ。

CIG_IMG019.jpg
 サンドイッチ。ホットサンドで香ばしく、具もたっぷり。

CIG_IMG020.jpg
 ケーキの皿。

CIG_IMG021.jpg
 スコーンとクロテッドクリームです。

 一度サーブしたら時間まで放っておいてくれるし、友人たちとおしゃべりが進む会だったからほんとに楽しかった。個室料もかかったけど悔いなし。
 楽しかった! また行きましょう。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード