FC2ブログ
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

* category: ねこ

名古屋のねこ(1) 

2008.03.17
Mon
11:18

 猫記事増強中です。
 さて、とうようのボスは
「とらきち」
くんでした。パンツの直しを取りに行ったときには、非常におおらかにお昼寝中。ちゃんとタオルをかけてもらって快適そう。

 高校からの友人のリクエストで名古屋に一泊してきました。べつにあては、なし。どうも名古屋本を眺めてるうちに、すごいモーニングセットとか食べてみたくなったらしいです。
 食べ物についてはエントリーをかえることにして、今回は猫であります。

・3月9日(日)
 歩いた歩いた。夜見ると、歩数計はゆうに2万歩を越えていました。
 駅(&ホテル)→名古屋城→ノリタケの森→ホテルで、けっこう住宅街も通ったのですが、猫がいない。名古屋城でも見当たらぬ。ついでに虎の屏風絵もどこにあるのかわからない、ポスターを見かけてるだけ。
 
 しかし、いいかげん疲れてホテルに向かう途中で名古屋名物(のひとつだよね?)地下街に入ってみたら思いもかけぬ光景が。
Ngatopasillo.jpg

これではよくわかりませんが、地下道の天井から壁から黒猫がぐわっとしている、らしい。新しくできたルーセントタワーという高層ビルと、名古屋駅方面をつなぐ通路がアート空間になっているというのです。
 →ルーセントタワーのアートを手がけたオフィスによる紹介は、こちらから。

 Ngatopasillo2.jpg

 いろんなところに猫がいます。黒猫、つまりシルエット。ブレーメンの音楽隊よろしく馬の背に乗っていたり、

Ngatopasillo3.jpg

 マンションのポスターのうえでのび~をしたり、

Ngatopasillo4.jpg

 エスカレータになんか乗らずにジャンプで着地したり、です。 

 ほんとうは名古屋駅方面→ルーセントタワーという方向なんでしょうが、逆方向から行ったので、最初は「なにこれ?」という感じ。
 でも名古屋の名所がシルエットになっていたり(もちろん猫はおうちの屋根のうえにいる)、野原だったり、空だったり、なかなかたのしうございました。
スポンサーサイト



Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/101-3b0a723c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード