06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

* category: コンサート、演劇

熱狂の日08(0502&5) 

2008.05.05
Mon
11:24

 昨年に続いて、ゴールデンウィークの東京国際フォーラム(周辺)を占拠するお祭り・「熱狂の日」La fol journeeに行ってきました。今年はシューベルトとその周辺がテーマ。

08Fol.jpg

 とはいうもののシューベルトって超メジャーな歌曲とか『未完成』くらいしか知らなくて、たぶん自分でアルバムを買ったことは、なし。どうしよ、とプログラムを眺めていると、おお、マーラーがあるではないですか。『大地の歌』か。⇒その前のコマも入れられるな、声楽にしようかな。

 というわけで、5月2日夜の部でふたつのコンサートに行きました。
・ホールC(マイヤーホーファー)
「シューベルトが残した名リート「ます」などを、後輩たちの一味違った編曲で楽しむ」
エッセール指揮のポワトゥ=シャラント管弦楽団
ナタリー・ゴードフロワ(ソプラノ)
トーマス・バウアー(バリトン)。
 いやー、ホールCってでかいですね・・・・・・。
 チケット売り出しからちょっとたって思いついたので、天井近くの「A」席しか取れなかったので、なんというかずーっと下、奥でのパフォーマンスを眺めました。するとちょっと、ソロの歌声は場合によってきついです。コンサートホールの臨場感はあまりなく、額縁に入った映像を上からのぞきこんでいるみたい。

 まず前半はシューベルトが残した交響曲の断片を現代作家のベリオがコラージュするレンダリング。まさに不思議だ。だってシューベルトが1828年に遺したスケッチの合間に、現代の音楽を挿入していく試みだから。でも玉手箱みたいで、次になにが出るかな? と楽しみでした。

 後半はリート。レーガー編曲の「糸を紡ぐグレートヒェン」は、曲が好き。後日、この歌を収録したCDを買いました。でもちょっと歌手は頼りなかった。「魔王」がラストで、これはなかなかの迫力。

・22時半から、お目当てのマーラー『大地の歌』:シェーンベルク版(ホールB7・ショーバー)
 パスカル=グザヴィエ・ロト指揮のレ・シエクル
 イザベル・ドリュエ(メゾソプラノ)
 パスカル・ブルジョワ(テノール)
『大地の歌』はフルオーケストラ版を持ってるだけで、今回のシェーンベルク版(管弦をスリムに編成)は、生で聴くのはもちろん初めて。オケが舞台に登ってくるのを見たとき(ほんとうはステージの広さとか椅子でわからないといけないのでしょうが)、「少ないなー」と思いました。しかしその前のCがフルオケ&距離に阻まれて歌手の声がかすれてしまったように感じていたので、むしろ吉兆くらいに。

 いいねえ(以下、箇条書き)。
・冒頭から「はっ」とする。金管の響きが高らかで、物語のただなかに投げ込まれたよう。
・今回、歌詞がついてたからよくわかったけど、これって表題音楽だよね。中国の詩から、というけど、一生懸命チャイナ風になっている。かわいらしい。
・そしてマーラーは切ない。
・オケもいい。ときどき、切り込んでくるような鋭さがある。
・全編終了後の「間」も、じんわりきた。
 
 指揮者のおまけコメント(ピアノを弾いていた日本人メンバーを通訳にかりだして)で、なんか緊張というか暗さを忘れました。このレ・シエクルは昨年も評判よかったらしい。来年も来てくれるかな。

・5月5日(月)
 東京に出る用事があるので、思いついて3日夜に急遽取りました。
 劇付随音楽『キプロスの女王ロザムンデ』
 ペーテル・チャバ指揮、フランス国立ロワール管弦楽団
 メゾソプラノ・林美智子
 晋友会合唱団

 2日と同じフォーラムCでしたが、今回は一階の4列目。ただしかなり横。舞台を見上げる感じで、オケの後ろの合唱団やソロ、そして存在感あった金管はほぼ見えず。
 フォル・ジュルネのタイムテーブルに添えられてた説明には
「陰謀からハッピーエンドへという劇の音楽
 語りが加わり、音楽物語のような演出で楽しめる」
とありましたが・・・・・・なかったよ? 語り。そして、ないとわかんないです。せっかくの内容が。
 全部で11曲編成なのですが、合唱&ソロの歌詞が対訳つきで記載されているだけのパンフレット。「貧しい船乗りの未亡人の養女ロザムンデが実はキプロス王の娘で・・・・・・といったハッピーエンド物語(略)」とあるのですが、そこで羊飼いの合唱や狩人の合唱があるのはなんでなんだー?
 不勉強がいけないのですが、そのへんが消化不良でした。

 肝心の音楽はけっこうよかった。指揮者は大奮闘でした。

 さて、来年は「バッハ以前の北ドイツのバロック」だそうです。バッハ好きなので楽しみ。 
 
スポンサーサイト
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/05/11 01:06】 | # *編集*

コメントありがとうございます! またお邪魔してますね。
【2008/05/11 14:55】URL | かんべえ #Qi8cNrCA *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/118-ba13de88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード