FC2ブログ
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

* category: フランス料理

エルミタージュはまさに隠れ家のたたずまい(0810) 

2007.08.11
Sat
15:30

 前夜、急に思いついて予約してでかけました。じつは最初ショーラパンに電話してみたんだけど、時間が悪かったのか取っていただけなかっただ(近いうちにいこう)。

 さて、昨秋はじめてむなかたに行ってみてから、横浜シェフクラブ・リグレックが気になっています。フランス料理のシェフたちが作っている友愛会で、勉強会はもちろんですが社会貢献もおりにふれてするというもの。最近では、新潟県中越沖地震被災者支援でチャリティーカレーを大通り公園で、という記事を見ました。

 会のサイトはhttp://chefclub-ly.com/
 中区にお店を持っているシェフが多いことから、今までにも何軒か行ってみました。というわけで、今回はエルミタージュに。

 場所は中区若葉町2丁目です。ここをもうちょこっと歩いていくとエル・ニョスキのある板東橋ね。さてわたしがこどものころには正調・横浜の繁華街だった伊勢佐木町ですが、商店街のほぼ真ん中を通るバス通りより奥(関内から見て)のほうは、当時もなんとなく違うなー。という感じでした。

 今回はマツザカヤの入り口で待ち合わせ、その後有隣堂に寄ってからのんびりお店に向かうことに。まだ日が高いので、伊勢佐木町通りと平行に走る、その名も「親不孝通り」を歩いていくことにしました。なんでも、風俗店や飲み屋が多いことからその名がついたとか。

 若葉町界隈に入るとさらに外国感たっぷりです。フィリピンレストランの入り口に貼られてたお知らせはまったく理解不能だし、韓国食品の店とか、ベトナム料理店・タイ料理店など、アジアです。あ、一軒だけロシア料理を出すバーがあった。

 エルミタージュはその親不孝通りと伊勢佐木町通りをつなぐちいさな通りに面したビルの地下にありました。地上には黒板に手書きの「今日のお勧め」が出てたけど、ここまで歩いてくるとけっこう強気なお値段設定に見えます。夜のコースは4800円からの店です。一階にあるクリーニング店は個人向きというよりお店のものを引き受けてるみたいで、布団みたいなものがどっさり店頭に積まれているのもなんか、すごかった。
 
 隠れ家への道


 Hermitageはフランス語で「隠れ家」。入り口前にエントランスロードとでもいうのかな、ここからはちょっと違う世界に入るよーという橋渡し空間を設けてありました。高めのワインボトル(シャトー・ラ・トゥールやオーパスワンを確認)などを配してあったり。

 で、お店はというとわりと広い。ここでこの広さで7年以上営業してるんだからこれは期待できるかな、と思いました。

 さてお勧めにひかれるものもあったし、アラカルトで頼むことに。
 ワインは7~8月のお勧めというビオロジックものの白(味はふつうだったけど、たっぷりふくらんだグラスででてきたのはちょっと驚いた)、連れはハウスワイン・スパークリング。

 出てきた順に、
・青森産帆立貝のサラダ
赤いのはざくろ

 赤いのはザクロ。ほかにトウモロコシなども入っていました。ホタテも肉厚で甘みがあって、ザクロと一緒に食べると食感といい味といい楽しい取り合わせ。

・ワインのお供に・・・・・・とあった、
 蛸と夏野菜の柔らか煮 ガーリックトースト添え
とろとろ野菜

 濃厚な野菜のポタージュみたい。おいしかった。パンにつけて食べるとどんどん食が進みます(あ、いかん)。

・太刀魚のプロヴァンス風
タチウオ

 皮のカリカリ感と、中身のほぐれ感を楽しむ一皿。もうすこしだけ塩が控えめだと絶妙だったかな。野菜もおいしかったです。ほそっこいのは紫式部という名前の大根とのこと。

・牛ほほ肉のワイン煮込み 
ほほ肉

 2400円だったのでちょっと強気? と思ったら、これは量がすばらしかった。全体的にたっぷりなので、二人分を三人でシェアして最後のデザートまで行けると一番いいのでは?
 この肉は柔らかくてよかったけど、いかにもワイン~! だったので、ちょっと苦しかった。

 でもゼリーならとかシャーベットならとか理屈つけて食べてしまうんですよ・・・・・・。
 連れはマンゴーアイスクリーム、わたしは白桃のコンポートとオレンジ風味のゼリー エストラゴン風味(おまけにバニラアイスもついてました)。

ゼリー


 いやあ・・・・・・食べた食べた。
 最初のうちは、おなかをちょっくら調節してあとで散歩がてらエル・ニョスキに行ってお茶でもとか思っていたけど、これはもう無理。歩いて帰るのも無理。でもタクシーではあまりにもナサケナイのでバス+徒歩で帰りました。

[おぼえがき]
 女性スタッフさんが主にサービスしてくれたんだけど、最初からとりわけ皿を用意したりよく目を配り、なにより朗らかで感じがよかった。
 それなりに歴史ある店というか時間を経ているので経年劣化はある程度しかたのないことなんだけど、トイレの扉なんかは手入れしたほうがいいかな。
 全体としては好印象。お箸で食べられるのも嬉しい。また行くと思います。
スポンサーサイト



Comment(0) | Trackback(2) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/12-784aad97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

白のレビュー

飲み応えのあるワインです。女性にも飲みやすいでしょう。プレゼント用として購入しても、喜ばれると思います。■ブログにて無料ポイント進呈中⇒http:/plaza.rakuten.co.jp/kiyaku/・南仏・・・プロバンスのデザイン・菓子処 梅屋の「みんなの白くまフロマージュ」・夏野菜 プロヴァンスのレス【2007/08/16 04:41】

[1993]シャトーランゴアバルトン 750MLCHLA

産地 サンジュリアン 第三級 セパージュ カベルネ・ソービニヨン70% メルロー20% カベルネ・フラン10% ボトルコンディション 良好です コメント ランゴアバルトンのバルトン家のシャトーってすごい立派ですね。写真でみただけですけど。93年、すご プロヴァンスの日【2007/09/17 07:54】

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード