08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

* category: スペイン料理

スペイン料理、夏のケータリング 

2008.07.28
Mon
10:20

 セルバンテス文化センターの行事に参加しました。午前~夕方だったため、昼間から「カクテル」という触れ込みの立食も出していただきました。もちろんワインもあるでよ。ついでに、オレンジジュースはスペインから輸入(?)のドン・シモンだった。

CIMG8104.jpg
 いつまでもカフェがオープンしないので(もうじき開館一周年なんだけど・・・まあ、秋に国王夫妻が来るころにはいくらなんでも間に合わせるだろう)、どこからのケータリングなのかはわかりませんが、おお、いかにも。なラインナップ。それにしてもこのトルティージャ(スペインオムレツ)は分厚いなあ。←真ん中列の手前のほうにあります。チョリソと一緒に並んでる緑はもちろんオリーブ。

CIMG8105.jpg
 夏といったらガスパチョだよね。お上品にカップに入ってて、隣にあったカナッペ状の刻み野菜を加えていただきます。トマトベースだけど酸味はそれほど突出してなくて、まろやかな色と味でした。

CIMG8106.jpg
 パエジャもありました。やっぱり熱いのをいただくのがおいしいと思う。

 デザートはクレマ・カタラナ。一味違う、と思ったら、たぶんラベンダー入りでした。
CIMG8108.jpg

 予定よりも参加者控えめだったせいか、かなり食べ物には余剰が。誰かがちゃんと食べられたならばいいな。
 
 この「カクテル」は2階展示スペースの右半分を使って開催でしたが、左のほうはフリオ・コルタサルのEl viaje infinito「終わりなき旅」展開催中だったので(9月3日まで)寄ってみました。わたしが持っている『石蹴り遊び』の表紙イラストは、コルタサル自身が描いたものだったのか。

 帰り際に一階の書店にも寄ってみました。スペイン語教科書、語学書などに混じって料理本やスピリチュアル本がけっこうあった。お店のひとに聞いたところ、在日ペルー人などのお客さんも多く、そういうひとたちがスピリチュアル本が好きなのだということ。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/143-bbfae090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード