09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: ねこ

ねこをまとめてそうまくり 

2008.08.29
Fri
00:00

 暑かったもんね。雨だったもんね。電車&車だったもんね。
 というわけで、この旅行、猫には恵まれませんでした。いくらほそっこい道であったとしても、この灼熱の京都で「猫を出せ」とはさすがにつぶやけません。

 そんなわけで、時間に沿っていくとこの猫が最初なんだな。
kiyomizuG.jpg
 いやいや、狸じゃなくってよ。狸の得意な作家さんが作ったからこうなったという話です。これは京都茶碗坂・さんだ源栄堂さんの店を飾る猫であります。ところどころに釉薬がかかってて、肌触りの違いも楽しめます。こちらは年配の御夫婦とおぼしきおふたりの店で、小物からまさに芸術品まで幅広く並んでいました。京焼はわりと華美な印象が強くてそれほど興味はなかったのですが、こちらは肌の色がすこし青み帯びて引き締まっているのでいくつかゆっくりと手に取らせていただき、母への土産にちいさな湯呑み茶碗を買いました。

 そして貴重なリアル猫(招き猫グッズの店なんかはそれなりにあった)。
kyotoG.jpg
 足利尊氏の菩提寺、等持院の門前の鐘楼にいた子。なかのかたに聞いてみたら、いつも来てごはんをもらっているとか。あかるい色の不思議な模様です。

 しかし。わざとじゃないけど、やっぱり猫との出会いはあった。京都にようやくできたという猫カフェで。ほんとうはつくね料理の店を目指して歩いてたところ看板が目に入り、友人に「日本にはこういうお店もあるんだよ。台湾発だって話だけど」と言うともちろん目をらんらんとさせたので、一時間過ごしてみることにしました。

 京都は御池通り沿い、御池小学校すぐ近くのビル二階、「ねこ会議」です。
kaigi1.jpg
ねむねむ。

kaigi4.jpg
ねむーい。

kaigi3.jpg
 ねむのび。

 と、おねむちゃん三連発にしてしまいましたが、もちろん活発な子たちも。
kaigi5.jpg
高い場所からキラリと見通す、ちょっとだけおねえさんな「ちょこ」さんも。
kaigi2.jpg
 オープンしてあんまり経っていないお店で、中心はちびさんたちでした。ころころとまつわりつきながら遊んでます。いいねえ。
 で、けっこう似た子が多いですよね。真っ黒とか真っ白とか三毛ちゃんとかいないな。と思ったら、こちらの猫ちゃんたちは兄弟姉妹で入ってきてるそうです。また、もと野良ちゃんや里子に出された猫たちだそうです。
 猫好きの友人も目を輝かせ、途中で起きてくれた「みるく」(「ねむーい」の子)に遊んでもらってご満悦でした。

 奈良では「ねこまち」としても知られる(と、現地に行ったら書いてあった)ならまち界隈でようやく二匹。こちらは鹿と一緒に奈良特集にしよう。それから東北では、まったく猫を目にしませんでした。昨年の大間がなつかしい。日光もしかり。東京・横浜でもいなーい。

 というわけで、突然ほぼ最終日に飛びます。千葉は佐原に行ったとき、果物屋さんの店先におさまっていた「ちょこちゃん」です。
chaG.jpg
 このトマトの箱がお気に入りなんだって。お店の前はけっこう交通量の多い道なせいか、ちゃんとリードがついています。夜はおうちのなかで放してもらって気ままに遊ぶという話。おっとりしたいい子でした。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/150-b59a165d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード