09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: おでかけごはん

京都でいただきました(食事編)(2) 

2008.09.01
Mon
11:19

 5泊に及んだ京都滞在ですが、最後の日は終日奈良にでかけました。京都での後半二日の夕食についてです。

・12日(火)
 考えてみるとこの日が一番、食に関しては充実していたかもしれません。朝はイノダコーヒ(京の朝食)、昼は大鶴(ちらしそば)でした。その後しばらくホテルで休み、夕方ギオンコーナーへ。
 ギオンコーナー。名前からして怪しいというか不思議感あふれているかと思います。外国語ガイドつき京都定期観光バスを調べているときに見つけた場所で、国内向けのガイドブックにはまず載ってないんじゃないかな。 祇園はヤサカ八坂会館内の舞台を利用し、毎晩7時と8時の二回、それぞれ45分程度で日本の伝統文化を紹介します。ラインナップは茶道、琴、華道、雅楽、狂言、京舞、文楽。狂言は日本語のわからない大部分の外国人客にも大受けで、わたしも楽しみました。あとは文楽と雅楽がよかったなあ。

 ギオンコーナーに入るまえに、ガイドブックに載っている町家利用のおばんざい屋さんに電話してみました。が、予約で満席で、何時に空席が出るかわからないとのこと。伝統芸能鑑賞後も電話を入れてみたけどまだわからないとのことで、散歩がてら店探しをしました。うーむ、人影はまばらに見えてもお店のなかにはけっこうたくさん入っているのね。友人は畳敷きが駄目なのでそこもちょっとしたハードルになり、ようやく入れるお店を見つけたのが半時間くらいあとのことでした。

・「隠」(かくれ)
 入ってすぐのカウンター席(履物は脱ぎ、掘ごたつ式の席にはまりこむ感じ)、定員四名のところをしばらくは二名で独占。こちらは、目立って「おいしい!」とうなる感じではありませんでしたが、すぐ前で働いている板さんたちの懸命な仕事ぶりが見えたり、よく気にかけていただいたり、一人前を頼んだのにあらかじめ分けて出していただいたりなど全体的な居心地がよく、お値段も手頃で、あとで友人が「よかった食事」の筆頭にあげていました。
 炭火焼をなにか食べさせたかったので、京都の夏をおもんぱかって鱧の七輪焼。
CIMG8779.jpg

 ほかに豆腐の揚げ出し、シーザーサラダ温玉のせ、そしてこのカボチャのグラタン。
CIMG8780.jpg

 思い出しがてらネットでお店の情報を調べてみたら、お茶屋を改装して使っているとのこと。みんな個室状態で、二階の天井画がすごいらしいです。まさに玄関先にちょこっとお邪魔して帰ってきてしまったのは、今おもうと残念かも。

・13日(水)IEMON SALON
 ほんとうは丸太町にあるつくね屋さんを目指して一生懸命歩いたのですが、途中で猫カフェに入ったのが敗因。たどりついたときには、内側のあかりはあるけどのれんはしまわれていました。8時半閉店とはかなしい。
 力尽き、タクシーに乗ってホテルに帰ることに。ずっと気になってたすぐ隣のIEMON SALONに入ることにしました。テラスに向かう席にはパソコンがあり、ネットもできるみたいだったし。

 いえもん、という名前から推測できるように、サントリーが開いたお店です。ちょっとした目当てのパソコンつき座席は幸運にも無人だったので、そこに並んで座りました。自由利用ですが、最高一時間程度でほかのかたにもゆずってください、という注意書きつき。

 お茶を中心にしたライフスタイル提案ということで、今週の食事茶(500cc)
CIMG8990.jpg
なんていうのもあって楽しい。

小腹減った程度だったので、伊右衛門サラダと
CIMG8988.jpg

チキンライスプレート
CIMG8991.jpg
をいただきました。両方ともけっこうなボリュームだったのでこれで大満足。また鶏肉がおいしかったよ。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/152-925b676c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード