FC2ブログ
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

* category: イベント

山手西洋館のクリスマス(2) 

2008.12.20
Sat
13:11

 18日(木)午後、残りの三館に行ってきました。クリスマスが近づいているからか、月曜日夕方と比べるとずっとひとも出ていました。

・外交官の家
 テーマはアメリカ、「丘の上の暖かなクリスマス」。家族で迎える素朴なクリスマスで、もみの木の緑やさまざまな花の赤、冬ならではの純白が効いていていい感じ。
0812chg5.jpg

0812chg4.jpg

0812chg3.jpg
 サンルームのラウンドテーブルは綿化粧に覆われていました。

 こちらは二階にもすこしずつ嬉しい演出が。
0812chg2.jpg
 ガーデニングの途中でひとやすみ、という設定かな。書斎にありました。

0812chg1.jpg
 主寝室の床にひっそりと置かれていた飾り。

・ブラフ18番館
 こちらのテーマはオランダ。2008~09年は[日本オランダ]年でもあるそうです。コーディネートはオランダ出身のエドウィン・アール・モレナール。
 0812ch6.jpg
 ダイニングルームのテーブルセッティング。

 二階への階段を登り切ったところに置かれていた巨大なメタリックの花器にはちょっとびっくり。
 窓際にまとめて置かれていた筒、なんだろうと思って近寄ってみるとろうそく立てでした。ひとつひとつ細工が違います。
0812ch5.jpg

 二階テーブルの飾り。このアイスクリーム、いや炎のようなものは要するに飾りなんだろうな。
 0812ch4.jpg

 オランダには、スペインに住んでいるときにベルギーとセットで行ったことがあります。アムステルダムだけですが。ユースホステルを探そうとしていたらなんと、その一週間くらい前にスペインに遊びにきたともだちのともだちと出会ってホテルを紹介してもらったり。美術館に行って(ゴッホを体系的に見たのははじめてだったので、「そうか、ゴッホが[ゴッホ]になったのは死の前のほんの数年だったんだな」と思ったり、「夜警」は大きいなあと延々と見たり)、猫ボート見て、ダイヤモンドの売店をちょっとだけひやかして、花や風景写真の絵はがきが気に入ってたくさん買ったことを覚えています。ごはんはおいしくなかった。インドネシア料理だけがよかった。
 0812ch3.jpg
 こんな窓辺のセットはフェルメールなどと地続きの感じがします。旅行当時は静物画とかあんまり興味がなかったのでちょっともったいなかったな。

 二階の一室はオランダ紹介。民族衣裳の展示もありました。18番館ではいつもこのタイプの展示があると思います。山手の西洋館は一括して横浜市緑の協会が運営しているのですが、館ごとのスタッフによる好みというか傾向があるのかもしれないな。
0812ch7.jpg
 衣装とあわせて展示されてる写真がユーモラスでよかった。左側のレースの衣装の着方がよくわからない、みたいなおじいさんに世話を焼いてるおばあさんとか、三婆三態(並んで椅子に座ってる、並んで後ろ向きなと)とか。今ならオランダももっと楽しめるんじゃないかな。

・山手68番館 
 こちらはちょっと奥まっているのと、小さいしいつも装飾控えめなので訪れるひともまばらです。横浜市緑の協会が指定管理しておらず、現在の正式名称は「山手後援管理事務所」ということもあるかもしれません。このあたりは猫スポットなので、後日ご紹介いたします。
0812ch2.jpg
 まずは外観。

 こちらのテーマは[サンタの国のクリスマス]、フィンランドです。
0812ch1.jpg
 
 装飾もわりと控えめ。あとは暖炉まわりと、テーブルのうえくらいです。でもフィンランドの生徒が描いた絵が壁に貼ってあったりして、けっこう楽しかった。

 というわけでひとまわり。来年も楽しみにしています。
スポンサーサイト



Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/183-33469668
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード