08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

* category: 展覧会

夕方を狙うとよいのでは・国宝 阿修羅展(&カルティエ・クリエイション展) 

2009.04.03
Fri
12:44

 とうとう、というか、早くも、というか、3月31日から東京国立博物館・平成館で開催中の「国宝 阿修羅展」、すごい人出のようです。前売りの売れ行きがすごかったので開館時間延長・・・と聞き、これは狙いだ。と思いました。

 というわけで、当初は来週10日の夜間開館を狙うはずが、今なら桜も咲いてるかもだし、と1日の午後行ってきました。
 上野駅午後3時過ぎ着。平日だというのに上野駅公園口はすごい人です。桜が見頃、などいろいろな要素があるだろうな。そういえばまだルーヴルも見てないな、そのうち金曜夜に。と思いながら、科学博物館の前を通って東博に向かいます。むむ。どんどん人波が向かっておる。しかも、ふつうは出会わない観光バスの団体客も、ガイドさんに連れられて歩いている。

 さて、今週末までは春の庭園特別公開もあるので、4時までのお庭を見て。
 本館で、特集陳列「黒田清輝のフランス留学」を中心に、一階を歩いて。
090401nh3-s.jpg

 16室「歴史資料」室では、「日本の食文化」が特集陳列。
090401nh2-s.jpg
 料理本とか(『精進料理素人庖丁』 直亭馬瑟、江戸時代)、

090401nh1-s.jpg
 お寺でごはん、の様子がうかがえるちょっとユーモラスな絵巻とか(南北朝時代の『慕帰絵』模本(江戸末期~明治期)とか、けっこう楽しいです。

・続いて表慶館でStory of...カルティエ クリエイション-めぐり逢う美の記憶-を見ました。展覧会公式サイトはこちら
090401ca-s.jpg
「王の宝石商、宝石商の王」として名をはせるカルティエのさまざまな作品展示です。
 ミステリークロックがいくつもならんでいたり、いったい宝石をいくつ・・・と思うような超豪華なマハラジャのネックレス(このチケットにも使用)があったり、もちろん展示物そのものがすばらしいのですが、要所要所に配されたビデオ(展示ケースの前に立つとホログラムのようにして見え、作品とそのエピソードを見比べることができる)があることでさらに味わい深いものになっていました。たとえば、ジャン・コクトーがアカデミー・フランセーズ会員になったときの剣。カルティエとマハラジャとの出会い。また、蛇と鰐を愛したメキシコの大女優マリア・ フェリックスの物語、そして威嚇的なまでにゴージャスなネックレス、イヤリングなど。
 また、最後の展示室、純白の空間にただよう「今」と「これから」も、締めくくりにふさわしいものでした。

 カタログも買いましたが、自由に手にとれる展示品目録も充実。
 こちらの展覧会、どうしてもショーケースの前に足を止めビデオを見てしまうと思います。混雑すると、ある意味「阿修羅展」よりたいへんなんじゃないかな。

・さて、4時半すぎに満を持して(?)国宝 阿修羅展へ。
090401as-s.jpg

 読みは当たりました! 通常の展覧会は「5時閉場」、でも今回のみ火~木も「6時閉場」なのです。それも前売り中に急遽決まったので、まだ情報として浸透してないだろうなと思ったのです。余裕をもってゆっくり見ることができます。閉場すこし前に戻って見たときなんか、「八部衆」(阿修羅以外)と「(釈迦)十大弟子」が部屋の左右にずらっとならぶ第二室など貸し切り状態でした。阿修羅像も、360度ぐるっと見ていくことができるのですが、低い柵の切れ目に立つ係員さんのほうが観客より少ない瞬間も。

 展示は、満足です。阿修羅って腕が細いなーとか、八部衆のうち阿修羅だけが圧倒的に空間占有率が高いけどそのなかでもつまりリーダーだったのかなとか、萩尾さんが漫画化した『百億の昼と千億の夜』の少女のような阿修羅王を思い出したりしながらゆっくり見ることができました。三つの顔を見比べたり、けっこうきっちりおへそが出てる(横長)なと眺めたりです。

 第3室には鎌倉時代に作られた四天王像が立ち並び、それぞれに足下に魔物を踏みしめているのですが、一番手前(右側)の持国天の足元に注目。その次の増長天が踏みつけている魔物はすごい醜さで、かえって不思議な愛嬌がある(えーと、漫☆画太郎だっけ、思い出した)。奥のほう、広目天と多聞天の足元はちょっと様式が勝っているかな。

 八部衆が揃い踏みするのは今月中旬までですし、見ようと思うかたはぜひお早めに。
スポンサーサイト
Comment(4) | Trackback(2) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント

あっ…コレ(阿修羅ね♪)行きたい!

来週行けるかなぁ~? 我妻が付き合ってくれるかが問題だなぁ…
【2009/04/05 20:48】URL | とも2 #- *編集*
阿修羅展
とも2さん、こんばんは。
 一日目からおそろしい行列があったという話です。それにしても阿修羅の人気は別格ですね。
 カルティエもよかったですよ、あれだけ浮世離れして高級だと「ほしい」もなにもないや、って気分です。
【2009/04/06 23:23】URL | かんべえ #Oo4yTTgQ *編集*
阿修羅
昨日(夜)に行ってきました。
情報提供ありがとうございます。

しかし、なんといっても、やっぱり美男子ですよねぇ(笑)
【2009/04/12 06:53】URL | とも2 #- *編集*

とも2さん

 人出はどうでしたか?
 阿修羅もいいですが、その前のフロアにならんでいた八部衆もいろんな顔があって楽しいですよね。わたしは、顔でいうと、残念ながら頭部+ちょっとしか残っていない五分浄が好きです。
 
【2009/04/12 12:22】URL | かんべえ #Oo4yTTgQ *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/253-a71b8813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「国宝 阿修羅展」

東京国立博物館で3月31日より開催される興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」の報道内覧会に行って来ました。 阿修羅展公式サイト奈良時代・天平6年(734)に光明皇后が母橘三千代を追慕して造像させた阿修羅像を含む八部衆像(沙羯羅立像、五部浄像、乾闥婆立像、緊那羅立 弐代目・青い日記帳 【2009/04/05 00:30】

「Story of …」カルティエ クリエイション

東京国立博物館表慶館で3月28日より開催される日仏交流150周年記念特別展「Story of …」カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶~のプレスプレビューにお邪魔して来ました。公式サイト成田空港でフェデックス貨物機の着陸炎上事故が起きたことも知らぬまま(この事 弐代目・青い日記帳 【2009/04/05 00:32】

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード