FC2ブログ
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
* tag: リセンヌ  定食  石川町 

* category: 和食

日浦屋@リセンヌ小路はおひとりさま御用達の人情食堂 

2009.05.08
Fri
23:19

 すっかりリセンヌ探訪に味をしめた今日この頃。みなとみらい地区の帰りはもちろんですが、上野に展覧会を見に行っても近場で食べずにまずは石川町までかえってきてしまうのでした(昨日は午後休にして東京都美術館の『日本の美術館名品展』、国立西洋美術館の『ルーブル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画』、その間に東博の特殊陳列「平成21年新指定国宝・重要文化財」だけピンポイントで)。

 さて。とりあえずおいしいごはん、いやお米が食べたいな。でも雨模様でちょっと寒いし、お寿司の気分じゃないな。明日は朝が早いからさっと食べて席を立てるほうがいい。焼き肉はそんなに好きなわけでもないし・・・。

 というわけで、たぶんずいぶん前に入ったことがあるはずの和食屋さん・日浦屋に入りました。こちら、先日行ったキッチン星のお隣。しかも反対側の三軒隣くらいに洋食の美松があります。

「手動」と書かれたガラス戸を開けて入ると、
そうだこのお店もちろん来たことあるよ。
と思いました。入ってすぐ右手に二階につながる階段(前回は二階だったと思い出しました)。目の前のフロアには4人がけテーブルが左手に三つ、右奥にひとつ。入り口すぐ近くの高い位置にテレビ。

 ちょっと遅めに入ったせいでしょう、デミグラソースが切れてしまったそうなのでハンバーグなどは今日はおしまい。
 フライや魚など一品料理をちょこちょこ頼んでお酒をいっぱい、というたのしみかたももちろんできるお店なんだけど、今日の主役はごはんのつもりで入ったので、豚ロースしょうが焼定食にしました。
_MG_4754-s.jpg

 肉は柔らかくておいしい。味付けはうまみはあるけど濃い。
 でも今日はごはんが主役の日ということで、小振りのおひつに入ってきたごはんをたっぷりといただくには絶好のパートナーでした。お茶碗二杯半いただいてしまったよ。苦しい。
 ほかにはミニ冷や奴、蜆の味噌汁、キャベツの漬け物にたくあん一切れ、でした。

 ご主人らしい年配の男性は、もうピーク時間をすぎていたせいか
[いいから休んでて]
と言われてたけどやっぱりお店が気になるごようす。お茶をつぎ足してくれたり、料理が届いたのでちょっとテーブルのうえに置いたわれらがよみさしの新聞雑誌をさっと定位置に戻したり、御勘定をしたり。
 
 あいてる時間にはレジの前に浅く腰掛け、テレビに熱中です。入り口すぐの上隅に置かれていたので、背を向けて座っていたわたしは最初のうちなにが起きているのかわかりませんでしたが、連れよりちょっと早く食べ終わって振り向いてみて納得。フレンドパークだよね? 日本フィギュアスケートシングル勢がチャレンジ中でした。けっこう熱中して見てるご主人、ついでに応援気分のわたし。

 そうこうしているうちに、おひとりさまの男性がぱらぱら途切れずに入店してきます。お店のひととあいさつして席につき、勝手知ったる感じで注文。こういうお店だからもちろん喫煙可だし、携帯電話でけっこうヨタ話をしていてもとがめない。

 こういうお店、貴重だよね。また「ごはんだ」と思ったら参ります。

 店を出て、お向かいの花屋さんで芍薬を三色みつくろってみました。店先ではあじさいの鉢植えが満開だったし、花屋さんは一足お先に6月気分だな。

・・・・
リセンヌ小路で食べてみようシリーズ。
 これまでに紹介したのは
肉屋の肉料理 みずむら
トリロメオToriromeo
洋食 ホシ
H.B.Cafe 
Zouli Cafe
Ristorante GranDuca(記事のまんなかへんを見てください)
Chabola
です。
スポンサーサイト



Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/267-75b84ee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード