09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
* tag: ラテン 

* category: メキシコほかスペイン語圏の料理

アルコ・イリス・ベンボスでペルー料理 

2009.05.22
Fri
23:00

 若いひとたちとちょっとした打ち合わせ後、できればスペインバルに・・・と思ったけど、近くて安くておいしいといわれてもちょっと思いつかず。そうだ五反田なら一応徒歩圏内だよね、と、駅前のアルコ・イリス・ベンボスに行きました。このブログをはじめるまえに一度行ったことがあります。川崎のお店は三回ほど。

 到着は7時半すぎ。風俗店と飲食店が混在するかなり夜っぽい雰囲気の場所、かなり年季の入ったビル二階にあるお店です。けっこうきちきちにテーブルと椅子がセットされたお店はほぼ満席(奥のテーブルひとつはずっとあけてありました。スタッフの動線を確保するためか、それとも予約がはいっていたかは不明)。

 10分ほど待ってから店内に案内されました。テーブルを横にずらっとつなげた団体さんは、もうかなりできあがってて、自然と声も大きくなります。笑い声も響きます(あとで気づいたのですが、なんと20人にもなりそうな大きな団体さんでした)。
 あそこにいる四人組は日系ペルーのひとかな、スペイン語が聞こえる。

 ホットペッパーのクーポンを印刷していき、ひとり1500円以上の場合・5パーセントオフという選択をしました。または、インカコーラをひとり一本サービスだったから。インカコーラ、話のたねにはいいけどひとり一本がノルマというのはつらいもんね。

 四人だったので、ひとり一品選ぶことに。わたしはやはりセビチェ。
090520a-s.jpg
 くう、ちょっと痛いほどの酸味。でもおいしい。蛸やイカなどの海の幸も柔らかくて嬉しい。ペルーはコスタ(海岸)、シエラ(アンデスなど山地)、セルバ(アマゾンなど密林)の三つの地形に大まかに分けられるのですが、これはまさにコスタの味覚だよね。

 スペインに行っても毎日ハンバーガー食べていたという若者は、やはり肉をチョイス。
090520c-s.jpg
 お皿が大きい!
 肉はまずまず。もちろん大きかった。

 ペルーはけっこうパスタ食べるんだよね。
090520d-s.jpg
アルデンテはのぞむべくもありませんが、ちょっと醤油味な味付けといい、これはペルー焼きそばだよね。ペルー料理には中華の影響があるそうです。こちらにもやっぱり柔らかいイカがはいっています。

 そして炭水化物が続く。海の幸も続く。
090520b-s.jpg
ぱらっとした仕上がりで、しつこくなくおいしい。

 飲み物はインカコーラ、チチャ・モラーダ、グァバ、マンゴーと、いずれ劣らぬ華麗な発色のドリンクを注文しました。

 料理が来たときには目を丸くしていた若人たちですが、おいしいお店! と思うとやはりデザートにも食指が動いた様子。3つ頼んで4人で分けることにしました。カウンター近くの冷蔵庫には4種類あるように見えたので聞いてみたところ、
「白いのはアロスコンレチェ。いれものが違ってても同じ」
という答。すると全部で3種類だし、ちょうどいいよね。

090520e-s.jpg
 アロスコンレチェ(あまーい米のプディング)。けっこうがっちりした作り。

090520f-s.jpg
 レチェ・アサーダ(焼プリン)。こちらもかなり固体っぽい。

 090520g-s.jpg
 すごい色のヘラチナ。つまり苺ゼリーかな? 
 インカコーラをはじめて飲んだ若者が
「かき氷のシロップみたい」
と言っていましたが、このゼラチンもまたなつかしいような味。
 お酒を飲んでないこともあり、これで一人千円台なのは嬉しい。若いひとたちも満足してくれてよかったです。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/277-43d7f9bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード