10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

* category: フランス料理

BRASSERIE T's Musee ブラッスリー・ティーズ・ミュゼ再訪 

2009.05.24
Sun
20:20

 6月といえば横浜フランス月間。今年は4日のアペリティフの日、7日の三渓園での立食を予約済ですが、そのまえに一度くらいちゃんとミュゼのシェフにご挨拶しておこうかと思って席を取りました。ご挨拶、というのも、1月にむなかたに行ったときにやはり食事に来てらして、
「うちにもどうぞ」
と名刺をいただいていたのであります。その後、じつは一度行ったのですが、偉そうに厨房からシェフを呼び出すのも気が引けて名乗らずに帰ってきてしまいました。で、今度こそ。

 ミュゼのディナーはプリフィクス4200円が中心です。
今回は母と一緒だったので柔らかめ&肉という好みを伝えておきました。最初にシェフがあいさつに来てくださって、三枚豚のロースト(後、焼いたもの)を勧めていただいてメインはそちらに。わたしもちょっと考えましたが、鶏のファルシに。すべてとりわけ用にと別に持ってきてくださり、とりわけ皿もセットです。

・野菜のテリーヌ
090519b-s.jpg
赤いソースはビーツです。スライスするとオクラの星型やヤングコーンの花型(というかな)がはずむようで、目にも楽しい。三浦の野菜を使っているとのこと、太陽いっぱいでぎゅっとおいしさが詰まっています。

・びんちょうマグロ&トマトのジュレ
090519a-s.jpg
 マグロが舌のうえではらっとほぐれました。おいしい。

・メイン-鶏のファルシ
090519d-s.jpg
 手長海老とインゲンがまきこまれています。
 たっぷり盛られた野菜のしたに、カエルのコンフィが隠されていました。

・メイン-豚三枚肉の蒸し焼き
090519c-s.jpg
 横から撮ったので、つけあわせが前景に来てしまった(反省)。
 八丁味噌のいいにおい。甘みとうまみで幸せです。おいしい。

・デザート-わたしは「さっぱり」、母は「たっぷり甘く」。
 さっぱり、でオレンジのコンポートと木いちごのシャーベット
090519e-s.jpg
 オレンジ好きさ。
 やっぱりフルーツはいいねえ・・・。

 すこし、ワインもいただきました。5月はカリフォルニアワインのフェアだそうで、ペアでまずスパークリング。それから白を一杯。グラスワインが充実しているだけでなく、「ハーフグラス」という設定もあって高感を持ちました。すこしずつ変えていきたいときにいいですね。

 それにしても、一皿一皿の分量もたっぷり。食事の終わるころにはもう苦しいくらいに満腹でした。満足です。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/278-7383286d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード