07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
* tag: 150周年 

* category: フランス料理

横浜フランス月間開幕と「アペリティフの日」 

2009.06.16
Tue
10:26

 毎年6月は横浜フランス月間。とはいうものの、今年は開港150周年に押されてというか合流してというか、ちょっとウェブサイトなんかも手抜き感があり、情報が充実してくるのに時間がかかりました。どちらかというと個人店を発掘したいわたしとしても、ちょっと出端をくじかれた感じ。そんなわけで、6月なかばにして出かけたのは

・4日(木)アペリティフの日in横浜
・7日(日)三渓園での食遊会(夜の部)
・9日(火)(フランス月間には参加してないようですが)元町のCradleでランチ
・11日(木)職場の歓迎会を兼ねてリパイユ・エクスキーズで夕食
というところです。あと月末にひとつ予約を入れてある程度。(←「程度」って書いたけどけっこう頻繁でした)

 今回は、4日(木)にみなとみらいのリストランテ・アッティモを舞台に開催された「アペリティフの日」in横浜についてです。
090604a1-s.jpg

 フランス農務省が、6月第一木曜日をアペリティフの日として祝おうと提唱したのが2004年のことだそうです。今年は6回目。わたしははじめて参加してみました。オンラインでチケットを決済すると、参加証兼 クーポンが送られてきます。クーポンはアミューズ用が8枚、カクテル用が4枚だったかな? を切り取ることができるのでこれを首から下げて、ほしいものと交換するという仕組みです。ソフトドリンク、ワインとデザートはクーポン不要でした。ただしシャンパンは有料。

090604a2-s.jpg
 当日お迎えの図。アッティモは港を見張るかすテラスに沿って幅広に展開しています。19時半開始のところ20分くらいに着いたのですが、ワインの提供はすでにはじまっていて、かなりの人でした。
 紙皿とプラスチックフォーク、お手拭きを受け取って好きなところに並びます。

090604a3-s.jpg
 
 さすがに、暗いし場所はないしであんまり写真も上手に撮れないなあ。
090604a4-s.jpg
 一巡目の顔ぶれ。バラの花びらが乗っているのはたしかパンパシフィックホテルのもので、最初にいただいてみました。スウィートな感じの外見とは違い、海の幸たっぷりとコンソメのジュレ入りのさわやかなカクテルだったな。

090604a5-s.jpg
 三巡目かな?
 ニョッキとピザはアッティモからのサービスです。
 アペリティフの日だからしょうがないんだけど、デザートはちょっとさびしい・・・。連れの言、
「横浜(特にこのあたり)はお菓子とパンが弱い」
に強くうなずいてしまうのでした。

090604a6-s.jpg
 だんだんおなかいっぱいで苦しいしお皿は汚れてくるし。左上のマカロンは肉をはさんだハンバーガー仕立てでした。マドレーヌは食べきれずに持ち帰り。

 祝祭の雰囲気たっぷりで、今回の150周年記念で来日したリヨンのシェフ、オルシーさんがあいさつなんかもありました。
 全体としてはそうだなあ、値段のもとは取れると思うけどやっぱりここは社交の場という感じかしら。もとからの知り合いと来るだけじゃなく、ここでいろんなひととの出会いを(主に仕事で)求めるならばいいかな。もしくは、ちょっと敷居が高く感じて突然お店に行けないなと思ってる場合、次に行くところの下見でしょうか。
 一月にお店を閉めたむなかたさんが毎年参加してらして、今年もおそらくとおっしゃっていたので来てみましたが見当たらず。残念。
 このままだとわたしは今年一回限りの参加になりそうです。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/285-13260d51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード