07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
* tag: フランス月間  150周年 

* category: フランス料理

三渓園で「食遊会」その2 

2009.06.28
Sun
11:51

 さて、料理のご紹介です。
 奥の部屋に前菜があり、そこからメインに進んでいく感じの配置でした。

「地産野菜アラカルト」
090607s8-s.jpg
 奥が田中家、大根の煮物。
 手前は梅林のもの。つめたい茶碗蒸しというところ。これはリピートしてもいいなと思いましたが、数が少なかったのか早めになくなっていました。

090607s9-s.jpg
 濱新のシェフは「インカのめざめ」を利用したほっくりした一皿。
 夕凪からは横浜野菜のサラダ。

090607s7-s.jpg
 ストラスブールのパイ包みは美しく光っていて食欲をそそります。
090607s10-s.jpg
 カットするとこんな感じ(上部)。「海の幸のムース香草包み焼き」です。
 手前はラタトゥイユの豚肉のコンフィ(豆入りソースが嬉しい)。

090607s13-s.jpg
 手前は仔牛舌のソテー 香味ソース(シェ・フルール横濱)、奥はフォアグラのムース入りマカロンのハンバーガー仕立て(ホテルモントレ横浜。4日とそっくり同じもので、しかもそれほど好きではなかったので残念。母にと取ってきました)。

090607s12-s.jpg
 バルブグループ(表記は「ビストロ・バルブ」だったかな)は豪気に肉料理を三種。

090607s6-s.jpg
 今年のスペシャルゲスト・リヨンから来日したピエール・オルシさんによるメインディッシュが、奥にあるサーモンのムース ナンチュアソース。

 さて、ふたりで行って基本シェアしたのでおそらく全種類制覇できたと思うのですが、気に入ってリピートしたのがふたつ。
 すぐ上の写真の手前に写っている、霧笛楼のオマール海老のタルタルとセロリのブランマンジェ 胡瓜のガスパチョ風。
 そして、
090607s11-s.jpg
 崎陽軒のスペアリブ。柔らかかくて、複雑な味がしっかり染みていました。
 あとは梅林のだったらもう一回いただきたかったなあ。

 今回はかなり満足だったのですが、[ご自由に]という設定になっていたデザートがやっぱりかなしい。ブースがいつまでも開かないなあと思っていたら、ラスト近くなって配布が始まりました。霧笛楼提供のクッキーと生チョコ。それからカボチャのカップケーキでした。ちょっとさびしかった。横浜はアイスクリーム上陸の地なんだから、せめて今年くらいはアイスクリームでなにか驚かしてくれたらよかったのになあと思います。

 4日のアペリティフの日&今回を総合して、一度行ってみようかなと思ったのが
・吉田町梅林
・霧笛楼(ちゃんと食事をしたことはない)
・田中家
でした。行ったことがあるお店は一応除外しての話です。
 
・・・・・
 今年の6月はさらに忙しい。フランス(料理)つながりでまえに書いたものを補完すると、
・4日(木)アペリティフの日in横浜
・7日(日)三渓園での食遊会(夜の部)
・9日(火)(フランス月間には参加してないようですが)元町のCradleでランチ
・11日(木)職場の歓迎会を兼ねてリパイユ・エクスキーズで夕食
・20日(土)とつぜん思い立ってビストロ・ポンヌフへ
・25日(木)ブラッセリーHATAに行ってみる
・きょう(28日)もフレンチ
と、遊び優先モードなのです。仕事もけっこう忙しい。
スポンサーサイト
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
こっちも
ビュッフェ形式だったのですか?
せっかく、三渓園までセッティングしたなら、
ちゃんとした器でやればよかったのになぁ。
ちょっと勿体ないですよね。
【2009/06/28 22:25】URL | ほんま #- *編集*

ほんまさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。こちらは定員100名でわりとゆったりしてて、椅子も確保できたのでこんなもんかなあと思います。値段もそれなりだし(アペリティフの日と同じ、4000円でした)。
 いかにもビジネスで来ましたというひとが少なめに見えたのは日曜日だからでしょうか。それもまたゆったり感のもとでした。
【2009/06/29 23:06】URL | かんべえ #quSBhyNc *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/289-2451059e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード