09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
* tag: フランス月間 

* category: フランス料理

大いに飲んで、食べました@リパイユ 

2009.07.10
Fri
08:25

 今年のフランス月間のテーマ都市はリヨン。フランスのなかでも[リヨン料理]を掲げる馬車道近くのリパイユ・エクスキーズでの夕食を〆に選びました。しかも6月28日は、ソムリエをつとめる岡野さんが企画する
[リパイユ岡野のワイン&料理]
の日でした。

 お店に着くと、各人の席には特別メニューおよびリヨン・横浜交流会の案内が載っています。メニューにはお料理の話はもちろん、当日のワインや作り手についての解説もあって充実。今日のための[特別リヨンコース]一皿一皿と、岡野さんが選んだ一杯をいただいていきます。

・セルヴェル・ド・カニュ
090728a-s.jpg
 リパイユのリヨンコースはやっぱりこの[絹織物職人の脳](という訳になります!)ですね。リヨンは美食だけでなく絹織物でも有名な都市で、職人さんたちが朝食でパンにつけて食べるチーズペーストだそうです。
 フロマージュ・ブランにニンニクやエシャロットが入って、パンが進む進む。でもまだ一皿目だからと気を引き締め? ます。
 こちらにと岡野さんがチョイスしたのは、アルベール・ビショーのマコン・ヴィラージュ2005です。横浜開港150周年記念エチケットで、「ペリー提督横浜上陸の図」が使用されています。こちらのワインは去年のフランス月間フィナーレなどでもいただきました。軽く、すっきりとした味わい。

・サラダ・リヨネーズ
090628b-s.jpg
 今回、一番おいしい! と思ったのがこれ。自家製ベーコンやレバーなども入った、堂々たる[サラダ]です。メインのインパクトがあったよ。ぜひまたいただきたい。
 こちらと一緒にいただいたのはマルセル・ラピエールのシャトー・カンボン ボジョレ2007。

・白身魚のクネル えびのクリームソース
090628c-s.jpg
 先日、三渓園での食遊会でピエール・オルシが作ったのもこのお料理でした。
 こちらと一緒にサーブされたのは、岡野さんがほれ込んでいるというアラン・パレのラ・フォンタッシュ2007。一緒に行った友人、大のお気に入りです。
090628v1-s.jpg

・メインはプーレ・ロティ ソース・リヨネーズ
090628d-s.jpg
 これに合わせたアラン・パレのワインはその名もプーレ(若鶏)、日本の鶏肉に感激して作ったとのこと。
090628v2-s.jpg
「若鶏のお供に最適!」
と、鶏さんもおっしゃっています。

 はあー、よく食べた。
 そして自分にしてはよく飲んだ。

 デザートはクレームプディング。
090628e-s.jpg
 特別に、こちらにもデザートワインが!
 
 いやはや、たっぷりいただきました。
 帰宅するとすぐ寝ました。翌朝まで酵素ががんばってアルコールを消化というか分解というかしてるぞー、という実感があったですよ。
スポンサーサイト
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
う~む
かんべえサンの記事を見ると、我が家もフレンチとかイタリアンとかに行かなければ…と思います。
最近、我妻がヲサレ系に行きたいとグレだしてます(笑)
【2009/07/12 08:42】URL | とも2 #- *編集*

とも2さん、こんにちは!

 独式復活おめでとうございます!
 たまにはいいですよ~。わたしの好きなお店はわりと気軽だと思います。さすがにテラ飯とはいきませんが、かなりたっぷりいただけるお店も多いです。
【2009/07/12 11:05】URL | かんべえ #RwH1dyjc *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/290-e8d6deb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード