FC2ブログ
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

* thread: ご当地グルメ  * genre: グルメ

* category: イベント

2007年横浜フランス月間フィナーレ(0709)  

2007.07.14
Sat
13:24

 横浜フランス月間フィナーレとして横浜美術館で開催された
「"夢"の饗宴レストラン YOKOHAMA Style 『食』」(な、ながいな)
に行ってきました。7時開始、8時50分終了。

看板


 ブッフェ形式なのでちょっとしり込みしていたんだけど、よく行くフランス料理店で勧められ、席が少なそうならば老母の分はスタッフが気をつけてくれるということで参加を決めました。行ってみたら壁に沿ってたくさん配置されていたので、まったく問題なし。

 開始15分くらい前に到着。エントランスホールにはコックコートのシェフたちが並んでお出迎え。チケット(前売り制)を提示するだけでOKだったのは楽だけど、回収とか半券切るとかしなくてもいいのかしら。

 横浜美術館でのイベントははじめてですが、真ん中がグラウンドレベル0になっていて左右に階段&エスカレータでのぼる段が見えている、というのは、なんとなくオルセー美術館を思い出しました(横浜美術館は横長、オルセーは縦長←鉄道駅だったのだからまあ当然だけど、なのは違うけれども)。

 フロアまんなかには冷たい料理のテーブル(その中心に氷細工のエッフェル塔)、奥にはあたたかい料理のテーブル、周辺随所に飲み物、という配置でした。 
 
氷のエッフェル塔


 飲み物も[横浜らしい]ものを、というわけで、ご当地ビール(わたしはビールふつう飲まないのですが、ピルスナータイプはいけた)、有名バーテンダーを招いての横浜カクテル、ペルリ提督上陸の図をデザインしたエチケットを使ったワイン(中身はアルベール・ビショーのもの。現オーナーの祖父が19世紀末の横浜副領事をつとめていたこちからのチョイスだとか。メルシャンが神奈川限定で発売)などのブースもありました。

記念ワイン


 一応「はじまる」前なので、きれいに並んでいるオードブル系にはまだ手を出したひとはいない模様。ちょこちょこ写真を撮りました。目をつけてはいたけど食べそびれた料理のうちひとつがこれ。目にも快かっただ。隣にあったムール貝も残念だった・・・・・・!

食べたかったなー


 当初は中田市長も来場予定だったそうですが、代理参加の副市長のお話だと
「突然体調を崩して」
欠席。ゲストとしてなぜか金田賢一が来てたり、クラシック、ジャズなどの生演奏が入ったり(締めくくりはシャンソン)、祝祭ムードたっぷりでした。

 というわけで、食べたものからちょっと写真。
 
前菜


 オードブル、洋風のは横浜ロイヤルパークホテル。まぐろを使ってるほうがおいしかった。右は梅林のお寿司。

肉料理


 肉料理。これは母が取ってきてくれたのでどこのものかわかりません。やわらかい口当たりでおいしかった。ちょっと酸味のあるソースも良し。

ケーキは霧笛楼


 ケーキは霧笛楼のものでした。はじまる前にはざっと10種類以上あったんだけど、おとなしく食事終盤に取りにいったら4種類・10ヶくらいしかありませんでした。ほかにフルーツポンチなど。

 残念なのはあたたかい飲み物がなかったこと。締めくくりにコーヒーなり紅茶なりいただきたいな、と思いました。

 横浜は2009年の開港150周年に向けていろいろと盛り上げようとしている最中。このイベントでも何度となくコメントがありました。ちょっとボランティアでも考えてみるか・・・・・・!?
スポンサーサイト



Comment(0) | Trackback(2) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/3-c6de07bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フランス料理フランス料理とは、16世紀にイタリアよりもたらされた、当初はフランスの宮廷料理だった献立の総称。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL 世界の料理!【2007/08/09 04:27】

アルティザン・トゥレトゥールドゥニ・リュ

 〔監修〕 弓田亨 〔発行〕 株式会社イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ企画 日本語版 (全3巻) A4判/約300ページ(第1巻)/オールカラー/上製カバー装 本体価格=各15,000円(税別)・ルレ デセール会員パリ ジャンミエ オーナーパティシエドゥニ ...・フランス料理 料理がすごくよかった【2007/08/11 06:43】

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード