07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
* tag: 野毛  カフェ  商店街  横浜散歩 

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

はみだし穴子丼と野毛歩き、またはおがわとわたし(3) 

2009.08.18
Tue
10:51

 メキシコからの帰国は15日。でも残りのお盆休みを寝て過ごすのは惜しいので、16日の夜はニョスキで同僚と暑気払い、17日の昼は桜木町の「あぶら屋」に挑戦してみました。

 11時半にお店の前で待ち合わせ(ちょっと遅れてしまいました、すみません)。すでに半分くらいは着席ずみ。カクカクしたJの字的カウンターが調理場を囲む店内に入り、奥の席につきました。連れは天ぷら定食のA、わたしは穴子丼を注文し、おかみさんがいれてくれた冷たい麦茶をいただきながら待ちます。興味津々。

 まずはお味噌汁がきて・・・
 さて、きましたよ!
090817a-s.jpg
 どんぶりに乗り切りません。たっぷり漬けたつゆが、ぽてっと滴り落ちます。

090817b-s.jpg
 穴子ふたきれのうえにはしし唐、そして下敷きになっていたのは肉厚のなすとかぼちゃでした。もちろんごはんもきっちり盛りで、これはかなりの食べ応えです。
 穴子やわらかいしハフハフ熱い。かぼちゃも甘みがあっておいしいねえ。つゆもかなりたっぷりでした。むう、満足ぢゃ。

 黙々と食べ終わって、すぐにたちました。続々とお客さんが来てましたから。外で待ってらした初老の女性二人連れと交代です。写真を撮っておこうかなあと構えると、またすぐ別の二人連れが。
090817c-s.jpg
活気のあるお店です。

 さて、野毛を歩いて一休みする場所を探すことにしました。まっぴるまにたらたら歩くのははじめてかもしれないくらい。町の顔がけっこう違いますね。夜のみ営業らしく閉まっているお店がほとんどな一方、かなり歴史を感じる文具店が開いていたり。

 前に通り掛かってちょっと気になっていた、野毛Hana*Hanaに入ってみました。
ウェブサイトはこちら。 実際のスペースは二階にあり、一階が暗くなっているのでなんだか入りにくい。友人と一緒でなければやめておいたところ。
 三つの貸しスペースのうち、最大のAではスキーウェアの撮影? 、Bでは表にもお知らせが出ている写真展「ever since(FUMIKO NIINO exhibition) 」、Cでも写真展をやっていました(せっかくウェブサイトやスタッフブログがあるんだから、一応触れておいてあげればいいんではないかなー)。Bは、横浜港や海辺の景色が主の写真展。ここはどこかな? と話しながら見ました。やっぱり一度は中央市場あたりに行ってみないと。

 そしてまた歩く。 
 わあ、コーベルがあるよ。お店がこことは思っていなかった。
 コーベルは子どものころよくいただいた洋菓子の店です。ゴールデンセンター(現在のぴおシティ)に売店があったような・・・?
 とにかく満腹なので、とりあえずお茶をいただくことにしました。かなり冷房が強く、メキシコみやげを渡したりおしゃべりしたりしてるうちに冷めてしまったのがもったいない。
 せっかくなのでケーキを包んでいただきました。
090817f-s.jpg
 夜、分けていただきました。いけるじゃん! フルーツもスポンジもおいしいよ。また買おう。

 友人と別れて都橋を渡りました。そのまま伊勢佐木町通りに突き当たるまで歩くつもりだったけど、そうだ「おがわ」は開いてるかなあと気になり、やはり向かってみることに。
 お店の外に暖簾はかかっていたけど、入り口によりかかる老婦人はこのお店のおかみさんだよね?
 ちょっと迷っているとご亭主も外に。えーと、店はそのままお出かけなのでしょうか。

 とはいうもののせっかくなので
「今日はなにがありますか?」
「いろいろ。どら焼とか」
「どら焼のほかには」
「栗まんかね」
「じゃあ、栗まんをふたつお願いします」(ケーキよりは日持ちがすると思って)
「それだけ?」
「うーん・・・じゃあ、それとどら焼ふたつ」
 しぶしぶ勝手口を開けて入っていくご亭主。待っている間におかみさんと話しました。

 これから病院に行くところだったこと(すみません。でも時間に余裕があるということだった)。
 わたしが暖簾の左はじに犬の絵(スピッツ風)を見つけたら、「以前は毎年暖簾を新しくして、干支の動物を描いてもらっていた」とのこと。だからお店と工場のあいだのは鶏なんだね。
 浅草のお店はうなぎ屋さんだったけど、もう殺生はいやだから和菓子屋にしたこと。長男次男四男さんは浅草にいるけど、おふたり(三男夫婦)は新しい場所を求めて横浜に来たこと。このあたりは昔は飛行場で、その後、公園の前だしいいよと世話をしてくれるひとがいたので土地を買ってお店を開いたことなど・・・。いろいろ聞けて嬉しかったです。

 ちいさな紙袋に入っていたお菓子を、帰宅してすぐに取り出し(写真を撮ってから)ラップで包んでからお仏壇に供えました。
090817d-s.jpg
 そんなわけで今朝のごはんはおがわのどら焼でした。ラップおかげでふんわり皮も柔らかく、つぶしあん濃厚でおいしく、満足です。おがわのご亭主・おかみさん、どうぞお体たいせつに。

 飛行場の話、前にどこかのブログで拝読したなあと思って検索してみました。
 まさに「空港の町」というブログで紹介されていました。こちらに貼っておきますね。こうやってつながると面白いなあ。
スポンサーサイト
Comment(6) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント

おー
あぶら屋さんの穴子天丼に おがわさんのどら焼き&栗まん v-353
そーですか 昔はあの辺りに進駐軍の飛行場があったんですかぁ。。。
【2009/08/19 08:02】URL | 小径のヌシ(^−^) #HvhRBukU *編集*

ヌシさん、こんにちは!
 乾いて固くならないうちにちゃんと食べたら、どら焼の皮が特においしかったです。また行きます。
 あぶら屋さん、次は天ぷら定食をお願いしてみたいと思います。
【2009/08/20 09:11】URL | かんべえ #RwH1dyjc *編集*

あのあたり、空港(というより飛行場ですね)だったなんて初耳です。
面白いですね。
おがわのご婦人のお話もおもしろいですね。

あぶらやさん、3回目にしてようやくありつけました。
いつもシャッターの開いていないなぞの建物発見からここまで1年…。
長い道のりでした。
あのレトロな午後が妙に懐かしいこの頃です。
禁断症状!?
私は今度は天丼いただいてみようかしら。
【2009/08/28 12:57】URL | もりしぃ #- *編集*

もりしぃさん
 こんにちは!
 あぶら屋さん、なんかもうすこし追求したくなりますね。
 つぎの機会には、帰り道に野毛のなかの和菓子屋さんでも買い物したいと思います。

 進駐軍のすこし前の話ですが、横浜大空襲のとき。
 あとで使えそうな建物はきっちり残して爆撃した、と先日横浜ガイド協会のかたからうかがいました。伊勢佐木町では松阪屋とか、港のほうではニューグランド、県庁など・・・。
 知っておきたいこと、たくさんありますね。
【2009/08/29 10:01】URL | かんべえ #SqoPBuKQ *編集*
ありがとうございます。
『ever since』にご来場くださりありがとうございました。
【2009/09/13 00:58】URL | FUMIKO NIINO #- *編集*

NIINOさん

 ご本人ですか?
 わざわざご来訪&メッセージをありがとうございました。
 懐かしい風景や、訪れてみたいなあと思わせる水辺など、暑い日でしたし余計に気持ちのいい写真と空間になっていましたよ。
【2009/09/13 12:10】URL | かんべえ #z7XDr28E *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/310-f4dd7d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード