09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: メキシコ2009夏

メキシコシティのタクシー+α 

2009.08.31
Mon
21:51

 メキシコシティの交通機関はさまざま。ですが今回はもっぱら徒歩&タクシーでした。時間の節約と、一眼レフ持っていたためです。

0908mexC1-s.jpg
 走っているのはほとんどがこのタイプ。以前有名だったフォルクスワーゲンのビートルを利用したタクシーはほとんど見かけませんでした。

0908mexC2-s.jpg
 この写真だと、左手にお尻だけ写ってますね。ビートルタクシー。

 メキシコはとても楽しかったしおいしかったし、また行きたいのですが、タクシーに気軽に乗れないのが残念です。タクシー強盗が頻発しているから。「タクシー強盗」と日本語で書くと、運転手さんが乗客(を装った犯人)に襲われるのが一般的ですが、メキシコでは運転手が強盗に変身するそうです。もちろん、確率としては低いはずだし、大部分のまじめな運転手さんたちには迷惑な話なんですが・・・。

 というわけで、
徒歩) 歴史地区にホテルを取り、近所はどんどん歩きました。最低限の用心はしたけれど、日が高く通行人が多い場所を選んでいる限りは危険は感じませんでした。

タクシー)現地在住の友人がホテルまでタクシーで迎えに来てくれ、一緒に乗ったことは何度も。
 友人は銀行の現地駐在員の家族。路線バス、乗合バス、地下鉄、流しのタクシーの利用は会社から禁止されているとのことです。出かけるときには信頼できる会社の無線タクシーを呼び、迎えを待つのですが、この待ち時間がけっこうばかにならないんですね。メキシコシティは都市としての規模も大きく、朝晩のラッシュも激烈だということで、約束をしてもなかなか「時間通り」とはいきませんでした。

リブレ・シティオ)
 現地ツアーを頼んだガイドさんから、お友達がものすごく急いでてうっかりリブレに乗り、寂しいところに連れていかれて身ぐるみはがれた話とか、日本から修行に来ていたレスラーが、帰国便に乗るため急いでリブレを拾ったら銃を出されて帰国できなくなった話などを聞きました(お、おそろしい)。
 日本人だから狙われるというわけではなく、友人のしりあいのメキシコ人も同様の目にあったことがあるとか。人づての話を含めれば、いろいろとあるそうです。先日の記事に書いた偽マリアッチならぬ偽タクシーもあるとか。
 流しのタクシー(リブレ)には一度だけ乗りました。このときには屈強(に見える)なメキシコ人男性が一緒で、かれが大丈夫だというのでおそるおそる一緒に。

 手配師みたいなひとがいるタクシー溜まりで乗れるのがシティオ。もちろんリブレよりは運賃が高くなりますが、やっぱり安心にはかえられないので二度ほど利用しました。わたしたちが利用したシティオは、後部座席横の窓に大きく運転手の顔写真や名前が張り出されてました。安心してねということでしょう。
 
 一番安心とされるのが、ホテルによんでもらうシティオです。これも運賃はあってなきがごとしって感じ。
 最後の日、バスに乗ろうと思っていたけど行き帰りともに荷物があって時間も急いでいたから利用したのですが、
・行き-ソカロ近くの自分のホテル(JTBによる格付けはC)から人類学博物館まで140ペソ(主要な目的地までの運賃は、タクシー案内のプレートに書いてあった)。
・帰り-人類学博物館から自分のホテルに向けてたっぷり20分は歩いた(と思う)超高級ホテル・フォーシーズンズから自分のホテルまで220ペソ(ドアマンから聞き、乗る際に運転手に確認)でした。ホテルづきのシティオはまるで一般の車で、外から見た限りはタクシーとはわかりませんでした。
 ちなみに、メキシコシティの地下鉄は全路線均一で、どこからどこまで乗ってもたったの2ペソとのこと。110回分か!

0908mexC-s.jpg
 最近できたというエコバス。新しくて車両もいいし、安全。とガイドさんに勧められたのですが、時間の節約から乗れなくて残念。

 おまけ。
0908mexC3-s.jpg
 パトカーと、奥には通常のバス。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/314-e59be868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。