FC2ブログ
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

* category: 展覧会

ようやく宮川香山記念館へ 

2009.10.03
Sat
23:27

 横浜眞葛焼  宮川香山記念館のオープニング展覧会が最終日を迎える9月27日(日)、ようやく行ってきました。
 なにせ土、日、祭日のみ開館のちいさな美術館。訪れる機会を何度か逸していました。

 場所は南区の南太田駅近くの住宅街。車が一台通るのがやっとの細い、ちょっと急な坂道にあります。
090927a-s.jpg

 歩いていると正直、「この道でいいの?」とちょっと不安になったのですが、上のプレートが目に入ってほっとしました。というのもこの記念館は、今は亡き眞葛焼窯跡の一角にある個人のお宅を借りて開館したものだからです。

 美術館の外観は自粛。ほんとうにふつうのおうちで、ただし二階のベランダと玄関先の階段に看板が出ていて、それと知れました。
 入場して切符を購入、用意されていたスリッパに履き替えてまずは一階の展示室に。
 まさに27日までの展覧会は「初代宮川香山 その作風と変遷」。暗くおさえた照明の下で、まず初代香山についての新聞記事や、焼き物のかけら、書簡などを眺めます。

 初代宮川香山の眞葛焼は、1867年のフィラデルフィア万博を皮きりに海外でも名声を獲得します。
 名前だけではわからない人も、現在横浜美術館で開催されている「大・開港展~徳川将軍家と幕末・明治の美術」のチラシでもクルっとしてニャッ! している猫(つきの壺)というとピンと来るかもしれません。ほかにも美しい焼き物の表面を這う蟹、描かれた樹木にとまっているかのような猛禽など、リアルな立体感が特徴の「高浮彫り」で有名です。

 →宮川香山記念館のウェブサイト
 トップページに小さく並んでいる作品のうち一番右のものがその例。
 →愛をこめて更新中、眞葛博士さんのブログ『目指せ!眞葛博士』

 →香山のコレクターとして知られる田邉哲人さんがまとめた『帝室技藝員 眞葛香山』の紹介ページ
 こちらでは、著者所蔵の作品の写真をいくつか見ることができます。例の猫も。
 →昨年展覧会『ハマヤキ 故郷へ帰る』をやってくれた神奈川県立博物館の、館収蔵品の紹介ページ
 右下から「眞葛焼の歴史」「眞葛焼館蔵コレクション」に行けます。 

 さて、宮川香山記念館のオープニング展「初代宮川香山 その作風と変遷」は、一階の展示室ではその「高浮彫り」の作品を展示(鳥がモチーフのものが主、カエルや猫もあったけど)。二階にはがらっと様子を変えた釉下彩による作品や、仁清の写しなどがありました。

 一番心をひかれたのは、まさに最後の展示物です。
 釉下彩の技法を得たからこそできた、深い青の花瓶のふちにとまる高浮彫のちいさな蟹。ガラスケース越しに花瓶の内側をのぞきこみ、生まれたてのように頼りない繊細な蟹をなぞるように見てしばらく時を過ごしました。ため息が出た。
 上掲の『目指せ! 眞葛博士』のこちらの記事で写真を見ることができます。

 最後の日にすべりこめてよかった。開館日が限られている代わりに展覧会開催期間は長めなので、現在の「幻の眞葛焼名品展」にもぜひ行こうと思います。

090927b-s.jpg
 記念館で配布されていた「眞葛窯跡地 散策マップ」を参考に見つけた、窯場跡のレンガ壁(の一部)。

 付近は閑静な住宅街ですが、ほかにも由緒ありそうなものも。
090927c-s.jpg
 ふつうのおうちの庭? にあった水天宮。

 090927j-s.jpg
 宮川香山記念館で、帰り際にいただいた「おみやげ」。ちょっとびっくり。 
スポンサーサイト



Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
ご訪問ありがとうございました。
ブログを見てくださり本当に有難うございました。

明治4年に輸出用陶磁器を作るため宮川香山が横浜に窯を築いた眞葛焼は、2代、3代と続きましたが、横浜大空襲で窯を閉じることになってしまいました。

世界中で絶賛され、日本が世界に誇ったやきものでした。

僕もこれから、もっともっと研究をして、新たな発見を整理して後世に伝えていかれればと考えています。

これをご縁に今後とも宜しくお願い致します。

これからもちょこちょことブログをご訪問させて頂きます(笑)

ありがとうございました。

眞葛博士
【2009/10/04 00:23】URL | 眞葛博士 #z8Ev11P6 *編集*

眞葛博士さん

 こんにちは。さっそくのご来訪ありがとうございました! こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

 眞葛香山、最初はやはり高浮彫にひかれましたが、時代の流れに合わせさらに工夫に工夫を重ねた優美な釉下彩にも興味を持つようになりました。

 明日は東京国立博物館(皇室の名宝展)で、帝室技芸員・初代宮川香山の花瓶を見ることができるかと思います。とても楽しみです。  

【2009/10/04 23:15】URL | かんべえ #z7XDr28E *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/329-416964ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード