10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
* tag: リセンヌ 

* category: 記録

ちょっと忙しくしています。 

2010.03.03
Wed
21:02

 3月中旬までがまたひとやまです。仕事もあるのに、ちょっといい気になってコンサートなどいろいろ入れてしまい、墓穴を掘った感じ。

・2月22日(月)、仕事を午前中で切り上げて上野へ。フランク・ブラングィン展開会式とレセプションに出ました。ブラングィンは英国の芸術家で、国立西洋美術館の基盤となったコレクションを作った松方氏の協力者でありました。・・・というのは今回の展覧会を契機に知ったことです。ブラングィンの作品で大規模展覧会をやるのはちょっと厳しいのではないかなあと思いました。「白鳥」のような作品があと数枚あるとよかったのだけど。

 その後、六本木まで足を伸ばして、サントリー美術館で収蔵品展『おもてなしの美 宴のしつらい』を鑑賞。

・2月23日(火)、新国立劇場で『ジークフリート』。2時開演、終わったのは8時過ぎでした。50分・45分とながーい休憩が入ったからとはいえ、やっぱり作品そのものが長大なのです。
 第三幕でブリュンヒルデが目覚めてからが聴きどころで、ほかはちょっと長々しく退屈・・・というぼんやりした印象を持って行きましたが、なんかその前のほうが意外に楽しめました。
 前から5列目だったので字幕と舞台両方見るのはかなり苦しく、この後、眼精疲労からいろいろとありもうした。

・28日(日)、県立音楽堂でセミ・オペラ『アーサー王』。県立音楽堂のバロック・オペラシリーズです。
 演奏や歌はよかったのですが、字幕と演出がまずかった。終演後、拍手は大きいのに演出家が出てくると随所から大きなブーイングが発せられたのが印象的。

・3月2日(火)、国立博物館で長谷川等伯展。すごいです!
 恥ずかしながら等伯のイメージというとお猿さん絵と国宝「松林図屏風」という墨絵ばかりででかけてしまったので(あとは『へうげもの』への登場)、金碧障壁画の色彩にはただ驚きました。でもおかげでワクワクしました。

 その後、東京都美術館のボルゲーゼ美術館展にも行ったのですが、等伯の余韻にひたっていたせいかなんとなく「流して」しまったなあ。

 猫とごはん的には、リセンヌ小路探訪続きしたよ。という状況です。
 またちょっとでかけてきます。
スポンサーサイト
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
おっ!
おでかけですか~?

「2010年はたくさん旅するぞ宣言」が出されてますから、ちょっと期待してます。
【2010/03/06 09:18】URL | とも2 #- *編集*
帰ってきました
とも2さん

 こんにちは!
 冬が戻ってきた京都と、ちょっと奈良に行ってきました。半分は仕事の研修だったので、木曜日午後~土曜日午前中がフリーという感じです。

 いよいよいろいろ蓄積して間に合わないおそれがありますが、軽くなにか書きます。
【2010/03/08 12:00】URL | かんべえ #SqoPBuKQ *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/389-8e788019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード