07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

* thread: 海外旅行  * genre: 旅行

* tag: メキシコ 

* category: メキシコ2009夏

メキシコが世界に与えたもの 

2010.06.05
Sat
00:08

*いいかげん完結したい、昨夏のメキシコ旅行記事。これまでの記事はカテゴリ「メキシコ2009年夏」からどうぞ。

・・・・・・
 メキシコシティの「へそ」、ソカロの一辺を占めるのが国立宮殿Palacio Nacionalです。ここにはかつてアステカの皇帝モクテスマ二世の宮殿がありました。スペイン統治下の副王の宮殿として建設され、現在はメキシコ大統領府となっています。

 重要な建物ですから、周辺には銃を構えた兵士たちが立ち、入場希望者はID(日本人の場合はパスポート)を見せ、もちろんセキュリティチェックも受けなくてはなりません。昨年の訪問時には、きっちりと消毒液を手に吹きつけられました。新型インフルエンザ予防です。

 外国人であるわたし(たち)のお目当ては、なんといってもディエゴ・リベラが1929-1951年に描いた壁画『メキシコの歴史』です。パティオをとりまく大階段から二階の回廊で見ることができます。ガイドツアーもあるけど、自由に見歩くのもOK。
090811pn0-s.jpg
・・・中学生くらいの遠足?

 あいにく、2010年の独立200周年に間に合うようにと修復中で、階段室にある特に大きな壁画などは隠されてしまってました。
090811pn1-s.jpg

090811pn2-s.jpg
 征服者たちとの戦いで傷つき倒れたアステカの戦士像。

 今回は、メキシコの「食」に関わる絵をすこし紹介しますね。
090811pn4-s.jpg
 とうもろこしを前に立つ農夫。その足元のパネルには、
「世界はメキシコのおかげで・・・」
と、メキシコが世界に[与えた]ものが書かれています。どんなものがメキシコからの贈り物だと思いますか? 一応この記事の最後に書くことにします。

090811pn7-s.jpg
 アステカ時代のトラテロルコの市場のようす。

090811pn6-s.jpg
 上の絵から、売り子さんのアップ。奥では医師、あるいは呪い師が子どもを診察。

090811pn5-s.jpg
 別の売り子さんと、子守(赤ちゃんの足と髪?形に注目)、荷役の少年。

 ところで。犬っぽいものはよく出てたんだけど、猫は見えなかったなー。
090811pn8-s.jpg
 賢そう。

090811pn3-s.jpg

 でもメキシコシティ発の猫(ほんもの)は、ここの中庭で見たんだった。
 おまけのサボテン(花みたい)。
090811pn9-s.jpg
 もういっちょう植物。なんか、食虫植物っぽくないですか?
090811pn10-s.jpg

・・・・・
[壁画にあがっていた、メキシコからの贈りもの]
・とうもろこし
・いんげん
・タバコ
・カカオ
・綿
・トマト
・トゥナなど、さまざまなサボテン類(複数)
・マゲイ(竜舌蘭)
・アボカド
・パイナップル
・パパイヤ
・チクル
・とうがらし
などです。

 このうちトマトは、原産はアンデスだけど、大きく育てて食用にしたのは現在のメキシコの人々です。ほかにも類似の出自のものが載ってるかもしれません。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/434-54319ccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード