08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

* thread: 2010年 FIFA World Cup  * genre: スポーツ

* category: スペイン大好き

スペイン代表観戦記(4)vsドイツ 

2010.07.27
Tue
14:38

[スペイン優勝を信じて国中が熱狂]的な記事は前からあったし、終わってみてからの振り返りでもそういうトーンの記事はありますが、わたしが接した限りでは、ドイツ戦への展望は必ずしも明るくない、というものでした。

 有力な優勝候補としてのぞんだ今回のワールドカップだけど、第一戦ではスイスの堅守を崩すことができずに敗北。その後は勝ち続けてはいるけれど、準々決勝のパラグアイ戦でもまだまだ苦しんだし、一方ドイツはあのアルゼンチンを4-0でスカッと破ってるしその前にはイングランドにも4-1だし・・・・・・

 だから余計に、
「タコのパウル(スペイン人はだいたい「ポル」と発音していた)は、スペインが勝つって予言した!!!!」
と、大騒ぎになったのだと思います。

 また、ドイツとの決戦7月7日は、スペイン三大祭のひとつ、パンプローナのサンフェルミン祭(日本では「牛追い」が有名)の開始日でもあり、「聖フェルミンのご加護を」というフレーズもよく交わされていました。

 というわけでちょっとびくつきながらドイツ戦を見ることになったのは、またもやバスク地方、サマニエゴSamaniego。バスク三県のなかではもっとも南よりのアラバ県にあり、ラ・リオハ地方につながるワインどころでもあります。今回のスペイン国内旅行は、二度ともバスク特集になってしまいました。
100707c-s.jpg
 この村の人口は(約)230人。

 おやじバルを探そうにも、村にはバルそのものが一軒しかありません。
100707a-s.jpg
 ついでに、このバルでは飲み物以外はピクルスと袋入りポテチくらいしか注文できません。
 でもちょっと不思議です。ざっと歩いてみた感じでは、あまりさびれた感じはありません。廃屋どころか、新築のテラスハウスもあります。不思議ついでに、村にはスペインの国旗もないけどバスクのもなく、なぜか一軒、ポルトガル国旗をはためかせている民家がありました。

 ホテルの部屋にはもちろんテレビあったけど、やはり! と意を決して村唯一のバルに出かけることにしました。
 余裕をもって7時45分ごろ到着。トニックウォーターとピクルスを頼み、店のひととちょっと話し、[これから混むからテーブルに座っているといい]と言われ、ちょうどまんなかへんの窓際に座りました。テレビはカウンターをはさんで左右にあり、片方は地上波、もう片方は有料チャンネルを映していました。

 8時半の試合開始時にはさすがに満員。でもだいたいは仲間うちでわいわいおしゃべりしていて、ドイツ国歌のときはもちろん、スペイン国歌のときにも特別に注意を払っているようではありませんでした。試合中もおしゃべりはやまず、わたしはなんか不完全燃焼な感じ。

 しかも、前半が終わったらほとんど帰っていった! 後半になってすこし客足が戻りましたが。
100707b-s.jpg

 さて、最初のうちはどんなに店が混んできても遠巻きにされ、四人がけテーブル独占状態だったわたしですが、立ってテレビを見ていた幼稚園~小学生の男の子に声をかけてから、その一家とお近づきになることができました。一家は四人。ご夫婦と一男一女です。

 お父さんはとっても話好きで、日本の映画が好きでキタノとかミヤヤキのを字幕つき日本語で見るよ、などといろいろ話してくれました・・・・が、試合中なのよ! 必至にテレビの画像を追いかけつつ相槌を打つのはなかなかくるしうございました。

 ハーフタイムにゆっくり話を聞きました。
 サマニエゴは、周辺でも珍しい「失業率ゼロ」の村(ちなみに、2010年第一四半期のスペイン全体の失業率は20%を越えています)。 それは、村および周辺のワイナリーが雇用を創出しているから。でもスペイン人はワインづくりにまつわるきつい肉体労働なんかしないので、ポルトガルからの出稼ぎ移民がかなりいる。だから、このまえのスペイン対ポルトガルの試合時にはけっこう険悪な雰囲気だった・・・ということでした。田舎暮らしが嫌だったり、ちょっと食べていけないなというスペイン人はとっくに都会に去り、残ったひとびとが土地を持って優雅に暮らしているそうです。

 さて、試合は後半になってプジョルのヘッドで決定! スペインが強敵ドイツを破りました。
 ゴールの瞬間、バルのお客さんたちはちょっとだけ湧きました。友人になった一家のお父さんが、誰よりも大きな声で
「ゴーーーーーーーーール」
と叫んでたなあ。

 ドイツに勝って、これはいける!!!
 とわたしはワクワクしましたが、試合が終わるとみなさん淡々と解散していきました。村は静かに夜でした。
 一緒に来るはずが、仕事の都合でマドリッドに残った友人によると、マドリッド中心部は明け方まで大騒ぎ立ったということですけれど・・・。

 決勝戦はマドリッドに帰って観戦です! 
スポンサーサイト
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
ふむふむ
滅多にできないよい経験をなされましたねぇ(嬉)

横浜ものも交えながらのかんべえサンレポを楽しみにしております。
【2010/07/27 23:34】URL | とも2 #- *編集*

とも2さん

 コメントありがとうございます。横浜も続けてうろうろしています。

 じつは翌日も同じ家族との出会いがありました!
 いつ書くかはわかりませんが・・・。

【2010/07/30 12:40】URL | かんべえ #SqoPBuKQ *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/474-663fef9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード