05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: ヨーロッパ旅行記  * genre: 旅行

* category: 旅行

ブリュッセル・パリ8日間(2-2) 

2011.02.06
Sun
00:55

 パリ篇を分割してみましたが、考えてみたら一日+ちょいでした。写真も挿入してみよう。

・1月16日(日)
 前日は朝食時間をゆったり取れなかったので、今回はのんびりしてみました。パンはすこし入れ代わりもありました。おいしいねえ・・・・・・。

 日曜日はほとんどの商店がおやすみなので、
・ラスパイユ通りのビオマルシェに行ってみる。
2011paris16a.jpg

・美術館めぐり(モロー、オランジュリー、ケ・ブランリー)
・最後にパリ名物、冬のカキをいただいてみようか。
という計画を立てました。全うしたけど、つかれたー。

 朝食後、15分ほど歩いてラスパイユ通りのビオマルシェに。そのまま出かけようかとも思いましたが、マルセイユ石鹸(友人たち)やチョコレートドリンクの素とカカオバター(これはわたし)を買ったりしたので一度ホテルに荷物を置いて出発。ちなみに、このマルシェのお客さんに日本人が占める率は今回の旅行で一番、でした。常連さんぽいひともいたけど、旅行の自由時間を使って来てみたひともあり。

・ギュスターヴ・モロー美術館
2011paris16b.jpg
 ギャルリー・ラファイエットなどに近い住宅地にひっそりあります。
 はじめてパリに来たとき以来の訪問です。アトリエの螺旋階段は覚えていたけど、あんなにみっしり絵が飾られていたとは思っていませんでした。

2011paris16d.jpg
 モロー美術館を出、またメトロに乗ろうと歩いていたら、おおパリ! な少年を発見。
 焼きたてのパンを買って家に向かう姿(だろうな)。

2011paris16e.jpg
 めざすはモネの『睡蓮』を擁するオランジュリー美術館。
 最寄りはコンコルド駅です。
 地下鉄駅はいろいろと趣向が凝らされてて面白い。コンコルドでは"pour・・・(~のために)"に続いていろいろな単語があるように見受けられたので調べてみたら、フランスの『人権宣言』の文面だそうでした。

2011paris16c.jpg
『睡蓮』の間がふたつ。こちらもフラッシュなしなら撮影OKです。
 ルーヴルに限らずあんまり仕事をしていないスタッフばっかり見てきましたが、こちらは別。フラッシュをたいたひとにすぐ近寄って厳しく注意していました。同時期にグラン・パレでモネの大回顧展があり、ルーヴルやオルセーのモネ作品が消えてましたが、こちらは別ですね。
 地下の展示室にはルノアール、セザンヌ、ピカソ、ルソー、ローランサン、スーチンなどの作品がありました。

 美術館・博物館カフェを頼りにしているわたしたちはオランジュリーでなにか、と思っていたのですが、小さすぎて設置されてなかった・・・・・・。すきっ腹を抱え、1月とも思えない日差しにさらされながら、よたよたとケ・ブランリー博物館を目指しました。
 連日の博物館美術館めぐりで脚も痛いし、いちいちメトロに乗ったり下りたり乗り換えたりするよりも、平地を歩いていけばいいよね。エッフェル塔を目印に歩いていけばいいし。
 というのがわたしたちの考えでしたが、まあそれは正解だけど遠かった。よたよた歩きなのでたぶん40分くらいかかった。
  
2011paris16f.jpg
 途中見かけた
「スイス衛兵? いやいやそれってバチカンだよね」←配色もちがう
「このトリコロール・・・・・・警官ボックス?」
 目を凝らしてみると、どうも外務省らしい。日曜日なので誰もいないのか、ボックスも無人でした。

 ケ・ブランリーに到着、まずはお昼ごはん。
 基本その土地のものを食べるのですが、カフェであんまりバラエティがなかったので、開催中だった特別展にちなんだ「バーバ・ブリンク風カレー」をいただきました。

 ケ・ブランリーはおもしろかった。
 ヨーロッパ「以外」の文明のさまざまなものを展示し研究する場所で、パリにある最新の国立博物館です。別に記事書こうかと思います。できたら。

 201101eiffel.jpg
 出てきたら、博物館もエッフェル塔もライトアップ。きれいでした!

 電車に乗ってサンミッシェル地区に移動し、ガイドブックで見たシーフード店で最後のごはんです。
 でもちょっとさみしかった・・・・・・うーん、いまいち。

・1月17日(月)

 最後の日。
 ネットを通してチェックインしたので、すこし時間に余裕ができました。11時に迎えのタクシーを手配して、ホテルをチェックアウト&荷物をあずけてさあ、中世美術館へ。
 それまでの二日はブリュッセルの雨とはうってかわった晴天でしたが、この日から天気が変わりました。心なしか寒い。そして雨が降りそう。

 中世美術館の開館とともに入り、ゆっくり見てまわりました。圧巻はやはり『一角獣のタペストリー』です。
 そのうちここにもこどもたちの集団がやってきました。展示室で遭遇した子たちは就学前に見えました。

 雨がぽつぽつ降り出した町を足早にホテルへと急ぎます。
 おかげでちょっとだけ余裕ができたので、ホテルすぐそばのラデュレの売店に入り、ショッピングバッグをおみやげに買いました。

 11時にはタクシーでシャルル・ドゴールへ。そしてするすると帰国便に。成田着だからか月曜便だからかとても空いていて、わざわざ客室乗務員さんがわたしたちのところまで座席移動OKですよと薦めに来たくらいでした。3人みっちり座ってたので。

 合計一万円以上買ったアイテムはチョコレートだけ。
 楽しかった! いつかニューヨーク行きましょう、と漠然とした約束をして、友人たちは飛行機乗り継ぎのため羽田へ。わたしも横浜シティエアターミナル行きのバスに乗りました。
スポンサーサイト
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
よぉ~ろっぱあ
行ってみたぃけれど腰が弱ぃので長時間の飛行機に耐えられるかしら。。。
あ、それ以前に1週間以上のお休みなんて取れないぃぃぃ v-399
【2011/02/07 07:53】URL | 小径のヌシ(^-^) #HvhRBukU *編集*

ヌシさん、こんにちは!

腰が弱いと、長時間フライトは考えるだに恐ろしいですね。
わたしは旅の前後にかかりつけの鍼灸に行って体調をととのえます。

フライトが長いのも悩みますねー。
ヌシさんの台湾や京都うまいもんレポを楽しみにしている者としては、パリ食べ歩きもぜひ見てみたいのですが・・・
パリは羽田往復だと現地早朝着・夕方発もできて、「パリ5日間」もそれなりに現実的かなと思います。
ぜひ一度ご検討を。
【2011/02/08 01:38】URL | かんべえ #SqoPBuKQ *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/553-7a9841ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。