02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»03

* thread: 季節の花たち  * genre: 写真

* category: お茶・お菓子・デザート・カフェめし

雨の合間、大佛茶廊で 

2011.05.08
Sun
11:00

 鎌倉でスペイン料理を食べよう! と誘われ、そのまえに散歩。と二時間半ほど余裕をもって出かけました。
 あいにくの雨模様でしたが午後になって天気は快方に向かっており、折り畳みの傘をさしてでかけます。

 駅には3時15分ごろ着。
 約束が六地蔵の近くだからそっちに向かい、吉屋信子記念館と鎌倉文学館に行こうかと考えていたけど、前者は4時閉館だからなあ。
 というわけで、以前から行ってみたかった大佛茶廊を目指しました。

 大佛茶廊は鶴岡八幡宮のすぐ近く。
 小町通り側とは反対に渡り、若宮大路をゆっくりのぼっていきました。雨はそれなりに強く降っていました。

 目印はスリーエフ。店を通りすぎた角を右に入っていきます。左折していく道に従っていきます。
 20110507os17.jpg

 そう。猫です。
 大佛次郎は大の猫好きで、うちには十五匹の定員を設けて飼っていた(でもそれ以上が並んでごはん
を食べていたことがあり、奥様にたずねると、「あれはお客です」というこたえが返ってきた、という文章を読んだ記憶があります)し。われらが港の見える丘公園にある記念館も、猫グッズでいっぱいです。『スイッチョねこ』という絵本だってあります。
 つまり、半猫人(はんびょうにん。柳瀬尚紀氏のことばです)の大先輩でもあるんだな。

20110507os16.jpg
 門前から左に向き直り、カーブに沿った板塀を写す。

20110507os18.jpg

 さて、着きました。
 大佛茶廊は週末だけの営業なので、この看板もとりはずしできるようになっているみたい。
「野尻」という表札が出ていました。大佛次郎の本名です。

20110507os.jpg
 門前に設置されていたプレート。

 20110507os13.jpg
 なんかぼんやり写ってしまったけど、玄関先です。
 大きな玄関は小暗く、正面にある下駄箱には男物の大きな靴が一足だけ。すくなくとも、満員で断られることはなさそうです。
 玄関に入るとチャイムが鳴り、奥からお店の女性が出てきました。

 果たして、先客はなし。案内された二間続きのお座敷にはほかに人影はなく、どこでもお好き20110507os3.jpg
な席を、と言われます。縁側をはさんで庭がよく見える席にしました。
 展示もすこし。
 ある意味理想の仕事部屋! で執筆する大佛次郎の写真(膨大な本に囲まれ、ベッドに座っている)。
 ガラスケースのなかには、長兄・野尻抱影との書簡。

 うまく撮れませんでしたが、床の間の掛け軸は端午の節句の兜の絵、庭のものかと思われる花菖蒲の一輪挿しがありました。そしてちいさなお仏壇も。

 お願いしたのは深煎りのコーヒーです。玄関先にあったメニューをちらっと見ただけで注文してしまったので、帰宅してから抹茶があることに気づきました。ああ、次回はぜひ。
20110507os2.jpg
 あじさいを思わせるデザインの花が描かれたモダンなコーヒーセット。
 お値段が張ると思ったら、もとからお茶菓子がついているセットでした。
20110507os1.jpg
 大佛茶廊はIDEEの協力を得て喫茶にリノベーションしたということで、焼き菓子も東京は永福町のお店・CQLから取り寄せているそうです。

 どうやら雨もあがったようです。カメラを手に庭に出てみよう。
 縁側に置かれたクロックスのサンダルを使わせていただきました。
20110507os5.jpg
 縁側でたばこが吸えるようにと置かれた灰皿にはホテル・ニューグランドのしるしが入ってみます。ニューグランドも大佛次郎とは縁の深い場所だな。聞いてみたところ、何年か前に大改装をしたときに使わなくなったもの(この灰皿とか、食器とか)をゆずってもらったとのこと。いいね。

20110507os4.jpg
 お茶は庭でいただくこともできます。
 
 藤棚もありました。藤の花はこの雨に散りかけ。
 ツツジに目を奪われました。「木」もあるもの。
 写真を並べてみます。
20110507os6.jpg


20110507os8.jpg


20110507os9.jpg


20110507os10.jpg


20110507os11.jpg


20110507os12.jpg

 また雨がぽつぽつと降りだし、席に戻ってくると、座椅子席にふたりづれがちょうど着席するところでした。
 さて、時間もころよい感じ。お暇しましょうか。
 御勘定はコーヒーを出してくださったときに済んでいます。奥に声をかけて失礼しました。

 猫はここでも飼っていたのでしょうか? と聞いてみました。
 こちらは別邸なので飼ってはいなかったそうです。
 猫ものも、玄関に一匹彫像が控えていたくらいだったな。茶廊のシンボルねこ以外は。

20110507os14.jpg
 玄関先から門を見る。

20110507os15.jpg
 また来ましょう。
スポンサーサイト
Comment(3) | Trackback(1) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント

かんべぇさん、ブログではお久しぶりです~

私もいつも気になっていたんです、ここ。
近くに自然食品やさんもあるので、
通過はしていたのですが^^;

私も鎌倉でたまたま入った「スペイン料理 ボデゴン」の
パエリアがとてもおいしかったのを思い出しました。。
【2011/05/14 12:32】URL | kayanori #V4rYaZBU *編集*

kayanoriさん、こんにちは!

コメントありがとうございました。
自然食品やさんはさらに奥なのかな、気づきませんでした。
鎌倉はすてきなカフェがいっぱいあっていいですね~。
次回はぜひ抹茶+生菓子をいただきたいです。

スペイン料理は悪くなかったけど、いつものニョスキがいい、かな。
次回はボデゴンに行ってみます!
 
【2011/05/14 14:33】URL | かんべえ #SqoPBuKQ *編集*

suzielily です、ツイッターフォロー有難うございます。
記事をトラバさせて頂きました、有難うございます。事後承諾で申し訳ありません。
【2011/12/20 22:57】URL | suzielily #4ph23zis *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/582-e1411e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボクが猫に嫌われる理由

猫とごはんと 雨の合間、大佛茶廊で かんべぇさん A Cat, a Camera and a Cup of Coffee 猫とカメラとコーヒーと【2011/12/20 22:56】

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード