08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

* thread: 季節の花たち  * genre: 写真

* category: 記録

毎日咲いています 

2011.08.06
Sat
14:28

 ねこてんさんが呼びかけ、分けてくださった朝顔の種。
 初めての庭いじりのきっかけにさせていただきました。

 →ねこてんさんによる朝顔レポートはこちらです。
 
 猫とのつきあいはすでに30年ほどになりますが、まさにこちらにかまけ、自分で植物を育ててみようなんて思ったのは・・・・・・ひょっとして、小学校のヒヤシンス水栽培以来? 

 そんなわけであまりにも自信がなかったので、ねこてんさんに分けていただいた「万代紫泉」(青い大輪朝顔)だけでは不安で、お店で一袋買った種もプランターにまきました。

 その朝顔が、7月中旬から毎朝元気に咲いてくれています。うちのは三色になりました。
1108mg3.jpg
 これが「万代紫泉」?
*追記。ねこてん師匠に教えていただいたのですが、これではなくあとの二輪が「万代紫泉」だそうです。
 
1108mg2.jpg

1108mg1.jpg

 朝顔は日本の夏を代表する花。
 先日行った三菱一号館の
 もてなす悦び展 ジャポニスムの器で愉しむお茶会(ウェブサイトはこちら
でも、第一室は「あさがおの間」でした。

(引用)
本展の冒頭では、ティファニーのガラスの器や銀製のカトラリー、版画や貴重文献に
写しとられた様々なあさがおの姿をお楽しみいただきます。日本では、
19世紀を通して、あさがおの栽培が大流行しました。1897年、米国のある旅行作家は、
「菊よりもずっと日本独特の花」としてこの花を紹介しています。
一時期は、欧米で日本美術と同義語になるほど人気を博したあさがおの花々。
その表現の多様さは、そのままジャポニスムという現象の多面性につながっています。 
(引用ここまで)

 朝顔といってぱっと思い出すのはやっぱり

あさ顔につるべとられてもらい水
          加賀千代女

ですね。三田の薬王寺に歌碑があるそうです。

 それから絵では応挙の朝顔狗子図杉戸だなあ。
 東京国立博物館収蔵です。ちいさいけど紹介されているファイルはこちら。まるまるころころ、かわいいです。

 ところで朝顔は英語ではmorning gloryですが、スペイン語ではcampanillasとかcampanitasというようです。「鐘」かな。形状だけですね。
スポンサーサイト
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント

美しい朝顔の写真をありがとうございます!
え~っと、下の二つが万代紫泉です。
ごめんなさい~っ!
【2011/08/07 17:06】URL | ねこてん #- *編集*

おお、ねこてん師匠いらっしゃいませ!

おかげで久しぶりにガーデニング(というほどのものではありませんが)が楽しめました。
しかし青っぽいのだけが違いましたか。まだまだどすなあ。
秋に種を収穫し、来年はプランターを増やして確実に咲かせたいと思います。
またご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたしまする。
【2011/08/07 21:02】URL | かんべえ #Z2xPojP6 *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://kambee81.blog112.fc2.com/tb.php/599-9b689110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

ブログ内検索

最近の記事

カレンダー

カテゴリー

リンク

最近のコメント

プロフィール

最近のトラックバック

RSSフィード